それいけ!アンパンマン

登録日:2012/09/24(月) 07:07:36
更新日:2021/04/08 Thu 19:09:37
所要時間:約 10 分で読めます




そうだ!嬉しいんだ生きる喜び
たとえ胸の傷が痛んでも

●概要

やなせたかし氏の絵本を原作とした幼児向けテレビアニメ。制作は日本テレビ(企画制作)とトムス・エンタテインメント。
1988年10月の放送開始以来、日テレのアニメでは最長で2018年10月で放送30周年を迎え、劇場版も30作以上制作されており日本人ならほぼ全世代が(主人公名だけでも)その名を知っている事であろう。
元号が昭和、平成、令和と3つの時代をまたいで現在も続く長寿アニメのひとつでもあり、アンパンマンを見て育った子が親になり生まれた子もアンパンマンを見て育った人も多いだろう。

内容は基本的に1回の放送でAパートBパートを2話に分ける1話完結型。
放送が始まった10月初週や放送回数が100の倍数、クリスマスなど時折30分で1話の構成もあり主要キャラが多数登場する事も多い。
かつてはクリスマスなど1時間スペシャルが放送されていた。
BS日テレでは過去の話が平日毎日2回4話ずつ放送されている。
幼児向けゆえ分かりやすい勧善懲悪ものが多いが、たまに重いテーマを扱う事も。

放送開始の1年前の1987年の時点には第1話(パイロット版)が作られていたが、アンパンマンは現在と造形が異なり、身長が高く、顔も丸形ではなく四角形だった。このデザインには原作者のやなせも苦言を呈したことから、お蔵入りとなった。
なお、この第1話は2008年7月29日に放送された『スッキリ!!』の特集で公開された。この第1話を製作したのは東京ムービーではなく亜細亜堂で、アンパンマンの声を担当したのは山田ふしぎだった。

当初は2クールで終了予定だった。
第48話B「アンパンマンととぶ木馬」は最終回の予定で作られており、第49話でばいきんまんと敵対しないのはこの名残である。

2016年3月までは夕方枠が多かったが、2016年4月から昼帯に移動となる。但し知名度の割に「ローカルセールス枠」のため、日本テレビでこうなる前にも地方では似た様な時間に遅れ放送されることがあった。

2020年、新型コロナウイルスの影響により同年5月1日に放送された記念すべき1500話「ばいきんまんとアンパンマン」を最後に新作エピソードの制作が中断され、8月7日から再び新作が放送されるまでは過去のエピソードの再放送や劇場版第31作の放送で繋いだ。
また、同年夏に公開予定だった劇場版第32作目は1年後に延期され、31年間毎年上映されていた劇場版が初めて公開されない年になった。
今回の大幅延期に至った経緯は映画館に足を運ぶお客様の安全と健康を第一に考えた結果だと公式サイドから説明されており、子供達がコロナに感染してしまう可能性を考慮した判断である事が窺えるが、2020年夏時点での映画館はソーシャルディスタンスの一環で1席ずつ間隔を空けているために親子連れでも隣同士で着席できない、飛沫拡散防止の対策は現在も続いているために観客参加型シーンで歌唱できないなど、幼児向けアニメ特有の事情を踏まえた延期である事が窺える。


●登場キャラクター

非常に多くのキャラクターが登場しており「登場キャラクターが最も多いアニメシリーズ」としてギネスに認定されている。
あまりに多すぎるので、ここではメインキャラ及び出番が多いサブキャラのみ記載。
その他のキャラクターは本家のWikipediaで。
なお下で挙げられる「メインキャラ」の担当声優は舞台経験者や元子役・元アイドル、劇団主宰等皆「顔出し」経験のある面々(他にもカツドンマン・おむすびまん・ナガネギマン等の担当声優も該当)。
長寿アニメのため年月の経過とキャスト交代の影響で、メイン級キャラのキャスト内で「元夫婦」が2組存在することに…。


