スーパーダライアスII

【すーぱーだらいあすつー】

ジャンル 横シューティング
対応機種 PCエンジン スーパーCD-ROM2
発売元 NECアベニュー
開発元 A Wave、アプリネット、ソフトマシン
発売日 1993年12月24日
定価 7,800円
配信 バーチャルコンソール
【Wii】2009年2月17日/800Wiiポイント
判定 劣化ゲー
シリーズファンから不評
ポイント アーケード版のありとあらゆる部分が改悪
見えている地雷
前作は神移植だったのに…
ダライアスシリーズ


概要

  • 1989年にてアーケードに登場し、ダイナミックなグラフィックと、OGRこと小倉久佳氏による非常に評価の高いBGMにより好評を得た『ダライアスII』。人気作故に多機種にわたって家庭用に移植されたが、その中でもあまりいい目で見られていないのがこのPCエンジン版である。
    • 発売元は前作に引き続きNECアベニューだが、開発元は変わっている。
  • 前作『スーパーダライアス』は原作の魅力をほぼ再現し、加えてアーケード版では没になった一部ボス戦艦*1も全て登場させる等、良移植との声も多い程の評判作だったが…。
    • タイトルに「スーパー」とついているだけあって、本作もまた様々な要素追加や変更が成されているが、発売を散々に延期した挙句、追加変更点が悪い方向に向かってしまうとは誰が予想したであろうか。

問題点

  • ゲームバランスの悪化。
    • 原作自体が褒められたゲームバランスとはいい難い存在だったが、本作はそれをさらに下回るバランスの悪さに仕上がってしまった。
    • 原作の二画面サイズを、家庭用の一画面モニターに無理やり詰め込んだせいで、各所に無理が生じてしまった。前にリリースされたメガドライブ版『ダライアスII』はキャラを縮小させて迫力の犠牲を伴ってまで、プレイしやすさに重点を置いた作りとなっていたのだが…。
      • 異様に視野が狭くなり遠方が見え辛くなってしまった。このせいで、先の見えない攻撃や敵体当たりをもらって理不尽なミスに陥る状況が連発しやすくなった。
      • 自機シルバーホークも妙に大きく、非常に敵弾を避けにくい。
      • とある巨大ボス戦では、ボスが画面に入りきらないのは仕方ないとしても、そのせいで頻繁に画面スクロールが起きるなど、操作面での改悪もある。
    • ただでさえ原作でも指摘されていたボス難易度のバランスの悪さが更に悪化している。
  • 原作の魅力を大幅にオミットしてしまったアレンジBGM。
    • ロックもしくはフュージョン系の曲調で、やたらとギターソロを挟んでくるのが印象的。
      曲単体で評価すれば聴けないレベルでは無く、これはこれで良いという意見もない訳ではないものの、原曲の味を完全否定するかのようなアレンジ故に、多くの原作ファンからは「コレジャナイ」扱いをされた。前作が原曲をそのまま収録し好評だった反動もあるだろう。
      • アレンジはT's Musicが担当。『ウィンズ・オブ・サンダー』や『バルクスラッシュ』といった良作にも関わっており、実力・実績的にはなんら問題無いのだが、いかんせんエレキギター全開の作風がダライアスIIとはミスマッチだった。
    • 演出面でも劣化。例えば、原作のゾーンAや最終ゾーンでは道中からボス戦までBGMによるシンクロ演出がなされ、それがゲームの雰囲気を盛り上げていたが、本作はそんな魅力をガン無視し、平然と曲が途中で途切れて普通にボス戦BGMが流れる有様となっている。
      • PS版『Gダライアス』ですら分岐やボス前に読み込みで音楽が途切れており、音楽のCD-DA再生とPCエンジンのRAM容量制限上、仕方が無いことではあるのだが。
  • あまりにもヘボい効果音
    • ポポポ」や「モモモモ」といったギャグレベルの効果音から、「ざざざ」「ぼふっ」等雑音レベルの物まで、原作を知っている者から聞けば、「ふざけてんのか?」と思える程の脱力音が満載である。
    • 前作の効果音はちゃんと原作重視であり、こんな脱力音ではなかったのに、何故こんなものになってしまったのか…。一応は内蔵音源だからといういい訳もありそうだが、それは前作にもいえた事なのでは?
  • 原作の二人同時プレイが削除された。もっとも、これに関しては他の家庭用移植でもいえる事なので、本作だけを責めるわけではないのだが。
  • グラフィックの再現度はまずまずだが、やはり問題点はある。
    • スコア表示が異様にでかく、画面レイアウトを考えずに無理やり表示しているので違和感がある。
    • 何故か一番の見せ所である、最終ステージのラスタースクロールがZ、X等の一部のステージを除きカットされている。MD版はおろか、日本未発売のマスターシステム版ですら再現されていたのに…。
      • 他ステージのラスター演出も軒並みカットされているが、ゾーンA等ラスターが再現されているステージもある*2為、技術的には再現できたはずである。出来るならなぜ他でやらなかったのか。
      • ZやXのラスター演出がカットされていないのはどちらもゾーンAの色違いステージであるからと思われる。
    • あまりにも派手にキャラ表示をさせている影響なのか、要所で画面がちらつく現象が多発する。
      • 因みに前作同様、VC版ではちらつきが改善されている。
  • ボスがほぼ一新されたのだが、昔のSTGにありがちな立体として成立していない平面画であり、シリーズファンからは特に槍玉にあげられた。
    • あまりに見た目が酷すぎるせいか、殆どのボスに「謎の生物」「タコチュウ」「ガスコンロ付き屋形船」等といった呼び名が付けられてしまう事態に。
    • ラスボスの内の1体である「メカバイオストロング」はR・TYPEの最初のボスを思わせるデザインになっており、破壊直後に首が落ちたりとグロさが増している。
  • 致命的バグとして、ゾーンZのヒラメ型中ボスに対して、横向き状態でショットを撃ち込んで破壊するとフリーズを起こす事がある。バグを回避するには横向きでショットを撃ってはいけない。
    • VC版でもこのバグは未修正。VC付属の説明書では「当時の再現が目的なのであえてそのまま」と説明されている。

