メルヒオール

初出:第182話

父:ジルヴェスター
母:フロレンツィア
 兄:ヴィルフリート
 姉:シャルロッテ
 妹:(同父母の末妹)
 義姉:ローゼマイン(両親の養女)

父方の親戚
曾祖父:先々代アウブ・エーレンフェスト(祖父方)
 祖父:先代アウブ・エーレンフェスト
  叔父:フェルディナンド
 大伯父:ボニファティウス(祖父方)
曾祖父:初代ギーベ・グレッシェル(祖母方)
曾祖母:ガブリエーレ(祖母方)
 祖母:ヴェローニカ
  伯母:ゲオルギーネ
   従姉:アルステーデ
    従姉の娘:ベネディクタ
   従兄:ヴォルフラム(故人)
   従姉:ディートリンデ
  伯母:コンスタンツェ
   従兄:リュディガー(二重従兄)
   従姉妹:*1(二重従姉妹)

母方の親戚
  伯父:アウブ・フレーベルターク
   従兄:リュディガー(二重従兄)
   従姉妹:*2(二重従姉妹)

容姿

髪の色:青味の強い紫
000000000
瞳の色:藍
000000000
ジルヴェスター譲りの青紫の髪に、フロレンツィア譲りの青の瞳。
顔立ちもフロレンツィア譲りで、おっとりと優しい感じに見える。
ローゼマインと髪の色が似ていて、本当に姉弟のようにみえる。

地位

階級:領主一族
職位:領主候補生神殿長

年齢と属性関連

  • ローゼマインとの学年差:-5*3
  • 誕生季:春
  • 洗礼時の属性(適性):5属性(闇水火風土)*4

メルヒオール視点の回

書籍第二十巻 プロローグ

作中での活躍

ジルヴェスターの次男。
フロレンツィアの下で伸び伸び育った。
ヴィルフリートやシャルロッテからローゼマインのすごさを教えられつつ成長。
洗礼式より前からローゼマインが作った玩具や聖典絵本が好き。*5
ローゼマインの様な領民から頼られる神殿長を目指しており*6、自分で聖杯を出して祈念式を行う事や*7、儀式で祝福を贈れるようになる事を当面の目標としている。*8
また、領主の実子が神殿を守る神殿長になることは、神殿の者達にとって大きな意味があると捉えられている。*9
作中で唯一ローゼマインの騎獣をカッコいいと評した人物で、側近に「グリュンは…」と止められている。*10
ローゼマインとの繋がりを示す紋章入りペンダントを贈られている。*11

13年冬にお披露目を行ったものの、粛清の影響ですぐに子供部屋に向かうのを禁止され、北の離れで過ごした。*12
ジルヴェスターは元々神殿長の後任をメルヒオールに任せるつもりだったが*13、神殿の人員不足が深刻になり、本人が領主候補生としての役目を求め、ローゼマインが側近も含めた教育を引き受けたことで、本格的に神殿業務に携わる事となった。*14
春を寿ぐ宴では、ローゼマインが成人退任するまでの3年間を引継ぎ期間とし、次期神殿長として青色神官見習いとなる領主命令を得た。*15
既に神事が中央から見直され、領主候補生が神事に参加しているエーレンフェストがその最先端にいる状況がジルヴェスターより説明された為、この事は領内でスムーズに受け入れられた。

引継ぎが開始され、神殿長ローゼマインと神官長ハルトムートによる教育を側近共々受ける事となった。
代々神官長付き側仕えだったロータルを始め、ハルトムートに選ばれた者達の中から灰色神官の側仕えを選び*16、下町の商人達との顔合わせや*17、ハッセでの兵士達との顔合わせなど*18、平民関係の業務も次々引き継いでいく。
魔石を使った神具への魔力奉納や祝詞の勉強、祈念式など儀式関係の引継ぎも開始し*19、ハッセでの祈念式見学後には青色神官見習いとしての部屋を得て、誓いの儀式を行った。*20
領主会議期間の礎への魔力供給も、神殿での練習で鍛えられたことで倒れる事がなくなった。*21
そんな中、領主会議にてローゼマインの中央入りが内定した事で、ヴィルフリートの次期アウブ内定が消え、シャルロッテ同様アウブを目指しても良い立場となる。*22
が、当初3年想定だった引継ぎ期間が1年と短くなった事もあり、神殿長の業務を優先し、アウブについては成人してから考えたいと主張した。*23
神殿長としてお祈りで加護を増やす事も今後のアウブに必要な為、この選択は領主夫妻に受け入れられた。

