ガーネットクロニクル ~紅輝の魔石~

【がーねっとくろにくる こうきのませき】 

ジャンル RPG
対応機種 プレイステーション・ポータブル
発売元 セガ
開発元 IRONNOS
発売日 2008年10月23日
定価 5,040円(税込)
判定 クソゲー
ポイント 戦闘バランスの劣悪さ
頻繁ロード
雰囲気に合わないネットスラング多発


概要

  • 韓国の『IRONNOS』が開発した「アストニシアストーリー2」を日本のセガがローカライズして発売された。
  • 解りやすい正統派RPGと美麗なドットグラフィックと豪華声優陣をアピールポイントとして発売され、釘宮理恵・緑川光によるテーマソングを収録。
  • キャラクターデザインは、韓国製MMORPGとして高い知名度を誇る『リネージュ』のキム・ホヨン、キム・ドンスク。

導入部

歴史の帳の中で隠されし忘れ去られた存在

長き沈黙の時間を経て、それは動き出した

古の失われし魔力が封印されたアーティファクト

すべての命と意志を支配できるという力

その存在の意味さえ色褪せた千年の時を超え

それは再び、地上に姿を表した

人々はそれを「邪念石」と呼んだ

この邪念石の欠片を殆ど周りの都合で振り回されている主人公とその仲間が集めるのが目的。


問題点

  • PSPというハードの都合か、とにかく細かいロードが多い。
    • フィールド切り替えでロードは仕方がないが、魔法を読み込むのにロード、戦闘に入るのにロードとややテンポを落とす。
      • 戦闘を重ねるにはフィールドの切り替えをしないといけないので仕方ないとはいえ、やっぱりテンポが悪い。
  • シナリオが薄い
    • 要約すると国の都合で邪念石の欠片を集める事を強要され、それをどんな裏があろうと出世するチャンスだとして集めようとする主人公がリスクマネージメントとして尻尾切りに合う。ならば国の目論見も邪魔してこちらが集めてしまおう――これ以上でも以下でもない。
      • 邪念石の欠片の由来については最終盤~エンディングにかけてはっきりとするが、あまり盛り上がらない。
    • 陳腐なシナリオなのでだいたい展開に予想がつく。良くいえば奇を衒わないともいうが。
      • 言い換えれば伏線を張ったまま放り投げないのはしっかりとしているだろうか。
  • セリフの端々に世界観にそぐわないセリフが交じる。
    • ネットに否定的な風潮が収まったころのゲームということもあってか、ネットスラングがセリフに混ざる事がある。
      • 設定やシステムに対しての言及は作品によって存在するものの、ファンタジー作品にも拘らずあたかも2ちゃんねらーのような発言、あるいは痴漢を疑われた敵が「それでも俺はやってねえ」とセリフを吐くなどは世界観として如何なものか?
      • 韓国のゲームなのでMMORPGの世界と無理やり解釈すればあるいは…?
    • 中にはゲーム開発に対する言及なども出てくる。そういった細かいノリが全体的に寒い。
      • 宝箱の中身に対し言及することもあるがやはり…。
    • しかし安易に下ネタには走っていない。
  • マップが見づらい。
    • Rキーでマップが表示されるが、画面に覆いかぶさる上、全画面表示でなく少しズームアップしたものが表示される。
      マップによっては行き先が画面外にあり、少しスクロールしないと見えないことも。
  • ショップアイテムがかなり高額。
    • フィールドの敵をしっかり狩ってから進んでも、次の街で武器を1~2人分買うと底がつく価格帯。
      • 後半は平然と20万、30万Gを要求される上、それがないと先のダンジョンでダメージがまともに入らないバランス。
      • どころか買ってもまともにダメージが入らない味方もいる始末。
    • 稼ぎをしようにも一度にフィールドに登場する敵は少なく、再度ポップアップするのは画面切り替え時に限る。細かく挟まれるローディングとともにストレスの種。
  • 加入する仲間が加入時点でとにかく弱い。
    • ただでさえ敵がこちらの二回りくらい上の敵にも拘らず、加入してきた仲間は防御しても集中打を浴びると行動前に落ちることもある脆さ。
      • 耐久力を少しでも高めようとレベル上げを試みてもすぐやられるので、そのダンジョンはゾンビアタックさせ次のシナリオで育成することを推奨されていると考えたい。
      • 筋骨隆々のクレリックが騎士見習いの主人公はおろか、盗賊娘にダメージ量とスキルで負けるのは少し悲しい。
      • 極端な話、主人公、ヒロインと、唯一主人公に肩を並べる途中加入の騎士の3人でなんとかして、あと1枠はおまけ。
  • 戦闘バランスが滅茶苦茶
    • 奇襲できればほぼ勝ち、されれば負けの二つに一つ。
    • シンボルエンカウントに対し、ほぼ真後ろから接敵すれば奇襲成功。敵の体力6割~討伐ほどのダメージを与えられる。これは仲間の通常攻撃一回分を合計し、敵全体に攻撃する行為のため。
      • もちろん奇襲された場合敵全体のダメージが全体に覆いかぶさるため、即ゲームオーバーにもなりうる。
    • これによってちまちまと進軍し、後ろを取って殴りつける戦法が強力。パラディンなのに…。
      • 戦闘終了直後は無敵判定が発生するため、解除されるまで敵に認知されない。これによって近くの敵を連続奇襲することも可能。
    • 敵の索敵範囲は縦軸で画面半分ほど、横軸では1/3ほどの距離で認識される。障害物を挟もうが、崖越しだろうが容赦無し。
      • これにより壁の裏から文字通りの奇襲を受けて全滅する事がままある。
    • 敵シンボルはこちらを認知すると、主人公の初期速度の1.5倍ほどの速度で追尾してくる。その状態で真正面から接敵しても奇襲扱いとなる。回避方法は障害物に引っ掛けてから距離を取るか、画面を切り替える。
      • 画面から外しても執念で追いかけてくるため注意。
      • 話中盤でこちらの歩行速度を上げる装備が買える。これにより敵の追跡スピードと同じ速度で走れる。
    • 敵シンボルはすべてゴブリンで統一。よって戦闘に入るまで相手が誰かはわからない。
  • 敵の成長速度が異常。
    • 次の街の敵は常に強さが2倍。装備は街一つの差で常に型落ち、奇襲+初ターンで落ちるのは日常茶飯事。
      • ただ装備を整えればこちらも奇襲からの初ターンで撃墜が可能になるので、とにかく先に攻撃を撃ったもん勝ちという極端な戦闘バランスとなっている。
    • ボスはさらに輪をかけて強くなり、例えダンジョンの敵が一撃レベルであろうと、ボスの攻撃で一撃必殺されることもある。
      • 属性耐性が強く出ることの裏返しでもあるが、ボスの事前情報はないので対策のとりようがない。
    • そんな強さを誇る敵が続く中、なんとラスボスとその前座(が実質のラスボス)は仲間が4人枠なのに3人で戦わされる。鬼か。
  • スキルツリー
    • 何故か二重搾取される。スキルの開示で消費、取得に消費。スキルの総数が少ないことをごまかすための策だろうか。
      • スキルポイントは逐次投入するタイプだが、振るものを間違えたからといって、途中まで投入したポイントは戻せず振り込まれたまま。
    • 回復面が不利。仲間で回復出来るのは二人だが、ヒーラーにあたる専門職がいない。しかもパラディンたる主人公と破戒僧両名共にMPの最大値が低く盗賊に劣る始末。
      それでいて一発一発の消費が多いため、いくら節制しても店売りアイテムと拾うしかないMP回復アイテムに頼らざるを得ないが、それも高価のため乱発出来ない。
    • 半ばやけくそ気味のスキルで味方全回復状態異常回復、敵の攻撃を8回まで無効、状態異常回避のパッシブスキルなどがあるが、それを使ってもなおボスが強いので折角の出番も焼け石に水。
    • 攻撃スキルは敵に与えるダメージがでかいので、SPを常に回復させながら強いスキルをぶつけていく戦法しか勝ち筋がないのでワンパターンになりがち。
  • 敵の状態異常が強い。
    • 付与率が異常に高く、それも最初のダンジョンから最後までずっと付きまとう。割合ダメージの毒をはじめ、睡眠、麻痺、疾病(一定ターンで死亡)、混乱、即死などどれをとっても厄介。
      • なお実質のラスボス(実際のラスボスは負けてもエンディングが見られる!)も即死をかなりの頻度で使ってくる。いくら自動蘇生アイテムが店売りしているからといって外道ではないだろうか。
  • 防御と逃走に確認がない。
    • 攻撃行為、道具使用は最後に確認が挟まれるが、上記2つに関しては選んだ瞬間行動。ターン毎でなくキャラごとの行動なので一度やってしまうとそのまま進んでしまいキャンセル不可。

