エルヴィーラ

初出:第173話

声(ドラマCD第2弾):浅野真澄

家族構成

父:前ギーベ・ハルデンツェル*1
母:前ライゼガング伯爵の孫娘 (ヴェローニカの異母姉)
夫:カルステッド
 息子:エックハルト
 息子:ランプレヒト
  孫:ジークレヒト
 息子:コルネリウス
 娘:ローゼマイン
兄:クラウディオギーベ・ハルデンツェル

母方の親戚
曾祖父:四代目アウブ・エーレンフェスト
曾祖父:前ライゼガング伯爵
祖父:初代ギーベ・グレッシェル
祖母:前ライゼガング伯爵の娘
叔父:二代目ギーベ・グレッシェル*2(ヴェローニカの異母弟)
 従兄弟:ギーベ・グレッシェル
異母叔母:ヴェローニカ
 従妹:ゲオルギーネ
 従妹:コンスタンツェ
 従弟:ジルヴェスター
異母叔父:ベーゼヴァンス (神殿長)

容姿

髪の色:深緑
000000000
瞳の色:黒
000000000
深い緑の髪を複雑に結い上げている。見た感じ30代半ば。
姿勢が良く、動きの一つ一つが優美で上品。

地位

階級:上級貴族
職種:文官

年齢関連

  • 誕生季:春*3
  • ローゼマインとの学年差:+29*4

作中での活躍

フルネームは「エルヴィーラ・トータ・グートハイル・フラオ・リンクベルク」(リンクベルク家の妻、グートハイル家の娘、エルヴィーラ)。
カルステッドの正妻。ローゼマインのお母様。
上級貴族の正妻として考えるならば、とてもいい女。騎士団関係の仕事で夫が留守にしていても任せられる。
貴族としての利益を確保し、上級貴族に相応しい社会貢献をして、周囲からの賞賛を得ながら、自分の趣味にも妥協しない。

カルステッドとの結婚は、異母叔母であるヴェローニカからの嫌がらせから守るための政略結婚だった。
カルステッドの第二夫人のトルデリーデと第三夫人のローゼマリーの親族同士の確執では、カルステッドがローゼマリーに味方したため、トルデリーデに味方した。
しかし、トルデリーデがニコラウスを産むと、トルデリーデがヴェローニカの後ろ盾でカルステッドの後継者をニコラウスにしようと画策したため、エルヴィーラはトルデリーデとニコラウスを警戒対象にしている。
ヴェローニカからの嫌がらせを疎んでいたため、ヴェローニカから疎まれているフェルディナンドやフロレンツィアに同情的であった。
エックハルトに対しては、エックハルトがフェルディナンドに名捧げしたり、フェルディナンドの神殿入りで失意に落ち込んだり、エックハルトが妊娠したばかりの嫁と死別したりと、心労が絶えなかった。
ランプレヒトについても、ヴェローニカとのヴィルフリートの側近打診にまつわる攻防で、苦労した。
コルネリウスに至っては、二人の兄の苦労を見て、無気力で、やればできるのに本気で取り組もうとしない姿に腹立たしい思いをしていた。

ローゼマインがヴェローニカとその弟である神殿長のたくらみで危機に陥っていたことに同情したところもあったようだ。
ローゼマインについては、カルステッド達から平民だということを知らされていたことに加えて、自分での身辺調査し、本当の家族まで突き止めていた。
息子しかいなかったため、フェルディナンドに頼まれて、娘ができたことに目を輝かせ、受け入れ準備にはかなり力を入れた。

ローゼマインを実子として洗礼を上げさせたことで、苦労が多かった人生に転機が訪れた。
ローゼマインはエルヴィーラにとって、春を呼ぶ水の女神であったようである。
政略結婚から始まりお互いに義務と役目を一番に置く関係だった夫婦関係が、ローゼマインを話題にすることで充実した夫婦関係に変化した。
ローゼマインからのレシピや流行の発信で自らの派閥が強化できた。
本の出版を介して、自らの趣味を満足させることができたとともに、実家に工房を作ることで現金収入を確保できた。
ローゼマインがきっかけとなって儀式を見直したことで、実家の領地が豊かになった。
フェルディナンドが復権したことで、エックハルトに活気がよみがえった。
ヴェローニカが遠ざけられたことで、ランプレヒトに関連する嫌がらせもなくなった。
コルネリウスもローゼマインに触発されて勉学にいそしむようになり、ローゼマインの側近から嫁を迎えることもできた。
フェルディナンドとエックハルトの為だけも、平民の子の実の母役を引き受けるにたると考えていたが、
ローゼマインがこれらの多くのことをもたらしてくれたことから、深い感謝を抱くと共に母として支えよう思った。*5