引継ぎ期間が足りない事は自明な為、孤児院長に就任するフィリーネや、ダームエル*24にも頼る事となり、協力体制を作る事となった。*25
2人に神殿業務を頼む時は別料金を支払うようにローゼマインに釘を刺されるが、この別料金設定は自身の側近達にも喜ばれ、上に立つ者として正当な報酬の支払い時や、予算の引っ張り出し方も同時に教えられる事となった。*26
中央への移動準備で多忙となったローゼマインの目は届かなくなったが、ハルトムートによる教育は継続し*27、この期間で聖典を読めるように古語の勉強を始めたり*28神殿内の工房見学をする事はもちろん、孤児院に何度も顔を出してニコラウスベルトラムなどの青色見習い達とお茶会を開いたり、勉強の様子を見るなどの気遣いも見せた。*29
このことでベルトラムは領主一族への名捧げの対象としてメルヒオールを選んでいる。*30
また、ローゼマインはメルヒオールがニコラウスを庇護してくれると助かると思っている。*31
収穫祭の祝詞も覚え、14年秋にはハッセの小神殿を引き継ぐと同時に、領主候補生の務めとして直轄地を担当した。*32

14年冬の子供部屋は神殿での経験を活かして子供達を導き、上手く運営した。*33
貴族院へ行く学生側近達の教育はローゼマインが引き受け、ローゼマインの側近達が協力したが、自身でもローゼマインの帰還スケジュールに合わせた早めの講義終了を命じ、学生側近達もそれに応えて努力するなど、頼もしい関係を築いている。*34
また、貴族院の奉納式にも希望して自らの若手成人側近2人を参加させた。*35
この奉納式でローゼマインが失踪し、ハルトムートの思惑も多分に働いていると思われるものの、ローゼマインが戻った頃には神殿業務の引継ぎが完了し*36、この冬の成人式は魔石を使用しながらも神殿長としての務めを果たした。*37

15年春の礎争奪戦では直接戦いの場には出ずに神殿及び下町を中心に守るように命じられ、神殿にイロイロな罠を仕掛けて防衛に徹した。
神殿でのまとめ役も務めて孤児院は守りきったものの、ジルヴェスターからゲオルギーネの記憶内容を聞いて貴族区域で犠牲者が出た事を知り、心を痛めながらも面識の薄かったフェルディナンド相手に過不足のない報告を行った。*38
その後エーレンフェストの神殿長に就任し、新ツェントの継承の儀式には神殿長の儀式服を着て参列した。*39

ローゼマイン式魔力圧縮法を教えられない世代となる一方、貴族院の地下書庫の資料にある圧縮方法を試すことが可能となるはずの世代となる。*40
また、領地の礎への関与が可能となる聖典の鍵を次期アウブと定まっていない者に譲っても良いのかどうかは全領地共通の検討課題であるが、その事実がジルヴェスターに伝わった後*41、14年冬の成人式をメルヒオールは執り行っており、その後の神事でも聖典を使用していると思われるが、詳細は不明である。
加護によってシュタープの品質に違いが出る事等が判明したことや、1年生で神の意志を取得するカリキュラムが変更になったことで、エーレンフェストの領主候補生の中でただ一人品質が悪いシュタープ獲得を避けられ、神事と神殿(神殿長)の重要性が周知され始めたことから、次期領主の最有力候補と他領からは目されている。*42

経歴

13年春 洗礼式*43
13年冬 お披露目をする*44
     粛清の影響で子供部屋ではなく北の離れで過ごす*45
     春を寿ぐ宴で次期神殿長となる領主命令を受ける*46
14年春 ハッセの祈念式を見学する*47
     誓いの儀式を行い、青色神官見習いに就任する*48
14年夏 下町の夏の成人式を見学する*49
14年秋 収穫祭でハッセの小神殿の守り隠し部屋を引継ぎ、直轄地を回る*50
     以降、神殿の神事に従事する
14年冬 神殿長代理として下町の冬の成人式を執り行う*51
15年春 エーレンフェスト防衛で下町と神殿を担当*52
     神殿長に就任し、白の衣装を纏って継承の儀式に参列する*53
16年冬 貴族院入学予定

