大沼郡大石組沼沢村

陸奥国 大沼郡 大石組 沼沢(ぬまさは)
大日本地誌大系第33巻 72コマ目

府城の西に当り行程11里。
家数35軒、東西2町10間・南北1町13間。
また寅(東北東)の方50間に家数23軒あり。
東西1町50間・南北1町20間。(はら)という。
ここより辰(東南東)の方1町に家数5軒あり。
東西1町10間・南北12間。根峯(ねみね)という。
四方田圃(たんぼ)にて南は山に倚る。
北に大なる沼あり。

東34町大谷組宮下村の界に至る。その村まで1里32町。
西9町10間多良布村の界に至る。その村まで22町。
南1里余大谷組間方村の山に界ふ。
北8町福沢入新田村の界に至る。その村まで20町。

山川

大高森山

村南1里余にあり。
頂まで17町。
西派多良布村・玉梨村に界ひ、南は間方村と峯を界ふ。

鞍掛山(くらかけやま)

村東12町にあり。
形状に因て名つく。

境沢(さかひさわ)

村東34町にあり。
大毛無(おほけなし)という山より源を発し、北に流るること1里余只見川に注ぐ。

※国立公文書館デジタルアーカイブ『新編会津風土記83』より
村北3町にあり。
周1里余。
昔は霧窪と唱え大蛇棲て人を害す。何の頃にか大蛇人の為に誅せられ、その後この邊に人家を営みしという。
小山回に囲て鏡水その中にに開け積翠澄波の間に浮動し、山中には少なる勝境なり。
東の(きし)(うがち)て渠を通し数村の田畝に(そそ)ぐ。
鮒魚・海老・杜父魚多し。鮒魚味尤美にして猪苗代の湖水の産につぐ。
また「あさ魚」という小魚あり。この沼と河沼郡野沢組安座村の沼にのみありという。

只見川

村の東北20町にあり。
三更村の境内より来り、1里3町東北に流れ宮下村の界に入る。

神社

沼神社

祭神 不明
鎮座
村北5町50間、沼の涯にあり。
最新詳ならず。
社前老樹多し。
鳥居あり。

神職 佐久間美濃

先祖を景次という。
貞享2年(1685年)始て神職となる。5世を経て今の美濃元次に至る。

山神社

祭神 山神?
鎮座 不明
村中にあり。
拝殿あり。村民の持なり。

寺院

薬師寺

村中にあり。
真言宗道場小路観音寺の末寺なり。
能真山と號す。開基詳ならず。
天文20年(1551年)宥慶という僧再興し、相継で今に至る。
本尊薬師客殿に安ず。

観音堂

村北5町にあり。
草創の時代詳ならず。
村民の持なり。

地蔵堂

原の村中にあり。
何頃の建立にか知らず。
村民の持なり。

古蹟

館跡

村南18町山上にあり。
東西1町10間・南北20間。
横田の城主山内氏の支族沼沢出雲實通という者住す。
天正13年(1585年)関柴備中伊達政宗に内応し葦名氏を叛し時出雲も討手に加わりけるが、黒川を発するとて葦名亀王丸の母儀に謁し逆賊備中が首斬て厚恩に報んといいて起しが、果して備中を討取しかば伊達の兵も負績せしとぞ。
同17年(1589年)磨上の役散して葦名義廣佐竹に奔りし時、出雲渋川助右衛門等と共に義廣に従て常陸国に赴きしという。
出雲が子孫当家に仕て今に存す。
この村の医師玄純という者、出雲より先祖に与し書なりとて古文書1通を蔵む。因に載す(※略)。





沼御前神について

※大沼郡橋爪組相川村より記事を移動

沼御前神について少し調べてみました。
どうやら沼沢湖の沼御前神社に伝わる大蛇の話と関係がありそうです。佐原義連が沼沢湖に住む大蛇を退治し、その首を埋めた所が沼御前神社の地だそうです。
※参考:沼御前(Wikipedia)

沼御前神社の由来を引用します
 湖の主は数十メートルにも及び雌の大蛇で時折村人に危害を加えていた。これを聞いた黒川(若松)の城主佐原十郎義連は大勢の家来をつれてこの地を訪れ、大蛇を退治した。大蛇の首は湖畔に埋たが大蛇の霊を弔うためその高台に沼御前さまとして神に祀ったと伝えられる。八百年近い昔の話である。
 以来、大蛇の霊は美女に姿を変え神社の前面下方断崖の深い棚状の所で終日機織りをしているといわれ明治、大正期には機織りの神様として織女の参拝が多かった。祭神には浜姫命の名が奉られ湖は天平勝宝二年六月十九日一夜で出来たという伝説にちなみ、江戸時代から旧六月十九日を、沼御前神社の祭礼日としている。
※天平勝宝2年:750年

ということで、沼御前神社の祭神は浜姫命だそうです。記紀等では聞き覚えがありませんが、名前からして豊玉姫(とよたまひめ)(ワニの女神。綿津見神(わたつみのかみ)の娘で神武天皇の祖母)と関連がありそうです。

余談。
大蛇が美女に化けた話ってよくありますよね。
ふと思い出しましたが佐原義連の父三浦義明は那須で狐退治をしてます。血の気が多い家族だったのでしょうか。


添付ファイル