仮面ライダーリバイス


「No one can ever know」

「悪魔の囁きが Calling」

特撮『仮面ライダーリバイス』に登場する仮面ライダー、「仮面ライダーリバイ」と「仮面ライダーバイス」の総称。
変身者の五十嵐一輝(演:前田拳太郎)と契約悪魔・バイス(CV: 木村昴 *1オロチ八傑集ではない*2)が、
リバイスドライバー(変身ベルト。システムボイスは藤森慎吾氏)にバイスタンプ(判子)をセット(捺印)して変身する、
ライダー作品史上初の「二人で一人」ならぬ「一人で二人」の仮面ライダーである。
変身ポーズは腕を交差して十字を模り、さながら悪魔祓い師を連想させるものとなっている。

令和仮面ライダーシリーズ第3作目にして仮面ライダーシリーズ生誕50周年作品に当たる本作では、
頻繁には取り上げられていないが、前作を除く「1号ゼロワンまでの仮面ライダーがさも常識のように世間で知られている」世界観である。
また、本作のテーマとして「自分の心の中の善と悪との対話」と「家族」が物語の主軸となっている。

本作の登場ライダーのモチーフはショッカー怪人という意見が多いが、
同時にアメコミのヒーローも裏モチーフになっているという考察がファンの間では有力である。

+ 変身者詳細
  • 五十嵐一輝
銭湯「しあわせ湯」を営む五十嵐家の長男。不死鳥の兄さんではない。
元々はサッカー選手志望で将来を有望視される程の実力者だったが、その道を断念し家業を継ぐ道を選択している。
非常にお節介焼きで明るい性格。
本来リバイスになる予定だったのは彼の弟の大二であったが、その記者会見がデッドマンズの襲撃に会い、
強引に変身しようとした門田ヒロミが失敗して悪魔をデッドマン化させたのを見て怖じ気づいてしまい、
大二及び会見に来ていた家族を守るために咄嗟に弟に代わりリバイスドライバーを使用したのが、
仮面ライダーとなるきっかけであった。
変身時の掛け声は「沸いてきたぜ!」、決め台詞は「一気に決めるぜ!」。
なお、大二は「大事に決めようか」、妹のさくらは「サクっと倒すよ!」なので、兄妹全員センスは近いようだ。

何故かリバイスになる前からバイスの声が聞こえていたらしいが……?

  • バイス
一輝に宿る悪魔。
以前から声だけは一輝に聞こえていたらしいが、第1話の時点から姿が見えるようになり、
一輝がリバイスになったのに伴い周囲にも存在を知られるようになった。
肉体や実体に強い執着を持っており、「自分の身体を持つ」ことを目標にしている。
一輝が死ぬとバイスも死ぬため一蓮托生の関係にあるが、
当初は一輝以外の人間の生死に無頓着であり、数々の問題行為で一輝を本気で怒らせてしまい、
変身による実体化状態でボコボコにされかけた上、果てには一輝が変身せず敢えて敵に生身のまま戦い、
「このまま死ぬまで戦い続けてやるよ」と共有する命を盾に脅されたことで、
「人を襲わない」という契約を結ばされることになり、以降は一応一輝に従うことになった。

非常に陽気な性格であり、「『#ナイスバイス』をつけてスクショをSNSで投稿してね!」等、
第四の壁を突破しているかのようなコミカルな言動をする一方、
一輝の母・幸実を喰おうとするといった悪魔らしい一面も見られる。
また、悪魔故に「契約に縛られる」特性があり、
契約の穴を突くことはできても、一度結んだ契約を破ったり取り消すことはできない

+ ネタバレ注意
バイスは本編より18年前に、私怨から五十嵐家を悪魔ベイルが襲った際に誕生した悪魔である。
一輝の父である五十嵐元太は、かつて事故で瀕死の重傷を負った際に悪魔の始祖「ギフ」の細胞を移植されて生き延びた改造人間であり、
ベイルはそれにより顕現した元太の悪魔であったが諸事情で決別し、その一件を恨んだベイルは元太の家族を皆殺しにしようと試みたのである。
そしてギフの細胞を備えた元太の息子である五十嵐兄弟はある意味「ギフの末裔」とも言うべき存在であり、
ギフ直属の眷属とも言うべき特殊な悪魔を生む潜在性を持っていたのである。

これにより、一輝の家族の危機への負の感情に呼応して出現したバイスは、
「バイスが一輝の代わりに家族を守る」「一輝からその戦いに関する記憶は消える」「バイスはこの事実に関して口外しない」
という契約を一輝と結び、ベイルを撃退したのである。

