ガンダム・バエル


300年の時を経て目覚めし始まりの悪魔

  • 型番:ASW-G-01
  • 頭頂高:18.0m
  • 重量:30.0t
  • 動力:エイハブ・リアクター×2
  • 採用フレーム:ガンダム・フレーム
  • 武装:バエル・ソード、電磁砲
  • 搭乗者:アグニカ・カイエル、マクギリス・ファリド

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』に登場するモビルスーツで、ガンダム・フレーム一号機。
デザインは主人公機であるガンダム・バルバトスやハシュマルを担当した鷲尾直広氏。
名前の由来は、ソロモン72柱の内の一つで序列1番に位置する悪魔で、バアルが悪魔に変貌した者。
MUGEN的にはコイツ半身であり、同僚にあたる。

300年前に終結した大戦争「厄祭戦」の時代に開発された初めてのMSであり、同作における「ガンダム」のプロトタイプとなった存在。
武力組織「ギャラルホルン」の創設者であるアグニカ・カイエルが厄祭戦当時に駆った機体であり、その伝説的活躍から、
「アグニカの魂が宿っている」として神格化され*1、300年間未整備のまま保管されていたが、マクギリス・ファリド(CV: 櫻井孝宏 )の手により起動された。

上記の伝説から、ギャラルホルンの創設者とも言える彼の魂に認められた者は、ギャラルホルンの全権を掌握出来るとされ、
本機はギャラルホルンにおける錦の御旗としての意味合いもあり、マクギリスによるクーデターで本機を掌握された際も、
アグニカと同じく創設者の家系であるセブンスターズの面々は中立を表明せざるを得なかった程。

こうした事情から、長らくギャラルホルン地球本部「ヴィーンゴールヴ」の地下層「バエルの祭壇」に、
セブンスターズ各家のガンダム・フレームと共に安置されていたのだが、アイン・ダルトンに施した阿頼耶識システムのデータを基に、
自身にも同様の施術を施したマクギリスはギャラルホルンの全権を掌握する為にクーデターを敢行。
本機を掌握した事で、自身の政敵であるラスタル・エリオン率いるアリアンロッド艦隊らと戦える戦力を得られる目論見…の筈だったが、
自身に対峙する「ガンダム・ヴィダール」の搭乗者である仮面の男ヴィダールは、
正体が嘗てマクギリスに謀殺されたとされるガエリオ・ボードウィンだと明かし、逆賊マクギリスの打倒を宣言。
此処に来てマクギリスのスキャンダルを暴露された形となり、セブンスターズの面々は対ラスタルの戦力を出し渋り中立を表明。
錦の御旗ともいえるバエルの威光を前にしても、彼らが従わなかったという想定外の事実に、
マクギリスは満足な戦力を得られないまま戦闘を継続せざるを得なくなってしまう。

その後、アリアンロッド艦隊との決戦において、彼らが用意した禁止兵器「ダインスレイヴ」により革命軍が壊滅的打撃を被る中、
革命軍の士気を向上させつつ、ガエリオが駆るガンダム・キマリスヴィダールと交戦。
自身の部下である石動・カミーチェの援護を受けつつ、高機動戦闘で激闘を繰り広げるも、
マクギリスがガエリオの妹、アルミリア・ボードウィンを庇って受けた傷が疼いた事での隙を突かれ、庇いに入った石動を喪い敗走。

その後は鉄華団と合流し火星支部に逃れようとするも、マクギリスは既にラスタルにより指名手配され、
セブンスターズの総意もあってギャラルホルンでの立場を剥奪されてしまい、ここでも十全な協力を得られないまま包囲されてしまう。
更に鉄華団とは意見の相違もあって彼らと別れざるを得ない事もあり、
地球の蒔苗東護ノ介と連絡を取るべくクリュセへ向かうオルガ・イツカらのために囮として単機で出撃。
セブンスターズの一員であるイオク・クジャンらを相手に無双、鉄華団がこの隙に火星からの離脱に成功した事が最後の別れとなる。

最早打つ手はなく、絶望的な戦力差を前にマクギリスは部下達と、世話になったトド・ミルコネンらを逃がすと、
ラスタルの首を獲るべく単機で出撃。
「組織の力ではなく、研ぎ澄まされた純粋な一人の人間の力によって嵐が巻き起こり、世界を変えられる」という思いを胸に秘め、
MSはおろか随伴艦をも相手に無双し遂には彼の座乗艦にまで辿り着くも、最後に現れたのはガエリオが駆るキマリスヴィダールだった。
ラスタルの意向により一対一の戦いの場が用意された中、マクギリスは嘗てガエリオを陥れた時と同様に的確に機体にダメージを与え、
武装をも潰していくなど圧倒的な立ち回りをしてきたが、ガエリオは自身の部下であったアインの脳幹を利用した阿頼耶識システムType-Eのリミッターを解除。
脳幹が焼き切れる程の熾烈な戦いの末、ついに両機は大破、マクギリスも機体の内装の破片が突き刺さる重傷を負う。
マクギリス自身も最後の力を振り絞り、なおもラスタル抹殺を諦めずに居た中、先回りしていたガエリオの手により引導を渡された。

