魔進戦隊キラメイジャー

登録日:2020/03/24 Tue 21:03:01
更新日:2021/03/30 Tue 23:39:42
所要時間:約 9 分で読めます





人が輝く時、そこに奇跡が生まれる…

輝き、それは未来を変える戦士の証!


キラメイGO!


キラッと参上!カラッと解決


魔進戦隊!

キラメイジャ


『魔進戦隊キラメイジャー』とは、ニチアサキッズタイム内のスーパーヒーロータイムで放映された特撮ドラマ。スーパー戦隊シリーズ第44作目にして初の2020年代戦隊、そして令和初の戦隊である。
2020年3月8日から2021年2月28日まで放送。話数カウントは「エピソード○」。
本編に先駆けて、『スーパー戦隊MOVIEパーティー』ではレッドを除いたキラメイジャー誕生の経緯を描いた『エピソードZERO』が公開。先輩方ともダンスで共演を果たした。
作品キャッチコピーは「キラメこうぜ!!」




【概要】


メインモチーフは「宝石」+「乗り物」。
乗り物モチーフは『烈車戦隊トッキュウジャー』から6年振りの登場となり、宝石に至っては『超新星フラッシュマン』から実に34年振りの登場となった。これらの組み合わせは今作が初である。

プロデューサーは、『獣拳戦隊ゲキレンジャー』以来の戦隊シリーズ参加で、スーパーヒーロータイム全体でも『仮面ライダーフォーゼ』以来となる塚田英明、メインライターは『海賊戦隊ゴーカイジャー』以来の荒川稔久。戦隊初経験のスタッフが多かった前作・『騎士竜戦隊リュウソウジャー』とは対称的に、ベテランが揃えられた。
一方、パイロット監督は若い人にしたいという塚田Pの意向により、『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER』などを監督し、戦隊は初監督となる山口恭平が担当。

2020年3月31日、熱田充瑠役の小宮璃央が新型コロナウイルスに感染し撮影がストップした事を発表。5月中旬までの放送分は撮り終えていたが新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言が政府より発令された影響で撮影スケジュールに変更が生じたことを受け、5月17日以降に予定されていた新作の放送を延期。
そのため、5月17日に映画『エピソードZERO』、24日に第1話・2話を未公開シーンを交えて編集した特別版、31日~6月14日に『キラトーーク!/ガルザとクランチュラのジャメンタル研究所』を放送し、6月21日に放送再開を果たした。
なお、小宮氏は4月9日に無事退院。
放送再開後は一部のエキストラがマスクをしている他、不自然に距離をとっていたり、必要以上のアクションや爆発等の演出が控えられたりしている。
また、想定外の事態でスケジュールに大きなズレが生じた為か、季節にちなんだネタを扱ったのはクリスマス回にあたるエピソード36が初めてだった。
更にクリスマス回の最後に戦隊メンバーが揃って「メリークリスマス!」とコールする演出も例年とは異なっており、エンディング内の幕間で瀬奈、時雨、小夜の3人のみでコールしていた。
同様に2020年7月23日公開予定だった劇場版も延期となっていたが、『仮面ライダーゼロワン』の最終回放送後、2021年新春の公開となる事が発表。
12月6日には新たな公開日と公開形態が発表され、2021年2月20日公開予定の『スーパー戦隊MOVIEレンジャー』内の1作品として、『リュウソウジャー』及びスーパー戦隊シリーズ次回作の単独映画との3本立てで上映予定。
例年と違って『仮面ライダーシリーズ』との同時上映形式ではなく、前年とは違い前作『リュウソウジャー』とのVS作品ではない他、*1当初の予定から半年以上の延期に伴い、TVシリーズがクライマックスを迎える時期に公開される事になる等何かとコロナウイルスのよる影響があった作品となった。


