Just Cause 4

【じゃすとこーずふぉー】

ジャンル アグレッシブ・アクションアドベンチャー
対応機種 Xbox One*1
プレイステーション4
Windows 7~10 (Steam)
発売元 スクウェア・エニックス
開発元 Avalanche Studios
発売日 2018年12月6日*2
定価 通常版:7,980円
デジタルデラックスエディション:9,000円
ゴールドエディション:11,880円
(全て税抜き)
レーティング CERO:Z(18才以上対象)
判定 賛否両論
ポイント 相変わらずのマップの広さ
3で批判された点を改善しようとするもシリーズの特徴を殺すことに
Just Causeシリーズ : 1 - 2 - 3 - 4


概要

スウェーデンのデベロッパーAvalanche Studiosの代表作として知られる、破壊系オープンワールドゲーム「ジャストコーズ」シリーズの4作目。
破壊と国家転覆のスペシャリスト「リコ・ロドリゲス」を操作し、軍事独裁政権を潰す為に破壊の限りを尽くすのは従来と同じだが、
シリーズの特徴であるグラップリングフックに様々なカスタマイズを施せたり、初要素の天候システムなどが盛り込まれている。


あらすじ

今作の舞台は南米にある大国「ソリス」。 熱帯雨林、砂漠、雪山など移り変わりの激しい気候が特徴のこの土地に、リコの知られざる過去が眠っているという。

国家による抑圧や内部紛争が蔓延する危険地域へと降り立ち、数々の武器や乗り物、 最新型のグラップリングフックを駆使して、嵐を呼び起こせ!

(公式サイトより引用)


特徴・評価点

シリーズ全般の評価点

  • 破格の広さを誇るマップ
    • 本シリーズのマップは毎度のように1000㎢*3に及ぶ広大さを実現しているが、本作も例外ではない。
    • 後述するが本作はそれでいてロケーションを使いまわしているということもない。
  • 爆破表現
    • 爆破の表現は素晴らしい。
      • 本作から採用された新エンジン「APEX engine*4」により物理演算の表現も上がっている。
  • イースターエッグの豊富さ
    • ネタバレのため詳しくは伏せるが、ネタ方面でのイースターエッグがかなり多く笑えるものが多い。
      • ただし、海外の人にしか分からないようなネタが多く、日本人に馴染みのあるネタは少ない。

本作の評価点

  • 『3』で批判された要素を概ね改善している
    + 細部のため収納
  • グラップリングフックでの移動がメインのため歩行速度がかなり遅くダッシュモーションもなかったが、本作はかなり移動速度が速くなった。
  • グラップリングフックでの移動速度が速くなった。
  • 車の挙動が改善された。*5
  • 支援物資、ファストトラベルは専用アイテムをいちいち補充しなくても一定時間待てば再利用可能になった。カオスレベルを上げることで待ち時間も短くなる。
  • グラップリングフックの最大本数が6本から10本に増加。
  • ロード時間が大幅に改善された。特にPC版だとスペックにもよるがほぼ一瞬。*6
  • セーブデータを複数作れるようになった。
  • 近接攻撃が肘打ちからグラップリングフックでの攻撃になった。
  • 支援物資をわざわざ特定地点に運ばなくても条件を満たせばアンロックされるようになった。
  • 敵の無線の声優が一人多役ではなくなった。
    • その他の改善点は後述。
  • 豊富なロケーション
    • 『1』や『3』ではほとんど代わり映えしなかったロケーションだが、本作は温帯・熱帯・乾燥帯・寒帯の各環境、少ないながらも港湾や空港、『2』で好評だった都市などとても多様で豊富。
    • それでいて『3』のように若干海で水増ししているということもなく、全体マップのほとんどが陸地で埋まっているのを見れば分かる通り、一島丸ごと1000㎢となっている。
    • 国土環境の多様化、陸地面積の増大、ロケーション総数は『2』と『3』の中間と、全体的に『2』→『3』のマップの劣化点を補うような構成になっている。
    • 開発元のAvalanche Studiosは過去に『Mad Max*7』の制作もしており、その経験が生きているのか砂の表現もいい。
  • ストーリー性の増したメインミッション
    • 苦労して拠点を解放したのに短く薄味でたまに使い回しがあるということもなく、楽しく進められるようになった。
      • ただし、ムービーを見るだけのミッションもある。一応その地域での目的の確認ではあるが。
  • ストーリー
    • 良くも悪くもB級アクション映画のようなストーリーだった従来とは違い、よくある王道物となった。前作のようにシェルドン(腐れ縁の相棒)とラスボス以外のキャラが薄いということもなくなった。
    • 旧作のように任務のために戦うわけではなく*8、主人公リコ自身が戦う理由を持って破壊活動を行うという流れであり、従来とは異なるストーリー運びを楽しむ事ができる。
      • ただし一部首を傾げる部分もある。詳しくは後述。
  • グラップリングフック
    • シリーズの特徴で崖や地面に突き刺すことで瞬時に移動できる。
    • 本作はさらに上空まで浮遊させるエアリフター、遠くまで吹き飛ばせるブースターが追加され、かなり細かにカスタマイズも可能。この部分は好評。
      • だが改悪点などもある。詳しくは後述。
  • 向上したグラフィック
    • 前作も素晴らしかったグラフィックだが新エンジン「APEX engine」により更に向上している。
      • それでいて前作のようにフレームレートが頻繁に落ち最悪ゲーム自体が落ちることもなくかなり安定している。CS版もスタンダードモデルでも可変ではあるが30fpsで安定している*9
    • 細かい部分だが前作ではパッケージとゲーム本編ではリコの容姿と顔が違い造形も若干おかしいということがあったが、本作はパッケージ通りの見た目となり造形もまともとなった。
      本作の冒頭で前作時の写真が表示されるが微妙に整形されている。
    • ただし、人によっては前作より劣化していると言われることもあり軽く賛否が別れる。

