メルヒオール

初出:第182話

父:ジルヴェスター
母:フロレンツィア
 兄:ヴィルフリート
 姉:シャルロッテ
 妹:(同父母の末妹)
 義姉:ローゼマイン(両親の養女)

父方の親戚
曾祖父:先々代アウブ・エーレンフェスト(祖父方)
 祖父:先代アウブ・エーレンフェスト
  叔父:フェルディナンド
 大伯父:ボニファティウス(祖父方)
曾祖父:初代ギーベ・グレッシェル(祖母方)
曾祖母:ガブリエーレ(祖母方)
 祖母:ヴェローニカ
  伯母:ゲオルギーネ
   従姉:アルステーデ
    従姉の娘:ベネディクタ
   従兄:ヴォルフラム(故人)
   従姉:ディートリンデ
  伯母:コンスタンツェ
   従兄:リュディガー(二重従兄)
   従姉妹:*1(二重従姉妹)

母方の親戚
  伯父:アウブ・フレーベルターク
   従兄:リュディガー(二重従兄)
   従姉妹:*2(二重従姉妹)

容姿

髪の色:青味の強い紫
000000000
瞳の色:藍
000000000
ジルヴェスター譲りの青紫の髪に、フロレンツィア譲りの青の瞳。
顔立ちもフロレンツィア譲りで、おっとりと優しい感じに見える。
ローゼマインと髪の色が似ていて、本当に姉弟のようにみえる。

地位

階級:領主一族
職位:領主候補生神殿長

年齢と属性関連

  • ローゼマインとの学年差:-5*3
  • 誕生季:春
  • 洗礼時の属性(適性):5属性(闇水火風土)*4

メルヒオール視点の回

書籍第四部VIII プロローグ

作中での活躍

ジルヴェスターの次男。
フロレンツィアの下で伸び伸び育った。
ヴィルフリートやシャルロッテからローゼマインのすごさを教えられつつ成長。
洗礼式より前からローゼマインが作った玩具や聖典絵本が好き。*5
ローゼマインの様な領民から頼られる神殿長を目指しており*6、自分で聖杯を出して祈念式を行う事や*7、儀式で祝福を贈れるようになる事を当面の目標としている。*8
また、領主の実子が神殿を守る神殿長になることは、神殿の者達にとって大きな意味があると捉えられている。*9
作中で唯一ローゼマインの騎獣をカッコいいと評した人物で、側近に「グリュンは…」と止められている。*10
ローゼマインとの繋がりを示す紋章入りペンダントを贈られている。*11

13年冬にお披露目を行ったものの、粛清の影響ですぐに子供部屋に向かうのを禁止され、北の離れで過ごした。*12
ジルヴェスターは元々神殿長の後任をメルヒオールに任せるつもりだったが*13、神殿の人員不足が深刻になり、本人が領主候補生としての役目を求め、ローゼマインが側近も含めた教育を引き受けたことで、本格的に神殿業務に携わる事となった。*14
春を寿ぐ宴では、ローゼマインが成人退任するまでの3年間を引継ぎ期間とし、次期神殿長として青色神官見習いとなる領主命令を得た。*15
既に神事が中央から見直され、領主候補生が神事に参加しているエーレンフェストがその最先端にいる状況がジルヴェスターより説明された為、この事は領内でスムーズに受け入れられた。

引継ぎが開始され、神殿長ローゼマインと神官長ハルトムートによる教育を側近共々受ける事となった。
代々神官長付き側仕えだったロータルを始め、ハルトムートに選ばれた者達の中から灰色神官の側仕えを選び*16、下町の商人達との顔合わせや*17、ハッセでの兵士達との顔合わせなど*18、平民関係の業務も次々引き継いでいく。
魔石を使った神具への魔力奉納や祝詞の勉強、祈念式など儀式関係の引継ぎも開始し*19、ハッセでの祈念式見学後には青色神官見習いとしての部屋を得て、誓いの儀式を行った。*20
領主会議期間の礎への魔力供給も、神殿での練習で鍛えられたことで倒れる事がなくなった。*21
そんな中、領主会議にてローゼマインの中央入りが内定した事で、ヴィルフリートの次期アウブ内定が消え、シャルロッテ同様アウブを目指しても良い立場となる。*22
が、当初3年想定だった引継ぎ期間が1年と短くなった事もあり、神殿長の業務を優先し、アウブについては成人してから考えたいと主張した。*23
神殿長としてお祈りで加護を増やす事も今後のアウブに必要な為、この選択は領主夫妻に受け入れられた。

