四八(仮)

【しじゅうはち かっこかり】

ジャンル 47都道府県ミステリー
高解像度で見る 裏を見る
対応機種 プレイステーション2
発売元 バンプレスト
開発元 アルカディア・プロジェクト
シャノン
発売日 2007年11月22日
定価 6,800円(税別)
レーティング CERO:C(15歳以上対象)
判定 クソゲー
ポイント 2007年クソゲーオブザイヤー据え置き機部門大賞
本当はなかったし別に怖くもない話
都市伝説・観光案内・風評被害・名誉棄損etc.
「完」で強引に〆る手抜きなシナリオ
ホラー無関係のショボいミニゲーム
セーブデータに残る致命的なバグ
好きに読ませてくれない邪魔なシステム
ADVとして当たり前な機能も未搭載
ゲストシナリオだけは好評
ゲハ民を黙らせたKOTYの革命児
白枠バグ。擁護不可能
KOTY関連作品一覧



全国47都道府県の"究極の恐怖"がここに集結!!



概要

「47の都道府県で語られている実際の都市伝説をモチーフにしたADV」というのがテーマ。SFC/PS1時代の名作『学校であった怖い話』の後継企画、という宣伝もされたため、この手の怪談系ゲーム好きからは期待されていた。
ゲーム開始時にオブザーバーに読み上げられるように、「(仮)」までが正式タイトル。
主な通称は『ヨンパチ』。作中でもそう呼称するキャラクターが複数人いるため、半公式の呼称と言える。

ゲームデザイナーは飯島多紀哉氏(旧名は飯島健男。以下:飯島)。『PANDORA MAXシリーズ』の失敗によってパンドラボックス消滅とともに消息を絶っていたが、2005年にゲームの専門学校の講師として再び表舞台に姿を現していた。
続いて翌年1月、都市伝説をテーマとした新作ソフトとして『四八(仮)』の公式サイトが公開され、一般から都市伝説の募集を始めた。しかしなかなか発売に至らず、『MAX』シリーズの末期を知る者達の中には「本当に出るのだろうか?」と疑念を抱く者も多かった。

公式サイト公開から約2年が経過した2007年11月。その間に飯島氏が『アパシー ~鳴神学園都市伝説探偵局~』『ONI零 ~戦国乱世百花繚乱~』というハイレベルなクソゲー*1を立て続けに世に送り出し、本作の出来を危惧する声が高まる中、遂に本作は発売された。
しかしその実態は前述の2作を超えたクソゲーであり、年間のクソゲー日本一を競い合うクソゲーオブザイヤー(以下KOTY)スレにてあっさり据置機部門大賞を受賞するに至った。


特徴及び問題点

シナリオ面(都道府県)

本作のキモとなる(はずだった)のが「都道府県別シナリオ」である。プレイヤーは47の都道府県のいずれかを選ぶことで、その都道府県にまつわる都市伝説をテーマにしたシナリオを楽しめる。そのシナリオは選択肢などによって変化するだけでなく、他の都道府県のシナリオ展開でも変化し、場合によっては全く新しいシナリオが発生し、全てのシナリオが複雑にリンクする、という触れ込みだったのだが…。
発売前にはイベントが行われ、「ネットで何でも調べられる現代だからこそ、地元を徹底取材しての"土着の話"に拘った」と語られた。またパッケージ裏には「四七都道府県の究極の恐怖が集結!」「実際に取材を敢行!」と謳われている。
しかしその実態は、「地元とは無関係の話」や「都市伝説ですらない、ただの観光案内」だけで片付けられている県ばかり。