【あらすじ】

美しき宝石の国「クリスタリア」が、闇の帝国「ヨドンヘイム」に侵略された。
クリスタリアの王女「マブシーナ」は父の言葉に従い、不思議なパワーを秘めた5つの宝石「キラメイストーン」を手に地球へと向かう。
かがやく精神「キラメンタル」を持つ5人の戦士の内、4人までを見つけることに成功したが、最後の一人を見つけることが出来ないまま、ヨドン軍による地球侵略が始まってしまう。
巨大邪面獣ジャグチヒルドンにより街が破壊されていく中で、レッドキラメイストーンが選んだ戦士は絵を描くことが好きな高校生「熱田充瑠」だった。が、当の本人は「人違いです!」「輝いてるように見えます!?」とこれを否定。
更に、キラメイジャーの戦いを描くのに夢中になりすぎるあまりに邪魔をしてしまったため、他メンバーからの反感も買ってしまった。
落ち込む充瑠だったが、彼の絵を見たマブシーナとレッドキラメイストーンは充瑠のキラメンタルは「自身のイメージを形に出来る」ことだと気づく。
認められたことで自信がついた彼は遂に戦うことを決意。キラメイチェンジャーの力により、最後の戦士「キラメイレッド」へと変身。更に5つのキラメイストーンを乗り物の姿『キラメイ魔進』へと変化させた。
遂に5人揃ったキラメイジャーは、相棒の魔進とともにジャグチヒルドンを撃破したのだった。

こうしてキラメイレッドとなった充瑠を新たに加えたキラメイジャーは、ヨドン軍から地球を守るための戦いに身を投じることとなる。

【登場人物】


【魔進戦隊キラメイジャー】

不思議なパワーを秘めた宝石「キラメイストーン」に選ばれた五人の戦士達。
それぞれが強く輝く精神力「キラメンタル」を所持しており、キラメイストーンと共鳴することによりキラメイジャーへと変身する。
それぞれのメンバーの名前の由来は、名字→日本の地名・名前→歴史上の偉人・有名人の名前となっている。

レッドキラメイストーンに認められた『創』の戦士。
絵を描くことが好きなごく普通の高校生で、当初は自分はキラメイレッドに相応しくないと消極的だった。
実は、現実にない物を描くことが出来る想像力(イメージ)の持ち主で、想像力が溢れ「ひらめキーング!」と覚醒した時に強烈なキラメンタルを放つ。
一度こうなってしまうと夢中になりすぎるあまり周りが見えなくなってしまうのが欠点。
キラメイジャー加入後は、レッドキラメイストーンに選ばれた者がリーダーになるというクリスタリアの習わしに従い、キラメイジャーのリーダーに任命された。
詳細は当該項目を参照。

演じる小宮氏は現役の高校生で、歴代レッド最年少記録を更新した(2020年3月現在で17歳と4ヶ月)。

イエローキラメイストーンに認められた『射』の戦士。
『eスポーツ界の大スター』を自称する№1プレイヤーで、シューティングゲーム部門では賞金ランキング1位の実力を持つ射撃の名人。戦いにおいても、その射撃テクニックを活かした神ショットを連発する。
eスポーツ界では知らぬ者はいない存在ではあるが、一般の認知度はまだ低いのか、充瑠は唯一彼の名前を知らなかった。
一見するとノリの軽い人物に思えるが、根は真面目でキラメイジャーとしての使命感も強い。
ただし、そんな真面目さ故に他のメンバー(主に充瑠)に厳しく当たってしまうことも少なく無い。
詳細は当該項目を参照。

グリーンキラメイストーンに認められた『速』の戦士。キュウレンジャーに続く二人目の女性グリーン。
100m走の日本記録を持つ、女子陸上界のスピードスター。戦いにおいても、その速さを活かしたスピード戦法を得意とする。
好奇心旺盛で、考えなしに突っ走ってしまうキラメイジャーの切り込み隊長。
自他を問わず夢にかける情熱は人一倍大きく、それを軽視されることを何より嫌う。
詳細は当該項目を参照。