引継ぎ期間が足りない事は自明な為、孤児院長に就任するフィリーネや、ダームエル*24にも頼る事となり、協力体制を作る事となった。*25
2人に神殿業務を頼む時は別料金を支払うようにローゼマインに釘を刺されるが、この別料金設定は自身の側近達にも喜ばれ、上に立つ者として正当な報酬の支払い時や、予算の引っ張り出し方も同時に教えられる事となった。*26
中央への移動準備で多忙となったローゼマインの目は届かなくなったが、ハルトムートによる教育は継続し*27、この期間で聖典を読めるように古語の勉強を始めたり*28神殿内の工房見学をする事はもちろん、孤児院に何度も顔を出してニコラウスベルトラムなどの青色見習い達とお茶会を開いたり、勉強の様子を見るなどの気遣いも見せた。*29
このことでベルトラムは領主一族への名捧げの対象としてメルヒオールを選んでいる。*30
また、ローゼマインはメルヒオールがニコラウスを庇護してくれると助かると思っている。*31
収穫祭の祝詞も覚え、14年秋にはハッセの小神殿を引き継ぐと同時に、領主候補生の務めとして直轄地を担当した。*32

14年冬の子供部屋は神殿での経験を活かして子供達を導き、上手く運営した。*33
貴族院へ行く学生側近達の教育はローゼマインが引き受け、ローゼマインの側近達が協力したが、自身でもローゼマインの帰還スケジュールに合わせた早めの講義終了を命じ、学生側近達もそれに応えて努力するなど、頼もしい関係を築いている。*34
また、貴族院の奉納式にも希望して自らの若手成人側近2人を参加させた。*35
この奉納式でローゼマインが失踪し、ハルトムートの思惑も多分に働いていると思われるものの、ローゼマインが戻った頃には神殿業務の引継ぎが完了し*36、この冬の成人式は魔石を使用しながらも神殿長としての務めを果たした。*37

15年春の礎争奪戦では直接戦いの場には出ずに神殿及び下町を中心に守るように命じられ、神殿にイロイロな罠を仕掛けて防衛に徹した。
神殿でのまとめ役も務めて孤児院は守りきったものの、ジルヴェスターからゲオルギーネの記憶内容を聞いて貴族区域で犠牲者が出た事を知り、心を痛めながらも面識の薄かったフェルディナンド相手に過不足のない報告を行った。*38
その後エーレンフェストの神殿長に就任し、新ツェントの継承の儀式には神殿長の儀式服を着て参列した。*39

ローゼマイン式魔力圧縮法を教えられない世代となる一方、貴族院の地下書庫の資料にある圧縮方法を試すことが可能となるはずの世代となる。*40
また、領地の礎への関与が可能となる聖典の鍵を次期アウブと定まっていない者に譲っても良いのかどうかは全領地共通の検討課題であるが、その事実がジルヴェスターに伝わった後*41、14年冬の成人式をメルヒオールは執り行っており、その後の神事でも聖典を使用していると思われるが、詳細は不明である。
加護によってシュタープの品質に違いが出る事等が判明したことや、1年生で神の意志を取得するカリキュラムが変更になったことで、エーレンフェストの領主候補生の中でただ一人品質が悪いシュタープ獲得を避けられ、神事と神殿(神殿長)の重要性が周知され始めたことから、次期領主の最有力候補と他領からは目されている。*42

経歴

06年春 誕生
13年春 洗礼式*43
13年冬 お披露目をする*44
     粛清の影響で子供部屋ではなく北の離れで過ごす*45
     春を寿ぐ宴で次期神殿長となる領主命令を受ける*46
14年春 ハッセの祈念式を見学する*47
     誓いの儀式を行い、青色神官見習いに就任する*48
14年夏 下町の夏の成人式を見学する*49
14年秋 収穫祭でハッセの小神殿の守り隠し部屋を引継ぎ、直轄地を回る*50
     以降、神殿の神事に従事する
14年冬 神殿長代理として下町の冬の成人式を執り行う*51
15年春 エーレンフェスト防衛で下町と神殿を担当*52
     神殿長に就任し、白の衣装を纏って継承の儀式に参列する*53
16年冬 貴族院入学予定