  • 島根、佐賀、愛知、静岡、岡山、熊本、三重はただの観光案内。しかも施設の公式サイトや観光パンフレットに載っているレベルの話であり、「徹底取材」の意味を疑いたくなる。「ネットで何でも調べられる現代だからこそ」ネットで調べたのか?
    • 佐賀はとある酒造家が所有する「カッパのミイラ」にまつわる話なのだが、「拝観料は取らない」「お茶も出してくれる」などと妙に酒造家を持ち上げている。そして、まったく怖くないにもかかわらずBGMだけはおどろおどろしい。
    • 静岡は県内にある岩石の博物館「奇石博物館」の紹介。ごく普通の観光案内を長々として、最後に「展示されてない収蔵品の中に、呪われた石があるんだって」という話をとってつけたように言い、無理やりホラー感を醸し出して終わり。実際にはそんな噂もなく、博物館に風評被害を与える営業妨害とも取られかねない。女郎蜘蛛の伝説など、他に題材にできるネタもあっただろうに。
    • 熊本は初っ端から下ネタの連呼であるし、語り部の話し方がはっきり言ってウザい*2。内容も油すましや河童の話や、永国寺やトンカラリンといった場所の話をするだけ。
    • 愛知県は桃太郎神社の話をするだけだが、こちらも語り部の話し方がウザい。妙に遅い猫撫で声なのでイライラさせられる。
    • 三重県は愛洲の里の牛鬼の話をするだけ。ちなみに、映像はなぜかアニメ絵である。
    • 観光案内に過ぎない内容は他にも宮崎、福島、群馬、山口、栃木があるが、それらは後述する。
  • 秋田、岩手、宮城、茨城、神奈川、岐阜、兵庫、広島、和歌山、香川、高知、愛媛、徳島、沖縄は県とは無関係の話。このようなシナリオが1県でもあったら、そもそも県ごとにシナリオを分けた意味が無い。
    • 四国に至っては4県とも県無関係。地方別に直しても分ける意味がない。
      • 香川は衛生系の下ネタ話なので不快になりやすく、『学怖』キャラの細田を起用したためにキャラレイプという二次被害まで生じている。しかもランダム分岐(後述)で4つ話があるため、乱数が悪ければ何度も同じ話を見ることになる。
      • 他の3県(高知、愛媛、徳島)については後述。
    • 意味不明さでは断トツの宮城県シナリオ「ダンボール」。分岐が9つもあるが展開も結末もほぼ同じ*3。しかも選択肢なしのランダム分岐なので、これも乱数が悪ければ何度も同じ話を見ることになる。
    • 秋田のシナリオでは、話の途中で効果音が鳴るのだが、主人公は「ジャンジャンジャンという耳障りな鐘の音」と言うが、実際の効果音はどう聞いても「カランコロン」である。
      • 心霊写真を題材にした話かと思いきや、写真とその効果音と話の結末が何一つ噛み合っていない。
    • 沖縄、高知、愛媛は「私個人が○○したら幽霊が出ました、終わり」というだけのいわゆる心霊体験の話。
      • 沖縄は語り部の女の子が何故か琉球方言ではなく、「ブロッサムをシーイング」「ガールがストップしてたのさ」等いわゆる「ルー語」を話す*4。好意的に解釈すれば、戦後以降の琉球方言(ウチナーヤマトゥグチ)でみられる「ネイティブ英語と日本語と琉球語が入り混じった独特の表現」を誇張したものとも考えられるが、こんなやり方では沖縄県民への侮辱と取られても仕方ない。
        単純にボケとして見てもセンスが悪く、「地元の取材どころか琉球方言の研究もしていないのでは?」との疑惑も持たれた。そもそも、沖縄以外のシナリオでは語り手が標準語で話しているため、沖縄だけを変える必要など全くない。
      • 愛媛で聞ける3本の話の内2本は、登場する幽霊が違うだけであとはほぼ同じ話である。
      • 後に飯島氏が同人誌で語ったところによると、この3県はゲームに出演する予定だったジュニアアイドル(小学生)が書いたシナリオをそのまま使ったらしい。「ゲストシナリオ以外は全て自分で書いた」と豪語していたはずだが?
    • 岩手、神奈川、徳島は県とは無関係のミニゲームでお茶を濁しているだけ。
      • 岩手は「生き埋めになった洞窟から脱出する」というものだが、なんと脱出成功時のグラフィックしか用意されていない。スタッフロールの取材先には遠野伝承園がクレジットされているが、作中にはまったく出てこない。
      • 神奈川は「格安のマンションを借りたら、夜中に幽霊たちが言葉の並び替えゲームを仕掛けてきた」という形のミニゲームである。「ゲームを仕掛けてきた理由」「なぜステレオゲームもどきなのか」「正解の言葉が平凡すぎる*5」「どこに神奈川との関連性があるのか」といった謎は最後まで明かされない。幽霊たちは「こ、か、ん、う。4文字です」などと棒読みボイスで喋る上、正解すると拍手付きで喜ぶためシュール極まりないが、主人公は割と楽しそうにしている。また、間違っても襲ってくるどころか何度でも問題を言い直してくれる親切設計。おまけに耳栓をするだけで無視できたり、途中終了時と全問正解時のほのぼのエンド*6など、ホラー感が全く無い。
      • 徳島では隣県高知の話(おそらく介良事件の事)が出ているのに、肝心の徳島の話がない
    • 茨城県はなぜか雛祭りにまつわる呪いの人形の話。雛祭り人形の生産地としては埼玉県の方が有名だが、どちらにせよ呪いの人形の所縁はない。内容自体はまともな部類だが、4つの分岐すべてが似たような展開なので水増し感がある。
  • 宮崎は殆ど鹿児島の話。福島に至っては静岡と同様に名所の営業妨害である。
    • しかし悲しいことに、その福島のシナリオはまだマシな部類だったりする。逆に質が悪い。
    • 鹿児島シナリオの主な舞台である、実在する営業中のホテルも作中の設定として「幽霊が出る」というあらぬ噂を立てられ営業妨害を受けている。シナリオもマシな部類に属する点まで共通している。
  • 山形は人面動物に関する世間話をするだけ。京都は社会学者ブルンヴァンのベストセラーでも有名になった「タクシーの中で消える幽霊」の話をするだけ。そして山口は平家蟹の紹介で終わる。群馬に至ってはブンブク茶釜の昔話である。わざわざゲームを買ってまで聞く話ではない。
    • なお、山形シナリオでは宮崎にある神社の話も聞けるのだが、その神社は宮崎ではなく福岡にある。観光案内すらもまともにできていない。
  • 栃木は「九尾の狐が死んで出来た石が那須にあります」という観光案内。それだけならまだしも、観光名所の説明もそこそこに九尾の狐が中国にいた頃や陰陽師との戦いに話がジャンプする。やはり県自体はほぼ無関係。
    • 平家蟹やカッパのミイラもそうだが、妖怪や伝奇、民俗学に興味のある人なら誰でも知っているような話である。
    • その中国の話も、殷周期の話をしているのに「皇帝*7」「戦国乱世」などという言葉が出てくる。中国史の基礎中の基礎的な知識すら作り手にないことが分かる。
  • 青森は最も酷いシナリオの1つとして悪名高い。
    • 冒頭は、「東京からキリストの墓について取材に来たオカルト雑誌の編集者が、墓の管理事務所兼資料館の職員の男から『本題よりも面白い話がある』としてその周辺で相次いで起こっている様々な超常現象の話を聞かされ、思いがけない収穫を得て興奮冷めやらぬまま現地に確かめに向かう」というもの。この後、男から聞いた超常現象発生の場所のうち、取材前日に車で奇妙な焼身自殺を遂げた人物がいたという「水芭蕉群生地」、さらにその先の迷ヶ平にある、仙人が住んでいるとされる「エデンの花園」のいずれかを目的地に定めて移動することになる。ここまでは本格的なホラーものとして期待できそうな導入なのだが…。
    • 前者を選んだ場合は、「自殺現場らしき焼け焦げた車は見つかったものの、錆だらけかつ現場検証が行われている様子もなかった。騙されたと思った編集者は男を問い詰めようとしたが、アポ取り時にはつながった電話番号は使われなくなっており、名刺に書かれた管理事務所の所在地を巡ると墓地に辿り着く。後日改めて聞き出したキリストの墓の管理事務所の電話番号・所在地は全く別物で、男の名を尋ねても同名の職員は存在しないことが判明。結局、記事はお蔵入りになった」という流れ。使い古されたオチであるうえ、男の正体を匂わせる描写が皆無であるため唐突感が強く、そもそも青森やキリストの墓を題材とする必要性もない。
    • 後者の場合、「迷ヶ平に着いてもエデンの花園と呼ばれる場所や表示などは見当たらず、立ち寄った飲食店でその場所や男の話について尋ねてみても情報が掴めるどころか訝しまれたため、それらが全てデタラメであったことを察し、意気消沈しつつきのこ鍋定食を食べて終わる」というもの。ホラーを気取るつもりすら感じられない、くだらない起承転結オチである。
    • なお、行き先決定後さらに移動方向の選択肢が出るが、選択を間違えるとそのまま目的地に辿り着けず終わる。冒頭の男の話から分岐展開などいくらでも膨らませられるはずだが、考えるまでもない無味乾燥とした結末をそのまま放り込んでしまうあたりが本作らしい深みのなさと言えよう。無事に目的地に着いた場合の結末でさえ上述した陳腐さなので尚更である。
  • 山梨シナリオは「ゲストである筒井康隆氏の所に原稿を貰いに行く」という話。しかし、筒井氏は山梨ではなく兵庫在住である。
    • このシナリオでは「私も従業員もご覧になっていないのです」という、テキストメインのゲームにあるまじき文法ミスが含まれた台詞がある。
      「ご覧になる」は尊敬語なので一人称では使わない。また、場面からして謙譲語「拝見する」も不自然であり、この場合は普通に「見ていない」とするのが正しい。
  • 新潟シナリオでは、箕澄という男と2人で怪奇スポットを訪れた女子高生が「(寂れた場所なので)もし殺されたら、死体はなかなか発見されないかもしれない。想像したら、ぞくぞくしてきた。正直言うと、箕澄さんは私のタイプかもしれない。」と、まったく前後の繋がりがない謎の独白をする。
    • この女子高生は(本作には珍しいほど)善良な真面目キャラである。親友の不可解な自殺について知っているとはいえ、初対面の男にこんな感想を持つのは不自然。途中のテキストが削られたのだろうか?
  • 長崎シナリオの「真愛」はそこそこ評価が高いのだが、そういうシナリオに限って盗作疑惑がある始末。
  • 手抜き・意味不明の極みが広島シナリオ「ヒバゴン」。少女に心霊写真を見せられ、その後少女が「他の人にも見せてこよう」であっけなく終わるだけの話であり、なんと1分で終了する*8。タイトルのヒバゴンは全く関わっておらず、もはや広島県民に訴えられてもおかしくないレベル。
    • 「ヒバゴン」というUMA(未確認生物)の話なのだが、この写真に浮かび上がる像はランダムなので、ヒバゴンとまったく関係ない写真になったりする。この程度の話ですらコンセプトが崩壊するとは…。
