ソニックブーム


"Sonic Boom!"

概要

ガイル及びナッシュが使う必殺技の1つ。ソニックブーンでは無い。
前方に回転する刃状の飛び道具を発生させる。
元々ソニックブームとは、飛行機が音速を超えて飛行する際に、
機首および翼後縁付近で発生した衝撃波のエネルギーが地上に伝播し、断続的な音波として観測される現象の事である。
音とは、空気等の媒質中を伝わる振動であり、媒質の温度によって多少左右されるが一定の速度で伝わる。
この速度を振動源が超える事により、進行方向に振動の波形が圧縮・増幅され、莫大なエネルギーを持つ波と化したものである。
その大きなエネルギーを持つ音波は、しばしば地上に窓ガラスが割れるなどの被害を与える場合がある
ガイルがこの技を使うのも戦闘機を操る空軍少佐である事、
刃のような形なのもこの様な衝撃波だという事が影響していると思われる。
その割には弱で撃つと前進歩きと同じ速度になるぐらい異様に弾速が遅かったりするが、なに、気にすることはない
本当のソニックブームを発生させているなら強過ぎるし、人間の体じゃどう考えても不可能なので、きっとただ技の名前として使っているだけなのだろう。

実は日本のオタク業界では「真空チョップ」の名で、波動拳の元ネタである「百歩神拳」や「かめはめ波」より歴史のある技である
(オタク業界に限らなければ古くから百歩神拳や「遠当て」とかの話はある)。
ただしガイルのとは違い、目に見えない速さ(≒超音速)で相手を切り裂くのが基本。
レイの使う南斗水鳥拳はこの代表例だろう。
古くは妖怪・鎌鼬(かまいたち)の正体が現代では、自然発生したソニックブームの類だと考えられている。
また1954年の漫画『赤胴鈴之助』の必殺技に「赤胴真空斬り」がある。
鈴之助が真空谷を吹き抜けるつむじ風が発生させる鎌鼬を元に会得した飛鳥流の秘奥義であり、本来は鎌鼬を生身の素手で生じさせるという、
まさにソニックブームそのもののトンデモ技なのだが、真剣で斬り合っても流血沙汰にはならない少年漫画的自主規制の結果か、
「手刀で生み出した旋風で群がる敵をなぎ倒す(斬らない)技」になっているという一周回ったご先祖様である。
最近の漫画なら多分容赦なくスパッと斬れてるよな

リュウ波動拳に位置する飛び道具であり、「サマーソルトキック」と共に代表的なタメ技
ただしセスと『ストV』のナッシュのものは波動コマンド
勿論待ちガイルには欠かせない技である。
また事前に用意が必要なタメ技という事を考慮してか隙が非常に少ない技であり、
例えば波動拳との相打ちになった際はガイルの方が早く硬直が解け、
次の攻撃(遠立大Porレバー→大P=スピニングバックナックル)を先に仕掛ける事が出来たりする。
特に『ストII』時代によく見られ、「ソニック裏拳」と呼ばれた(逆に砲台勝負では溜め時間が必要な分、波動拳に負ける)。
それどころかシリーズによっては飛び道具として破格の 密着ヒットで微有利、密着ガードで五分 という無茶な性能となっている事すらある。
また(サマーソルトキックにも言えるが)前進できる通常技「ニーバズーカ」で溜めたまま前進出来た事も。

ちなみに弾色は、『ストII』初代~『ターボ』までは黄色だったが、『スパII』以降は水色になっている。
また『ストV』の黄緑色、『SVC』の濃い水色から青色にかけてのグラデなど一部の作品ではまた異なる色になっている場合もある。
『SVC』以外は中心に行くほど白くなるのは共通している。

