岐阜県

登録日:2011/02/11(金) 09:01:47
更新日:2021/11/24 Wed 16:00:35
所要時間:約 10 分で読めます




岐阜県は中部地方の県である。北を富山、石川、西を滋賀、福井、南を三重、愛知、東を長野に接する。どことか言わない。

県庁所在地:岐阜市
人口:2,040,647人(2014年)
面積:10,621.17km²

三菱のような形をしており、西部(西濃・南濃)・中部(岐阜地区・中濃)・東部(東濃)・北部(北濃・飛騨)に大きく分けられる。
標高3000m以上の山々を有する山がちな飛騨と、海抜0m地帯も存在する平野と川ばかりの美濃、この極端な地形は飛山濃水とも呼ばれる。
ちなみに海なし県の一つ。なので県民は海を見るとテンションが若干上がる。
江戸時代に木曽三川の治水をした関係から、南濃は鹿児島県と非常に仲が良い。
日本の真ん中に位置する事から数年前まで「中濃都構想」が叫ばれていた。


文化は西部・中部・東部・北部で違う。

西部は濃尾平野で滋賀に繋がり、西に行くほど関西テイスト。言葉も関西色が強くなる。
中部は同じく濃尾平野で愛知(名古屋方面)に繋がり、交通の便も便利なため、かなり名古屋文化。味噌カツや味噌煮込みを最も抵抗無く受け入れる。
東部は長野方面との結び付きが強いが、愛知(三河方面)とも繋がりやすいため、三河テイストな長野文化?
北部は別物、飛騨文化。富山の方が近いとの声も有り、北陸文化の影響は少なくないだろう。


歴史的には美濃と飛騨で大きく違う。

美濃は東西交通の中で最大の平野と不破の関・関ヶ原という交通の要を持つため、度々歴史に重要な役割を果たした。
古くは672年の壬申の乱、源平の合戦、南北朝期には観応の擾乱と言ったところであろうか。
戦国時代に入ると、守護土岐氏の兄弟での家督争い、その家臣長井山城守(斎藤道三)による下剋上、更にはその息子義龍による謀反、
そして織田信長の一大拠点化と戦国時代を象徴する勢力交代があり、天下分け目の関ヶ原に繋がる。

一方で飛騨は歴史の表に登場する事が殆ど無く、僅かに両面宿儺の伝説、仏師止利、内ヶ島氏に有るのみである。
これに対して坂口安吾氏が「飛騨の抹殺」の中で興味深い考察を加えている。


政治では昔から自民党が強く、5区ある衆議院小選挙区全て自民党候補が当選するのが当たり前の全国でも有数の保守王国である。
尚、岐阜県出身のプロ野球選手にはキャッチャーが多く、野球でも捕手王国と言われているとかいないとか。
※安藤順三(東映) 河合保彦(中日・西鉄) 森祇晶(巨人) 石原慶幸(広島) 嶋基宏(楽天・ヤクルト) 大野奨太(日本ハム・中日)など


【テレビ局】
1ch 東海テレビ(フジテレビ系)
2ch NHK Eテレ
3ch NHK 総合
4ch 中京テレビ(日本テレビ系)
5ch CBC(中部日本放送・TBS系)
6ch メ~テレ(名古屋テレビ・テレビ朝日系)
8ch ぎふチャン(岐阜放送・独立局)

中京広域圏のエリアなので放送局とチャンネルは愛知・三重と共通している。

テレ東系の番組に関しては、プライムタイムの番組ならぎふチャンでテレ東と同時ネットされているが
アニメや特撮などは別の時間帯に放送されている事が多い(一週間遅れが多い)。
深夜アニメに関しては他の県と同じく放送したりされなかったりだが
のうりんひそねとまそたん、ドリフターズ(第1話の関ヶ原の戦い)等の県内を舞台にした作品は
ぎふチャンで制作局と同日、または1日遅れで案外早く放送されている。