      • 山姥や蛇、場合によっては少女の知人が写るにもかかわらず、シナリオは一切変化なし(知人であることは他のシナリオで解る)。
    • ボタンを連打していると写真に何も写らないという、真面目に見ろと強制するような仕様がある。こんなところ以外にも力を入れるべき所はたくさんあるのに、力の入れ方を完全に間違えている。
    • このシナリオ唯一の登場人物である少女は「心霊写真」と呼ぶが、そもそもヒバゴンはUMAであって心霊ではない。
      • また、写真のヒバゴン(?)は細身のゴリラのような姿だが、実際にはそれに加えて逆三角形の顔を持つのが通説とされる。どこまでも手抜き感の漂うシナリオである。
    • 余談だがこのシナリオは全都道府県の中でも最速レベルで終了させられる事に加え、後述する契力の獲得量が消費量よりも多い為、RTAにおいては広島シナリオを48回連続で見てクリアするのが最適解とされた。このゲームのRTAを行う人がいるというのも驚きだが、同じシナリオをひたすら見続けるだけでクリアができてしまうというのもこのゲームの薄さを物語っていると言えよう。
  • 北海道は語り手の少女が東京もしくは埼玉から遊びに来た従姉妹(が、語り手はどこから来たのかを把握していない様子)とその友人2人で、実際の心霊スポット舞台をめぐる物語となっている。一見ホラーものとして本格的だが、妙に楽観的な語り手が雰囲気をぶち壊している。
    • 最初に訪れるのは過去に自殺者が続出し、その霊が彷徨っているとされる「平和の滝」。
      • ここを訪れた際に「もう生きていても仕方ない」と低い男性の声が聞こえるが、語り手は全員がその声を聞いたにもかかわらず「空耳だった」と断言して片づけている。その声の話題もそこで終わっており、怖さが全くない。
    • 次に訪れるのは切ろうとすると祟られるとされる「恵庭のご神木」であり、道路もこの樹を避けるようにして広げられている。
      • 木には過去に切り倒そうとした傷跡が残っており、語り手がその傷跡をほじくると、中から血のような赤い液体が出てくる事態に見舞われる。が、語り手は驚くこともなければ、誰かがご神木にトマトジュースを入れたんだろうと解釈して片づけてしまう。恐怖心を誤魔化すために冗談でやり過ごしたという様子もなく、本当にサラッとそう述べて終わりである。そもそもホラースポットめぐりで来ているのに、そのコメディ的発想はどこから湧いて出てくるというのか。ある意味彼女の思考のほうがホラーである。
    • メインとして訪れるのが「藻岩山百段階段」であり、登る度に段数が変わり、段数を数えると突然子どもが出現して「いくつあった?」と訊いてくると言われている。ここで段数を答えると不幸に見舞われるとされ、作中では段数を正確に答えないと階段を降りるときに突き落とされてしまうと紹介している。
      • 真夜中にそれを試してみようと階段を登るが、実際に「今何段?」と聞こえてくるのは低い男のしわがれた声であり、しかもわずか2段目のところで聞こえてくる。それ自体は演出ミスではなく語り手の説明どおりだが、問題はそれに対する従姉妹の友人の答えである。
      • 語り手たちは正しく「二段です」と答えたが、なぜかその友人は段数を間違えたなどではなく唐突に「今川焼きです」と誤って答える。シニカルな笑いを生むこと必至。
        当然ながら今川焼き自体もシナリオには一切関係しないものである。一応、そう答える友人はやたらお腹を空かせているぽっちゃり女子という個性を事前に描写されているので「"今"何段?と訊かれた結果"今川焼き"を連想してしまった」「つい今食べたいものを答えてしまった」という流れにも見えるが、ホラーを名乗るゲームにはあるまじきネタであろう。
      • 登り始めたばかりだから突き落とされずに済んだとのことだが、その友人が東京に戻った後のことについて語り手は「あれから連絡ないから大丈夫だろう」とのみ。むしろ、連絡がないことを心配すべきでは…?「便りがないのは元気な証拠」とでも言いたいのかもしれないが。
    • と、このように北海道は一見まともそうで、理解に苦しむギャグが挿入されるばかりで怖さを全く感じさせない奇妙なシナリオとなっている。ホラーの皮を被ったギャグを狙ったにしても滑っており、何より本作のコンセプトにそぐわない。
  • 大阪シナリオの語り手は地元の人の雰囲気を演じようとしているのか、無駄にハイテンションな口調で語る。大阪弁をまるで使わないにもかかわらずである。
    • 一応一人称だけは「うち」だが、訛りは全くない。また他のシナリオに出演した際には「私」と言う。
    • そして肝心の内容は食べ物とトンネルの話のみ。また観光か。
      • 幽霊が出るとされる「犬鳴トンネル」が紹介されるが、肝心の中身には触れず、トンネルがまっすぐではなくカーブがかかっていることに不気味さを感じていると語っている。考えるまでもなく当たり前のことだが、カーブのかかったトンネル自体は高速道路などに幾らでも存在しており、不気味でも何でもない。
      • 「旧石切トンネル」なるトンネルでは火災事故で多くの死者が出たことを語っているが、前述したようにハイテンションな口調で語るため、内容の暗さとまったく噛み合っていない。それどころか事故で亡くなった人の話を「死んじゃったんだって!」と声高らかに語るのは不謹慎である。ここは実際に訪れたらしいが、心霊体験らしい体験は一切なく、ただのホラースポットの観光で終わっている。
      • なお、作中では石切トンネルと紹介されているが、実際は「生駒トンネル」である。
  • 福岡、富山でも同様にトンネルのホラースポットが出るが、こちらは実際に探索可能。大阪とはエライ違いである。ただし、出来栄えはお世辞にも良いとは言えない。
    • 福岡の犬鳴トンネルは懐中電灯を持って探索するという本格的なホラーを味わえる…のだが、途中から急にノベルものに変わり、探索ものとしてのホラー感は味わえなくなる。
    • 富山の肝試しも同様で、イベント自体に対したホラーがなく、肩透かしを食らうことになる。オチが存在している分だけマシなのかもしれないが、それも「いつの間にか1人いなくなってその人物が亡くなっていた」というもので、青森同様これまた使い古されたオチである。
  • 大分のシナリオは「観光地の取材中に心霊写真を見せ、10年ほど前に事故死した女子高生について尋ねたら取材拒否された」だけ。起承転結の「起」で終わってしまい、写真や事故に関する追加情報は一切無し。
  • 千葉には『学怖』で人気の高かった「逆さ女*9」を下敷きにしたシナリオがあるのだが…。
    • 坂上修一がメールで全国の怖い話を募ったところ、荒井昭二から「逆さ女」について返信が来た。「あなたが怖い話が好きだからこそ話した。壁新聞には載せないでくれ」という頼みを無視して載せると、帰り際の正門で他県からわざわざやってきた荒井に約束破りを咎められた後、自室に逆さ女が現れ殺されてしまう…というもの。
    • 頼みを無視された荒井はともかく、初対面の逆さ女に「約束を破ったね」と咎められる理由が謎。
      • 『学怖』の荒井曰く「彼女は、正当化する理由がないと殺人をおかすことができないんです。約束を破ることが、殺人の理由になるかというと、ちょっと……とは思いますけれどね。」「それで*10、逆さ女の心には、約束を破った人を殺さなければならないという考えが定着してしまったということなんですよ。」とのこと。
        しかしながら、新聞記事のネタ募集に対して「載せるな」という極めて身勝手な条件をつけて危険な話を振っておきながら「約束破りの報いを受けて死ね」という態度の荒井や、他者間の約束破りで殺人を正当化する逆さ女は、どうにも違和感がある。
    • ちなみに、本作の逆さ女は異様な寄り目になっており、人によってはギャグに見えることも。
  • 長野シナリオはホラーというより不快な下ネタ。
    • しかも話のタイトルが「信州信濃の名物は」。なんの嫌味だろうか?
    • ただし過激なブラックユーモアで知られる筒井康隆氏のコラボシナリオであるため、狙って不快な話を書いた可能性は非常に高い。
    • が、やはり長野県民からの心証がよくないのは火を見るより明らか。ここでもシナリオの都道府県制が足を引っ張っている。
  • 奈良県は人面の土蜘蛛について説明した後、蜘蛛退治のミニゲームでお茶を濁すだけ。
    • 肝心の人面蜘蛛も俗にいう「雑コラ」レベルの出来栄えである。
  • ファミ通編集部が舞台となる東京シナリオ「犯人は誰だ!」は、推理ものかと思わせつつ実際は推理要素皆無。オチも単なる内輪ネタ。
    • そしてそもそも怪談でも都市伝説でもない。そのくせ、全シナリオの中で最も長大・かつ複雑に作られている。
  • 上記の例以外にも、話のフリだけで終わったり、オチが唐突かつ意味不明だったりするシナリオが多く、何も味わえずじまいとなる。
    • 「暗転して舞台が変わるのかと思ったらそこで終わりだった」というような話が多発するせいで、暗転する度に「完」の文字が出ないか怯えなければならない。そんな部分で怖がらせてどうする。
    • 一部のシナリオはボイス付きだが、残念ながらヒバゴンや観光案内、伝承といったハズレ枠ばかり。「中身のなさをボイスで誤魔化しているのか?」と勘繰ってしまうほどである。
  • 幽霊などが現れるシーンは文章による説明が少なく、ただSEと一枚絵でワッと驚かせるものばかり。「自分の名前で食える」ライターなら表現の1つも入れたらどうだろうか?
    • しかもショッキングなSEが鳴った後に間を置いて画像が表示されるため、怖がろうにも怖がりづらい。
  • 話の数はかなり多く、ついでにゲストシナリオは面白いものが多い。そしてゲーム自体の難易度は高くない。それ故に「クソシナリオだらけでも何かおもしろいシナリオがあるのでは?」「たくさん見たら隠し要素の1つや2つぐらいはあるだろう」と、ついつい進めてしまう謎の中毒性がある。そして結局何もなく絶望する事になる。
  • 全体的に「自惚れが過ぎる」「内心で頻繁に悪態をつく」「自分さえ良ければいいと考える」「人の話を聞かない」といった不愉快なキャラが多い。彼らが酷い目に遭ってもあまり感情移入できず、単なる因果応報に見えてしまう。
  • あるシナリオでは平凡な霊体験を怖がる少女キャラクターが、別のシナリオでは「齢千年を超える本物の魔女」であったりする。「魔女が記憶を失っていた」「少女が後に魔女になった」等の間を補完する描写は一切なく、設定の伝達ミス疑惑が指摘されている。
  • テキストメインのゲームでありながら「出たら出た出(出たら出たで)」「のも(もの)」「左記(先)」「パテーション(パーテーション)」等、一目で気付くような誤字が散見される。

