慟哭 そして…

【どうこく そして】

ジャンル アドベンチャー
対応機種 セガサターン
発売元 データイースト
開発元 データイースト
スタジオライン
酒田エス・エー・エス(プログラム)
発売日 1998年2月26日
定価 6,800円(税別)
レーティング セガ審査:18歳以上推奨
備考 『慟哭 そして… Final Edition』:1998年8月8日/6,800円(税別)*1
判定 良作
ポイント 昔なつかしの死にゲー
(家庭用としては)エロ描写多め


概要

末期のデータイーストが放ったコンシューマオリジナルのギャルゲー(?)。廃屋に閉じ込められた主人公と美女、美少女達が謎の猟奇殺人犯の手をかわしつつ脱出を目指す、というもの。
キャラクターデザインは、かつてエルフの『河原崎家の一族』『遺作』等に携わり、2010年現在もギャルゲーなどの原画家として活躍する横田守氏が手がけている。開発元にあるスタジオラインは彼が代表を務める会社である。
原画家がアダルトゲームに携わっていたり、パッケージでエロを強調していたり、そもそもSSにアダルトゲームの移植作が複数存在していたりした事から「元は18禁ゲーム?」と誤解される事もあるが、れっきとしたセガサターンオリジナルのソフトである。


特徴

  • ゲームとしては古典的なアドベンチャーの形式。
    • 自ら屋敷の中を歩き回り、重要なアイテムを回収し、それらを用いて行動範囲を広げたり危機を回避したりしていく。
    • 屋敷の中はクォータービューで描かれているが、室内や特定の状況下ではクリック型アドベンチャーのようにポインタが表示され、怪しい場所を指定して調べたり手持ちのアイテムを試したりする。

評価点

  • 脱出ゲームとギャルゲーの一体化
    • PCゲームの『遺作』等、既にあった物ではあるが、危険な場所からの脱出にヒロインを多数配置する事で、彼女達のピンチを助けながら少しずつ親密になっていき、最終的には無事脱出するというシンプルながらも分かりやすい楽しみがある。
    • 脱出ゲームとしても特定の状況に対して正解が複数ある場面がいくつか存在しており、ある程度プレイヤーの意思を反映させて行動する事が出来る。
      • 例としては電子ロックのかかった扉をパスコードで開けるか、カードキーを入手してきて開けるか、内側から回り込んで開けるかによっても違いが出て来る。
      • どれを選んでも先に進めるがイベントの内容やヒロイン個別エンドのフラグに影響を与えてくる。
  • 危険描写
    • 廃屋内では人為的な物も含め様々な危険が襲い掛かってくる為、主人公もヒロインも命の危機に迫られる。これらを解決するのも本作の楽しみの一つ。
    • ヒロイン達は最低一度はピンチに陥ることになるが、アイテムと知恵を駆使して助けてやらないとほぼ例外なく無惨に殺害されてしまう。それも、明らかに危険な状況を見逃してしまったというならともかく、主人公が何気なくとった行動さえ死につながる場合がある。
      • 大型電ノコで分解など殺され方もバリエーションが多くむごい。
      • 死亡シーンは絵で直接表示されないが、それでも「死体の状況」は文章化されている。
  • 山奥の廃屋を探索する楽しさ
    • いわゆる脱出ゲームとしての作りも良くできており、少しずつ行動範囲が増えていき、少しずつ館の謎が解けていく。
    • グラフィックやビジュアル面でも雰囲気が良く出ており、不安を煽るようなBGMやSEも評価が高い。ただ探索をしているだけでも結構な雰囲気が出ている。
  • 非常に豪華な声優陣。
    • 子安武人氏や矢島晶子氏、長沢美樹氏に井上喜久子氏など相応の方々が担当しており、熱演も相まって物語を大いに盛り上げてくれる。
  • 横田氏のグラフィックも美麗
    • 実績のある人だけに女の子のグラフィックは可愛く、老人などもいかにもな雰囲気で描かれている。
    • 18歳以上推奨だけに、下着が丸出しやチラ見え、あるいは半裸とかいった際どいCGが随所にちりばめられている。

