ドアドア

【どあどあ】

ジャンル ACT
対応機種 PC-6001、PC-8801、FM-7、MZ-2000、X1、パソピア7
発売元 エニックス
発売日 1983年5月
定価 カセットテープ:3,800円
判定 良作


概要

  • 第1回エニックスプログラムコンテスト優秀賞作品。後のチュンソフト代表取締役*1・中村光一氏が、学生時代に作ったゲーム。氏の出世作。
  • 階層上のステージにいるモンスター達を、全てドアの中に閉じ込めていくゲーム。アクション性も高いが、同時にパズル性もある。

特徴

  • 6階層*2からなるステージで、各階層間ははしごで行き来できる。プレイヤーはチュン君というキャラクターを操ってステージ内のモンスターをうまく誘導しながら、全てドア内に閉じ込めていく。全20面。
  • チュン君の動きは上下左右とジャンプ。
    • ジャンプではステージ上にあるものは全部飛び越える事ができる。モンスターすら飛び越える。モンスターの誘導にもよく使う。
    • ステージには画鋲が落ちており、これを飛び越えるのももちろんジャンプ。
  • ドアは右開きと左開きがある。
    • 右開きのドアは左側から来ると開けられる。左開きはその逆。そして開いた右開きのドアは右から来ると閉められる。左開きはその逆。閉まっている右開きのドアに右から来ても何も起こらない。
    • 一度に閉じ込めるモンスターが多いほど、点数が上がっていく。ばらけているモンスターを、うまくまとめること。
  • モンスターは3種類。
    • なめごん:なめくじのモンスター。チュン君をひたすら追っかけてくる。
    • いんべ君:くらげのモンスター。同じフロアにチュン君がいる時、手前にはしごがあると上ってしまう癖がある。
    • あめちゃん:アメーバのモンスター。同じフロアにチュン君がいる時、手前にはしごがあると降りてしまう癖がある。
    • ステージ内のモンスターは、数が少なくなると足が速くなる。最後の一匹の状態の時にはチュン君の倍ほどの速度となり、その時点で閉じ込める準備ができていないと、かなり厳しい。
  • ステージ内には時々、ボーナスのフルーツが現れる。だがたまに爆弾が現れる時があり、爆弾を取ってしまうとミスとなる。
  • 当時としては珍しくBGMがあった。

評価点

  • 動きの傾向のハッキリしたモンスターたちを、どう誘導するかの面白さ。
    • ドアの開き方を考えての、テクニックを見出すゲーム性。
    • テクニックには様々なものがある。これを駆使して、モンスターをまとめ高得点を狙う。
      • モンスターは自分より上にチュン君がいる場合、はしごを上ってしまう。そこではしごに差し掛かったとき、ジャンプすると上にいると勘違いして上っていく。
      • モンスターはドアを完全に閉めないと閉じ込められない。少しでも開いていると、しばらくして出てきてしまう。逆にこれを利用して足止めに使う事もできる。
  • ビープ音だが、それでも当時、BGMがあるのは評価すべき点。

難点

  • この頃のゲームでは当たり前だったが、コンティニューがない。

総評

アイディアの勝利と言える。システムは実にシンプル。だがその中に独特の奥深さがある。
モンスターを誘導していくというゲーム性はなかなか癖になるもの。各ステージもなかなか練られていて、攻略のしがいがある。
学生とは言え、中村光一氏の非凡さが感じられるゲーム。



ドアドアmkII

【どあどあ まーくつー】

ジャンル ACT
対応機種 PC-6001mkII、PC-8001mkII、PC-8801、
MZ-1500、MSX、ファミリーコンピュータ*3
発売元 エニックス
開発元 チュンソフト
発売日 1985年2月
判定 良作
定価 FD:5,800円
カセットテープ:3,800円
【FC】4,900円

概要

  • 一作目のヒットを受け作られた続編。
  • 様々なアイディアが取り入れられ、一作目以上に奥深くなった。
  • なお、チュンソフト設立後の第1作目のゲームである。

一作目との違いと特徴

  • キャラクターが全体的に大きくなった。
    • ただそのため、階層は一段減って5階層に。
  • 新たなモンスター、オタぴょんが加入。
    • チュン君のジャンプに反応し、同じようにジャンプするので、ジャンプを使った誘導が使えない手ごわい相手。
  • はしごの種類が増えた。
    • 誰でも使えたはしごが、チュン君用、モンスター用、滑り台など多彩に。
  • 両開きのドアができ、プレイしやすい面も増えた。
  • ボリュームの大幅増加。20面だったステージが100面まで増えた*4。さすがに100面続けるのは厳しいのか、開始面を1面か50面かのどちらかから選べるようになっている。
  • BGMや効果音の増加。

評価点

  • キャラが大きくなったため、動きがコミカルに。さらに親しみやすい雰囲気になった。
  • 残ったモンスターの速度が抑えられ、ラスト一匹に猛追されあっさりミスという事がなくなった。
  • オタぴょんの加入により、従来通りにやればいいという訳にはいかない。さらにテクニックを磨く必要がある。
  • 両開きのドアの追加、はしごの種類の増加。ステージ数は5倍になったが、このために単調さを軽減している。
  • ボリュームも十分。
  • BGM、効果音と演出周りも強化されている。

総評

まさしく続編。ゲーム性、ボリューム、BGMと全てに渡ってよくなっている。正当発展にふさわしい出来。