シナリオ面(あなたシナリオ)

これら都道府県シナリオの他に、プレイヤー自身を主人公とした、全12話からなる「あなたシナリオ」がある。

  • 選択肢はあるものの、基本的に一本道。ある話では「ゲームをやめるか?」という選択肢が出るが、それを選ぶとセーブできず本当にゲームオーバーとなる。普通は選ばないように思えるが、一部のシナリオは一見どうでもいい選択肢にもちゃんと分岐があるため、そのノリで選んでしまいがち。
  • 12話全てを読み終えるとエンディングになる。「あなたシナリオ」は都道府県シナリオで一定回数の結末を見るごとに自動的に発生するのだが、既に見た結末にまた辿り着いても1回とカウントされる。つまり、たとえヒバゴンや観光案内であっても、何回も同じ話を繰り返し見るだけでエンディングに辿り着けてしまう。
    • 大抵のプレイヤーは、都道府県シナリオを大して見ない段階でエンディングを迎えてしまう。エンディング後もそのまま各都道府県シナリオを続けられるのだが、その所々に「あなたシナリオを予言」するネタが挟まっており、既に見たものを予言されることになる。
  • 肝心の中身の方も、夢オチに始まり精神病オチに終わるという、期待の割にはあまり独創的とはいえないもの。上記のように伏線が回収できないまま早い段階でエンディングが発生してしまうため、あまり馴染めない。
    • 後述するオブザーバーのうち、着ぐるみの女性を選んでいた場合、ネタバレの最中に「ますますわけわかめ!」というくだらないギャグを挟むため、余計に馴染めない。
  • ストーリーは「主人公が発売前の謎のゲームソフト『四八』をめぐる怪現象に巻き込まれる…」という一種のメタフィクション的内容。本作のタイトルに (仮) が入っているのはこのため。
  • シナリオ内ではやたらと『四八』が持ち上げられる。ゲーム内のプレイヤーが絶賛するのは序の口で、発売前に続編の製作が決定、さらに映画化のオファーが複数寄せられるなど失笑ものの展開も。なんと発売元のバンプレストまで持ち上げられている。
    • 主人公もどんどんハマっていくのだが、現実のプレイヤーは全くハマれない。主人公と現実のプレイヤーをダブらせて没入感を出す目的があるのだろうが、作品自体のクオリティが低いために失敗しているのは言うまでもない。そもそも、たとえ本当に良作だったとしてもこのような自画自賛は望ましい演出ではないだろう。
    • 飯島氏がゲーム中に実写で登場するのだが、そのなかで「自作自演しかない」「ぼくも根も葉もない誹謗中傷を受けている」などと、どうもネットコミュニティに対してのバッシングと思われるような発言をしている(かつて自身の作品を批判された腹いせなのだろうか?)*11。作中でその種の嫌味な人物を演じる上でなら、そういったテキストを混ぜる手もあるだろう。しかし、不満を感じながら遊んでいるプレイヤーにとっては、やはり神経を逆撫でする要素に他ならない。
    • プレーしてきた『四八』が発売前のゲームだと知った主人公が、本来の『四八』制作者たちを訪ねるシーンがあるが、なぜかソフトの現物を持って行かない(しかも2回続けて)。更に手ぶらで「うちにそのソフトがあるんです、パッケージまであるんです、なぜ信じてくれないんですか」と主張しだすという電波じみた言動をとる。「なら見せてみろ」と言われてようやく持っていく有様。
  • 山梨シナリオの部分でも指摘されているが、「○○ちゃんが話していた話」「自分で自画自賛」など重複表現が目立つ。
    • また「いただく」という言い方の使い方を何度も間違えている。自分自身がへりくだって言う「謙譲語」のはずなのだが。
      例:「お兄さん、まだプレゼントいただいてないですよね?」「このお兄さん、まだいただいてないんですけど」
      • 尊敬語と謙譲語の取り違えは改まった場の会話としてはかなりまずい間違いなのだが、それを何度も繰り返しているあたりにユーザーに対する開発スタッフの態度がにじみ出ているともとれる。
  • エンディングBGMは「オンラインゲームの悪夢」というシナリオのBGMをジャズ調にアレンジしたものである。
    • 仮にもホラーゲームのエンディングとしては全く相応しくない曲調で、曲全体として終始マヌケな雰囲気が漂う。「プァ~」という脱力物の音が鳴り続けるため、「飯島の屁を録音しているのではないか」とネタにされた。
    • 前述のようにゲーム中盤でいきなりエンディングが始まり、進行中のホラーシナリオを残したままこの曲を聞かされるため、多くのプレイヤーはどう世界観を捉えていいのかわからず混乱してしまう。一応、すべてのシナリオをクリアして脱力しながら聞くには丁度いいとの評価もあるが。
  • エンディングのあと、このままプレイを続けるか、2周目に挑むか選択できるのだが…。
    • 前者を選ぶと、再び好きな都道府県シナリオをプレイできるようになるが、全シナリオの結末をコンプしても何も起こらないという恐ろしいバグがある(東京シナリオの1つがクリア扱いにならない)。後者を選ぶと、契力(詳細は後述)のみを引き継いだ上で読んだシナリオや主人公の設定が初期化される。
      • 追加要素などは一切無く、再びあなたシナリオも発生する。これを12話まで読み終えると再びエンディングとなり「2周目を遊びますか?」と聞かれる(3周目は存在しない)。ここで「このままプレイを続ける」を選ぶと、セーブデータの「2周目」という表示が消える。つまり2周目を選んでも何の特典も無い。

