耶麻郡川西組谷地村

陸奥国 耶麻郡 川西組 谷地(やち)
大日本地誌大系第32巻 19コマ目

府城の東北に当り行程5里1町余。
家数11軒、東西54間・南北56間。
四方田圃(たんぼ)なり。

東1町43間北高野村の界に至る。その村まで3町40間余。
西3町・北2町34間、共に猪苗代城下本町の界に至る。本町は北に当り4町50間。
南59間下堂観村の界に至る。その村まで3町20間余。
また
未申(南西)の方2町百目貫村の界に至る。その村まで4町20間。

神社

熊野宮

祭神 熊野宮?
相殿 伊勢宮 3座
   稲荷神 2座
   熊野宮 2座
   八幡宮 2座
   湯殿神
   山王神
   金神
   加那伊神
   田子神
勧請 不明
村の戌亥(北西)の方にあり。
鳥居あり。小平潟村佐瀬主殿が司なり。

古蹟

地正院迹

村中にあり。
神野寺の末山なりしという。
慶長15年(1610年)廃せり。



余談。
谷地(やち)という地名は八千代(やちよ)に変わったのですね。

この地区の熊野神社についての記事を見つけました。
全国熊野神社参詣記
天徳三年(959)八月伊弉冊命、 伊弉諾命の二神を勧請、
延宝年間(1673 - 81)に天照皇大神、品陀和氣尊、石疑姫命の三座を合祀
その後寛文年間に「加那伊神」「伊勢神」「八幡神」をあわせ
磐里村の総鎮守となったことが記されている。

この社には家津美御子大神(けつみみこのおおかみ)(スサノオの命の事)は祭られていないようです。
合祀した神ですが、品陀和氣尊(ほむだわけのみこと)(応神天皇)は八幡宮の神と同意です。石疑姫命(金神の事か?)は川東組金曲村の金鑄神社の祭神と同じなので、猪苗代湖の北東地区では鏡、もしくは鋳造に関する何かがあったのかもしれません。

ところで相殿神の加那伊神(かない?)とは一体何の神様でしょう?
福島県東白川郡棚倉町一色にカナイ神という地名があり、その地に鐘鋳神社が鎮座しているのですが関係あるのでしょうか?
ちなみにその社は鋳物師の氏神様らしいです。
参考:神社探訪 狛犬見聞録
ということは、金鋳神の当て字でしょうか?

また田子神はおそらく川東組山潟村の田子神社の祭神と同じ神でしょう。