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 初登場は第425話。それ以前より存在は示唆されてきた。洗礼式前日のお茶会にて,神殿絵本に関心を示す。 - 2015-06-24 16:55:04
  • 次期神殿長の記述は、437話引継ぎより。 - 2015-11-27 19:26:27
  • なにげに次代ツェントの有力候補っぽいよね 最速で祈り始めて、興隆するエーレンとアレキが後ろ盾 - 2017-04-28 16:15:50
    • 卒業式で闇の神役で奉納舞、グルトリスハイト自力ゲット&王配いけそう。ヴィル&ハンネが時の女神の思し召しでダンケルも後ろ盾にできるかも - 2017-11-07 16:34:00
      • なぜ王配?普通にツェントで良いじゃん (2018-10-26 21:23:52)
    • 本人の目標が女神の化身で、子供のうちから自己顕示欲も権力欲が無さそうな所も、昔風のユルゲンシュミットに仕えるツェントとしてはふさわしいな (2018-03-21 22:38:21)
    • 流石にそんなに簡単ではないでしょう。生まれながらの全属性のロゼマでさえ、巫女見習い時代から自分の魔力を捧げていたのに、地下図書室で「いのりたりない」と言われてた。 (2019-09-11 14:32:02)
      • あれはあくまで貴族院内での魔力奉納についてだから巫女時代とか関係ない。 (2019-10-30 16:08:35)
        • 貴族院の魔法陣に奉納した分をシュミルズが判定に用いてるということか。神様判定でこれまでの総計が祠の石板に反映されて、それを判断基準にしてるかと思ってた。 (2019-10-30 17:16:57)
          • 正確には貴族院内で光の柱を立てるか祠で直接魔力を奉納するかのどちらか。詳しくはこのwiki内のグルトリスハイト→ローゼマインの辿った道筋、または本来の取得方法を参照。シュバルツ達が石板コンプをどうやって判断しているかは不明。 (2019-10-31 18:39:35)
  • 将来が心配になるくらい幼児期から神様大好き - 2017-06-01 16:51:50
    • ローゼマインは別格としても、最も神々から愛されてるんじゃなかろうか - 2018-01-29 17:47:02
  • というかこの家系は皆優秀。強いて言うなら領主と長男がちょっと頼りないけど。 - 2018-03-14 22:08:07
    • 順位上の領地から嫁もらったり学力高い上位領地と成績競ったり、どっちもやればできる子だけどね・・・・ヴェローニカ教育の賜物かな・・・・ - 2018-03-17 01:10:04
      • ヴェローニカが余計な事しなけりゃどっちももっと優秀に育っただろうね。 (2018-03-21 12:50:45)
    • 普通の貴族的に、ローゼマインがどれだけ魔力があって金の卵を産む鶏だとしても、自分の身内にまでする選択は出てこないからジルヴェスターも優秀よ。元からお祈り捧げていて再取得で全属性に成れるくらいだし。ヴェローニカの甘やかし教育(加えてリヒャルダのスパルタ)で貴族らしくない奔放さに育ったと考えると、息子に必要なのはリヒャルダ的存在だったな (2018-03-21 22:36:40)
      • ローゼマインはリヒャルダとなるには規格外が過ぎたしね (2018-12-31 14:30:09)
  • ローゼマインが改革した恩恵を全て受けられる上に、向上心もある。ローゼマインを尊敬してるから平民への差別も少なく…って最高の領主になるわ。 (2019-03-25 18:42:59)
  • 視点回なかったのか祈念式の後の夕食の会話とか気になる (2019-04-04 01:08:42)
  • 貴族院ではローゼマインの弟で後継の神殿長という肩書が付くだろうから何気に凄い。神殿に居る期間が長い事から加護もロゼマと同等以上になるかも。 (2019-06-27 01:24:28)
    • 加護を得るには魔力の奉納量が重要なので、さすがにローゼマインには届かないのでは。次席にはなれそう。 (2019-06-27 08:50:45)
    • 加護をくれる神の数には上限があるからね。卒業式の後に加護取得の儀式ができることと、それまでの期間を考えれば同等になることはできるかもね。尤も上限があり、かつ、ロゼマはコンプリートをしているので、同等止まりだと思う。/ ただ、眷属神の加護をコンプリートすれば、祠巡りをしなくても適性のない大神の加護を取得できることが前提かな。この辺りは明確になっていないからよく分からない。 (2019-06-27 19:04:52)