システム面

  • 2007年当時のADVなら既に標準装備と言っても過言ではないオートモード・バックログ閲覧・ムービースキップなどの機能が未搭載。更にメーカーロゴも飛ばせない。文章スキップは一応あるが遅く、既読・未読の判定もできない。そのうえ「ランダム分岐」というシステムのせいで、シナリオを読むのに非常に手間が掛かる。
    • 一応、ランダム分岐は一度見たものが出にくくなり、全部見たシナリオでは自由に選べるようになる。とはいえ、ランダム分岐のあるシナリオ自体が大抵ろくでもない話やパターン違いの水増しばかりなので、何度も読もうとする人がいるかどうか…。
    • 飯島氏曰く「バックログが見られないのはミニゲームにおいてカンニングされるのを防ぐ為、あえてそうした」との事。しかし、それならミニゲーム中だけ使えなくすれば済む話である。SFCの『かまいたちの夜』でさえ出来ていた技術なので、工数的な問題からオミットされた説がある。
  • おまけに「選択肢が表示されている間はセーブ不可」な始末。PS2のADVでありながら「既読部分をスキップし、選択肢が出たらセーブする」ができないとは…。
  • プレイ開始時、主人公の性別と家族構成を入力する。人数に関しては親や配偶者は1人ずつまで、祖父母は2人ずつまで等常識的にしか入力できないが、実は自分の性別に関係なく妻や夫がいる事にできてしまう*12
    • LGBTの人に配慮したと解釈すれば、時代を先取りしたセンシティブな感性を持つ作品と評価できなくもない。もっとも、そこまで想定していたとは考えにくいが…
    • ここで入力した情報は後述のオブザーバーのセリフと「あなたシナリオ」の登場人物にちょっと影響するだけでゲーム内容自体に変化は無いため、適当に入力しても構わない。
  • 解説役となる「オブザーバー」を5人(執事風の老人・スキンヘッドの軍曹・ホスト風の男性・メイド・トナカイの着ぐるみを着た女性)の中から選択する。選んだキャラは操作方法の説明*13と、「あなたシナリオ」の後半に登場するだけ。台詞回しが違うだけで展開は同じ。
    • 着ぐるみの女性はアニメ声のはしゃいだボイスで喋るのだが、肝心の役者が不景気な表情をしておりビジュアルと台詞が合っていない。メイドは台詞には問題ないが、役者イメージがあっていないのか画質が悪いのか、若干かむくんだ顔に映っており、メイド好きからもそっぽを向かれた。軍曹はよくあるスパルタ軍人キャラかと思いきや、実際はミリオタにもなりきれていない、ただの痛いオッサンである。
  • サウンドテストはBGMが70曲以上あるかの様に見せかけておきながら、実際は20曲程度しかなく、あとは全て笑い声や風の音のバリエーション。
  • 「ヒント館」というコマンドもあるが、説明書に載っている文章をそのまま収録しただけであり、あまりありがたみを感じない。シナリオよりこちらを削るという発想は無かったらしい。
  • このゲームの特徴として「住民移動システム」というものがある。これは話を見ることで増える住民情報にいる住民を移動させることによって、移動先の話の展開が変わるというものなのだが…。
    • 実際はあまり活かされておらず、移動を必要とするのは大抵ストーリーの開始条件となっているときだけである。数個のシナリオ開放に使うだけで、それ以外のメリットが一切無い。それ故、面白みがなく非常にめんどくさいだけのシステムとなってしまっている。
      • 例えば各地の心霊スポットを巡っている記者がいるのだが、青森でこの記者の情報を登録した場合、福島の話を見るためにはこの住民を福島へ移動させなければならず、更に青森の話を再び見たい場合は青森に戻さなければならない。
    • このシステムがまともに活かされている話は長崎と新潟で、特定の人物が存在しない場合にその話の裏側を見られる。きちんと作り込めば良いシステムになっただろうに…。
  • 前述の住民には「生存」「死亡」「錯乱」「行方不明」のステータスがあり、「生存」以外の場合は契力を消費する事で回復・蘇生ができる。
    • しかし、このシステムもあまり活かされておらず、契力を払って「生存」に戻さないとシナリオが読めなくなるだけの場合が多い。どのみちコンプリートのためには間違った選択肢を選ばざるを得ないため、こまめに契力を払って復活させるだけのつまらないシステムとなっている。このシステムが活かされているのは前述の長崎と新潟であり、特定の人物が死亡しているとシナリオが出現する。その人物を死なせていること自体に意味がある良演出と言える。
      また、宮城シナリオでは人物を死なせたままにしておくとランダム分岐が減る。
    • 余談だが、住民情報画面においてL2R2で「状態」にカーソルを合わせて方向キーを上下させると、「呪い」「憑依」というゲーム内では発生しないステータスを確認できる。また、年齢00歳と表記されたキャラが数人いる*14
    • シナリオ選択画面ではその県にいる住民の人数が表示されているように見えるが、実際は初期状態での人数に過ぎず、住民移動しても人数表示は変化しない。バグなのか、単純に作り込んでいないのか…。
  • 「契力」はシナリオを読んだり、ミニゲームをすることで増やせるお金のようなもの。シナリオの開放や住民状態の回復など何かと消費しやすく、特に序盤でのやりくりに苦労する。
    • 契力はこのゲームの重要な要素の1つと説明書にあるが、はっきり言って読みたい話が自由に読めないだけの邪魔な存在。通常プレイではすぐに枯渇するため選択肢が減り、契力のせいで自分の思うようにシナリオを開放したり、住民の状態を回復したりできない。
    • 大半のシナリオは終了時の獲得契力が少なく、読む度に消費する分を差し引いた黒字はわずか。また、分岐次第で赤字になってしまうシナリオがある上、都道府県の開放時にも消費する。通常プレイでは減る一方なので、ヒバゴンなどの黒字かつ短いシナリオを連打したり、特定のミニゲームで稼ぐ必要がある。
      • 契力が5以下になるとゲームオーバーだが、収支が黒字になるシナリオを1つでも知っていれば回避可能。
        ちなみに、ゲームオーバーは「四八(仮)の世界を維持するためのエネルギーである契力がなくなり、世界が消滅する」というもの。このゲームの惨状を考えればある意味唯一のハッピーエンドである…かもしれない。
      • 救済措置なのか、とある県のミニゲームをクリアすると最大9000もの契力を一気に入手できてしまうため、これだけでEDまで余裕で到達できてしまう。というか、このミニゲームの存在を知らないとシナリオコンプは難しい。
    • 因みにこの契力、ゲーム中で「このゲームにおける最重要に匹敵する」と言われる。「匹敵する」という事は「最重要なものが他にもある」という意味になるが、それらしき物は特に無い。さらに上記の稼げるミニゲームがあるせいで、存在そのものに疑問を抱かざるを得ない。
    • 通常プレイの場合、エンディングに到達した時点での契力はゲームスタート時より少ないことが多いため、「契力だけを引き継いでプレイし直す2周目」は実質弱くてニューゲームである。
  • 本作では、あえてグラフィックの画質が粗めにされている。これはかつて『学校であった怖い話S』に対して、「グラフィックが綺麗であるため怖さが削がれる」という指摘があったためと思われる。
    • だが、おかげでせっかく萌えを狙ったツインテールや眼鏡の女性キャラもかなり映えないイメージに…。
    • 実写でなくアニメ絵(画質はクリア)を使った「オンラインゲームの悪夢」は、イラストの少女(グラフィック)だけは評価された。粗めにした他のシナリオが失敗だった証左とも言える。
    • ちなみに、伝承が語られる幾つかのシナリオでもアニメ絵を採用しているが、伝承の雰囲気作りに貢献しているとは言い難い。
  • サウンドや写真といった素材がテキストと噛み合っていない例も多い。
    • 東京のシナリオでは、冒頭で主人公がケータイで電話をするシーンがあるが、手に持っているのはコードレスフォンの受話器。
      また、主人公が「生首が俺を睨んでいるように見えやがる」「生首が俺を見ている」と独白するシーンがあるが、画像の生首は両目を閉じている
    • 石川県のシナリオでは「今は夏の終わりなのに、あの人はコートを着ている」「まだ暑いのに」というテキストが出るが、背景に写っているモブ達は全員長袖を着ている。
    • 千葉県のシナリオでは、画像の男子生徒は皆冬服、女子生徒は夏服を着ている。
    • 新潟のシナリオは女子高が舞台なのだが、男女の声が混ざったガヤ声が使われている*15。またテキストでは「あの写真は今もアルバムにしまわれている」と出るのに、画面には写真立てに入った写真が表示されている。
    • 沖縄は「花見」をテーマにした話だが、背景写真の桜は沖縄の咲き方と違う*16。沖縄の人物がルー語を喋ることもそうだが、ここのスタッフは他県の季節など基本的な情報すら理解していない。
    • 他にも年齢どころか性別すら合わない呻き声を使い回す、刃物で肉を切り裂く音・拳で鳩尾を殴る音・拳銃を撃つ音・本を天井に投げつける音が同一であるなど、効果音の不自然さが目立つ。
  • 登場人物はバストアップのグラフィックで表示されるのだが、基本的に1人ずつしか表示されない。
    • そのため複数の人物が会話しているシーンではキャラが互い違いに表示されたり消えたりして、妙に時間がかかる。『PANDORA MAX』シリーズでさえ3人同時に表示できたのだが…
    • 滋賀県シナリオ「虫捕り」の小学生コンビ、長崎県シナリオ「信愛」の男女などは2人同時に表示される。
  • 大半の出演者は驚き顔が下手。逼迫したホラーシーンでも違和感のある驚き顔が表示されるため、もはや顔芸にしか見えない。ここまで皆下手だと、そういう演技指導が入っているとしか思えない。