【観光】
秋風哀し、兵どもが夢の跡
関ヶ原

語り伝えよ、悲劇の物語
郡上八幡

今に伝える、匠の技
飛騨高山

雪深く、夏美し、ひぐらしのく郷
白川郷

と枚挙に暇が無い。

その反面、食べ物のお土産が選びづらい。
飛騨にはグルメな素材が多く、更に「飛騨牛」などという超有名ブランドが有るし、
美濃でも東濃には割りと知名度が高くて美味しい「栗きんとん」が中津川市、恵那市を中心に作られている。
問題は西濃、そして岐阜地区である。

水まんじゅう
水ようかん

アユ


…。


…岐阜出身で美味しい土産知ってる人追記お願いしますm(_ _)m



【方言】
岐阜弁は主に美濃弁と飛騨弁に分かれる。
が、美濃弁の中でも東濃と西濃で結構違っていたり、飛騨弁も北と南で結構違っていたり、
寧ろ各市町村で細かく違っていたりして纏まりが無い。

現代の若者が操る美濃弁は、名古屋弁ベース+「や」の多用で関西風などとよく言われる。
その上で、東濃の方は三河色が強く、西濃の方は関西色が強くなるグラデーション式。
アクセントは基本的に東京式なので(西濃の一部地域のみ垂井式や京阪式)、エセ関西弁と言われることもあるがこれは美濃弁です。
飛騨弁は北に行くほど北陸方面の影響を受ける。

現代の岐阜弁の特徴的な語尾として有名な「~やお」は、「~やよ」が崩れたものと思われるが
これも地域…というか人によって?「やお」派と「やよ」派と両刀派が分かれる模様。
語尾類だと他に特徴的なものとして、「~やら」は主に東濃、「~やさ」は飛騨で使われる。



【主な市町村】(筆者の知る限り)

岐阜地区
◆岐阜市
県庁所在地。県庁所在地なのに目立たない。金の信長像(笑)
東西南に伸びるJR線、南東に伸びる名鉄に対して、大学病院が北部、市役所が中部、県庁が南西部とバラバラに。それを補うのがバス路線である。
以前は市街地に路面電車が走っていた。
柳ヶ瀬とやななを有する。

長良川では皇室御用達の伝統の鵜飼いをやっており、沿岸にも川にまつわる文化が残る。
ちなみに特産品は岐阜和傘という和傘。和傘界ではとても有名であり、全国シェア9割。しかも日本各地の和傘産地の大半に部品支援するレベル。
同じく竹と美濃和紙を使った岐阜うちわと岐阜提灯も伝統の品で、最近密かに注目されている水うちわは岐阜うちわの一種。

〇金津園
岐阜市のJR岐阜駅前にある世界有数のソープ街。元・金津遊郭。
格安~超高級まで幅広い店舗が揃っており「東の吉原、西の金津園」と呼ばれる程。

◆関市
包丁の「関の孫六兼元」「G・サカイ」やカミソリシェア国内トップの「貝印」で知られる刃物の町。
刃物生産量トップレベルで、現役の刀鍛冶もいる。そこらに工房があり、気に入られればオーダーメイドでナイフやら作ってくれることも。
ちなみに岐阜県博物館は岐阜市ではなく関市にある。
旧武儀郡(板取村・上之保村・洞戸村・武儀町・武芸川町)との合併の影響で広大なV字のような地形になっている。
同市に属する板取、洞戸、上之保はみずみずしい自然が広がっている。
10月にある刃物祭りの日はメインストリートが刃物売りの屋台で埋まる。

◆羽島市
大野伴睦の出身地。県内唯一の新幹線停車駅「岐阜羽島」がある。
ただし、岐阜との連絡は名鉄竹鼻線が担う。
そのため県民でもここで新幹線はあまり使わないが、羽島市民の中には名古屋に出る際に使う人もいるらしい。確かに手っ取り早くはある。
2015年末にコストコができた。

