河沼郡野沢組程窪村

陸奥国 大沼郡 野沢組 程窪(ほとくほ)
大日本地誌大系第33巻 160コマ目

この村泥浮山村の境内鳥屋山崩れし時その土石の墳塞せし地なりという。もと亥(北北西)の方3町にあり。元文4年(1739年)水災を避けてこの地に移せり。

府城の西に当り行程7里12町。
家数10軒、東西50間・南北2町。山間に住す。

東11町青坂村の山界に至る。その村あ丑寅(北東)に当り23町10間。
西4町50間牛尾村の界に至る。その村は申(西南西)に当り12町50間。
南4町泥浮山村の山界に至る。その村まで7町40間。
北10町縄沢村の界に至る。その村は亥(北北西)に当り19町30間。

山川

不動川

村西1町余にあり。
水源は小杉山村長桜村との界より出、北に流れ泥浮山村二栗村との界にて福田沼となり、また北に流れこの村と二栗村との界にて川童沼大沼となる。ここより沼尻川(ぬましりかわ)と唱え北に流れ不動滝に(そそ)ご不動川となり、また北に流れ縄沢村の界に入る。大沼よりここに至るまで7町、廣1間。

沼4

一は村より未(南南西)の方30間にあり。
周2町10間余、葭原沼(よしはらぬま)という。
一は村西5町20間にあり。
中2町20間、須田沼(すたぬま)という。
一は村より申(西南西)の方4町40間余にあり。
周5町、大沼という。
一は村より未(南南西)の方6町20間余にあり。
周4町川童沼(かつわぬま)という。
共に慶長中(1596年~1615年)の地震に渓流を塞ぎし時この沼となるという。

神社

山神社

祭神 山神?
鎮座 不明
村東1町山麓にあり。
鳥居あり。上野尻村清野飛騨が司なり。



余談。
昔はこのあたりも沼が多かったようですね。
道路整備のおかげでしょうか?今は大きな沼が1つ残るのみです。
※地理院地図(大正2年測図/昭和6年修正)

添付ファイル