ローゼマインが、神殿とフェルディナンドの方が落ち着く様子を示していたことと、城にはフロレンツィアがいることから、表立って手を出そうとはしていなかったが*6
事業に関する寄付金集めの相談を受け、お茶会を開いてお金の集め方を示したり*7
ローゼマインを呼び寄せるのではなく、成人女性の忌避率が非常に高い神殿に、自ら足を運んだり*8
上級貴族の伝手が少ない、ローゼマインの専属商人を、自分が贔屓にしている商会であると教材販売の場で周知させたり*9
常識不足が原因で、ローゼマイン自身が困る事態に陥るであろう案件を進めていると察知すると、素早く手と口を出したり*10
迫りつつある危険の回避を可能とすべく、ゲオルギーネ派のリストを作成し、「ローゼマインをよろしくお願いいたします」と添えてフェルディナンドに文を送ったり*11
ジョイソターク子爵に怒りを込めてローゼマインは自分の娘だと宣言したり*12
ローゼマインの側近の婚約者探しをしたり*13
中級・下級貴族や、他派閥との接する際の問題点を諭した上で、ローゼマインに他派閥との付き合いを周りに認めさせる手段を教えたり*14
プランタン商会との契約魔術の意味を理解した上で、契約破棄と再契約を指示する領主命令に対して、ローゼマインの心が折り合いをつけることができそうな考え方を示したり*15
ギーベ・ハルデンツェルの歌ってほしいという要求にローゼマインが困っているのを見て、代わりに自分が演奏することを引き受けたり*16
アウレーリア関係で、ローゼマインの身辺の安全を確保しつつ、家族関係を築けるよう接点を持たせたり*17
ローゼマインの中央行きが確定した際に、親子協同の隠し部屋の作り方を教えたり、
ローゼマインの関係者の身の振り方や、関係者への接し方に対して助言をしたり、
フェルディナンドの連座回避達成や、ローゼマイン自身の行く末に対して、母としての心を示したり*18
等々、母親としてのフォローや心配りをしていた。

エルヴィーラがフェルディナンドに対して遠慮していたことや、フェルディナンドがローゼマインに対して告げた貴族の家族論の影響で、
長きに渡り、ローゼマインの心の内に、エルヴィーラに対する距離感が残り続けていたが、
14年春に、ローゼマインが思い切って、エーファに甘える時のように伸ばした手を、しっかりと受け止めて握り返した*19ことから、
距離感がぐっと縮まり、凄くて尊敬できる貴族のお母様*20から、凄くて尊敬できる自慢のお母様*21になった。

マインのお菓子を気に入ってレシピを交換した。家を預かるため料理のレシピには慎重で、時間をかけてやり取りをする。
また、フェルディナンド様応援団で、ミーハーな部分もある。日常におけるちょっとした情報でも食いつきが良い。
フェルディナンドのフェシュピールコンサートが決まった時は、フェルディナンドに最も近い席を確保した。
演奏会の打ち合わせという名目で神殿へ時折訪れ、フェルディナンドに会い、ローゼマインのレシピの料理も食べていった。
演奏会当日は聞き入って失神する者が立て続けに出る中、最前列で打ち震えながらも堪えきる。そして販売された全てのイラストを購入した。
印刷工房を実家のハルデンツェルに作らせてからは、恋愛物語を作ったりと新しい趣味を見つけて、とても生き生きしている。
恋愛話が好きすぎるところが、本を前にしたローゼマインに非常に似ている。
エルヴィーラに恋愛話が渡ると、下手をするとユルゲンシュミット全域の晒し者になるため、エーレンフェストの学生は見つからないよう協力しあってる。
フェルディナンドがアーレンスバッハへ婿入りが決まったときは、お話の中だけでも幸せにするためフェルネスティーネ物語を作り上げた。

