耶麻郡木曽組小布瀬原村

陸奥国 耶麻郡 木曽組 小布瀬原(こふせはら)
大日本地誌大系第32巻 139コマ目

府城の西北に当り行程6里10町。
家数26軒、東西4町19間・南北1町11間。
北は山に近く三方広野なり。

東24町41間慶徳組慶徳村の界に至る。その村まで1里4町。
西4町45間船岡村の界に至る。その村まで6町50間余。
南9町10間河沼郡坂下組長井村に界ひ大川を限りとす。
北20町計河隅村の山に界ふ。
また
戌(西北西)の方3町52間寺内村の界に至る。その村まで7町50間余。
寅卯(東北東~東の間)の方10町41間河吉新田村の界に至る。その村まで16町40間余。

端村

小布瀬川(こふせかは)

本村の北12町にあり。
家数6軒、東西6町・南北50間。
田入川に傍ひ山間に散居す。


山川

和尚山(おしやうやま)

村より戌亥(北西)の方5町にあり。
高40丈計。頂きに墳墓あり。
相伝て、いつの頃にか行脚の僧ここに来り入定せし所という。

最明寺峠

村北12町、慶徳村の界にあり。
この峠を越えて慶徳村にゆく。
昔最明寺時頼この山を越し(ゆえ)名くという(慶徳村の条下を併せ見るべし)。

日橋川(大川)

村南9町余にあり。
慶徳村の方より来り、南に折れ西に流れまた西北に転じて船岡村の方に注ぐ。
境内を経ること17町。

田入川(たのいりかわ)

村東にあり。
五目組五分一村の山中より出て、洲谷沢村の境内を経て未申(南西)の方に流れて船岡村の界に入り日橋川に注ぐ。
境内を経ること1里計。

和尚山の麓にあり。
東西100間・南北80間。

水利

堤6

村北6町に2あり。共に上谷地堤(かみやちつつみ)という。一は周100間、一は周150間。
一はここより北11町にあり。イモリ堤という。周80間。
一は村東15町にあり。長峯堤(なかみねつつみ)という。周80間。
ここより東3町に2あり。共にマタラ沢堤という。一は周70間、一は周100間。

神社

稲荷神社

祭神 稲荷神?
相殿 八幡宮
   山神 2座
鎮座 不明
村南20間にあり。
鳥居拝殿あり。上三宮村高村能登これを司る。

寺院

長松寺

村中にあり。
曹洞宗八幡山と號す。会津郡南青木組天寧村天寧寺の末寺なり。
文禄元年(1593年)守清という僧住せしとて、今に開山と称すれども彼僧草創せしことも詳ならず。
本尊観音客殿に安ず。

古蹟

館跡2

一は村南1町計にあり。相伝ふ、元亀・天正の頃(1570年~1593年)渡部忠兵衛直忠という者居るという。今菜圃(さいほ)となり空隍の跡僅かに存す。
一は村南8町余にあり。中崎城という。東西3町20間・南北1町30間計。今林木繁茂(はんも)せり。東南は大川の断岸に臨み西北は田入川を帯ふ。いつの頃にか中崎善六郎某という者居るという。



最終更新:2020年09月06日 21:23