チェリム(ポケモン)

登録日:2011/07/13(水) 21:24:28
更新日:2020/01/04 Sat 13:58:11
所要時間:約 5 分で読めます






○データ

全国図鑑No.421
分類:サクラポケモン
英語名:Cherubi
身長:0.5m
体重:9.3kg
タマゴグループ:妖精/植物
性別比率:♂50♀50

タイプ:くさ
特性:フラワーギフト(天気が晴れの場合、姿が変わり、チェリムと味方の攻撃と特防が1.5倍になる)

HP:70
攻撃:60
防御:70
特攻:87
特防:78
素早さ:85
合計:450

努力値:特攻+1

チェリンボがレベル25で進化



○概要

ダイヤモンド・パール発売前から公表されたポケモンの一体。

見た目通り、をモチーフとしているポケモン。
普段はネガフォルムと呼ばれる姿をしており、蕾が閉じた状態である。
だが、晴れになると今までの鬱憤を晴らすように蕾を開き、ポジフォルムと呼ばれる姿になる。

ネガフォルムの時は大人しいが、ポジフォルムの時はいつもニコニコして活発になる。
まさに表と裏の顔を持っていると言えるだろう。
また、各メディアに登場する際はポジフォルムの姿がほとんど。

第四世代ではフォルムチェンジと特性の間に関連性は無く、「いえき」や「スキルスワップ」等で特性を消しても晴れになればいつも通り変身する。
第五世代以降では特性を失うとポジフォルムになれなくなる。
「フラワーギフト」は「なりきり」「トレース」「かがくのちから」で他のポケモンがコピーすることはできないが、「スキルスワップ」で奪うことはできる。しかしチェリム以外のポケモンが手に入れたフラワーギフトの効果は発動しない。

○ゲームでのチェリム

ダイヤモンド・パールでは、チェリム自身は野生で出現しない。
進化前のチェリンボは、甘い香りのする木に甘い蜜を塗ると出現する。
このチェリンボを育てる事で、チェリムを手に入れる事ができる。

また、トレーナーではハクタイジムリーダーのナタネが使用する。
ダイヤモンド・パールでは進化前のチェリンボを使っていたが、プラチナではチェリムを使う。
強化版でも手持ちの一体に含まれている。

ハートゴールド・ソウルシルバーにも野生では出現しない。
特定の木に「ずつき」をするとチェリンボが出るので、レベルをあげて育てれば入手可能。

ブラック・ホワイトでは12番道路に出現する。

なお、ポケパルレ(ポケリフレ)ではネガフォルムで登場するためポジフォルムを愛でることができない。残念。


○対戦でのチェリム

平均的な能力を持ち、シングルで使うには厳しい。
不遇な草タイプの中でも地味な能力のため仕方ないが。


だが、ダブルバトルにて本領を発揮する。
晴れパの人にとってはありがたいポケモンだろう。
晴れにより自分と味方の攻撃と特防があがるので、晴れパ対策をしてない人や、雨パの人には厄介な相手となる。
チェリム自身も手助けを覚えるので、最高のパートナーとなる。


しかし、どれも天気が晴れにならないと意味がない。
晴れになったとしても、苦手な炎タイプの技の威力があがるので、炎タイプのポケモンや技には弱い。
ソーラービームや光合成も使えるが、やはり晴れていないと実力を発揮しない。
使うならグラードンや物理キュウコン等と組ませるのが基本だろう。


ちなみに禁止伝説が大暴れしたWCS2010で、チェリムをパーティーに入れた人が高知大会で準優勝した。
「どうせグラードンと組ませたんだろ」と思ったら、なんとそのパーティー、

チェリム、キノガッサキレイハナ、ロズレイドの伝説ナシの草タイプ4体である。

ユキノオールンパッパ等の草タイプが活躍した大会とはいえ、草4体&上の2体抜きで勝ち抜くとは……
ちなみにNNは「ハルヒ」だった。


○ポケモンGOでのチェリム

GOでも第四世代ポケモン実装に伴い出現するようになった。
天候が晴れの場合のみポジフォルムが、それ以外の天候だとネガフォルムが野生で出現する。
他のポケモンと同じくフォルムチェンジを行うことはできない。
進化系のポケモンにしてはかなり野生での出現率が高く、それに伴う星の砂の獲得量の多さから捕獲に慣れた人から乱獲されやすい。
特にポジフォルムだと天候ボーナスが加算されて375もの星の砂が貰える。イベント等で星の砂獲得量にボーナスがかかると1000を超えることもしばしば。
しかし進化系故の捕獲係数の低さから、ハイパーボール+カーブボール+グレートボール+ズリの実でもあまり安定しないので注意。
性能に関してはポジとネガで全く差がないが、最大まで強化してもCPが2000台までしか伸びず、本編での最大の個性であった特性もGOでは存在しないのでバトルではまず使われない。
チェリムファンであれば相棒にしたりカメラモードを使うなどして愛でてあげよう。

進化前のチェリンボは何故か野生では殆ど出現せず、基本的に5kmタマゴにしか頼れないため進化後より入手難易度が遥かに高いという珍しい現象が起こっている。
因みにチェリンボを進化させると天候に関係なくネガフォルムのチェリムに進化する。


○アニメでのチェリム

ダイヤモンド・パール編に登場。
一番はじめのOP・Together(2~78話)で他の森のポケモンたちと楽しそうに踊っていた。
基本的には野生で登場したり、モブトレーナーが使うポケモン等、その他のポケモンという扱いだった。

ヒカリの母親・アヤコのライバルであるユリが使うポケモンの一体。
ポケモンコンテストで活躍した。


映画では『ディアルガVSパルキアVSダークライ』でフォルムチェンジする瞬間が見れる。





チェリンボ時代、正面の顔と別にくっついてる“実”は進化するために必要なエネルギーを蓄えておりしぼんで取り込まれることでチェリムに進化する。
また甘く美味しいためムックル等がついばむらしい。
大事なエネルギー源がなくなった後のことは不明。
また生えてくるのかもしれない。


実「私が死んでも代わりはいるもの……」






追記・修正お願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/