経歴

前28年春  誕生
前21年春  洗礼式
前13年冬  貴族院卒業
前12年頃  カルステッドと結婚する
前10年頃  エックハルトを出産する
前09年   ランプレヒトを出産する*22
前03年   コルネリウスを出産する
01年頃   ローゼマリーの親族が騒動を起こした際に、トルデリーデの肩を持つ*23
08年春~夏 ローゼマインを実子として受け入れ、洗礼式を行う*24
       城の北の離れのローゼマインの部屋を整える*25
08年春   エラに対して、リンクベルク家厨房への立ち入り許可を出す*26
       ギルベルタ商会をリンクベルク家へ呼び出す許可を出す。以降、得意先になる*27
08年夏   フェシュピール演奏会をサポートする*28
09年春~夏 ブリギッテの衣装お披露目をサポートする*29
10年夏   ブリギッテの結婚相手を整える*30
10年秋~冬 恋愛本の原稿を執筆し、ローゼマイン工房で印刷・製本をさせる*31。以降、本格的に執筆活動を行う
10年秋   ハルデンツェルに印刷工房を立ち上げるべく、兄であるギーベ・ハルデンツェルを説得する*32
11年春   プランタン商会を介してグーテンベルクをハルデンツェルに派遣させる*33
11年冬   文官として復職し、印刷業や製紙業の統括役となる*34
       下町の汚物処理設備とエントヴィッケルンに関する調査を統括する*35
12年頃~  ローゼマインの側近希望のベルティルデの側仕え訓練を引き受ける*36
12年春   ローゼマインのハルデンツェル出張に同行する*37
       ハルデンツェルの春を呼ぶ儀式に参加する*38
12年夏   アウレーリアの受け入れを整える*39
12年秋   染色コンペをサポートする*40
       ローゼマインのグレッシェル出張に同行し、ブリュンヒルデと共にギーベ・グレッシェルを説得する*41
13年春~14年春 フェルネスティーネ物語を執筆し、印刷・製本化させる*42
13年春   ローゼマインのライゼガング出張に同行し印刷業の最終確認を行う*43
13年冬   粛清後の騒動を抑えるべく、ライゼガング系の調整を開始する*44
14年春   ミュリエラの名捧げを受ける*45
       リーゼレータの婚約者問題の調整を引き受ける*46
       リンクベルク家のローゼマインの部屋に隠し部屋を登録する*47
       フィリーネの後見人を引き受ける*48
14年冬頃  ローゼマインに少しでも早く新しい本を届けるべく、省魔力の転移陣を使って、見本だけでも各地から城へ送ることを提案し文官達と研究する*49
15年春   ローゼマインとフェルディナンドの婚約式に出席する*50


作者コメント

2014年 05月21日 洗礼式の準備 あとがき
エルヴィーラ様のために「月刊 フェルディナンド様」という同人誌というか、ファンクラブ会報でも作ってあげたい気持ちになりました。

2017年 07月07日 リツィート
(「エラントゥーラ様の本」のエラントゥーラって、エルヴィーラのペンネームですか?という質問に対し)
そうです。

2017年 07月31日 返信
ネタといえば、第四部のキャラ設定を見直し中、ヒルシュールの項目に「どうでもいい裏設定」を発見しました。
カルステッドとエルヴィーラの先輩で、二人の結婚に対してちょっとしたお節介を焼いた。その関係で、この二人は他人が思うよりヒルシュールに弱い。実はその辺りの話が貴族院の恋物語に…。