レギュラー

CV:戸田恵子
言わずと知れたあんパンのヒーロー。
友達は愛と勇気だけとネタにされるが、それは正義の味方の孤独さを表しているのである。
詳しくは本人の項目で。

CV:中尾隆聖
アンパンマンと終わりなき戦いを繰り広げるバイ菌のライバル。
いつも傍若無人だが、たまにいい一面も見せる。
詳しくは本人の項目で。

CV:増岡弘→山寺宏一
アンパンマンの生みの親。
パン作りに留まらず何でもこなせるハイスペックな方。
詳しくは本人の項目で。

放送開始から30年以上が経ち、初回からジャムおじさんを担当し続け、レギュラー陣では最年長だった増岡弘氏は2019年8月に83歳を迎え、高齢のため卒業を発表(増岡氏はその翌年3月に逝去している)。
後任は同じく放送開始から30年以上めいけんチーズ、かまめしどんやカバオくんをはじめ、ゲストやモブを複数担当している山寺宏一氏が引き継いでいる。

  • バタコさん
CV:佐久間レイ
ジャムおじさんの助手の女の子。第1話では「ジャムおじさんの孫」と言う設定だった。
もっともアンパンマンの新しい顔を投げており、その精度は著しく高い。
めいけんチーズの食欲に関してよく通訳している。
放送初期はおむすびまんといい感じだったり、現在はたぬきおにから想いを寄せられている。
EDの歌詞から「バタバタ走る」キャラだと思われがちだが、実際に慌てて走るという事はあまり無い。

  • めいけんチーズ
CV:山寺宏一
幼少のアンパンマンに拾われて以降、パン工場で飼われている犬。
二足で立ったり乗り物を操縦したりと明らかに名犬以上のスペックを誇る。
設定上で実は喋る事も可能だが、この世界ではその必要がないので敢えてそのままらしい。
ウサ子が飼っているレアチーズというガールフレンドがいるリア充でもある。
増岡氏が番組を卒業した後は、前述の通りジャムおじさん役も引き継ぎ、キャスト表記は途中からジャムおじさん/チーズと兼役になっている。

  • ドキンちゃん
CV:鶴ひろみ冨永みーな、佐久間レイ(代役)
ばいきんまんを助けるためバイキン星からやってきた女の子のバイ菌。
…だったのだが、次第に彼を尻に敷く扱いが増え今は完全に立場が逆転してしまった。
しょくぱんまんに片思いしてしまうが、やなせ氏曰くパンと菌なので絶対に結ばれる事はないとの事…。
叶わない恋とは知らず彼女は現在もしょくぱんまんにアピールを続けている…。
ばいきんまんと一緒に悪戯に加担したり彼のサポートをする事も多いが、しょくぱんまん絡みで単独行動する事も多くその時は基本的に変装するが極稀に変装してない状態でもアンパンマン達と割と仲良く接している。

長年、ドキンちゃんを担当していた鶴ひろみ女史が2017年11月に急逝したためクリスマスSPのみバタコさん役の佐久間レイ女史が一時的な代役を務めた後、2018年1月下旬からロールパンナ役の冨永みーな女史が後任&兼役となった。ドキンちゃんを引き継いで以降、冨永女史が演じていたしろかぶくんやレアチーズなど他のサブキャラの役は降板している。


準レギュラー

CV:柳沢三千代、冨永みーな(代役)
短気で熱血なカレーパン戦士。
口から激辛カレーを出して攻撃するが、出しすぎると力がなくなってしまう。
この世界においてギャグなどの三枚目な扱いが多い。
詳しくは本人の項目へ。

  • しょくぱんまん
CV:島本須美
紳士的でナルシストな食パン戦士。
名前が平仮名だったりジャムおじさんから作られてなかったり明確な弱点がないなど、
アンパンマンやカレーパンマンと違い異なる部分が多い。
ドキンちゃんから想いを寄せられているが、彼が彼女の事をどう思っているかは30年以上経った現在も不明で前述の件からこれからも判明される事はないと思うが、彼女の手作りを受け取る時はいつも感謝しているので少なくとも満更でもないのは確かである。

  • ホラーマン
CV:肝付兼太矢尾一樹
ボロボロな服を着ている骸骨。
ドキンちゃんに好意を寄せているが、ストーカー気味な行動が多いため彼女からは嫌悪されている。
不意討ちのように何の前触れもなくいきなり登場する上、しょくぱんまんとフォルムが似てるのでドキンちゃんの妄想から割り込むように登場する事も多い。
アンパンマン側にいたりばいきんまん側にいたりとこの世界では中立ポジションだが劇場版では後者、テレビ版では前者の傾向が強い。
作者曰く1回で消えると思ったらいつの間にか人気になっていたとの事。