賛否両論点

  • 拠点解放システムの仕様変更
    • 従来はその地域の基地や町にあるカオスオブジェクトを破壊して解放するシステムだったが、本作は地域にある特定の基地でのミッションをこなすことで解放となった。
      • 従来より自由度が低下しており、町や村は印象が薄くなり見つけづらくなった。余談だが一部の村は前作のオブジェクトが使い回されている。
    • 従来のように自由に暴れて解放したかったという意見もあれば*10、今までは作業感が強く飽きやすかったので本作の方が楽しく解放できるとの意見もある。
    • だがその解放ミッションも概ね5パターン程度で使い回されており若干作業感が残ってしまった。
      • 基地は約30あるため全て異なるミッションというのも困難だったのだろうが、もう少しどうにかならなかったのか。
    • また、一部のターゲットが分かりづらい。
    • このシステムにした結果、シリーズのメインである破壊の爽快感を薄れさせるという本末転倒なことになってしまった。
      • 「せめてミッションをこなすか暴れるかを選べたら…」という声も多い。
  • チャレンジ、ギアMODの仕様変更
    • 前作とは違いチャレンジをシームレスで挑めるようになったが、その結果かなり難易度が低下してしまった。
      • シームレスじゃなくてもいいから前作と同じ仕様がよかったという意見もあれば、破壊を楽しみたいのであってこの要素はあくまでオマケなのだからこれでいいという意見もある。
      • 余談だがアップデート前はARスキャンでチャレンジを選択しても輪っかが表示されないという不具合があった。
    • ギアMODで解放できるのはグラップリングフックのカスタマイズのみ。
      • 前作のように乗り物や武器にカスタマイズを施せなくなったのを嘆く声もあれば、前作では強化がほぼ必須で最初から使えて当然のものもあった*11からこれでいいという意見もある*12
      • デジタルデラックスエディションに付属している「ブラックハンド ・プロトタイプ・ウィングスーツ」を所持している場合、ウィングスーツスタントをクリアすることでウィングスーツは強化できる。
      • また、一つのジャンルを解除するとそのジャンルのMODは全て選べるようになった。これは好評。
    • だがそもそも前作の時点でこの二つの要素はいらないという批判も多かった為、「またあるのか…」という声もある
  • 天候システム
    • 雷雨、竜巻、砂嵐、ブリザードなどの異常気象が起きる。本作の目玉として紹介されていた要素の一つ。
    • だが、ほとんど基地の周りやストーリーミッションでしか起こらないためあまり楽しめない。
    • 新鮮で楽しいという意見もある一方で、邪魔にしかなってない*13という意見もある。
  • ブラックハンド ・プロトタイプ・ウィングスーツ
    • 前作のDLCのバベリウムウィングスーツと同じポジションの装備なのだが、上位互換になっている部分もあれば下位互換になっている部分もある。
      • ブースト時のスピードがかなり速くなりブーストゲージも最大まで強化すると三つまで増える。これは好評*14
      • 不評な点はマシンガンが無くなり、ミサイルもロックオンしての発射では無く地上に四つのミサイルをばら撒く仕様となり戦闘機などの撃墜が出来なくなった。ただし一般兵に対してはかなり有利。
    • その他にも地上や水中からワンボタンで離陸出来なくなった、回避が出来なくなった、エアブレーキを掛け続けると勝手にウィングスーツを解除するなどの改悪点もある。
  • シェルドンの声優変更
    • 『2』『3』と声を務めてきた石丸博也氏から別の人に変更となった*15
      • 今までは胡散臭い男として描かれていたが、本作は調子の良い男として描かれているためこちらの方が合っているとの意見もある。
      • 余談だが海外ではリコの声優も変更されている。

