仮面のメイドガイ ボヨヨンバトルロワイヤル

【かめんのめいどがい ぼよよんばとるろわいやる】

ジャンル ご奉仕キューティバトル
対応機種 プレイステーション・ポータブル
発売元 ガジェットソフト
発売日 2009年2月26日
定価 通常版:5,040円/初回限定版:7,140円
レーティング CERO:C(15歳以上対象)
判定 なし


概要

テレビアニメ化もされた赤衣丸歩郎氏の怪作『仮面のメイドガイ』をベースにした対戦アクションゲーム。
アニメ版とキャストは同じで、コガラシ*1の声によるSEもそのまま入っている*2

ストーリー

今日もご主人の為、ご奉仕を忘れないコガラシ。
雑誌の恋愛特集を見て夢見るなえかと、それにぼそっとつっこみを入れる幸助の姿を見て、コガラシは恋に恋するご主人の為に人肌脱ごうと言って笑む。

…そして翌日。
なえか*3が学校から家に帰りドアを開けると、目に入ってきたのはドアの中にいたコガラシのアップ。
コガラシはカッと目を光らせ「メイドガイフリーズボイス」を発動する。

気絶したなえかが目を覚ますと、コガラシが立っており、こう語る。

「ご主人よ、愛はその手で掴み取るもの。このメイドガイ、その為の最高の舞台を用意した。ここはこの俺、メイドガイが作ったゲームの世界。まずはご主人の素敵な彼氏候補(王子様)を幽閉させてもらった。これから現れる全ての敵を倒せば、そいつを解放してやろう。あとは好きにするがいい。ククク…」

炎のご奉仕バトルが、今始まる…!!
(公式サイトより)

システム

  • 基本は格闘アクションだが…
    • ストーリーが展開するADVパートの後、バトルパート(格闘アクション)に入る。
      • 但し、このバトルの目的は相手を倒すことではなく、「相手を攻撃した時などにばら撒かれるメイドガイバッジを先に10個集めること」である。
    • 自分もしくは相手がバッジを10個集めると、様々なミニゲームが始まる。このミニゲームで「屈辱値」を与え、目標屈辱値を上回ると勝利となる。
  • Super Tayunizm Engine
    • ADVパートの立ち絵からバトルパートのSDキャラに至るまで、乳揺れを設定できるシステム。
    • 最大値にすると、重力を無視した豪快な揺れっぷりが楽しめる。
    • なお、男性であるコガラシは胸筋が揺れ動く。

評価点

  • 『仮面のメイドガイ』の世界観に忠実なアニメ化
    • 原作設定をしっかりと使用し、サイドストーリーとしても違和感がない。
    • 「本編でも頭にジャックを挿してプリンターを動かしたりしているし、ゲームに入るくらいやってのけるだろう」と思えるのがコガラシなのだ。
    • また、上記のストーリーのような「豪快に間違った、相手の気持ちを完全無視した気遣い」もコガラシの得意技。アニメでも「俺の御奉仕に、貴様の都合など関係ない!!」と無茶なことを言っている。

問題点

  • Super Tayunizm Engine以外にオプション設定がない
    • キーコンフィグやボイスの個別オンオフはおろか、難度設定すらない漢仕様。
      • 「一番のウリは乳揺れです」ということなのだろうか?
    • 公式サイトでも、バトルシステムなどはそっちのけでSuper Tayunizm Engineの解説をしている。
  • CPUが先にバッジを集めた際のミニゲームが固定されている
    • ドラクエ風のRPGバトルのみとなり、しかも難度がかなり高い。
    • 実質、バッジ集めで負けたら勝ち目はない。
  • 全体的なボリューム不足
    • キャラの数が少なく、そうなるとステージも少ない。

総評

ファンアイテムとしては悪くないのだが、腰をすえてしっかりと遊ぼうとすると「うーん…」という出来。
要するに「そこそこの出来のキャラゲー」ということになる。
月並みだが「ファンなら買い」のゲームだろう。