河沼郡野沢組尾登村

陸奥国 大沼郡 野沢組 尾登(おのぼり)
大日本地誌大系第33巻 171コマ目

府城の西北に当り行程7里9町。
家数37軒、東西3町・南北1町30間。
東南に山(めぐ)り北は揚川に近く西は田畠なり。

東6町利田村の山界に至る。その村は寅(東北東)に当り17町40間。
西14町16間小島村の山界に至る。その村は申(西南西)に当り29町余。
民美亜14町松尾村の山に界ふ。
北3町耶麻郡大谷組赤岩村に界ひ揚川を限りとす。その村まで7町。

山川

尾登峠

村より寅卯(東北東~東の間)の方4町20間にあり。
登ること1町40間利田村にゆく路にてその村と峯を界ふ。
形円岡の如し。丸山ともいう。
満山松樹茂れり。

揚川

村北3町にあり。
利田村の境内より来り、西に流るること19町小島村の界に入る。

水利

堤2

一は村より巳(南南東)の方12町にあり。周4町50間、太田堤(おほたつつみ)という。承應元年(1652年)に築く。
一は村より辰(東南東)の方6町にあり。周1町20間、向沼田堤(むかひぬまたつつみ)という。寛文10年(1670年)に築く。

神社

伊豆神社

祭神 伊豆神?
相殿 稲荷神
   総社
鎮座 不明
村より寅卯(東北東~東の間)の方6町、尾登峠の頂にあり。
鳥居あり。野沢本町伊藤対馬これを司る。

寺院

観音寺

村中にあり。
尾登山と號す。五之町高巖寺の末山浄土宗なり。開基詳ならず。
もと太子守宗なりしに、天正5年(1577年)寂道という僧住せし時浄家となる。
客殿に観音を案じ本尊とす。


  • Google Map