ニュース時事能力検定の偏向

ニュース時事能力検定とは

政治、経済、暮らし、国際問題、社会・環境の5テーマから出題され、総合的な時事問題の理解力(時事力)を5級から1級の5段階で判定する。
この検定試験は2007年にスタートし、全国主要都市で年2回程度実施されている。2009年度より厚生労働省の若年者就職基礎能力支援事業(YES-プログラム)の認定試験となった。また、全国226校、510の学部・学科の大学・短大・高校の入学試験において、出願および判定での優遇・一部試験科目免除などに活用されている。
ニュース時事能力検定 (wikipedia)

特定非営利活動法人 日本ニュース時事能力検定協会役員

http://www.newskentei.jp/a_director.html

岸井成格

(公式サイト )
毎日新聞東京本社特別編集委員。21世紀臨調運営委員。早稲田大学客員教授。日本ニュース時事能力検定協会理事長。
2003年11月2日のサンデーモーニングでは、石原慎太郎東京都知事の「日韓合併を100%正当化するつもりはない」という発言を「100%正当化するつもりだ」とした、いわゆる「テロップ捏造事件」で、事実に反する情報に基づき執拗に石原都知事を攻撃した。
「テロップ捏造」に関してTBS側は「単なる事故」と主張したが、岸井本人は数日前の毎日新聞にて、この石原発言を扱っており、テロップ捏造を認識した上での都知事攻撃であるとの批判を受ける。

過去問・模擬問題

http://www.newskentei.jp/question_list.cgi

主催者

http://www.newskentei.jp/a_alliance.html
最終更新:2020年03月12日 22:54