ブルーキラメイストーンに認められた『斬』の戦士。
大人気の若手イケメンアクション俳優。殺陣で鍛えた剣術を駆使し、敵を斬り伏せる。
戦隊ブルーの例に漏れず、頭脳明晰、クールでストイック。あとパラパラのキレがスゴイ。
詳細は当該項目を参照。

演じる水石氏は趣味に殺陣を挙げていたり、剣道初段の腕前を持つリアルサムライでもある。

ピンクキラメイストーンに認められた『治』の戦士。
若くして奇跡の手を持つと称される、美人すぎるスーパー外科医。
合気道を会得しており、その技と射撃を組み合わせた戦い方を得意とする。
楽天家な性格で、物事を「エモい」か「エモくない」かで判断する。
詳細は当該項目を参照。

EP12から登場する追加戦士。正式加入はEP14から。
古ぼけた手帳の様な地図を頼りに日々宝探しに熱中している青年。
「ワンダー」「シャイニング」が口癖で、普段は陽気で能天気な人物だが、宝探しを優先するあまり周りの都合に無頓着になってしまうのが難点。
ただし、「ママリナフニフニ」ぐらいの条件で助けを受け入れる等、根は悪人ではない。

見た目に反して怪力の持ち主で、小夜一人なら軽々背負って運べる他、戦闘においても迫りくるダンプカーを足で止められる。
その正体は、オラディン王の息子にして、マブシーナの兄。
マブシーナからはお兄様と呼ばれつつも、クリスタリアのヨドン軍襲撃の際に不在だったことから、当初は「何もかもお兄様のせい」として激しく嫌われていたが、後に和解した。
EP13では、元々は地球人であり、17歳の時にモンストーンに寄生されて死にかけたことでクリスタリアに担ぎ込まれ、オラディンに養子として引き取られていたという過去が判明する。後述する博多南無鈴は彼と血の繋がった2個下の実弟であり、つまり、その見た目に反して充瑠たちより遥かに年上(これは、クリスタリアの技術で手術を施されたことによって一般的な地球人と比べて年をとらない体質へと変わってしまったため)であり、やや感性が古めかしい節もある*2
専用魔進は持っていないが、魔進を精巧に似せた超重機ドリジャンを愛機としている。
詳細は当該項目を参照。


【関係者】


クリスタリアの王女。
クリスタリアが侵略された際に、父から5つの伝説のキラメイストーンを託され、地球へと逃げのびた。宝路とは義理の兄妹で「お兄様」と呼ぶ。
エピソードZEROでは目の前で何も出来なかった負い目から、戦う力などないと消極的だったが、博多南の荒療治によりこれを克服。キラメイストーンと供にキラメイジャーを探すこととなる。
真面目で心優しい性格だが、皇室育ちなためか世間知らずなところも。
ネアンデルタールジン邪面の名前を聞いて爆笑するなど、笑いのツボはどこかズレている。

  • 博多南無鈴(はかたみなみむりょう) 演:古坂大魔王
宝飾ブランド『ココナッツベイ』のオーナーにして、地球防衛組織CARATの代表。
マブシーナの父・オラディン王の友人であり、来るべきヨドンヘイムの侵略に備えてCARATを設立、地球に降り立ったマブシーナを保護した。
とても大組織の代表とは思えないとぼけた性格ではあるが、キラメイストーンの力を活かすための変身アイテムや武器を開発したり、クリスタリアとの交友関係など底が見えないところも。
また、戦士とは言え若さ故に突っ走ってしまうキラメイジャーを優しく諭す等、時折年長者らしい一面を見せることもある。
デスクのペン立てにリンゴとパイナップルが置いてあるが恐らくは気のせいと信じたい。

