河沼郡青津組上宇内村

陸奥国 河沼郡 青津組 上宇内(かみうない)
大日本地誌大系第33巻 116コマ目

この村及び北宇内・南宇内の3村は鷹寺の院宇の内なるをもて名付しという。神役目録に打内郷といえるは3村の事なるにや。

府城の西北に当り行程3里32町。
家数17軒、東西2町20間・南北44間。
西は山に()ふ。

東1町3間大口村の界に至る。その村は辰(東南東)に当り3町30間。
西3町30間見明村の山界に至る。その村は申(西南西)に当り6町余。
南4町20間蛙田村の界に至る。その村まで9町40間余。
北2町50間南宇内村の界に至る。その村は丑(北北東)に当り6町20間余。

水利

堤4

一は村北4町50間にあり。周70間余。
一は村の戌亥(北西)の方3町にあり。周60間余。
一は村西20間にあり。周90間余。
一は村北2町10間にあり。周60間余。

寺院

調合寺

村東にあり。
開基詳ならず。曹洞宗瑠璃山と號す。
縁起を案ずるに、高寺頽廃の後造立せし寺にてその経営壮麗なりしに、年久くして退転しければ弘治元年(1555年)越後国より真言の徒浄玄というもの来て中興す。その後空院となり慶長3年(1598年)の地震に堂舎敗壊す。正保2年(1645年)祖傳という僧住してより洞家となり北青木村恵倫寺の末山となる。
本尊弥陀客殿に安ず。

薬師堂

境内にあり。
薬師座像、長5尺8寸。
十二神将立像9體、共に長5尺8寸余。その3軀は何の時失しかしれず。昔高寺ありし時の本尊なりという。会津五佛の一とす。
また賓頭盧の像、長2尺。これも高寺より移せりという。
この堂もとはここより巳(南南東)の方3町ばかりにあり。元禄中(1688年~1704年)相模国小田原の産道安というものここに移せり。

二王門

力士の像を安ず。

鐘楼

薬師堂の左にあり。
鐘径2尺4寸。『現住釋氏梅音代願主道安謹書元禄九丙子年盂冬上旬信心檀那齋藤與惣右衛門』と彫付けあり(元禄9年:1696年)。銘あれども煩しければ略す。