バグ・不具合

  • セーブデータのロード後、画面に謎の真っ白な長方形(白枠)が現れ、画面の一部を覆ってしまうことがある。県選択画面で常に一部分を隠し続けるのも厄介だが、何より怖いのは出現したが最後、ロードし直しても二度と消えない(当該データがオシャカになる)こと。回避方法は不明*17なので、複数のセーブスロットを使い分けるしかない。問題の白枠は本ページの上部に掲載されている画像を参照のこと。
    • 白枠の位置・大きさは出現する都度ランダムであり、画面が全て埋まることもある
    • おそらく、コマンドのメッセージを表示するための枠が、何らかのコマンドエラーで消えずそのまま残るという、同人・パソコンゲームでもよくある症状。アップデートで直せるものだが当時のPS2作品にアップデート機能は無い為、直接会社に連絡して改善版と交換してもらえなければ泣き寝入りするしかない。泣き寝入りするほどの価値が本作にあるのかはまた別の話だが*18
  • セーブ後、「セーブを終了しますか?」という問いに対し×ボタンを押すと高確率でフリーズする。
    • これに対するメーカーサポートの返答は、「メモリーカードを抜き差しすれば直る」というもの。仮にもゲームの仕様に詳しいはずのメーカーが、子供向けのゲームでさえ警告がなされるほどのタブーな取扱いをアドバイスとして提示したという事実が当時波乱を生んだ。
    • ムービーやエンディングでもフリーズする事がある。原因は不明。よって回避も不可能。
    • これらのバグはその仕様ゆえ、「シナリオのホラー要素よりもバグの方が遙かに怖い」とまで言われるほどである。
  • 山梨のシナリオで、筒井康隆氏と旅館の女将の会話中に突然画面がブラックアウトし、その状態が数十秒も続いてから唐突に筒井氏原作のシナリオに移行する。終了後の2人の会話はブラックアウト前の会話と繋がっておらず、テキストがいくつか飛ばされたかの様な印象を受ける。
  • 群馬は2本のシナリオのどちらかがランダムで始まるのだが、なぜか最初に「シナリオ1」「シナリオ2」という一文が表示される。
    • ランダム開始のシナリオは他にもあるが、この現象はこのシナリオのみ。デバッグ用のテキストだろうか?
  • シナリオの全ての結末を見るとその県が緑色で表示されるが、東京だけは緑にならない。攻略本によると「アルバイト男の事情」というシナリオのみ結末が存在しないための仕様との事だが、あえてそのような仕様にする意図がせいぜいシナリオコンプの特典が用意できなかったことをごまかす苦肉の策程度しか見出せず、ただの不具合であると思われる。しかも、その不具合を公式にはアナウンスしないと宣言。

ゲスト関係

  • 多彩なゲストが参加しており、こちらは概ね評価は高いが、やはり問題もある。
    • 稲川淳二氏の怪談ムービーが収録されている。怪談の内容自体は高評価だが、ムービースキップが無い事とランダム分岐、更にはフリーズバグのせいで非常に読み辛く、グラフィックもゲームに取り込んでいるわけでもテキストを表示するなどの補佐があるわけでもはなく、稲川氏が喋る光景をただ録画しているだけなので、ゲームに慣れたプレイヤーからするとやや不満。
    • 水木しげる氏の「ノツゴ」と筒井康隆氏の「本陣の怪異」のグラフィックは、ただ真っ白な原稿用紙が表示されるだけ。いずれも本人登場話なのだが、筒井氏はともかく漫画家である水木氏のシナリオで原稿用紙を表示する意味が分からない*19
      • ちなみに、鳥取にある「水木しげる記念館」もゲーム中に登場するが、入口近くがちょっと映るだけである。
    • つのだじろう氏の東京シナリオでは、冒頭で無意味なランダム分岐が立ちはだかる。他のランダム分岐シナリオは未読ルートに分岐しやすくなる仕様なのだが、なぜかこのシナリオだけは変わらない。