しかし、上記のように一度結んだ契約は両者にも自力で破棄することができず継続しており、
一輝がリバイスとして戦うことを選択した結果、上記の契約は、
「リバイスに変身して戦う=バイスの力を借りる度に、戦う理由である家族の記憶が失われていく」という副作用と化してしまった。
しかも、写真などの資料からも一輝に関わる情報が消えるため、外部に記録を残すことすらできない。

ちなみに当初は純粋に一輝や家族を守ろうとしたバイスが物語開始時に家族を襲うなど「悪魔らしい」性格になっていたのは、
年月を経るにつれて一輝自身の心に歪みが生じていき、それが「もう一人の一輝」であるバイスにも反映されていった結果とのこと。
設定的には割と重要な情報に見えるが、本編では一切触れられなかった。

戦闘能力・形態

  • 仮面ライダーリバイ
五十嵐一輝の変身態で、リバイスドライバーを通じてバイス及びバイスタンプの力を装甲として身に纏う。
リバイスシステムは契約者が悪魔の力を用いて戦いつつ、実体化させて使役している悪魔の行動を制御しながら戦うコンセプトで作られたもので、
リバイは悪魔を以って悪魔を制す「悪魔使い」ともいえる存在である。
リバイスドライバーは使用者の体を離れた悪魔を吸引するかのように使用者に戻す効果があり、
これとリバイの戦闘能力を合わせてバイスと連携しつつ時にはやりすぎな行動を止めつつ戦う。
ただし、悪魔との適合率が低い者には使用できず、無理に使うと内に秘めた悪魔をデッドマン化させて暴走させてしまう。

変身者が元サッカー選手志望だったため、機敏な動きと蹴り技をメインに戦う戦闘スタイルをしている。
使用するバイスタンプに応じて効果の変わる蹴り技「スタンピングフィニッシュ」が必殺技。

基本形態である「レックスゲノム」のモチーフは、ティラノサウルスに加えて、
デザインの意匠やバイスとの関係からベノムが裏モチーフと目されている。

  • 仮面ライダーバイス
バイスの変身態。
リバイスドライバーを介してバイスタンプを用いて実体化し、リバイのパワーソースとして機能するだけでなく、
バイスタンプに応じて形状を変化させる「バイスマフラー」「ゲノテール」「バイスボディ」「バディバックル」を身に纏う。
これらは戦闘における装備として機能するだけでなく、悪魔を制御する拘束具のような役割も兼ねている。

悪魔共通の強靭な肉体を活かした格闘をメインにしているが
原則リバイスドライバーは一輝が発動・操作するため、一輝を介さなければ変身はおろか各ゲノム固有の能力も発動できず、
例えるなら人工的に顕現・制御されているスタンドペルソナのような存在と考えて差し支えない。

  • ゲノムチェンジ
バイスタンプを用いたフォームチェンジの呼称。
デザインはモチーフとなった最強生物の他に歴代ライダーの意匠も組み込まれているが、
ディケイドジオウのようにモデルとなったライダー側の力を受け継いでいるという訳ではなく
システム開発者たるジョージ・狩崎の純然たる趣味である。

切り札として、リバイとバイスが各ゲノムの生物を形作ることで、ゲノムの力を最大限に開放する「リミックス変身」がある。
主に組体操の形でモチーフとなった生物の姿を模写するが、一部は乗り物と化したバイスにリバイが乗るだけの場合もある。

  • バリッドレックスゲノム
リバイスドライバーにレックスバイスタンプを読み込ませたバリッドレックスバイスタンプを用いて変身する強化形態。
強大な冷気を操る能力を持ち、冷気を身に纏った格闘を繰り出せる他、瞬時に氷の盾を生成したり氷柱を飛ばせる。
なお、当初はリバイ単独の強化形態であり、
バイスの強化態は狩崎がジャッカルゲノムのデザインをバカにされた時の恨みからお預けを喰らった。

  • ボルケーノレックスゲノム
ボルケーノバイスタンプを押印後、バリッドレックスバイスタンプと合体させた状態でリバイスドライバーに装填して変身する強化形態。
燃えたぎる灼熱の力をリバイに宿しマグマエネルギーを用いた強烈な火炎攻撃を行えるようになった他、
対となるバイス・バリッドレックスゲノムとの連携によって、灼熱の炎と絶対零度の氷による温度差攻撃を得意とする。
力が強大な分一輝とバイスの呼吸をピッタリと揃えて出力を合わせなければ、その力が自分自身に跳ね返ってしまうという欠点も抱えている。

