河沼郡代田組方便村

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

陸奥国 河沼郡 代田組 方便(たはかり)
大日本地誌大系第33巻 85コマ目

府城の北に当り行程2里8町。
家数22軒、東西1町15間・南北1町。
四方田畝なり。

東12町34間北高野新田村の界に至る。その村は辰(東南東)に当り14町30間余。
西1町45間・北1町、共に島村の界に至る。その村は戌(西北西)に当り2町15間。
南1町3間岡谷地新田村の界に至る。その村は未(南南西)に当り3町。
また
辰(東南東)の方4町36間鴨田新田村の界に至る。その村まで8町50間余。
巳(南南東)の方2町54間大和田村の界に至る。その村まで9町30間。
未(南南西)の方11町45間代田村の界に至る。その村まで18町。
寅卯(東北東~東の間)の方9町30間堂島新田村の界に至る。その村まで10町40間余。

村の未申(南西)の方に方便山という小山あり。故に村名とす。
文禄の頃(1593年~1596年)「方便」を「田計」に作るという。

村の西南に米沢裏街道あり。

昔は舞台田(ふたいた)という端村あり。今はなし。

端村

上野(うはの)

本村より10町10間余東にあり。
家数7軒、東西1間20間・南北40間。
北は芝原にて三面田畠なり。
明暦元年(1655年)開く。

山川

方便山(たはかりやま)

村の未申(南西)の方50間計にあり。
高3丈・周38間。
應永中(1394年~1428年)地大いに震いこの山一夜に湧出すという。今に地震すれども動くことなしとぞ。
稲荷社あり。故に里俗に稲荷山ともいう。
山と称すれどもその実は小陵なり。

二森山(ふたもりやま)

村東20町長谷地新田村の南にあり。
2山並峙つ。一は高50間、一は高30間計。

日橋川

村東10町30間にあり。
漆沢新田村の境内より来り、西に流れ大和田・堂島新田両村の境内を経て、凡23町余流れて島村の界に入る。

関梁

堂島橋

村より寅(東北東)の方13町にあり。
日橋川ここに至て分れて3派となり、北に流れまた合して1水となる。その間に2洲をなす。これを堂島といい、橋またその名による。
3橋を架す。
西の橋最大なり。長18間。
中の橋、長3間。
東の橋、長4間。
共に幅8尺計、耶麻郡塩川組赤枝村の方に通る道なり。

水利

大和田堰

堂島新田村の方より来り、島村の境内を経て田地の養水とし大和田村の方に注ぐ。

神社

稲荷神社

祭神 稲荷神?
勧請 不明
方便山の頂にあり。
鳥居幣殿拝殿あり。寶珠寺司なり。

寺院

寶珠寺

村中にあり。
方便山と號す。應永6年(1399年)の草創にて開基の僧を甚識という。大町一桂院の末寺真言宗なり。
客殿に本尊地蔵を安ず。

古蹟

古塚

百姓屋敷の中に高6尺・周7間計の塚あり。
俗に方便塚という。
相伝う。昔里人の妻妖狐のために(うなさ)れて死す。夫怒て狐を狩んとす。衆狐恐れて彼が伯父の僧と化し、往て狩すべからざることをとく。人ありて妖狐なることを悟り彼夫に告て殺さしむ。果して狐なりしかばその屍をここに埋む。彼狐精(こせい)祟をなすに因り、塚を築き稲荷を勧請し狐を配して祀るという。


  • Googe Map
    • 方便地区
    • 上野? - 地名として残っていません
    • 方便山 - 現在稲荷神社のある小山のことかと。
    • 二森山? - 長谷地(長谷地新田)は東長原駅の南側。地図上に山の名前なし。
    • 稲荷神社
    • 宝珠寺
      • 地図によればこの位置。民家に見えるのですが…。
最終更新:2020年05月02日 10:52