耶麻郡川西組百目貫村

陸奥国 耶麻郡 川西組 百目貫(とうめき)
大日本地誌大系第32巻 20コマ目

府城の東北に当り行程4里33町。
家数25軒、東西3町30間・南北3町13間。
散居す。四方田圃(たんぼ)なり。
村中に猪苗代裏街道あり。

東1町21間下堂観村の界に至る。その村まで3町余。
西15町堤崎村の界に至る。その村まで1町30間余。
南12町20間湖水を限りとす。
北11町42間猪苗代城下本町の界に至る。本町は丑(北北東)に当り8町。
また
寅卯(東北東~東の間)の方5町18間北高野村の界に至る。その村まで8町。
寅(東北東)の方3町谷地村の界に至る。その村まで4町20間余。
未申(南西)の方3町7間釜井村の界に至る。その村まで9町10間余。
未(南南西)の方13町26間烏帽子小屋村の界に至る。その村まで15町50間余。

昔未(南南西)の方6町に松木橋(まつきはし)という端村あり。今はなし。

端村

仁蔵新田(にさうしんでん)

本村より未(南南西)の方8町50間余にあり。
家数5軒、東西17間・南北36間。
四方田圃なり。
村南に二本松裏街道あり。

山川

小黒川

村東40間余にあり。
谷地村の境内より来り、南に流るること10町30間余蜂屋布村の界に入る。

神社

湯殿神社

祭神 湯殿神?
勧請 不明
端村仁蔵新田の北にあり。
鳥居あり。烏帽子小屋村修験常光院司なり。
もと稲荷の末社あり、その祠損して今(しばら)く本社に相殿とす。

寺院

愛宕堂

村中にあり。
何れの頃の創立ということを知らず。
村民の持なり。