大沼郡冑組松岸村

陸奥国 大沼郡 冑組 松岸(まつのきし)
大日本地誌大系第33巻 44コマ目

府城の西南に当り行程3里15町。
家数23軒、東西1町50間・南北1町20間。
四方田圃(たんぼ)にて西は山に近し。

東1町12間高田組上中川村の界に至る。その村まで17町。
西20町16間永井野組蛇食村の山界に至る。その村は戌(西北西)に当り1里15町。
南14町仁王村に隣りその村際を界とす。
北6町20間高田組屋敷村に隣りその村際を界とす。
また寅(東北東)の方2町54間永井野組永井野村の界に至る。その村まで19町。
辰(東南東)の方40間上杉原村の界に至る。その村まで11町20間。
未(南南西)の方村際にて堀内村に界ふ。その村まで1町10間余。
申(西南西)の方3町34間小山村の界に至る。その村まで6町20間余。
亥(北北西)の方3町50間永井野組荻窪村の界に至る。その村まで5町余。

小名

竹花(たけのはな)

本村の北1町にあり。
家数10軒、東西1町40間・南北20間。
四方田畠なり。

樋口(とひのくち)

本村より1町未(南南西)の方にあり。
家数20軒、東西1町・南北2町30間。
四方田圃なり。

山川

宮川

村東3町余にあり。
仁王村の境内より来り、丑寅(北東)の方に流るること2町余上杉原村の界に入る。

水利

堰3

一を三貫堰という。
仁王村の方より来り、田地に(そそ)ぎ、下流屋敷村の田地を潤す。
一を上堰(うはせき)という。
一を下堰という。
共に村東にて宮川を引き永井野村の方に注ぐ。

神社

手兒神社

祭神 伝・素戔烏尊
相殿 伊勢宮
   諏訪神
   天王神
   鬼渡神
勧請 再興は享禄2年
村北5町30間にあり。
欽明天皇13年高田村伊佐須美明神と同く明神嶽より勧請せりという。その後年を経て破壊せしを、享禄2年(1529年)宗輔というもの再興せり。
古木半蔚してもの古りたり。
2月7日・8日、8月20日・21日祭礼あり。

鳥居

両柱の間1丈1尺。

本社

5尺余に4尺、東向。
額1枚を蔵む。長1尺6寸。表に『大宮山』と篆書し『手児大明神』と草書に記し、裏に『奏素盞烏牛頭天王天文二十辛い冬十二月権少僧都智鏡』と彫付けあり(天文20年:1551年)。

幣殿

2間に1間。

拝殿

5間に3間。

棟札

(※略)

古手兒神社

境内にあり。
破壊して造営未だならず。

神職 生田伊勢

先祖を高橋喜大夫某という。
延寶中(1673年~1681年)当社の神職となる。
相続て4世、今の伊勢宗将に至り高橋を改て生田とす。

寺院

松岸寺

小名竹花にあり。
天文19年(1550年)神尾丹波という者草創し、永井野組松沢村松沢寺の2世大應を請て開山とす。
山號を白雲山という。
初めは陽雲庵と號す。正保中(1645年~1648年)今の名に改む。
曹洞宗松沢寺の末山なり。
本尊釈迦客殿に安置す。

観音堂

境内にあり。
鰐口1口あり。径8寸5分。『奉寄進手子宮御神前靈寶也于時元和三年丁巳卯月廿八日天神村松子敬白』と彫付けあり(元和3年:1617年)。

古蹟

法蔵寺跡

村中にあり。
寛永元年(1624年)に草創し洞家の僧住せしという。
廃する年月詳ならず。
今は民家となる。

館跡

村中にあり。
東西29間・南北31間。
文明の頃(1469年~1487年)神尾丹波頼春という者居といい伝う。
土居隍の形わずかに存す。
今は民家となる。



添付ファイル