初代『ストリートファイターII』では、この技とリバーススピンキックを組み合わせる事により、
禁断の真空投げ餓狼キャラのアレとは全く異なる)が出来てしまう。

波動拳と同様、格闘ゲームでもこの技を基にした飛び道具が数多く存在しており
後ろから一気に前というレバーの動きもあってかソニックブームと同じ様な形の事が多い。
同じ『ストリートファイター』シリーズに登場するディージェイのエアスラッシャーや、アッシュのヴァントーズ等がある。
またレミーや『NBC』(&『XI』)ロバートの様に「←タメ→+パンチ」で上段・「←タメ→+キック」で下段の飛び道具を出したり、
ジャンヌの様に剣からオーラを出したり、キャプテンキッドの様にサメの形をした気を出すパターンもある。
そしてこれらの飛び道具達も例に漏れず硬直が少なく、撃ってからの攻撃の先行がしやすい。
またゲームによっては、その硬直の短さ故、撃ってすぐにレバーを引きタメを作り、
硬直が解けると同時に再び飛び道具を撃ち出すという事も可能となり、俗に言われる「連射状態」を作り出す事も出来る

基本的に飛び道具を持つキャラは波動拳等のコマンド系、もしくはソニックブーム等のタメ系どちらかのみの場合がほとんどだが、
キャプテンキッドのようにパイレーツシップ・シャークナックルとコマンド・タメ両方の飛び道具を持つキャラもいたりする。とっておきだぜ~

波動拳と共に飛び道具の礎を築いた技であり、その存在は大きい。
その為、この系統の飛び道具を使うキャラの場合(特に形状が似ていると)、技の正式名称を言うより、
ソニック」「ソニブ」「強ソニ・弱ソニ」と置き換えられて呼ばれる場合もあるほどの浸透力も持っていたりする。


派生技

ソニックブレイク

ナッシュが使うスーパーコンボ。ソニックブームを連射する。
『ZERO』シリーズではレベル毎に最大発射数が2~4発。
『ZERO2』以前では1発当たりの威力は非常に大きかったが、『ZERO2ALPHA』以降は威力が大幅に削減されてしまい使い道がなくなってしまった
『MvC』シリーズでは画面いっぱいにこれでもかといわんぐらい弾幕の如くソニックブームを大量に撒き散らす。憤怒のシュペルノーヴァもこれに似てなくもない
後に『ストIV』シリーズのガイルもEX必殺技版として本技を使う。
『ストV』でもVトリガーIの「ソリッドパンチャー」中に使用可能。
ナッシュ版と違い、単発での発動からPボタンを押して追加で発射するという形になっている。

ソニックブームタイフーン

『ストEX』シリーズのみ使うガイルのスーパーコンボ。
初出の『EX2』では1ゲージ技で、真空波動拳のように多段ヒットするソニックブームの強化版。
技後の硬直が非常に短くガードされても反撃を受ける事が無いため、サマーやダブルサマーをガードされても、
スーパーキャンセル(SC)でこの技を出せば安全にフォローができる。
特にこのシリーズではワンチャンスで勝負が決まる事が多く、ガードキャンセルやブロッキングといったシステムが存在しない事に加え、
こういった反確状況を例え1ゲージを無駄(SCするとケズリが無くなる)にしてでも相手に主導権を渡さない戦術が要求されるために、
攻防どちらでも使える優秀な技だった。
『Ex2plus』以降は3ゲージ技(メテオコンボ)に格上げされ、巨大な竜巻を起こして前方へ放つ飛び道具となっている。
判定の大きさや威力の大きさは絶大だが、その反面以前のように反確回避のために手軽に(3ゲージを無駄にしてまで)使う事ができなくなった。

ソニックハリケーン

ストEXシリーズ以外で使うガイルのスーパーコンボ。初出は家庭版『ZERO3』。
こちらは上記のタイフーンと異なり目の前に衝撃波を発生させる技で、どちらかといえば春麗の気功掌に形態が似ている。
初出の『ZERO3』では停滞気味にゆっくり前進する仕様で、威力はショボくダウンも奪わずヒット後の状況も特に良くないイマイチな性能であったが、
それが『マヴカプ2』に出ると相手を巻き込みながら切り裂き続ける飛び道具版真空竜巻といったド派手で強力な技に変貌。
以降は『カプエス2』や『SVC』、『スパIV』等でもこの仕様だが、流石にVSシリーズの仕様をほぼそのまま持ってきたのもあり、
LV3専用技やEXCEED、ウルトラコンボといった最上位レベルの技に格上げされている。
『ストV』ではVトリガーIの「ソリッドパンチャー」中に発動すると、「ソニックテンペスト」に変化し、性能が強化される。