  • 仮面ライダージャックリバイス
リバイスドライバーとローリングバイスタンプを用いたバイス主体の形態。
変身と同時に宿主と悪魔の立ち位置が逆転しリバイもとい一輝の肉体はバイスに乗っ取られ、
しかも変身解除してもこの状態は維持される。また、ゲノムチェンジは不可能。
その一方で、バイスの奥底にある本性を呼び覚ましつつ、
悪魔としての力を肥大化させる胸部装甲「ジャッキングゲノブレスト」の効果と、
宿主の制御を完全に離れて十全の戦闘力を発揮できるようになったことで、
中間ポジションでありながらキック力117.3tと一部スペックはアルティメットクウガすら凌ぐ。
ちなみに、これを作った技術者がかつて作ったアーキタイプのライダーシステムは、
パンチ・キック力が近作の最強フォームであるグランドジオウ、ゼロツー、クロスセイバーを上回っているのだが、
人工筋肉が骨格に負担をかけるわ殴った側の腕が壊れるわとこれまた変身者に優しくない代物であった。

  • 仮面ライダーリバイス
サンダーゲイルバイスタンプの力で一輝とバイスが文字通り一心同体となって合体変身する強化形態。
一体化したことで常時リミックス変身に近い理屈でゲノムの力を最大開放しており、
轟雷と烈風を纏った徒手空拳を武器にする他、各部の突起「プラズストリーマ」であらゆる抵抗を受け流し、
行動の加速を瞬時に高める事が可能で、走力100mを1.2秒という高速で動けるスピードを実現し、
その状態でも変身者が問題なく戦える反応速度を与える。
また、ジャックリバイスのローリングバイスタンプも引き続き武器として使用可能。

なお、「雷の力を持つ中間形態」「風の力を持ち2人が一体化」「黄色メインで超反応持ち」など、
平成以降の各シーズンの1号作品の主役ライダーを連想させる特徴を備えている。

  • 仮面ライダーアルティメットリバイス(アルティメットリバイ&アルティメットバイス)
最強形態。
ティラノサウルスとギフの2種の細胞と遺伝子情報により作られたギファードレックスバイスタンプで変身する。
令和ライダーの最強形態の恒例に漏れず、レックスゲノムに近いシンプルな外見が特徴だが、
基本形態のあちらと異なり、2人の外見は頭部と胸部を除いた形状やカラーリングが細部に至るまで同じである。

アルティメットリバイのキック力は308.1tとドラゴンライダーキックすら超えている。
ぶっちゃけこの数値に勝るのは放映時点では規格外扱いであるオーマフォームとオーマジオウのみであり、
単純なスペックだけなら歴代最強形態トップレベルである。
しかも、アルティメットリバイ・アルティメットバイスとの同時攻撃により、
共鳴作用により威力が瞬間的に倍増する機能まである。
また、地球外生命体であるギフの遺伝子の影響で、宇宙磁場を転用した磁力を自在に操る能力を有している他、
分身である悪魔を生み出せるギフの能力を反映した、バイスタンプを地面に押印する事で一定時間自立稼働で動く複製体「倍バイス」を召喚する能力も持つ。


MUGENにおける仮面ライダーリバイス

qzak氏より作られたキャラが仮面ライダー製作Wikiにて公開されている。
主にリバイをメインにして戦う性能をしており、バイスはリバイの傍らで追随する。
フォームチェンジ「イーグルゲノム」「コンドルゲノム」は必殺技として実装されている。
超必殺技は1ゲージ技「スタンピングフィニッシュ」。
AIは一応搭載されているが、起動した場合は動きにバグが出るとのこと。

出場大会

  • 「[大会] [仮面ライダーリバイス]」をタグに含むページは1つもありません。


*1
木村氏はラブコフ役の伊藤美来女史、ジュウガドライバー役の堀川りょう氏共々、本人役で顔出し出演もしている。
そして、その回のオチで作中の木村氏がフェニックスに連行されてしまい、放送直後は木村昴で検索すると、
「逮捕」がサジェストで表示される事態となり、 木村氏本人も自身の公式Twitterでこの事に言及している。

*2
とは言え双方とも「悪徳」を意味する「vice」が名前の由来である。
なお、こっちは「vise:万力」、あっちそっちは「weiß(独語):白」である。


最終更新:2022年09月17日 13:43