◆各務原市
難読地名。市名として正しいのは「かかみがはら」であるが、高校名や駅名は「かがみはら」だったり「かかみはら」だったり「かがみがはら」だったりするので、県民間の呼び方もバラバラ。
自衛隊の基地がある。実験団が所属しており、レアな飛行機が見られる。航空祭は異種編隊飛行が有名。だが市民は爆音と共に暮らしている。
また、これらの関係から航空宇宙産業が盛ん。
なお全て航空と勘違いしている人もいるが、航空部隊と道向かいに陸自の分隊駐屯地がある。空自は小牧(空港)基地の上位部隊、陸自は守山の普通科連隊の分隊である。
「キムピー」なる唐辛子を模したゆるきゃらが存在する。これは冬ソナブームだった頃、ちょうど舞台となる街と姉妹都市だったりしたため、2003年頃からいきなりキムチを特産品にし出したから。
アニヲタ的には、魔界戦記ディスガイアシリーズで有名な日本一ソフトウェアの会社がある市である。

◆笠松町
数々のドラマを生んだ競馬場が有名。

◆本巣市
旧本巣町、真正町、糸貫町、根尾村の4つが合併して出来た市。
一時期、モレラ岐阜、リバーサイドモール、イズミヤ、ヤナゲン、LCワールド本巣など「何でこんなど田舎にショッピングセンターひしめいてるんだよ」とツッコミたくなるほど大型商店があった。
ちなみに、旧地名に「真桑」があるとおり、養蚕業や紡績&織布業があったため、だだっ広い土地が余ったせいでこんな事になったのである。
富有柿、ハツシモ(米)などが有名である。

◆北方町

◆瑞穂市

◆岐南町

◆山県市


西濃・南濃
◆関ヶ原町
天下分け目の関ヶ原で知られる。近年の歴史ブームに湧く。
が、駅にはエスカレーターが無い。
関ヶ原古戦場という観光地があるのだが、行ってみると結構ガッカリする。跡地は跡地でしかないのだ…。

◆垂井町
不破の関で知られる。
東の方言と西の方言の切り替わり地点として重要な地らしく、方言学だと垂井式アクセントという分類がある。
エスカレーターで右に立つか左に立つかの境界線もここ(両側に立つ。本来これが正しい)。

◆大垣市
西濃の中心都市。松尾芭蕉の『奥のほそ道』の最後を締める。水路が巡る水の都。
また、幕末に活躍する大垣藩はここ。
最近は県庁所在地より発展してきているとか…。

◆神戸町
「こうべ」では無い、「ごうど」。バラの生産で有名。
昨年、三重塔(重文)に落雷し出火して話題に。

◆池田町
池田温泉が有り、県外から訪れる人も。
人類の永遠の敵たる黒いアイツへの対抗兵器を開発した㈱サニタケがある。

◆大野町
バラと柿が有名。青いバラ「セントレア・スカイブルー」を開発。

◆根尾村
NEOな村。濃尾地震の爪痕、根尾谷断層が残る。

◆安八町
岐阜、大垣、羽島と都市に囲まれたベッドタウン。
平成の合併では多数の事業所が町内にあるからという理由で突っ撥ねたが、現在衰退気味。
昔はサンヨー(現パナソニック)の事業所もあったが、現在はその当時建造された大型ソーラーパネル(通称「ソーラーアーク」)を残すのみとなっている。

◆海津市
南濃の市町村が合併して出来た。木曽三川公園で有名。鹿児島との繋がりも主にここ。
木曽川・揖斐川・長良川が一つに合流する様は壮観。
その分歴史的には川の氾濫による水害で苦労してきており、堤防で囲まれた集落(輪中:わじゅう)が多く存在している。
地形の関係上、海抜0m地帯に属している。