作者コメント

2017年 10月11日 Twitter
>ウィンク考察
メルヒオール:全くできない。片目は手で押さえている。

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • メルヒオールぞくせいたりない。圧縮知らないから魔力足りない。神殿長の仕事あるから祠もまわれない。ツェント無理 (2020-05-16 20:04:10)
    • 中領地×中領地の子を無理にツェントにする必要はないよね (2020-05-16 22:26:43)
    • メルヒオールがツェントになる事なんでて誰も望んでないから問題無いし、圧縮方法も貴族院の図書館で色々知れるようになったから大丈夫。、ロゼマ式圧縮法もアレキ・エーレンの話し合いで互いに納得できる条件を設けることが出来れば伝授可能じゃないの? (2020-06-27 13:39:54)
      • エーレンは貴族不足なんだからツェントになれるくらい優秀な奴がいたら絶対手放したくないだろうな (2020-06-27 14:19:46)
      • ロゼマ式圧縮法は広げないことになってるし、そもそもアレキにロゼマがいる以上教えることはできないからね…。メルヒも昔の圧縮方法と祈りで次期アウヴ目指すことになってるし、それにシュタープ取得学年が繰り上がったからシャルロッテ達より品質のいい物が手に入るしメルヒは神殿長だから日常的に祈りという意味では有利ではあるからね (2020-06-27 15:33:52)
        • 魔力は昔の王族レベルあれば(地下書庫の圧縮法があれば)ツェントになるに十分だからロゼマ式はオーバースペックなんだよね。 (2020-07-19 07:10:51)
    • ヴィルがギーベ内定。シャルはメルヒか次世代の中継ぎアウブを目指してる現状、唯一の男子候補生(ボニ爺は除外)かつ神殿長してるメルヒがツェントになるのはエーレンの利が少ないと思われ。そら名誉ではあるけど、上位対応にも四苦八苦し魔力メガタンク×2が抜けた成り上がり中領地にこれ以上領主候補生を差し出す余裕はない。エーレンからツェントが立つなら早くても次世代からでは?シャル&メルヒがロゼマの遺産をちきんと有効活用し順位維持or上昇できる前提で。 (2020-06-27 14:04:24)
    • メルヒは小さい祠回るまでもなく3年分の神殿長業務だけで貴族院3年入学後すぐの加護取得により大神全属性クリアする可能性があるよね。足りない属性の眷属を重点的にお祈りしておく必要があるかもだけど。 (2020-07-19 07:08:14)
  • ダンケルのルングターゼとの婚約が内定すれば実質次期は決まりだろうが、次期アウブをじっくり決めたいジルヴェスターがダンケルの申し込みを断り切れるかどうか。 (2020-06-27 16:28:01)
  • 結果的に本人の行動と関係ない所で棚ぼたに近い形でアウブの地位が転がり込んできたからヴィルの二の舞になる未来もなくはない。本人はあまり慢心しなさそうだけど側近に不安があるのがちょっと難しいところ。上2人がロゼマに振り回される形で実務力をつけざるをえなくなったのを考えるとメルヒには試練が足りない感はあるのでどれだけシャルがプレッシャーかけれるかが胆って気がする。彼女が早々に嫁に出ていくことになるとやばそう。 (2020-07-04 22:38:24)
    • シャルは自分の特性をきちんと自己評価した上でアウブ目指してるから、正しい意味で後継者争いができると思うよ。ヴィルみたいに過剰な父親バフがかからないし。シュタープ取得年や神殿業務で有利だけど、今度は下にライゼ派のブリュンヒルデが産む子も控えてるから油断はできない(ブリュにその気はないけど)。あと一年とはいえロゼマ と在学時期が被るんだぞ。絶対に振り回されるに決まってる。 (2020-07-04 23:01:27)
      • メルヒオールはトショイインになるかな? ローゼマインは卒業までシュミルズのひめさまっぽい。名誉職だし、中央は解体されて衣装を作るのにも一苦労だから少しでも先延ばしにしたいだろうし。魔力豊かな領主候補生がシュミルズの魔力供給を手伝ってくれた方が、司書達は楽だろう。 (2020-07-04 23:27:48)
    • 苦労してなさすぎ感は否めんわな。レスティラウトの妹婿になっていいように扱われる未来もあり得る。 (2020-07-04 23:52:37)
      • 神殿長だし、神官長や有能な灰色神官の側近が厳しく教育するんじゃね?神官長にオズヴァルトみたいな奴が来たら危ないけど (2020-07-05 03:39:05)
        • 貴族の神殿入りの意味が180度変わった後の世代の神殿長領主候補生第1号だからいろんな領地から注目されるだろうな (2020-09-10 17:04:37)
          • メルヒオールは神殿に領地の礎があることをアウブから教えられるんだろうか。それ次第で責任の重みがすごく変わるよね (2020-09-17 11:43:26)
