会津郡松川組塩生村

陸奥国 会津郡 松川組 塩生(しほのふ)
大日本地誌大系第31巻 92コマ目

府城の南に当り、行程9里30町。
家数48軒、東西2町・南北1町。
四方田圃(たんぼ)なり。

下野にゆく裏街道駅所にて弥五島組弥五島村駅より1里これに継ぎ、ここより3里田島組田島村駅に継ぐ。

東8町・北11町共に中妻本九九布両村の界に至る。その村は丑寅(北東)に当り本九九布村まで16町30間、中妻村まで18町。
西7町20間楢原組刈合村に界ひ大川を限りとす。その村は戌亥(北西)に当り8町20間。
南7町檜木原村の界に至る。その村は申(西南西)に当り14町。
また、辰巳の方6町20間張平村の界に至る。その村まで13町。

山川

大川

村より戌亥の方7町20間にあり。
檜木原村の境内より来り、丑寅(北東)の方に流るること15町、本九九布村の界に入る。

観音川

村東8町にあり。
張平村の境内より来り、西に流るるころ10町、大川に注ぐ。

神社

東胡神社

祭神 不明
創設 不明
村西1町にあり。
祭神鎮座の年月詳ならず。
鳥居あり。楢原村星和泉が司なり。

寺院

長福寺

村中にあり。
真言宗忠照山と號す(当寺、もしくは平田五郎忠照が開基なるにより山號これによれるにや)。
開基の年月詳ならず。
元和中(1615年~1624年)明應と云う僧中興し、大和町金剛寺の末寺となる。
本尊地蔵客殿に安ず。

観音堂

客殿の丑寅(北東)の方に在り。

古蹟

館跡

村より未(南南西)の方3町にあり。
東西40間・南北1町11間。土居の形存せり。
何の頃にか平田五郎忠照と云う者住せしと云う。
今なお館沢(たてざは)と云う字の遺れり。



余談:東胡神社について
水戸の常磐神社の境内に東湖神社*1があるのですが、そことは関係ないと思われます。
東湖神社の祭神藤田彪命(ふじたたけきのみこと)は水戸藩の家臣藤田東湖(ふじたとうこ)を神格化した神なのですが、藤田東湖が存命だったのは文化3年(1806年)~安政2年(1855年)です。新編会津風土記の編纂時期が享和3年(1803年)から文化6年(1809年)なので、1855年以降に出来たと思われる神社が載っているはずはありません。