◆輪之内町
町名の由来はそのまんま「輪中」から。
日本一のホワイト企業としてたまに話題になる未来工業の本社はここにある。

◆養老町
実は滝の水が酒になった孝子伝説を聞きつけた元正天皇が年号を養老にしたという意外にすげー町。大垣合併にNOを突きつけた。
名物養老サイダーは職人が途絶えた為オリジナルは断絶。おいしいのに…。
養老の星幸ちゃんのふるさと。
養老牛は飛騨牛にも負けない美味しさの地方ブランド。

◆揖斐川町


中濃

◆郡上市
よく「郡上八幡市」と間違えられる。
清流と共に暮らす町。高山の秋もいいが、郡上の夏もとても風情がある。
夜通しで踊る郡上踊りや、郡上八幡城が有名。
あと食品サンプルのトップ生産地でもある。

◆加茂郡富加町
ポルターガイストで話題になったが、住民の自演だったらしい。
ちなみに水道バルブのKVKのメイン工場もこの町にある。

◆美濃加茂市
人口の1割以上が外国人。
そのため標識に日本語・英語・中国語・韓国語・ポルトガル語と入っている。
観光施設として日本昭和村がある。
住み良い街ランキングのかなり上位に入ったことがあるんだとか。

◆可児市
何年か前の狂言師・和泉元彌のダブルブッキング騒動の舞台となった街。
95年に花フェスタという植物の大規模博覧会が開かれたこともある(現在跡地は記念公園)。

◆可児郡御嵩町
亜炭鉱だった事が影響して地盤沈下や陥没の酷い事で一時期少し有名になってしまった町。
坑道を埋めるとなるとかなりの額が懸かる模様。でも埋めないと大地震が来た時にシャレにならない…。

◆加茂郡八百津町
自然豊かだがほぼ秘境。地元民以外は夜に行こうと思わないこと。全体的に道が狭く泣きを見ます。
杉原千畝(日本のオスカー・シンドラー)の故郷。
水がきれいなことで有名。側溝に鯉や川魚が泳ぎ、そこらで湧いてる湧き水が平気で飲めたりする。川で洗濯や皿洗いも普通の光景。

◆美濃市
美濃和紙といえばこの町。美濃和紙は日本三大和紙の一つで、県内の他の伝統工芸品にも大きな影響を及ぼしている。
うだつの上がる街並みがある。

◆加茂郡坂祝町
読みは「さかほぎ」。これも初見で読める人はおそらく少ない。
この町はここ数年の間にバイパス道路ができたおかげで関市から可児市などに非常にアクセスしやすくなっている。

◆加茂郡白川町
日本最大の町。ひぐらしのなかない町。
イタリアのビストイアの教会にあったバロック時代のパイプオルガンを修復した職人・辻宏の出身地でもあり、それもあってか現在姉妹都市提携を結んで交流を深めている。

◆加茂郡東白川村
日本で唯一寺の無い市町村。ひぐらしのなかない村。
お寺がない理由は明治時代の廃仏毀釈運動がエスカレートしたからで、東白川村と同じ旧苗木藩領だった中津川市や恵那市の北部(木曽川の北岸)も似たような状況である。


東濃
◆多治見市
猛暑日本一で全国にその名前を轟かせた東濃の中心都市。40.9℃。あの日は暑いなんてもんじゃなかった。
市の気温が38℃を超えると駅前にうながっぱ君の着ぐるみが登場する。
うちわを配るというイベントを嘗て行っていたが、中の人をマジで殺す気か!という批判が出たのか、前日の時点で翌日の気温予想が37℃となった際に翌日出動に変更になった。
…あんまり変わってない、やはり殺す気のようだ。

◆土岐市
「東京から東濃へ」という恥ずかしさ全開のノボリを未だに掲げる東濃の中堅都市。
ゲーム桃太郎電鉄の駅になり一部の人が歓喜したらしい。
陶器産業が有名。美濃焼は現在陶器の全国シェアの大半を占めるが、志野や織部など骨董ファンにはお馴染みの名品もまた美濃焼である。
観光施設は陶史の森、どんぶり会館、土岐プレミアムアウトレットなど。
東海環状開通とともに、伊勢湾岸道で名古屋圏と直通となり、アクセスも楽になりました。