クリスタリアの王。
弟のガルザに裏切られたことで、クリスタリアをヨドン軍に侵略され、自身も彼の刃に倒れてしまう。
娘のマブシーナに5つのキラメイストーンを託し、地球に行くように進言した。
充瑠と同じ、「現実にないものを描くことが出来る」能力の持ち主。
普段は王らしく冷静沈着で威厳に満ちた佇まいの持ち主ながら、プライベートでは気さくでノリのいい一面を見せる。
詳細は当該項目を参照。

オラディンの妻であるクリスタリアの王妃。
夫や宝路と共にヌマージョを討伐したが、彼女の呪いに掛かって消滅。
しかし、その直前に秘技を使い、自身の魂をヘッドドレスに付属の宝石に移していた。
その後、ヘッドドレスは遺品としてマブシーナが所有している。


闇の帝国ヨドンヘイム

人々から希望や輝きを奪う、闇を崇める軍団。
美しいものや輝いているものを『反吐が出る』と露骨に忌み嫌い、それらを汚していくことで世界を侵略してきた。
軍事組織「ヨドン軍」を有しており、物語が始まる以前に宝石の国「クリスタリア」を侵略、次なる侵略地として地球に狙いを定めている。
詳細は項目にて。


【キラメイジャーの装備】

  • キラメイチェンジャー
今作の変身アイテムである、タイヤ型のスマートウォッチ。
変身アプリ『キラメイGO』をタッチし、タイヤを回すことでキラメイジャーへと変身する。
アプリを起動すると「キラメイGO! キ!ラ!メーイ!」と待機音が流れ、外周のリングを回すと変身、「キラメこうぜ!」と流れて完了となる。
他にも、魔進アプリ「マッシーン」、技アプリ「キラメイジ」、通話アプリ「キラメコーリング」といった様々な機能を持つ。

  • 充瑠のスケッチブック
充瑠愛用のなんの変哲も無いスケッチブック。
充瑠がイメージを描く際に度々使用される。

  • キラメイソード
レッド、グリーン、ブルーが使うロングソード。
ダイヤモンドを自在にカッティングできるほどの切れ味を持つ。
光のシールドで身を守ることもできる攻防一体の武器。

  • キラメイショット
レッド、イエロー、ピンクが使うシューティングガン。
キラメイジャーのキラメンタルを変換して放つため、心が折れない限り無限に発射できる。
円盤弾キラメイバレットを装填することで、壁や床を跳弾するショットを繰り出す。

  • キラメイバスター
キラメイソードとキラメイショットを合体させた武器。
射撃性能がグレードアップし、きらめく必殺ショットで敵を一掃する。
充瑠の「合体したらより強くなるかな」というイメージにより生まれる。
主にレッドが使う武器だが、イエローが使うこともある。

  • シャイニーキラメイチェンジャー
宝路専用の変身ブレス。
「お宝」の探索機能も持っているが、相応の圏内にいなければ機能しない。

  • シャイニーブレイカー
キラメイシルバーのメイン武装。
工事現場で使われる重機のドリルの様な形をしており、ドリルモード、ハイパーアームモードの二モードに変形する他、後部からジェット噴射で空を飛ぶことも可能。
シャイニーキラメイチェンジャーを通して呼びかければ、何処からでも持ち主の元に駆け付ける。

  • ブルーダイヤ
キラメイソード、キラメイショットの素材として使われている青い宝石。
キラメイストーン同様、充瑠のイメージを基に自在に形を変えることが出来る。
製造法はマブシーナの涙。沁みるわぁ~!