2017年 07月31日 返信
うーん、実は甘酸っぱくないです。どちらかというと貴族院の恋物語の中では切ないお話に分類されると思います。

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • フェルディナンド様を幸せにし隊 - 2016-10-02 14:15:26
  • マインにとって養父養母や兄弟や父より余程頼りになる人。フェルディナンドが褒めるだけはある。 (2018-04-23 10:44:05)
  • 母の欄が「エルヴィーラの母」表記ですが子供のページの記述にあわせて「前ライゼガング伯爵の孫娘 」の方が良いかもしれません (2018-07-07 07:49:38)
    • 修正しました。 (2018-07-07 22:57:00)
  • 予想以上にお母さんだった!涙腺崩壊しました・・・。甘えんぼうで家族の絆を大事にしてるのに次々と居場所が変わっていくロゼマが可哀想で可哀想で仕方なかったのですが、とことん母に恵まれてるってところは幸せなのかなぁと思いました。王族だとか領主一族だとか、それぞれの都合でロゼマの心は置き去りにされて寒々しく感じていたところに・・・あったかさで包んでくれて、読んでて救われました。せめて物語の中では幸せに・・・って本を書いたり、本当に陰から、ずっとずっとロゼマのことを想って応援してきた人なんだなぁ、と、胸が熱くなりました。 (2018-12-21 15:48:56)
  • この人居なかったらエーレンフェストの首脳陣は堅物かポンコツか脳筋しか残らない。この人がアウブだったらエーレンフェスト平和だったよ多分。 (2019-02-16 23:13:42)
  • これだけの度量と賢さを持った人でもフェルディナンドを救えなかったわけで…。ままならない現実をぶち壊してくれたローゼマインには本当に感謝しているんだと思う (2019-02-19 11:45:36)
    • 救うも何も、夫の従弟と言う関係でしかないのに、エルヴィーラの一体何が出来るっての。アウブ一家に口出し出来るような立場じゃない。 (2019-02-20 03:19:02)
      • 「夫の従弟と言う関係でしかないのに、エルヴィーラの一体何が出来るっての」という文章の意味が分からない。 彼女は血縁関係でフェルを評価していたわけじゃないでしょ?フェルの人格、才能を高く評価していたし、息子の名捧の主でもある。 フェルの不遇の状況に同情しているのは確かなんだから、救えるものなら救いたいと思っているんじゃない? 「アウブ一家に口出し出来るような立場じゃない」は救うことができない理由であっても救いたいと思わない理由ではないでしょ? 私は救えるのに救えないと言ってるわけじゃ無いでしょ? (2019-02-20 10:55:42)
        • 「これだけの度量と賢さを持った人でもフェルディナンドを救えなかった」は、「救うべく行動していたけど、その度量や賢さをもってしても駄目だった」と言う含意があるようにしか読めないから、手出し出来る立場じゃないのに「救えなかった」も何もないって言ってるの。「手をこまねいて見ていることしか出来なかった」とかなら分かるけど。まあレスで意図が伝わる文章が書けてなかっただけなのは分かったよ。 (2019-02-22 18:07:44)
  • 嫁候補が二人も(レオノーレとオマケのアンゲリカ)移動してしまって…派閥はどうなったんだろう… (2019-08-21 23:45:50)
    • 家内問題はともかく、派閥に関しては関係ないのでは?<嫁候補云々  むしろ、良好な関係にあり、かつ、隣接している大領地のアウブの母親という強力な立場になったから、派閥内で自身が前面に出てしまわないように気を付けていそうな気がする。 (2019-08-22 00:11:00)
    • バランス感覚に長けた人だからジークレヒトの縁組とかでなんぼでも調整できそうな気はする (2019-08-23 22:24:25)
    • ジークレヒトの嫁にジルヴェスターの第4子を迎えればオールOK (2019-09-27 15:26:14)
  • 実はマインの水の女神的存在だよな (2019-10-09 01:16:29)

*1 ふぁんぶっく2 家系図

*2 ふぁんぶっく2 家系図

*3 書籍版第三部Iの口絵で指輪の色が緑

*4 公式の人物まとめ第三部より、第三部初出時(08年春)に36歳、かつ、書籍版第三部Iの口絵の指輪の色より誕生季が春

*5 第562話 カルステッド宅でのお話 後編

*6 第562話 カルステッド宅でのお話 後編

*7 第188話 寄付金の集め方

*8 第193話 お母様とランプレヒト兄様の来襲、第368話 アーレンスバッハの現状、第534話 加護の再取得 後編

*9 第228話 春の訪れとアンゲリカ

*10 第240話 領主会議のお留守番、第246話 神官長の還俗と衣装のお披露目、第351話 ハッセの祈念式、第369話 染色コンペ

*11 第261話 イルクナーに出発

*12 第272話 閑話 洗礼式の日のおじい様 後編

*13 第274話 閑話 二つの結婚話他

*14 第322話 お母様とハルデンツェルの印刷業

*15 第322話 お母様とハルデンツェルの印刷業

*16 第353話 ハルデンツェル 中編

*17 第365話 ランプレヒト兄様の結婚、第369話 染色コンペ、第375話 貴族院へ出発、第561話 カルステッド宅でのお話 前編、第562話 カルステッド宅でのお話 後編

*18 第562話 カルステッド宅でのお話 後編

*19 第562話

*20 第261話、第289話、第341話、第562話/親として接してくれる凄く出来た人だけれど、麗乃母やエーファ(「わたしの母」と思う人達)とは違う立ち位置の人

*21 第567話/地の文でのエルヴィーラ賛美において、初めて「わたしのお母様」と所有格をつけた

*22 ダームエルと同期 公式の人物まとめ第三部

*23 第173話

*24 第175話

*25 第182話、SS39話/本来は側近達を使う練習を兼ねてローゼマイン自らが整えるべきだが、時間的余裕が無い為、エルヴィーラとリヒャルダで整えた

*26 第175話

*27 第175話

*28 第188,189,193,195話

*29 第241,246話

*30 第274,323話

*31 第275,277話

*32 第275話

*33 第275,277話

*34 第327話

*35 第344話

*36 第423話

*37 第352~354話

*38 第353話

*39 第365話

*40 第351,368,369,SS9話

*41 第371,372話

*42 第479話,SS20話

*43 第430話

*44 第562話

*45 第534話

*46 第561話

*47 第562話

*48 第562話

*49 第話579

*50 第674話 婚約式