河沼郡野沢組小島村

陸奥国 大沼郡 野沢組 小島(おしま)
大日本地誌大系第34巻 6コマ目

府城の西北に当り行程7里21町。
家数48軒、東西1町・南北3町30間。
四方田圃(たんぼ)なり。

東14町40間尾登村の界に至る。その村は寅(東北東)に当り29町余。
西20町30間芝草村に界ひ大槻川を限りとす。その村まで24町。
南1町46間松尾村の界に至る。その村は辰(東南東)に当り6町30間余。
北6町50間耶麻郡大谷組八重窪村に界ひ揚川を限りとす。その村は丑(北北東)に当り17町。

端村

下小島(しもおしま)

本村の西10町30間にあり。
家数29軒、東西3町・南北20間。
南は原野にて三方田圃(たんぼ)なり。

山川

揚川

村北5町にあり。
尾登村の境内より来り、西に流るること1里芝草村の界に入る。
広1町40間。小舟を以て隣村に往来す。
この川に畳石瀬(たたみいしのせ)とて極めて急流なる所あり。里人この所の岩瀧にて漁猟(ぎょりょう)す(徳沢村の条下を併せ見るべし)。

大槻川

村西20町30間にあり。
野沢原町の境内より来り、戌亥(北西)の方に流るること5町揚川に入る。

松尾川(まつおかわ)

村西にあり。
松尾村の境内より来り、西に流れ北に折れ凡10町流れ、村より北の方にて揚川に入る。
鰥・ハエを産す

原野

萩野原(はきのはら)

村西1町にあり。
東西23町・南北12町半より以西は蒼松森々として更に他木をまじえず。東は雑木繁陰し秋冬の祭紅葉尤も佳なり。
中に念佛壇とて高4尺5間余の壇20あり。来由詳ならず。

水利

大堰

松尾村の方より来り、数派となり田地に(そそ)ぐ。

堤2

一は村東2町にあり。周3町30間、春木沢堤(はるきさはつつみ)という。
一は村より辰(東南東)の方5町にあり。周1町45間、山本堤(やまもとつつみ)という。

神社

若宮八幡宮

祭神 若宮八幡?
相殿 稲荷神
   伊勢宮
   幸神
   鎧明神
鎮座 不明
村中にあり。
鳥居あり。野沢本町伊藤対馬が司なり。

御稷神社

祭神 御稷神?
相殿 諏訪神
   山神
   天神
勧請 不明
端村下小島の南2町にあり。
鳥居あり。伊藤対馬これを司る。

山神社

祭神 山神?
草創 不明
善應寺の西にあり。
善應寺これを司る。

寺院

善應寺

村中にあり。
真言宗大悲山と號す。府下博労町自在院の末山なり。開基詳ならず。
慶長中(1596年~1615年)俊雅という僧中興すという。
本尊不動客殿に安ず。

観音堂

客殿の西にあり。

常勝寺

村西4町30間にあり。
曹洞宗貴福山と號す。開基の年代詳ならず。
始め密宗の僧侶住すること久し、天正の頃(1573年~1593年)葦名家の臣成田右馬佐某という者越後国安田村宗壽寺5世龍巖という僧を請て住せしめし時(舊事雑考には龍巖草創せしよしみゆ)その末山となりしが、後故有て上野国白井雙林寺の末山となる。
本尊正観音客殿に安ず。

石塔1基

境内にあり。
高4尺5寸。『勝雲院殿靈室静空大居士』と彫付けあり。成田左京亮常定という者の墓なりという。後人の建しものと見ゆ。

古蹟

館跡

村北にあり。
本丸跡、東西25間・南北15間。
二丸跡、東西30間・南北20間。
西に松尾川を擁し所々に堀切あり。
天正の頃(1573年~1593年)成田左京亮常定住せしという。今下野尻村の端村大下野尻の医師成田養壽という者は左京亮が子孫なりという(下野尻村の条下を併せ見るべし)。




鎧明神について

軽く調べました。東京都新宿区に鎧神社という社があり、祭神は日本武尊、大己貴命、少彦名命、平将門公だそうです。由来は略しますが、日本武尊の東征の際甲冑六具の内を収めた地に社を創建したとの事です。平将門公も祭られていますし、戦神を祭った神社だったのでしょう。となれば、この村の若宮八幡宮に相殿されている鎧明神も戦神を祭った神社から移されたものと考えてよさそうです。
参考:鎧神社 (新宿区北新宿3丁目)