  • 代役ン
ブルーダイヤを充瑠のイメージで変化させた小さな人形。
手を握った人間に変化し、その名の通り代役を務めることができる、『パーマン』のコピーロボットのようなもの。
ただし、オリジナルと比べると声や表情に覇気がなく、身体能力も今一歩劣ってしまうのが欠点。
初期に何度か登場した後一旦フェ―ドアウトしたが、エピソード40「痛む人」で久々に登場した。

  • カナエマストーン
全宇宙に4つしか存在しない勾玉型の秘宝。全て集めるといかなる願いも叶えると言われている。
当初、宝路はマブシーナにかけられた呪いを解くためにこれらを捜していたが、魔進ザビューンの力により呪いが解かれた後は「クリスタリア再興」を目的として集めている。
ストーン単体でもそれぞれの属性に応じた力を使うことが可能で、一度使用した後は黒く変色して輝きを失ってしまうが、しばらくすれば再び輝きを取り戻す。

  • カナエマストーン・デストリア
オレンジ色の「破壊」を司るカナエマストーン。
どんな物も破壊する力を持ち、邪悪シルバーとなってしまった宝路を救う為に、体内の邪悪モンストーンを破壊するという形で使用された。

  • カナエマストーン・リバーシア
白地に赤・青・黄・ピンクのストライプがほどこされた「時間逆行」の力を持つカナエマストーン。
使用した者の過去の記憶にある世界に繋がる特殊なワームホールを生成し、20分間自由に行き来できる。
当初はツリザオ邪面が所持していたが、無事に奪い返し、後に過去の世界でヌマージョの体液を手に入れるために使用された。

  • カナエマストーン・エネルギア
青色の「強力化」の力を持つカナエマストーン。
使用するとあらゆるものにパワーを与え、戦闘能力を飛躍的に上昇させることが出来るが、長時間使用し続けると肉体が崩壊してしまうという諸刃の剣。

  • カナエマストーン・イリュージョア
赤地に黄・緑・青・ピンクの斑紋がほどこされた「魔性」の力を持つカナエマストーン。
ストーンに近づいた者の深層心理の記憶を引き出し、幻覚を見せることができる。

  • キラフルゴーアロー
充瑠がブルーダイヤを基にカナエマストーン・エネルギアによってイメージした、鳥を模した宝石弓。
今作の強化変身アイテム枠となっており、使用することで、アーマーを装着させた「ゴーキラメイジャー」へと強化変身する。
ただし、この手の強化アイテムには珍しく「決して限界を超えてはいけない」という節制上、変身時間は100秒間のみという弱点がある。???「限界は超えるためにある!」


キラメイストーン/キラメイ魔進

クリスタリアにおいて、数万年の時を経て特別な力を蓄えた「意思を持つ石」。
キラメイチェンジャーを介してキラメンタルを戦う力へと変化させる。
普段は四角い宝石の形だが、充瑠の想像力を受けることで地上の乗り物に姿を変える。
詳細は項目にて。

【楽曲】

OP:「魔進戦隊キラメイジャー』」
歌:大西洋平 作詩:藤林聖子 作曲・編曲:KoTa

ED:「キラフル ミラクル キラメイジャー」
歌:出口たかし 作詩:藤林聖子 作曲:岩崎貴文 編曲:籠島裕昌 振り付け:幸

【コラボ】

2020年4月18日にはYouTubeやTwitterで人気の漫画動画チャンネル『テイコウペンギン』とコラボ。
同日アップロードされた動画ではペンギン達がキラメイジャーに扮して活躍した。
本作オリジナルの邪面獣も登場している。
ペンギンの身内にヨドン軍も顔負けの方々がいる気がするが気にしてはいけない。

2021年1月にはスマートフォンゲーム戦姫絶唱シンフォギアXD UNLIMITED』との衝撃のコラボも実現。
双方の作品のファンを驚かせた。


【余談】

今回、サブタイトルは全て様々な日本映画のタイトルを捩ったものとなっている。
メジャーな映画からマイナー映画、アニメ映画に至るまでその種類は非常に多用に揃えられた。



キラっと追記!カラっと修正!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年03月30日 23:39

*1 『キラメイジャーVSリュウソウジャー』自体は最終回後にVシネマとして発売されることが発表された。

*2 因みに演者の庄司氏の趣味には「昭和歌謡を聞くこと」とある。