賛否両論点

  • 脱出ゲームに慣れていないと少々辛い難易度
    • ゲームクリアに必須のアイテムが暗号でロックされていて、苦手な人は詰んでしまう事も。
    • 初回プレイで助けられない事を前提にしたようなヒロインが存在する。
      • 一例として、あるキャラクターとの会話イベントがある部屋で、事前にその部屋の中であることをしておかないと、そのキャラクターが会話イベント中に部屋を離れてしまい、僅か数十秒後に殺されてしまう。部屋を離れる理由はそのキャラクターが部屋を出て行く直前に聞けるので、2度目のプレイでどうすれば良いかすぐに分かる。つまり、一度失敗して死んでもらわないと部屋で何をしておけば良いのか分かり難いのである。
      • よりによって最初にピンチに陥る子もこのパターンであり、プレイヤーの心を圧し折りにかかる仕様である。一方で「前回助けられなかったが今回は助けてみせる」という周回プレイにおけるモチベーションとカタルシスに繋がる演出でもある。
    • とはいえこの難易度の高さや登場人物への容赦のなさっぷりで館の危険さがプレイヤーに伝わってくる事もあり、ゲーム自体の雰囲気を盛り上げる事に一役買っている。
      • 「ある意味デコらしい」「ギャルゲーの皮をかぶったデコゲー」と評されることも。
  • 「館から無事脱出する事」がメインの目的であり、それに各ヒロイン個別の事情が付随する形のシナリオ展開となっている為、各ヒロインのEDを迎える事で物語の本筋から、脇を固める話まで少しずつ分かる形になっている。
    • それはそれで周回を楽しむ要素ではあるものの、結果的に特定のヒロイン以外のルートでは、真相が不明のまま館を脱出して一旦話が終わってしまう。(その後にはキャラ別の後日談が入るのみ)
      • 閉じ込められた経緯などが判明しないために、そのEDを見ただけではすっきりしないプレイヤーも多い。
  • 死体描写
    • ヒロインの死については直接的なグラフィック描写はされないものの、無残な死にざまが文章で説明はされるため、苦手な人にはきつい要素。
      • ただそういった惨い描写があるからこそ助けようという気持ちも強くなる。
    • 逆にホラーやリョナ要素としてそう言った直接的な描写があった方がいいと言う人にとっては物足りないという事でもある。苦手な層は文章だけでダメ。求める層は妄想で補わなければならず煮え切らないと言う、ある意味どっちつかずな作りとなっている。
    • 尚、ヒロインの死体描写はないが、ゲーム開始時点で既に死んでいる人物の死体は出て来る。

問題点

シナリオ面

  • キナ臭くなってくるまでに少々時間がかかる。
    • そもそもが事故からの避難で訪れた事もあり、序盤は「この館危険じゃね?」といったレベルの雰囲気である為、個人行動が目立つなどゆるめの雰囲気。
      • 行方不明になってた人間の死体が発見された後も、危機感の足りない能天気なキャラが洗面所で女の子同士軽くHなやり取りがあったりと、軽すぎに見える描写もある。

EDの仕様

  • ヒロイン個別のエンディングの仕様が少々面倒。
    • 内部処理でヒロインごとにポイントが設定されていて、個別エンディングの優先順位は「誰とEDを迎えるかの判定」が「グッドEDかどうかの判定」よりも先に行われる。内部ポイントが同値になった場合は優先順位によってエンディングが決定され、ゲームの背景にある事件と関係が深いヒロインほど順位が上となる。
      • 「それぞれのED条件を満たしたら重要なヒロインを優先する」という部分はまだ分からなくもない仕様なのだが、問題はグッドEDかどうかを考慮しないという部分。ノーマルED条件を満たした判定上位のヒロインAがいると、グッドED条件を満たしたヒロインBがいてもヒロインAのノーマルEDを迎えてしまう。
      • 「最終的に誰を選ぶか」といった選択肢などはなく、あくまでそこまでの行動でED分岐が行われる為、EDを迎えたくないヒロインには出来るだけ関わらないようにしないと、優先順位が上位の狙ってないヒロインのEDを迎えてしまう事も多い。

総評

恋愛ゲームとして見るとそのゲーム難易度や死亡時の描写などから下手するとトラウマを植えつけてしまう事もあるゲームだが、脱出ゲームとしての評価は非常に高い。
閉鎖空間の雰囲気や、そこにちりばめられた死のトラップ、ヒロインの救出や館からの脱出など、脱出ゲームとしていまだに勧められる事も多い。
フラグ立ての煩雑具合は古典を上回るかもしれないが、サービスシーンも多く、現在では後述の通りリマスター版も発売されてプレイし易くなっている為、
ホラー的な要素やグロ描写が苦手でなければ、気になった人にはオススメしたい作品である。


その後の展開

  • 後に続編としてドリームキャストで『Revive ~蘇生~』が発売された。
    • シナリオの進行度合いがゲーム内時間の形で表示されるようになったが、暗号系の謎解きの増加やキャラ救出の制限時間の付加と、本作以上に難易度が上がっている
  • 成年向けとしてノベライズされた。
    • ノベライズに当たりストーリー展開が変わっている。
  • 2018年4月26日、PSVとPS4でリマスター版が発売。未使用CGの追加や原作ライターによる加筆がある。
    • リマスターを手掛けたのは『EVE』や『DESIRE』のEl Dia。
    • 2019年11月7日にNintendo Switch版もダウンロード専売で発売。

余談

  • シチュエーションを含め、エルフの『遺作』に多少近い。上記の通りキャラデザ担当が『遺作』に携わっていたこともあって、本作は「デコの『遺作』」とも呼ばれることも。
添付ファイル