      • コンプリートって、いつの話? (2019-06-27 22:34:11)
        • 祠巡って石板全て完成して、シュミル達に祈り足りたと言われた時点でコンプリートしているものだと捉えてる。明記はされていないけど状況的に。<祈りを捧げて加護を得るのシステムと、546話と549話他の描写から。 (2019-06-27 23:30:02)
          • 魔力と祈りを捧げると加護を得られる世界であること。  眷属の加護取得量に応じて大神の加護の取得レベル(柱の高さ)が変わること。 それまでの加護取得量で、祠の石板の有無が違ったり、祠で必要な祈り&魔力量が違ったりしてたこと。 祠の大神とその大神の眷属神の名を全て唱えて、祈りと魔力を捧げるという形式が加護取得の儀式の大神別版の様相なこと。 それを進めた結果、大神が「祈りが我に届いた」と発言していること。 過半数の加護を得ていても祈りが足りなかったロゼマが大量の魔力&祈りを捧げて、全ての大神に「祈りが我に届いた」と言われたら、祈りが足りたと言われたことなどから、祠巡り完了=全ての加護を得た状態かな……と。 まあ、単なる推測と言われればそれまでだけど。 (2019-06-27 23:30:31)
            • 訂正:× それまでの加護取得量で、○ (推定)それまでの貴族院での祈り&魔力の捧げ量で。 まあ、この世界の場合、祈り&魔力の捧げ量≒加護数だけど。光の柱の推測だと、○とした方で記載すべきだった。 (2019-06-28 00:07:24)
      • 全ての大神の加護を得て全属性となることと、全ての眷属神の加護を得ることは別ですよね?ローゼマインは全ての大神の加護を得ているが、全ての眷属神の加護を得ているわけではない。ジル様やボニ様が全属性になれたぐらいなので、メルヒオールも間違いなく全属性にはなるでしょうが。 (2019-06-28 08:45:45)
        • ? 全ての大神の加護を得ることと、全ての神の加護を得ることは明確に別。 上のスレは、状況的に、ユルゲンの神々全ての加護を得ている可能性が高いかもしれないと言っている代物。 現時点までの情報だと、「ロゼマは、ユルゲンシュミットの神々(大神とその眷属神)の全員の加護を、得ているかもしれないし、得ていないかもしれない」という表現が一番正確。 < 加護を得る儀式で加護を得るのは確かだけど、それ以外では、後付けで加護を得られないという表記もないので。 (2019-07-09 21:23:11)
    • 惜しむらくは四段階魔力圧縮を教えてもらえない世代であること。でもあまり圧縮して魔力を増やし過ぎると今度は釣り合う嫁がいなくなっちゃうからいいか。 (2019-06-28 19:26:01)
  • ロゼマ式魔力圧縮は教えられるように契約魔術を一旦解除するんじゃないかな。そうしないとアレキサンドリア貴族に教えられず不便だし。 (2019-07-09 14:33:02)
    • 577話「収穫祭とグーテンベルクの選択」で、ローゼマイン自らがこれからは教えないと言っていますね。 (2019-07-09 18:43:35)
    • 領主候補生はいいけど、中下級貴族にはつらいな。地下書庫の圧縮方?は教えてもらえなさそうだし (2019-08-23 17:28:34)
      • エーレンフェストやアレキサンドリアでは神殿で自分のものを洗濯させたり料理させたり、畳んだものを圧縮してさらに収納っていう最低限の作業を通してそれとなく教えられていくだろうから2次まではできるようになって3次以降は本人たちが気づくかどうかって感じに持っていくのでは。 家が代々騎士だったり側仕えのところはそういう作業を洗礼式前からさせてるから同じ階級でも上位クラスの魔力保持者が出てきやすいのかもね (2019-09-11 17:33:51)
      • 礎に登録している領主一族なら知ることができる地下書庫の情報を、中級下級に教えるかどうかは領主の方針次第かと。領地の魔力アップや派閥取り込み目的で、ロゼマ式の時と同様に自領の貴族達に教えても全く問題ないのだから。<書庫内の記録を持ち出せないだけであって、知った情報の取り扱いは制約されていない。 (2019-10-31 22:43:30)