◆瑞浪市
化石が有名。
都市の発展度は土岐以上、多治見以下というなんとも微妙な立ち位置。

◆恵那市
東海地方民にはおなじみのスーパー、バローグループの創業の地。市南部の山岡地区は寒天の一大生産である。
朝の連続テレビ小説『半分、青い。』の主人公の故郷の東美濃市梟町は岩村地区がモデルでロケも行われた。
恵那峡ワンダーランドは恵那市ではなく隣の中津川市にあるが、最寄駅は恵那駅で最寄インターは恵那ICだったりする。

◆中津川市
岐阜県最東端の町。もやしメーカーとして有名なサラダコスモの本社がある。
市内にある中京学院大学の野球部(OBに広島の菊池涼介、巨人の吉川尚輝がいる)が全日本大学選手権で優勝した時はびっくりした。
ネット上では旧長野県木曽郡山口村(馬籠宿)を長野県から奪ったと言われているが、
山口村民の生活圏が完全に中津川・岐阜県寄りだったので住民投票で中津川市との合併が選ばれた。
なお合併の直前には当時の田中康夫長野県知事の横槍もあった模様。


飛騨
◆高山市
古い町並み、匠の技、高山祭り、お酒とWow Japan!な要素がたっぷり。
外国人から原風景を探す日本人まで多くの人が訪れる。
周辺の村のほとんどを合併し、現在は日本最大面積の市(東京都とほぼ同じくらいで香川県より広い)。
旧荘川村は荘川桜の話が有名。

◆白川村
名前が上2つと似ているが、こちらはひぐらしのなく村。竜ちゃん、白川は岐阜県です。富山にあるのは五箇山です。まぁ隣同士だけど。
世界遺産で知られる白川郷は観光地として世界各地から人が訪れるが、文化遺産であっても普通の民家なので見物したいからといきなり踏み込まない様に。
世界最大級のロックフィルダムの御母衣(みほろ)ダムがある。
また、地震で滅んだとか黄金伝説とかロマン溢れる内ヶ島氏の帰雲城もここ。

◆下呂市
名泉の下呂温泉が有名であり、宿泊施設も多数存在する観光都市。
また、日本で初めて公式に世界一周を果たした加藤素毛の記念館が金山町に存在する。

◆飛騨市
高山や白川といった有名観光地からは少し外れつつも、街並みの雰囲気は遜色ない穴場「飛騨古川」はここ。


漏れてましたら追記、修正、お国自慢をどうぞ。 



【鉄道路線】

JR東海
東海道新幹線    岐阜羽島駅
東海道本線     岐阜駅~関ヶ原駅
高山本線      岐阜駅~杉原駅
中央本線      古虎渓駅~坂下駅
太多線       多治見駅~美濃太田駅

名古屋鉄道
名古屋本線     笠松駅~名鉄岐阜駅
犬山線       新鵜沼駅
広美線       西可児駅~御嵩駅
各務原線      名鉄岐阜駅~新鵜沼駅
竹鼻・羽島線    笠松駅~新羽島駅

★第3セクター他
樽見鉄道   樽見線(旧国鉄樽見線)    大垣駅~樽見駅
長良川鉄道  越美南線(旧国鉄越美南線)  美濃太田駅~北濃駅
明知鉄道   明知線(旧国鉄明知線)    恵那駅~明智駅
養老鉄道   養老線(旧近鉄養老線)    美濃松山駅~揖斐駅


【主なバス会社(一般路線バス)】

★岐阜乗合自動車
名鉄系。通称岐阜バス。かつて岐阜市内を走っていた名鉄バス岐阜営業所と岐阜市営バスの路線を引き継いだ。
主な営業エリアは岐阜市・各務原市・関市・本巣市・山県市周辺。

