大沼郡冑組小山村

陸奥国 大沼郡 冑組 小山(こやま)
大日本地誌大系第33巻 46コマ目

府城の西南に当り行程3里20町。
家数16軒、東西3町・南北1町。
金山郷に通る道に住す。
西は山に倚り三方田圃(たんぼ)なり。

東1町4間余冑村の界に至る。その村は南に当り4町。
西7町30間菅沼村の山界に至る。その村まで1里。
南は村際にて冑村に界ふ。
北4町54間余松岸村の界に至る。その村は丑(北北東)に当り6町40間余。
また寅(東北東)の方1町25間余仁王堀内両村の界に至る。仁王村まで3町20間、堀内村まで3町40間。

旧松倉という端村あり。寶暦12年(1762年)より観音村に属す。

水利

村より戌亥の方1町にあり。
周140間計。
本村及び仁王村・堀内村の田地の養水とす。

神社

八幡宮

祭神 八幡宮?
鎮座 不明
村西30間山麓にあり。
石鳥居幣殿拝殿あり。
仁王村高橋相模これを司る。

末社 幸神社

境内にあり。

寺院

龍淵寺

村東にあり。
大永の頃(1521年~1528年)邑主坂内参河という者創立し、曹洞の徒圓清という僧を開山とす。
山號を峯小山という。
尾岐窪村龍門寺の末山曹洞宗なり。
客殿に本尊大日を安ず。

墳墓

五輪 2基

共に村北にあり。
高5尺計。各台石に法名を彫れり。
坂内参河夫婦の墓といい伝う。

旧家

五郎三郎

世々この村の名主なり。
先祖を坂内参河憲政といい葦名家に仕えてこの村を領せり。
憲政が子左馬丞憲勝が時、葦名家亡て所領を喪えり。
子孫分れて高田組高田村に住する者あり。
憲勝より7世相継で今に至るという。