評価点

  • 前述の通り、ゲストシナリオだけは割と好評。ただし、あくまでもゲストが「書いた」シナリオ限定。「イラスト提供のみ」や「出演のみ」のシナリオはやはり残念な出来である。
    • 人によっては"かなり面白い"と感じるシナリオがいくつかある。ただし、非常に多いシナリオ数をはじめ、前述のバグや契力システムのややこしさもあり、面白いシナリオに辿り着く前に辞めてしまう可能性は高いが…。
  • 「オンラインゲームの悪夢」に登場する2Dキャラ「忍」はとても可愛いと評判。絵師は芳ゐ氏。
    • ただし、この話の最後には本作の現物が送られてくるというある意味1番恐ろしいオチへの分岐が仕込まれていたりする。このゲームがKOTY大賞であるというネタを知っている人にとっては、かなり意外性のあるネタ的結末として語り継がれた。
  • BGMもクソゲーのお約束と言うべきか概ね好評。また声優も、シナリオ内で登場キャラを演じる野川さくら氏や井ノ上奈々氏、ナレーションを務める麦人氏等、名の知れた顔ぶれが見える。
    • ただし、残念ながら女性声優の声は実写のイメージと合っていないとの指摘が多い。また、ギャルゲーホラーの「オンラインゲームの悪夢」には声が使われていないなど、首を傾げざるを得ない部分もある。
  • 千葉県等で「学校であった怖い話」のキャラが登場するが、同時期に発売された負の側面が強調された公式同人版に比べて言動がSFC版やPS版に近い。このゲームの救いとの声も。とは言えシリーズネタ/内輪ネタが多く、学怖シリーズの前知識が無いと何が起きているのかわからない話もある。
  • パッケージ裏のデザインだけは怖い。更にゲスト作家全員の顔写真付き宣伝もありパッケージだけだと面白そうに見える。
    • オープニングの映像もそこそこ怖い。パッケージを除いた作中で一番怖い所とまで言われている。

総評

いろんな意味で触れ込みと違う・あからさまに手抜き&コンプ不可能のシナリオ・不親切なシステム・致命的なバグ・盗作疑惑・杜撰なメーカー対応…と全方位に隙の無い低品質ぶりは、まさしく史上最強のクソゲーの名を冠するに相応しいもの。『たけしの挑戦状(1986)』『デスクリムゾン(1996)』に次ぐ10年に一度のクソゲーである。
本作が2作と異なるのは、『たけ挑』のような斬新なアイデアを以て既存のゲームの概念を破壊しようとしたチャレンジ精神、『デス様』のような制作者の作品愛・責任意識・前のめりの情熱といったポジティブな姿勢すら持ち合わせていない点であろう。
今もなお歴戦のクソゲーハンターをして「このゲームを買ってプレイすること自体がホラー」と言わしめる、ひたすら陰湿な部分に満ちた「負」のクソゲーの一つの到達点とも言うべき作品。後述するようにクソゲーハンターの入門作品としては最適だが、だからといって安易な覚悟で手に取るのは絶対にオススメしない。



製作者の言い訳

  • 後に飯島氏は、同人誌で「非常に不本意な出来だった」「プレイヤーはどう思っただろうか」と、本作の出来の悪さを認めている*20
    • 氏曰く、バグについて「僕は、開発作業はおろか、デバッグにも参加していない」「頑張ってくれた開発会社さんに迷惑をかけるわけにもいかないので、(自分への批判の声に)あえて何も言わないように努めました」らしい。
      • 企業・製作者側がその低品質ぶりを認めた所謂「公認クソゲー」としては、他にも有名どころでは『ラストリベリオン』などがある。落ち度を認めず全否定するよりはまだ誠実な態度といえるが…
      • もっとも、飯島氏が(企画・脚本と言う重要なポジションにおり、作品制作に大きく関わったのは事実だが)作品全体を指揮・管轄する立場にいたかどうかについては疑問符が残る。氏を擁護するわけではないが、全体の責任者は別にいたかもしれないにも関わらず、氏だけが批判の矢面に立たされたのは事実である。作品の内外で不要なビッグマウスを叩いたせいで余計に槍玉に挙げられる羽目になったのも否めない事実だが。
    • 発売から10年以上経った近年では、ブログで開発会社もろともかなり辛辣に批判したり(シャノン公式ブログへの移転に伴い削除)、シャノン公式サイトで『戦国乱世百花繚乱』『鳴神学園都市伝説探偵局』と共に殆ど開発に携わっていない事をアピールしていたりと過去の汚点を葬り去りたがっているような動きも見える。
  • タイアップゆえにレビューで出来に見合わない点数を付けざるを得なかったファミ通編集部以外のゲスト*21については、「飯島の罠にかかった被害者」とも言われる。

余談

補足

+ エンディング
  • スタッフロールの最後では「原作:飯島多紀哉」の文字が表示された後に崩れ落ちて「原作:(プレイヤー名)」と表示される。
    これはストーリー上の演出によるものなのだが、ゲームのあまりの出来から一部では「飯島が責任を逃れるために原作者の座をプレイヤーへ押し付けたようにしか見えない」とネタにされている。
    • もし本名で本作をプレイしていた場合、このゲームのスタッフロールに原作者として名を連ねてしまうことになる。ある意味一番のホラーかもしれない。
    • 「あなたシナリオ」プレイ開始時のデフォルトネームは「佐藤隆明」。同姓同名の方が不憫でならない。
  • 四八(仮) 完全ガイド』の帯には「シナリオの全てが完になる!?」とあるが、実際にはならない。厳密には「ゲーム内で埋められる全てのシナリオが~」である。
    • 「完になる!"?"」と一応疑問符が付けられているので、本当はならないことを示唆しているのかもしれないが…。
      • しかし、攻略本がコラボ先のファミ通(発売週に自社シナリオだけ分岐条件を明かし、以後ノータッチ)ではなくゲーマガから出ているのはなぜだろうか?
        ちなみに、この攻略本には「蕎麦屋の怪」というゲーム未収録シナリオが載っているが、これは本来没になった高知のシナリオへのブリッジ的存在なので、このシナリオだけ載っていても全くの無意味であった。

企業関連

  • (今は亡き)公式サイトに掲載されていたムービーの映像(参考:当時のアーカイブ)は、実際のゲームには全く出てこない
    • 同サイトのシステム紹介のページには当初「シナリオを読破し、住民を150人見つけると、隠しシナリオが出現します…。」と書かれていたが、全くの嘘である。キャラは150人もいないし、揃えても隠しシナリオなど無い。
      • 後に人数などを修正し「シナリオを読破し、全住民137人から、ある人物を、ある条件で集めると、隠しシナリオが出現します…。」と表記が変更されたが、隠しシナリオ自体が無いのでどのみち嘘である。
  • 公式ソフトウェアカタログでいかにも本格ホラーゲーであるかのような紹介文、ADVというガチのクソゲーが出にくい(エロゲー除く)ジャンル、ファミ通クロスレビューの「7/6/7/6の26点」(『デスクリムゾン』の2倍)というそれなりの点など、前兆はほとんどなかったため被害者は多いと思われる。並のクソゲーであればこの点数が問題視されることは無かったのだが…。
    • ファミ通のクロスレビューは平均点が極端に高いとサクラを警戒されるのが常だが、その反動故かレビュアー平均が6点~7点のゲームは「ジャンルやテーマが好みならまあ楽しめるゲーム」と見做されることが多い。
      「ホラーADV」はマイナーながら確固としたファン層がついているジャンルであり、ADVというジャンルの特性上ネタバレ防止のためにネットでの情報収集を絶っていた層も多く、この無難な点数がついたクロスレビューで安心買いして地雷を踏む被害が多発した。
      • ファミ通スタッフもゲームに出演するなどタイアップ関係を持っていたため、あまり辛辣なコメントを付けにくかったと思われる。
        しかし、7~8点以上の高得点をつける傾向が強くなっていた当時のファミ通において、26点と言う点数は平均以下である。過度に持ち上げていないどころか、むしろタイアップした事を考えるとかなり辛い採点といっても過言ではない。
    • 一方の競合誌『電撃プレイステーション』では、きっちり最低ランクのD評価が与えられていた。
  • 不具合に気づいたプレイヤーが苦情を入れたところ、修正版が貰えないどころか代わりに「すみませんでした」の手紙と共にハンカチが届いたのはもはや伝説である。「涙でも拭け」と言うのか…。
    • バンダイナムコグループは「お詫びの品」として決まってハンカチをよこすのだが、これがまた悪い方向でネタになった。