不評点

シリーズ全般の不評点

  • ただ広いだけのオープンワールド
    • マップの広さを評価点で書いたが、本当にただ広いだけで何かイベントがあるわけでもなくただあるだけである。
      • ロケーションは豊富で使い回しもないが、建物は使い回しが多い。
  • 破壊できるのは一部のオブジェクトだけ
    • 『Red Faction: Guerrilla』のように何でもかんでも壊せるわけではない。おまけに本作は唯一建造物で壊せた橋も壊せる種類が減っている。
  • TPSとして
    • TPSとしては必須なダッシュ、カバーアクション、しゃがみがなく、急いで逃げることや物陰に隠れることができない。
      • 正面突撃してドンパチするゲームなのだからこれでいいとの声もあるが、後述の要素のせいで満足にドンパチできない。
    • 一応前作より移動速度が上がってたりデフォルトで精密射撃ができるようになっていたりと改善点もないわけではない。
  • 車の耐久度が低い。
  • ストーリーミッションを進めるには嫌でも拠点解放をしなければならない。
  • ×ボタン決定(PS系列)

本作の不評点

  • グラップリングフックの仕様改悪
    • エアリフターやブースターは好評だが、メインである牽引システムが改悪されている。
    • 前作はフル強化であれば2本程度で球形タンクを破壊できたが、本作は10本繋いでも破壊できない。
    • 理由は牽引力を強化するシステムが改悪されているため。そのシステムをオンにするとすぐにフックが切れて使い物にならない。
      • 一応敵を遠くまで飛ばせられるため完全に要らない子というわけではないが、実用性に関しては微妙。
    • その他にもフックが10本より増えない、ロードアウトをいちいちメニューを開いてカスタマイズしなくてはいけない為煩わしい*16、巻き取る長さを細かく調節できない*17、パルスの威力が低いなどの問題点もある。
  • 体力の低下
    • 何故か体力が少ないと批判された前作から更に体力が低下している。おまけに前述の通りダッシュ、カバーアクションがないため下手するとすぐ死ぬ可能性すらある。
      • その代わり前作より一定時間物陰に隠れた際の回復速度が上がっている。
  • 軍用兵器の弾数制限
    • 何故か戦車や戦闘機などの武装の弾が有限となった。弾数を考えて撃たなくてはならなくなり爽快感に関してはイマイチとなってしまった。
      • もっとも、本作でもビークルの修理はできないため、弾が尽きる前に機体が壊れてしまうことも多い。
  • チュートリアル
    • 解説がかなり分かりづらく、結局は勘で身に付けていかなければならない部分が大きい。
  • 目的地をセットしてもARスキャンをいちいち押さないと目的地までの距離が表示されなくなった。
    • ARスキャンでミッションを追跡しても、それとは別に目的地に設定しないと道案内してくれない。また、道案内のラインも昼間だと日光で見えにくいことも。
  • 軍隊システム
    • 基地を制圧した後にカオスアーミーが進軍して地域丸ごとを制圧するという要素なのだが、前線で戦闘はしているが加勢したところでそこまで意味も無い為付ける意味があったのだろうか。
  • スナイパーライフル兵、ヘリコプターを落としてくる兵器がうっとうしい
    • スナイパーライフル兵に撃たれるといちいち怯む上に2発撃たれると死ぬためかなり面倒な敵となっている。
    • 後者はヘリに追尾ミサイルをしつこく撃ってくるためうっとうしい。
  • カオスアーミーの兵器のカラーがダサい
    • 薄いミリタリーカラーかと思いきや何故かその上に悪趣味な落書きをしている。
  • ラジオ
    • 前作は自動で流れたが本作は乗り物に乗らないと流れなくなった。
    • ラジオの種類自体は豊富だが、前作のプロパガンダラジオは一つしかなく、他は曲を流してるだけである。
      • プロパガンダラジオの内容自体は好評だが、パターンが少なく最終ミッションをクリアすると一種類だけになってしまう。
  • ニューゲーム+
    • いわゆる強くてニューゲームであり、前作の基地リセット機能の上位互換だと思われたが何故かチュートリアルがもう一回流れそれをしないと全ての要素が解除されなかったり、カオスレベルや「ブラックハンド ・プロトタイプ・ウィングスーツ」の強化がリセットされたりとニューゲーム+としては中途半端な仕様である。
  • ボリューム
    • ストーリーミッションだけ進めているとほぼ一日で終わる。前述の通り拠点解放ミッションもあるためすぐにストーリーミッションはできないが。
    • ボリューム不足をごまかすためかチャレンジ*18や村が無駄に多かったり、遺跡の場所が分かりづらい。
      • 無視すればいいだろうと思うだろうが、前述の要素をクリアしないと支援物資がアンロックされなかったりトロフィー・実績が解除されないため人によっては地獄である。
    • 前作のようにストーリーの裏側が見えるような収集要素はない。
  • ラスボス戦がない