            • 「次期領主決定はジル養父様かボニ爺かどちらかが死んでから」ってことは、少なくともボニ爺には礎の場所を教えるはず。そしてメルヒもゲオと影武者の動きから「礎へ神殿図書室から行ける」ということには気付くでしょう。だからほぼ知っているも同然、神殿の警護も兼ねてボニ爺が頻繁に孤児達を鍛えにやってくるし、メルヒも自分の護衛騎士を複数神殿へ常駐させ厳重に警備させるし、いっそ全部教えても大差なさそう。 (2020-09-17 16:52:38)
  • ヴィルの件があったんだから、流石にジルフロも目を光らせてるだろう 明確な敵もおらんしな (2020-07-05 21:18:44)
    • 繋ぎミス (2020-07-05 21:19:12)
  • たらればだけど、ロゼマが現れずヴェロ傀儡のヴィルが領主になっていた場合、女子のシャルより対抗馬になりえるメルヒは命的な意味で危険だった?他領へ婿に出るならまだしも、補佐で残るならフェルのように領主にならない事を示す為に神殿入りでもしないと、命を狙われてる未来しか見えない気が… (2020-07-12 21:54:34)
    • ロゼマいなかったらヴィルはお披露目会で無様な姿をさらして神殿行きだったんじゃね (2020-07-12 22:03:06)
    • 元々ヴェローニカは排除予定だったから、どのみちメルヒオールが洗礼受ける頃には排除されてたでしょ (2020-07-12 23:36:05)
    • ライゼの計画だと教育不足のヴィルが洗礼式で無様な姿をさらす→廃嫡、育成失敗をネタにヴェロを糾弾していく予定だったんじゃなかったっけか (2020-07-12 23:45:31)
      • ヴィルは多分廃嫡に出来たと思うけど、ヴェローニカを失脚させられたかどうかは微妙なところだな。 (2020-07-12 23:52:21)
        • 長男を奪われた上ヴェローニカの教育不足で潰されたら、さすがにジルヴェスターも嫁の手前決断しただろう。だが、その場が貴族皆が集う冬の始まりの宴なのでヴェローニカ派の巻き返しが激化、乱闘とかでエーレンフェストは大混乱になるだろうな。 (2020-07-13 06:29:50)
    • 教育不足でもヴェロの一声で領主に出来る様(権力)を示しつつ、教育不足はランプの後ろにいるエルヴィの陰謀だとか言ってエルヴィとライゼを完全に潰す計画だった…てのをどっかで読んだのだけど、どこだったかは忘れました。でもこれ、ヴェロは男孫メルヒをどう扱ってたか?って主題の“たられば”なので、それ以前の話をするのは違くない? (2020-07-13 09:59:41)
  • 年長の領主一族は全員ローゼマインと敵対しない契約を結んでいる。この契約は女神の化身からグル典を授けられたエグラン政権では政治的に有利だ。しかし、自力でグル典を得る次代ツェントの下ではフリーハンドがあるメルヒオールが政治的に有利な時代になるだろう。 (2020-07-27 08:58:58)
  • 貴族院に入学して最初の挨拶の時 ツェントと並んでるロゼマ姉様見てびっくりするとかあるかな (2020-07-30 16:52:25)
    • 継承式でエグより上位の立場であること示してたから今更驚かねえんじゃねえの。 (2020-07-30 17:05:51)
  • ロゼマ~メルヒまで側近不足気味はもう後の祭りで仕方ないとしてジルフロの第4子とブリュンの子の為に今から上級中級貴族たちに産めよ増やせよを政策に推奨 (2020-08-01 15:21:51)
    • んなことせんでも同期の領主候補生がいないんだから側近候補は人数足りると思うのが当然。元々足りないところからさらに領内魔力減ってるんだから産休は計画的にしないと困る可能性すらある。 (2020-08-01 18:01:02)
    • 30~40個の子供用魔術具が与えられ、粛清した家からもある程度確保できただろうから、計画的にせよ「産めよ増やせよ」だろうなあ。 (2020-08-01 19:13:23)
  • ヴィルフリートと比べるのは当然にしてもシャルロッテと比べてもはるかに優秀すぎるのよな。幼すぎる時分に (2020-10-09 16:36:48)
    • 物心つく前後から最高の環境が整ってる事も大きいな (2020-10-09 16:38:44)
  • 途中送信すまぬ。幼なすぎる時分にローゼマイン印の教育玩具の影響を受け、神とローゼマインに憧れを抱いた故かな? (2020-10-09 16:39:16)
    • 何をもって優秀と言ってるのかわからん。環境は整ってるけど本人が問われるのはこれからだろ? (2020-10-09 17:57:51)
      • 今のところ素直なだけだよな (2020-10-09 19:02:37)
        • 本編終了時点のメルヒオールと、同じ年齢だった頃のシャルロッテのどちらが優秀なのかも定かで無い。 (2020-10-09 20:25:31)
          • ハルトムートがいたとはいえ引き継ぎが短くローゼマインが急にいなくなったのに神殿業務をこなし、フェルディナンドに順序立てした説明ができるんだから優秀でしょう。 (2020-10-10 02:38:47)
            • それらもほとんど御膳立てしてもらったのだから出来て当然ですが (2020-10-10 09:43:53)
最終更新:2020年11月03日 12:54