★名阪近鉄バス
近鉄系。名鉄系の会社ばかりの岐阜県では珍しい近鉄系のバス会社だが、親会社は近鉄ではなく三重交通である。
主な営業エリアは近鉄の路線だった養老線の沿線である大垣市・揖斐郡・養老町・海津市周辺。

★東濃鉄道
名鉄系。通称東鉄バス。社名に鉄道とついているのはかつて鉄道路線(笠原線・駄知線)を所有していた鉄道会社であった名残り。
主な営業エリアは多治見市・土岐市・瑞浪市・恵那市・中津川市の東濃地区と可児市・美濃加茂市周辺。

★北恵那交通
名鉄系。通称北恵那バス。東濃鉄道と同じく過去には鉄道路線(北恵那鉄道線)を所有していた。
主な営業エリアは中津川市北部。

★濃飛乗合自動車
名鉄系。通称濃飛バス。新穂高ロープウェイや白川郷などの観光地に向かう路線や東京・名古屋方面への高速バスが多い。
主な営業エリアは高山市・飛騨市・下呂市の飛騨地方と美濃地方の加茂郡白川町・東白川村。

★白鳥交通
独立系。廃止になった岐阜バスコミュニティ八幡の路線を引き継いだ。元読売ジャイアンツ投手の尾藤竜一が専務を務めている。
主な営業エリアは郡上市。


上記の通り岐阜県は名鉄系のバス会社が多く、名鉄系列同士で路線が重複・競合していた事もあったが、
2009年頃から行われた名鉄バスグループの再編により路線や営業所の譲渡・整理が行われた。


【有名人】
竹中重治(戦国武将)
Mr.マリック(マジシャン)
和泉節子(狂言師)
高橋尚子(元マラソン選手)
野口五郎(歌手)
清水ミチコ(モノマネ芸人)
神奈月(モノマネ芸人)
流れ星(お笑い芸人)
西科仁(元よしもと芸人)
熊田曜子(グラビアアイドル)
綾野剛(俳優)
伊藤英明(俳優)
加藤晴彦(タレント)
田中邦衛(俳優)
酒井敏也(俳優)
細川茂樹(響鬼)
佐倉紗織(きしめん)
LiSA(歌手)
黒夢(歌手・バンド)
中村航(作家)
山田貴敏(漫画家)
杉原千畝(外交官)
浅野るり(声優)
立花慎之介(声優)
橋本真也(プロレスラー)
坪内逍遥(文学者)
島崎藤村(文学者)←あれ?お前長野県出身じゃ…。
米澤穂信(小説家)
伊藤潤二(漫画家)
宮原るり(漫画家)
堀未央奈(乃木坂46)



【岐阜が舞台あるいは舞台モデルの作品】

僕らはみんな河合荘(岐阜市)
ルドルフとイッパイアッテナ(岐阜市)
安達としまむら(岐阜市・本巣市)
恋愛ラボ(岐阜市)
みそララ(岐阜市)
僕は友達が少ない(岐阜市)
小市民シリーズ(岐阜市)
空の中(各務原市)
ひそねとまそたん(各務原市)
聲の形(大垣市)
桐島、部活やめるってよ(大垣市)
えびがわ町の妖怪カフェ(揖斐川町)
はるとごーすと(輪之内町)
のうりん(美濃加茂市)
女騎士さん、ジャスコ行こうよ(恵那市)
半分、青い。(東濃地方)
戦陣のクラスメイト(郡上市)
……なんでそんな、ばかなこと聞くの?(郡上市)
バンめし♪(郡上市)
氷菓(高山市)
星空へ架かる橋(高山市)
君の名は。(飛騨市)
ひぐらしのなく頃に(白川村)
ウマ娘 シンデレラグレイ(笠松町および笠松競馬場)
やくならマグカップも(多治見市)
SCP-612-JP


他、へうげもの信長協奏曲など戦国時代の信長周辺を描く作品は必然的に舞台に岐阜の地が入ることがある。



岐阜に住んどるもんやったら追記・修正せなあかんて
もとい、どなたでもいいのでお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年11月24日 16:00