一連の騒乱は「マクギリス・ファリド事件」として歴史に刻まれ、本機は修復された際にコクピットブロックの除去や、
関節部に拘束具を噛まされるという処置が施された。

マクギリスの言動やキャラルホルン内での扱いなどから、当時の視聴者間ではラスボス説も囁かれており、
「何か特殊なシステムが搭載されているのではないか」「モビルアーマーを操れるのではないか」などと考察されていた。
しかし、実のところ機体そのものは純粋な高機動戦用格闘機体で、大気圏内外を高速飛翔出来る以外の特徴は無く、
武装も頑丈な二振りの実体剣と牽制用の電磁砲だけという極めてシンプルな構成。
デザイナーからも「近代化改修が施された主人公機などと比べると性能は劣る」と断言されてしまっている。
むしろ、この機体でモビルアーマーを撃墜しまくっていたというアグニカ・カイエルがバケモノだったと言わざるを得ない


聞け!MUGEN界の諸君! 今、300年の眠りから、マクギリス・ファリドのもとにバエルは甦った!

前述のハシュマルや、デスティニーガンダムも手掛けた961000氏による手描きキャラが公開中。
原作で見せた動きに加え、『SDガンダム Gジェネレーションクロスレイズ』『スーパーロボット大戦30』等におけるモーションを再現しており、
中には漫画版が元ネタとなっている技も。
『EXVS』シリーズ出典の技も搭載しており、悪名高き特殊格闘の運送技(通称「バエル運送」「アグニカエレベーター」etc.)や、
サブ射撃のスーパーアーマー突進などを再現した強力な攻撃を備える。
再現系の技だけでなくネタ要素も多分に盛り込まれており、一部の技やカラー等は「 異世界オルガ 」シリーズをはじめとしたMAD動画が由来となっている。
どこかで見た事がある技ビッグボディ、はたまたTRANS-AMを使う事も可能。
また、ガンダムでない方のバルバトスや、ハシュマル以外の天使相手に特殊イントロが用意されている。

TRANS-AMは後述のアグニカポイントが300以上の時、100ポイントを消費して発動できる。
喰らい抜けとして使用可能であり、発動中はダッシュキャンセルや0.5ゲージ消費の喰らい抜けなどが可能となる他、
一度だけ高火力ゲージ技「アグニカの魂」を使用可能。
ただし、発動中はゲージが急速に減少していき、ゲージが空になるまで解除不可能であるなどリスクも大きい。
他にもストライカーとしてヘルムヴィーゲ・リンカーやグレイズリッター、兄弟機であるキマリスヴィダールを召喚する事ができ、
原作では叶わなかったカルタやガエリオとの共闘を見る事が出来る。2ゲージ技として革命軍を召喚する事も可能。
また、これらのストライカーを一通り呼ぶ事で、即死攻撃の3ゲージ技としてやはりどこかで見た事がある技を使用する事が出来る。

更に独自システムとして「アグニカポイント(AGP)システム」なるものが搭載されており、攻撃を当てる、超必殺技を使用するなど特定の行動を取る事で増加。
原作のガンダム・フレームの設定を鑑みてか対アーマーで上昇しやすくなっている。
また、ReadMeには書かれていないが完封に近い負け方をすると次ラウンドで300上昇する模様。
300につき50%の割合で攻撃力が上昇する他、AGPの値によって技の性能が上昇したり、強力な技が解禁されたりする。
原作同様にナノラミネートアーマーも付与されており、一発当たりのダメージを軽減する仕様となっている。
パイロットはマクギリスであるが、6Pのみアグニカ・カイエルが搭乗したバエルとなる。

AIは作者曰く「ガン攻めスタイル」のものがデフォルトで搭載済み。
1コンボの火力が高く、強い攻撃判定と迅速な発生、高い機動力などを併せ持つため、ランクは狂下位程度となっている。
なお、前述の3ゲージ即死技だが、革命軍と合わせて実質5ゲージが必要である事、ストライカーのリキャストが共通である事などにより、
試合が長引かなければデフォAIが使用するのは稀のようだ。
6Pカラー以降では狂中位で戦っていける性能となり、12Pでは初期666AGP、TRANS-AMのデメリット消失、即死攻撃もほぼ撃ち放題といった強烈な性能となる。
なお、AIレベルが実装されていないために「外部AIは歓迎する」との事。

出場大会



*1
伝説の真相としては単に本機も阿頼耶識システムが搭載されていたからであり、規格も厄災戦当時のものなのだが、
ギャラルホルン内部は人体の機械化を禁忌とする風潮が長年続いており、その過程で同システムに関する技術が失伝。
更に劇中にて非合法に出回っている同システムは成長期の子供にしか定着しないとされ、施術方法も乱暴なものであり、
失敗すれば死亡ないしは中枢神経に重大な障害を負い、成功したとしても首筋の突起故に仰向けで寝る事が出来ないなどと、
日常生活に支障をきたす程に質が劣悪なものである。
1期終盤において鉄華団との戦闘でガエリオを庇い、瀕死の重傷を負ったアインを救うには阿頼耶識システムしか無いと薦め、
「阿頼耶識の真の力」とも言及しており、マクギリスが本機を操縦出来たのもアインへの施術によるデータを基にした、
「本来の阿頼耶識に近しいもの」ともいえる。
その為、過去にバエルの操縦を試みた者が居ても失敗に終わったのは当然の事でもあり、上記の伝説も頷けるものである。


最終更新:2022年04月16日 11:57
添付ファイル