    • 『3』では実質ヘリの中ボスの使い回しではあったが、きちんと戦うことができ、QTEではあるがトドメも刺せた。『2』ではロケットランチャーを乱射してきたり、核ミサイルの上で決着を付けるなど派手なラスボス戦だった。
    • 本作はザコラッシュが実質ラスボスで、黒幕へのトドメもムービーで勝手に刺してくれる。
      • トドメ自体はカッコいいものとなっているため自分で刺したかったとの声も多い。
  • 武器
    • デュアルスタイル(両手武器)、手榴弾、ブースター爆弾*19が削除され、前作のようなトンデモ武器もなく無難なものばかりである。
      • その割にコンテナや巨大岩などふざけた支援物資がある。
      • 天候システムを元にした武器もあるが、ウィンドガンは威力が弱く、ライトニングガンに至っては前作のeDENスパークの下位互換である*20
    • 前作は死ぬと弾薬がフル補充された状態になるが、何故か本作は半分までしか補充されない。武器ケースや敵の死体のそばに行っても所持している武器がないと弾薬が補充されなくなった。
      • 似たような現象として死んでもカオスオブジェクトがすぐに復活しないことがある。
    • 支援物資一覧にステータスが表示されなくなった。
    • 前作は複数の島で舞台が構成されていたが、本作は一島丸ごとを舞台にした影響で水面積が減少し船の存在感が薄れてしまった。
      • 尤もこれは前作で移動時にわざわざ船を調達するのが面倒という批判に応えた結果ではあるのだが。
    • 一応、チャレンジで使用するため完全に不要ではない。
  • セーブデータ
    • セーブデータの複製(コピー)ができない。
    • 完全オートセーブで手動でのセーブができない。
  • UI・オプション関連
    • ガンマ値(明るさ)調節が出来ない。その為洞窟内がかなり暗く見づらい。
    • HEATゲージが表示されなくなった。無論HEATレベルも把握不能に。
    • マップに座標が表示されなくなった。アイコンのフィルター機能も廃止された。
  • 本作の舞台「ソリス」に関して
    • 「大国」と銘打たれている割には前作までの独裁小国とさほど代わり映えしない。
    • 舞台が2作続けてラテン系国家となり雰囲気が偏っている。ちなみに初代もラテン系である。
      • ブラックハンドの派遣先として意図的に似た国を設定した可能性もあるが。
    • 住人が否定的な言葉しか喋らなくなった。
  • DLC
    • ネタバレになるため詳しくは伏せるが本作の真エンディングはDLCである
      • 本編のストーリー自体は綺麗に完結している。
  • バグ
    • 物理演算絡みのバグが多い。新エンジンを使いこなせていない為だろうか。
  • ローカライズ
    • 『2』の様に規制があったり訳が酷かったり吹き替えがチープな訳では無いが、字幕よりもセリフが遅れて出てきたり、セリフとセリフの間が無いところがあったり、ハヴィ(原語表記Javi)のアイコンが原語表記の頭文字を取ってJなので判りにくいなど。
  • 最適化不足、不具合
    • 殆どのムービーが何故かハード、PC問わず画質が悪い
      • 宣伝で使われているムービーは明らかに本編より高画質
      • 一部画質の良いムービーもあるが少しだけで殆どのムービーは画質が悪い。
      • 画質が悪いのはムービーだけでプレイアブルシーンは高画質である。
    • モーションブラーがかなりキツい(CS版)
      • 後にアップデートで強弱を調節出来るようになった。
    • 頻繁にクラッシュする(PC版)
      • 要求スペックがかなり高く、推奨スペックだと他の殆どのゲームを最高仕様で動かせるレベル。
      • 最低スペックはそこまで高くないが申し訳程度にしか動かない。
    • Steam版はアップデートで日本語音声が追加されたが、不具合で反映されていないことがある。
  • ストーリー
    • 王道物となったのは好評だが、発売前はかなりシリアスな感じで宣伝されていたため誇大広告気味。
      • そのシリアスなのも序盤くらいでそれ以降は前述の通りよくある王道物となる。
+ 誇大広告気味な宣伝と3との矛盾。本作と3のネタバレ注意
  • 「冷酷無比な宿敵、ガブリエラ・モラレス*21と対峙せよ」→実際は対決も無く終盤の土壇場でリコに寝返る。一応理由はまともな物ではあるがガブリエラは序盤以降終盤まで出てこない為もう少し何とか出来なかったのか。
  • 「謎に包まれたリコの父に関する秘密を暴き出せ!」→実際はトレーラー通りエスピノーサ*22に同意して実験をしてただけで何の秘密もない。一応平和のためではあったが。
  • 3との矛盾
    • 前作では終盤でシェルドンがディラベロ*23にリコの家族を殺す様に指示していたことが明らかになるが、本作ではエスピノーサがエージェンシーを通してディラベロに指示していたことになった。
      • シェルドンもその時は上から指示されてリコを保護しただけで詳しいことは知らないということになった。最もシェルドンはホラ吹きなため嘘の可能性も否めないが。
    • 細かい部分では3の最後でディラベロは死ぬが本作では追放されたことになっている。