KOTY関連・ネタ等

  • 販売できた事自体が奇跡と言わざるを得ない程の衝撃的な出来で、2007年度KOTY据置部門大賞をあっさり受賞した。11月に発売されたことから、年末の魔物とも称される。
    • 翌年の据置KOTY候補作7本が『ロマンシング サ・ガ2』の「七英雄」に例えられた事から、こちらを「サルーイン」(前作『ロマンシング サ・ガ』より)と呼ぶ者もいる。
    • 先述の通り、(仮)というタイトルは「あなたシナリオ」のストーリーから来ているのだが、その出来によって「(仮)なのはこのゲームの内容そのものだろ」と揶揄されるに至った。「有償サンプルディスク」と皮肉られることも。
    • 全方位に隙の無いそのクソっぷりを指し、本スレでも「クソゲーというジャンル*22」として扱われるほど。
    • そのあまりにも衝撃的なクソさを以てしてKOTYの評価基準そのものを一新せしめ、「そのハードで注目されていた期待作」のネガキャンをスレに蔓延させていたゲハ民を一掃。所謂四八ショックを引き起こした。
  • この作品のあまりのクソっぷりから、「四八マン」というアスキーアートも生み出された。どんなAAか知りたい方はこの頁の「AA」の項や、ここを参照されたし。
  • なんと学術論文の題材に用いられた。
    • ゲームを学術的に研究するという国内でも珍しい学会「日本デジタルゲーム学会」の2012年夏季研究発表大会にて、吉永大祐氏(当時山形大学助教)により『「四八ショック」とは何だったのか-インターネット上のゲームユーザーコミュニティにおける「クソゲー」概念とその変容-』という題目で発表された。なお同研究は2013年度学会賞を受賞している。
  • 2015年に全てのシナリオを完全コンプリートした猛者が現れたことにより本作が再び注目を浴びることとなった。
    • その実況動画では高評価のコメントが多いが、それは高い実況スキルにより面白く編集されている上、システム面における致命的バグも表面化していないからである*23
    • その実況者の実況スキルは、誰よりも飯島自身がブログにて評価するほどである。詳しくはこちら
      • ちなみに飯島の評価のブログに先駆けて、その実況者の本作のレビューと本作に出演したファミ通スタッフのインタビューの記事が存在する。詳しくはこちら

参考動画

+ 参考程度にどうぞ。

+ 全シナリオをコンプリートした実況者の動画。

AA

  四
 (仮)
  八

  四/
 (仮
 八   四 
 <(仮)/ 四八マン、参上!
    八   


   \四
\   仮>  /
 \  八  /
最終更新:2020年08月16日 20:23

*1 『アパシー』は後にKOTY2007携帯機部門で大賞を受賞。氏はKOTY史上初の据置/携帯での2冠を成し遂げた

*2 語り部は『学怖』キャラの風間であり、その変人ぶりを再現した結果とも取れる。

*3 「自分の名前で送られてきた(またはゴミ捨て場で見つけた)謎のダンボールに何かが潜んでいました、終わり」。もちろん宮城との関連性は一切無い。

*4 「暇をマッシュ(「暇をつぶす」と言いたいらしい)」などの無理矢理すぎる表現も。

*5 かんこう、つちのこ、こんそめ、おめでとう、おてんきあめ、あきのななくさ等。

*6 前者は主人公が「徐々に手強い問題を出してくるので気が抜けず、興奮する毎日に充実している。今夜も…眠れない」と独白する。後者は幽霊たちが盛大な拍手とともに「あんたはエライ」と褒めてくれる上、主人公も「俺は、ここに引っ越してきて満足している。月三万円で高級ワンルームマンションに住め、さらに毎晩ゲームをして遊べるのだ。」と独白する。

*7 秦の始皇帝が最初に言い出した言葉であり、殷や周では「王」とのみ称していた。

*8 テキストは少女の台詞(ボイス付)のみ。黙読のしようがないため、誰がプレイしても1分。

*9 「自分を見たことは誰にも話すな」という約束を取り付け、それを破るように仕向けた上で殺す存在。

*10 逆さ女の母妖怪が父妖怪を殺した際、「約束を破ったから殺したんだ、だから悪いのは父妖怪なんだ」と言い張った事。

*11 千葉シナリオに登場する細田という登場人物がメールで2ちゃんねる風スラングを多様に使うオタクキャラとして登場するが、あくまで2ちゃんねる「風」。それにすらなりきれていない支離滅裂な気持ち悪い痛々しい口調である。当時の2ちゃんねるではこの文章に対し「こんな口調の奴どこのネットコミュニティにもいねえよ」「よほど2ちゃんねるで叩かれたのが嫌だったんだな」「これがネットの評価が憎い飯島が悪意を込めて描いた俺らか」等と嘲笑された。

*12 自分が男でも夫がいる事にできたり、妻と夫の両方がいる事にできたり。

*13 キャラ別に説明文章を用意しているなど、無駄に凝っている。

*14 該当キャラが本物の魔女(年齢不詳)であることを示しているのだが、初見では設定ミスにしか見えない。「--」や「??」でよかったのでは…。

*15 ちなみに本作発売の時点で、新潟県内に女子高は二校しかない。

*16 沖縄の桜は殆どが「寒緋桜」という真冬に咲く桜である。県外で主流の「染井吉野」は、沖縄では気候の都合で花を咲かせることが難しい。また花見のスタイルも、他地域とは大きく異なる。

*17 メーカーのサイトに載っている発生理由は不正確。つまりメーカー側でも原因が特定できていないと思われる。

*18 むしろ悔やむべきは本作を買うために出したお金だろう。

*19 厳密に言うと、この「ノツゴ」は1983年に発表された水木氏の数少ない小説作品であり、2005年に文庫化(現在は絶版)されるまでファンの間では幻の作品と呼ばれていた。現在は『水木しげる漫画大全集103 水木しげる人生絵巻/わたしの日々他』で読む事が可能。

*20 ただし、「全てバンプレストに弄られたせいだ」とも言っているが。

*21 SF御三家・筒井康隆氏、妖怪研究家・水木しげる氏、ホラー漫画の巨匠・伊藤潤二氏、怪異蒐集家・木原浩勝氏、心霊研究家・つのだじろう氏の事。

*22 ちなみに公式にジャンルを「クソゲー」としていたゲームとして『グルーヴ地獄V』が存在するが、こちらは普通に遊べる為比べ物にならない。

*23 致命的バグの発生状況が白枠0回・フリーズ1回なので、実況者は改善版ディスクをプレイしたと思われる。