長年、ホラーマンを担当した肝付兼太氏が2016年10月に逝去したためしばらく登場しなかったが、翌年の劇場版で少しだけ再登場。ちょうちん平次やノリノリのりへいを担当していた矢尾一樹氏が後任になり、テレビ版では1376話「アンパンマンとどろんこ魔王」で再登場。現在は再びテレビ版、劇場版共に定期的に登場している。
何の因果かドキンちゃん後任とは元夫婦である

  • メロンパンナ
CV:かないみか
200話から登場したアンパンマンの妹分として誕生した初めての女の子であるメロンパン戦士。
メロメロパンチが得意技で彼女のパンチを食らうと一時的にメロメロになってしまう。
初めて登場するとあっという間に準レギュラーの地位を確立するほどの人気キャラになり、90年代はほぼ毎回登場していた。
2000年代に突入して人気が落ち着いた現在もサブタイに名前が載ってなくても比較的登場する事が多い。
後に姉であるロールパンナ誕生を境に終わりなき苦悩を抱える事になるが、現在もたまに会える姉と束の間の幸せな時間を過ごしている。

CV:冨永みーな
メロンパンナの姉である覆面のロールパン戦士。
作中随一の強さと重い運命を持つ。
詳しくは本人の項目で。

  • クリームパンダ
CV:長沢美樹
パンダのような顔をしたクリームパン戦士。
自己紹介をしてゲストキャラにパンダ?と言われるのがお約束になっている。
グーチョキパンチが得意技だが基本的にグーが多い。
パン戦士キャラでは最後の登場でもっとも幼く、アンパンマンを尊敬してメロンパンナとロールパンナを慕っている。
登場初期は上手く飛べず精神的に未熟な一面も多いが、努力家でもあり現在は比較的安定して飛べるようになった。

  • コキンちゃん
CV:平野綾(テレビ版)乙葉(劇場版)
ドキンちゃんの妹分である青いバイ菌の女の子。実の妹であると紹介したものもあったがどちらが正しいのかは不明。
嘘泣きが得意で彼女の涙を浴びると悲しくないのに涙が出てしまう。
ドキンちゃんよりわがままだが、悪行はしてないのでアンパンマン達とも仲良し。
もともと映画短編出身のキャラクターだが、人気になったからかその翌年からテレビ版にも登場しており昨今は劇場版にも短編、2015年版では映画本編にも登場したり2011年以降のアンパンマンたいそうやサンサンたいそうのEDにも登場している。


その他のキャラクター

  • カバオくん
CV:山寺宏一
カバの子供であり、子供キャラの中ではムードメーカー的な存在。
放送初期から登場しているが彼の名前がサブタイに載ったのは実は2回ほどしかない。

  • ピョン吉
CV:原えりこ
ウサギの男の子であり、ウサギの住人の中ではもっとも出番が多い。

  • ウサ子
CV:中村ひろみ
ウサギの女の子であり、レアチーズの飼い主でもある。
ED曲のひとつでもあるサンサンたいそうの1番の歌詞で何故か名前がある。

  • ちびぞうくん
CV:坂本千夏
小さな象の男の子で、クリームパンダと同時期に登場。
子供キャラの中ではサブタイに載る事も多い。

  • みみせんせい
CV:滝沢ロコ
カバオくん達が通っている学校の先生。
悪事を働くばいきんまんに対しても先生らしく指導するため彼から苦手な人物のひとりに数えられている。


●項目があるキャラクター



●エピソード項目



●劇場版


それいけ!アンパンマン キラキラ星の涙
記念すべき最初の映画作品。挿入歌は屈指の名曲。

それいけ!アンパンマン ばいきんまんの逆襲
ばいきんまん大活躍であり、様々な姿に変身するが…。

それいけ!アンパンマン つみき城のひみつ
異なる種族同士の対立をテーマにした作品。

それいけ!アンパンマン ハピーの大冒険
強さとは何かが問われる作品。ゲストは映画シリーズでは珍しい男の子。

それいけ!アンパンマン いのちの星のドーリィ
幼児向けだと思って油断していると涙腺が大変な事に…。


●関連項目

アンパンマンたいそう
過去に勝俣州和が所属していたCHA-CHAがこの曲を歌っていた。

おそ松さん
デカパンが第3話で「ほれいけ!DEKAPAN-MAN」というパロディを行ったのだが、内容が完全にオリジナルに失礼であると判断されたため、BS-ジャパン放送版では修正、映像ソフトでは収録見送りになっている。




嗚呼アンパンマン優しい君は
行け!皆の夢守る為

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年04月08日 19:09