評価点

  • 2015年ごろから「Steam」で取り扱いが増えたため目にすることも増えたドットグラフィックのテイストはとにかく綺麗。
    • リネージュでもキャラデザインを務める両氏が努めているだけあってそういう意味でも美麗。ただ日本のスタンダードとは外れているので好みは分かれるかもしれない。
  • BGMや声優はしっかりとしているのでその当たりで違和感を覚えることはない。
  • 些細なモブキャラにも細かなキャラ付けがある。モブキャラに話しかける楽しみがあるが、一方でセリフに問題のある節回しがある。
  • 戦闘終了時、死亡者はHP1で復帰、レベルアップ時はHP・SPともに全回復。長く厳しいダンジョンをゾンビになりながら進むことが可能。
  • 一切のバグは見受けられない。何故かスリープモードでもゲーム時間が加算されるのだが、時間経過による何かがあるわけではないので問題ではない。

総評

  • 良く言えば90年台ごろのレトロ調。悪く言えば古臭い陳腐なRPGでシナリオの薄さを戦闘周りの劣悪さで誤魔化した極悪戦闘ゲーム。
  • レトロ調のゲームという意味では見目はいいのだが、お遊びなのであろう会話に仕込まれたネタの寒さと、とにかくプレイに支障をきたすレベルの開幕勝負な戦闘がとにかく駄目。
  • おまけにこの手のゲームにしては珍しく、ゲーム中にムービーがないなど、PSPで出すにはそのハードを持て余した感じは否めない。

余談

  • 韓国では『アストニシア ストーリー』の続編として販売されたため、2のナンバリングがついた。SRPGから純RPGの切り替え、開発とローカライズが前後でバラバラという珍しい作品。