ソニックブレイド

『ストV』で追加されたVスキル。
縦に腕をクロスさせ、その場に衝撃波を発生させる設置技。ただし設置時間はとても短い。
硬直が解けた直後にソニックブームを重ねると、多段ヒットする「ソニッククロス」に変化して飛んでいく。


後に『ストIV』のラスボスであるセスパクられたりした。
波動コマンドで出せるものの、発生も硬直もオリジナルより長く劣化している。
技のモーションが左手を内側から外側に振って衝撃波を出すというものであり、
どちらかと言えばソニックよりもレミーの「ヴェルテュの残光」に似ている。
ちなみにこれらの弾色は、セスのものはモノクロ、レミーのものは青緑色である。

なお、ポケモンにも同名の技が存在する。
+ポケモンにおけるソニックブーム
効果は相手に「必ず20のダメージを与える」というもの。
物語序盤ではどのポケモンもHPは40~60程度のため、所持ポケモンは重宝される。
タイプによるダメージの増減の影響を受けないのも大きい(無効はされるが)。
外伝作品のポケモン不思議のダンジョンシリーズの1作目では何故かダメージが55に固定されており、
序盤どころか後半に於いても使える技となっている。初期に必ず仲間になるコイルが覚えられるのも大きい。
特に、レベルが1になるダンジョンでは火力が低く、
「やつあたり」(かしこさが低いとダメージが大きく、初期は45。レベル1のダンジョンのポケモンを大抵一撃で倒せる)より威力が高い上に、
遠距離からでも当てられる上に命中率も非常に高いので原作以上に重宝されている。
しかし、逆に敵が使ってくる時はこちらにとっても非常に脅威。
特にシナリオクリア後のダンジョンではマルマインが必ず覚えている上に、レベル1ダンジョン中盤では必ず出てくる。
そのため、出会った直後にソニックを打たれ、逃げようとしてまた打たれてハイ死亡、なんて言う事も。
幸いマルマイン自体はかなりのなので、打たれる前に倒せば莫大な経験値ももらえるがやはりリスクが大きい。
尚、同じ固定ダメージの「りゅうのいかり」は65と大差がない。
なお、2作目以降は反省したのか上記の固定ダメージはかなり抑えられている。

ちなみに余談だが、『ハートゴールド・ソウルシルバー』のクチバジムリーダー・マチスの服装がまんまガイルである。
しかもマチスはアメリカが元ネタと思われる国の元軍人であり、作中で少佐と呼ばれていた。
この女戦士も同名の技を使うが、エフェクトが大分違ったりする。

ロックマンエグゼ』にも登場。バトルチップ「バリアブルソード」使用時に素早く「←B→B」と入力すると使える。
威力160で縦3マスに広がる衝撃波を3発発射する。中央列で放てば逃げ場はない。
『3』の反則クラスの技であるエレメントソニックに比べると、コマンドが簡単な代わりに一発当てると無敵時間が発生するため3発連続では当てられない。
しかし、『2』ではプリズムを設置する事で ソニックブームがプリズムを通過している間ずっとダメージを与え続ける 強力な仕様がある。
プリズムを通過するのに6フレームかかるため160×6=960ダメージが入るため、TASご用達である。


MUGENにおけるソニックブーム

ガイルの生命線と言える技なので、当然ガイルやナッシュに搭載されている。
超必版では製作者によって異なる場合があり、多数は「ソニックハリケーン」であるが、
TESTP氏やor2=3氏のガイルには「ソニックブレイク」が搭載されていたり、
dragoon316氏やKAZ氏の世紀末ガイルには「ソニックブームタイフーン」が搭載されている。
特に後者はスーパーコンボ(1ゲージ)版とメテオコンボ(3ゲージ)版の両方が実装されている。

ポケモンのコイルもこの技を使用する。

なお、超音速で飛ぶラドンには本来の意味でのソニックブームが搭載されている。