評価点

  • 劣化ポイントだらけではあるものの、原作再現出来ている部分も一応ある。
    • アーケード版同様、ちゃんと7ステージ26ゾーンが完備されている。ステージ構成も基本忠実。
    • キャラのグラフィックや背景は、PCエンジンにしては頑張って再現されている方。MD版ではカットされていた、ステージ開始時に上空から降下して始まる演出もある。
    • パワーアップ時に追加されるサブショットがMD版と違いメインショットとは別に連射されるため、AC版よりショットの連射数が減ったことによる攻撃力の低下がある程度緩和されている。
    • ほとんどのボスがオリジナルキャラに置き換えられているが、なぜかステージ2の「キラーヒジア」及びステージ5の「ヤマト」と「リーダイン」の3体は原作のまま登場。そこそこの再現度である。全てのボスをこの調子で再現してくれれば良かったのだが。
  • 原作ではプレイヤーがミスすると装備ランクが一気に初期段階まで戻り、立て直しがかなり厳しい作りだったのだが、本作では設定難易度によるがその点が緩和される様になっている*3。ここだけは改善点と言ってもいいだろう。
    • 同じく原作のアームは残り枚数が1枚になっても見た目が変化しないため、残りアーム枚数の把握がしづらいという難点があったが、本作ではアームの色が赤色に変化するように改善されており、残りアーム枚数の把握が容易になった。
  • 前作ボスの殆どが中ボスとして登場するというファンサービス要素がある。特にファンから人気の高いグレートシングが原作には登場しなかった事もあり、中ボスとしての登場を喜んだファンもいた。
    • Wゾーンに登場するホオジロザメ型の中ボス「エーザム」は破壊されると下部からコバンザメ型の「アインダート」が脱出。しばらく後に再出現し、激しく上下移動しつつ月の形をした障害物を出現させその後ろからレーザーを放つという面白い攻撃パターンを見せる。
  • オプションは比較的充実しており、三段階の難易度設定が可能。
    • 自機を赤機か青機に選択可能な他、連射機能のON/OFFやサウンドテストも可能となっている。

総評

「複数画面を1画面に押し込む」という時点で土台完全再現は難しく、それをカバーする為に色々アレンジするという方向性は間違っていないだろう。
しかし、出来る範囲で最大限の原作再現を果たしていた前作『スーパーダライアス』に対し、本作はそのアレンジの中身があまりにも斜め上だった為、シリーズファンを大いに失望させる結果となってしまった。

ただ、改変内容については事前情報でほぼ公開されていた*4他、またアーケードやメガドライブ版から大幅に遅れた移植でもあったため事前回避も容易であり、当時は地雷というよりひっそりと闇に消えた作品(今で言う「見えている地雷」)という扱いであった。
現在ではシリーズ屈指の劣化移植である『ダライアスR』と同列に見られる事も多いが、あちらと比べれば本作は(面白いかどうかは別として)マトモな出来である。

道中ステージや、ヤマトをはじめとする原作ボスの再現度を見ると、本作スタッフは決して技術力が大幅に不足していたわけではないと思える。BGMやボスキャラに余計なアレンジを加えず素直に原作再現し、かつゲームバランスをもっと調整していれば、あるいは好評をもって迎えられたのかも知れない。


余談

  • 本作のサウンドトラックは出回った数が相当少なかったらしく、ゲーム本体よりも高めの値段が付けらえれている事が多い。
  • 2010年3月11日、タイトーは家庭用ゲーム機向け事業を親会社のスクウェア・エニックスに譲渡した為、PCE版以外の家庭用ダライアスII配信は絶望的である*5
    • と、思われていたが、2019年2月28日、Nintendo Switchでダライアスシリーズが複数収録された『ダライアス コズミックコレクション』が発売。
      通常版は海外版を含むアーケード版4タイトルを収録。特装版は通常版に加え、セガマスターシステム版、メガドライブ版の他、SFCのオリジナルシリーズなど家庭用作品が5タイトル収録された。
      • ただし本作は収録されていない。理由は単純で、スーパーダライアス同様に「CD-ROM2のエミュレーションエンジンが出来ていないため、やろうにも出来ない」である*6