総評

改善を施し新要素を取り入れようとしたが、その結果破壊要素を薄れさせ今までのファンからは酷評されることとなった。
だが、本作から入った人や今までの作業ゲー感にウンザリしていた人からは好評価を得ている為、そのどちらかに当てはまる人は購入しても問題ないだろう。
本作の批判点を改善し、今までの良点を取り込んだ次回作が出るのを祈るばかりである。


余談

  • Steamレビューは最適化不足により「ほぼ不評」となってしまった
    • 特に海外からの評価は悪い。
      • これは近年スクエニに対する風当たりが強いのも少なからず影響していると思われる。
  • ゆるキャラ、「ちぃたん☆」とのコラボ動画が公開された
    • リコが自分に影響されたと思い、本家のアクションを見せると宣言するが…。
      • 最後にリコが本作の購入を勧めるオチとなっている。

*1 日本ではダウンロード専売

*2 ゴールドエディションは2018年12月5日

*3 一部のメディアやSteamストアでは100㎢と記載されているがミスと思われる。

*4 本作に先んじて、Avalanche Studiosの子会社である、Expansive Worldsが開発した、オープンワールドハンティングシミュレーター『theHunter:Call of the Wild』にも同エンジンが使われている。

*5 それでもGTAなど他のゲームに比べると悪い方。しかもスーパーカーは一般車よりもかなりツルツル滑るため使いづらい。

*6 一方で早くなったことによりロード時に表示されるヒントを見逃すということが起きてしまった。後から他の部分で見ることもできない。

*7 2015年公開の映画、「Mad Max:Fury Road」(邦題:「マッドマックス 怒りのデス・ロード」)をベースにしたアクションアドベンチャー。パブリッシャーは映画配給元のワーナー・ブラザース。

*8 前作も一応、主人公の故郷を解放するという理由はあった。

*9 CS版では一部の部分では大きく処理落ちする部分もあるが起こそうと思わなければ起きない部分である。

*10 一応ミッション内で暴れ回ってカオスオブジェクトを破壊することもある。

*11 しかもハイスコアを取らないと全てのギアMODが解除されない。

*12 前作で施せたカスタマイズはほとんど最初から導入されている。

*13 特に雷雨の落雷がやり玉に上がる。低地にいても打たれる上に、打たれると一発で瀕死に追い込まれる。

*14 アップデート前はブーストを途中で打ち切ってもゲージ一つ分丸ごと消えるという仕様だったが、1.02パッチの際にサラッと修正された

*15 クレジット、公式サイトなどに記載がないため本作の声優は不明。

*16 よく使う組み合わせを保存することもできない。

*17 調節は全部巻き取りと半分巻き取りの2種類のみ。分かりにくいが実は本作でも手動で使用可能。

*18 その数なんと約470個。ロケーションを発見しないとマップに出てこなかったり、指定された乗り物が近くになかったり分かりづらい位置にあったりする。空中の輪に車を入れろなどの意味不明なものもある。

*19 手榴弾は武器のサブウェポン、ブースターはグラップリングフックのカスタマイズとして残ってはいる。

*20 一応屋内でも使用可能なため完全な下位互換ではないが。

*21 敵幹部

*22 本作の黒幕

*23 前作のラスボス