修正依頼」が出ています。対応できる方はご協力をお願いします。


ベーシック スタジオ

【べーしっく すたじお】

ジャンル コンストラクションソフト
対応機種 プレイステーション2
発売元 アートディンク
発売日 2001年4月19日
定価 9,800円
判定 なし
ポイント 家庭用コンストラクションツール最強の一角
製作難易度も最強


概要

アートディンクが発売したPS2でゲームが製作できるコンストラクションソフト。画像や音楽の制作と共にプログラム言語を一から打ち込んでいくことでゲーム制作を行う本格的な開発ツールである。
この系統のツール系ソフトとしては破格の自由度を持ち、あらゆるジャンルのゲームを製作可能。

本格的にプログラムを学んでいる人向けの高度なツールとなっているため、自由度の高さの反面、尋常でない制作難易度を誇る。

特徴

本作は4つのツールで構成されている。

  • IMAGE-SKETCH
    • 2Dグラフィックを作成するためのドット絵作成ツール。作成したグラフィックは3Dグラフィックのテクスチャとしても使用できる。
    • ここで作成したデータは画像データとパレットデータの2つに分かれて保存される。
  • POLY-CRAFT
    • 3Dポリゴンを作成できるツール。上記で作成したテクスチャを貼ったりも出来る。
  • SCORE-NOTE
    • 作曲ツール。五線譜を使って作曲を行える。ループ再生などにも対応。
    • また、SEの作成も出来、2種類のSEを掛け合わせて新しいSEを作る…といったことも可能。
  • EZ-BASIC
    • ゲームを組み立てるツール…というかプログラム言語
    • 名称からわかる通り、BASIC(初心者でも理解しやすいと言われる初歩的な言語)を拡張した『EZ-BASIC』での開発となる。
    • USBキーボードに対応しているが、なくてもソフトウェアキーボードが用意されている。
    • 初心者向けにプログラムの基礎を学べる漫画が付属している。…なぜかキャラの名前がガンダムネタに走っている。
  • また、同社のゲームソフトで使用されたグラフィックがサンプルとして収録されている。
    • 例えば『ルナティックドーン』のキャラクターグラフィックなど。
  • サンプルゲームとして、同社のヒット作をもじったタイトルの『カルネージ・ヒート』(対戦アクションシューティング)、3D対戦格闘『徒手空拳』、パズルゲーム『フォール・アイランド』などが入っている。サンプルプログラムも収録されている。

評価点

  • 一からプログラムを組んで制作することに特化しているため自由度が非常に高く、どんなジャンルの作品でも作れる。
  • 収録されているサンプルのクオリティは高い。
  • サンプルゲームもそこそこ楽しめるものになっている。
  • 各ツールは触っているだけでも楽しめる。
  • ディスク2が付属しており、ファイル管理のランチャーたるB-SHELLとEZ-BASICプログラムの実行環境が収録されている。
    • ディスク2と製作したゲームを保存したメモリーカードを友達に貸し出すことで、ソフト本体(ディスク1)で作業できる環境を維持したまま、友達が本作を買っていなくても自分の作ったゲームを遊んでもらえる。他のコンストラクションソフトではありそうでなかった点である。

問題点

  • プログラム構築を指向しているゆえにとにかく製作難易度が非常に高い。ツクールシリーズのようなお手軽さは皆無。
    • プログラム初心者には付属のリファレンスブックの中身が謎の塊と化す。
  • EZ-BASICの操作が昔のPCのごとくコマンド操作。ソースを確認するだけでも大変。

総評

PCに比べればはるかに安価な値段でPS2の開発環境が手に入ると思えば魅力的に映る人もいるだろう。
…が、やはり純粋なプログラミングによるゲーム制作を志向しているがゆえのハードルの高さが一番の問題で、人を選ぶどころか対象がものすごく狭いソフトだと言えよう。
本格的なゲームプログラミングを勉強していてゲーム制作に対する意欲とモチベーションが高い人でない限り、安易に触れることはお勧めはできない。