ツクールシリーズリンク


RPGツクール

機種 タイトル 概要 判定
PC用
PC98 RPGツクールDante98 MSXソフト『RPGコンストラクションツール Dante』シリーズ3作目(発売中止)の移植。 なし
RPGツクールDante98 II あくまでも『98』の後継であってMSX版『2』とは関係無し。
『95』の発売が近いこともあってか、普及数は少なめ。『2000』の前身。
なし
Win RPGツクール95 現在のPCツクールシリーズの基礎とも呼べる作品。マウス操作にも対応。
PC版のツクールが本格的にユーザーの目に止まるきっかけとなったツール。
なし
RPGツクール2000 豊富なイベントコマンドとハードルの低い作りは現在でも高評価。
シリーズの中でも随一のロングランで、廉価版も数度発売された。
RPGツクール2003 ツール自体は優秀だが、バグの多さで発売当時はクソゲーどころか製作ツールとして失格レベル。
後にアップデートパッチで改善されたが、時すでに遅し……
改善
RPGツクールXP 久々の完全新作。スクリプト作成機能「RGSS」を搭載し、自由度の高いゲームが制作可能に。
反面イベントコマンドが極端に減り、ハードル上昇。簡単にゲームが作れるツールという方向性が台無しに。
なし
RPGツクールVX 『2000』のとっつきやすさをベースにしつつ、『XP』の機能の強化版「RGSS2」を搭載。
どちらのニーズにも対応した優秀なツールで、「2000」「VX Ace」に並ぶ安定度。
RPGツクールVX Ace 『VX』をベースに機能を強化。特に戦闘面は別ゲームと言えるほど強化された。
しかしタイトルに『VX』と付きながらも前作との互換性皆無。完全新作と見れば優秀。
さらに進化した「RGSS3」を搭載したが、使わなくても自由度の高いゲームが作れる。
なし
Win/Mac
/Linux
RPGツクールMV 初のMac/Linux対応、スマホのマルチデバイスに対応になったが、要求スペックが大きく跳ね上がってしまった。
マウス・タッチ操作にも対応。投稿サイト「RPGアツマール」や外部ツールとの連携もあり。
RGSSからJavaScriptに変化、RTPの廃止など、前作から大きく変わった部分も多い。
痒い所に手が届かない点もあるが、積極的なアップデートによる改善点も多い。
コンシューマー用
SFC RPGツクール SUPER DANTE 『RPGツクール Dante98』をSFCに移植した、コンシューマーツクールの元祖。
移植故にまだまだ荒削りな部分は多い。容量は特に逼迫している。
なし
RPGツクール2 上記をベースにしつつ、ツール自体はパワーアップして前作の難点を解消。
素材の質も上がり、より本格的なRPGが作れるように。サテラビュー対応。
PS RPGツクール3 初のPS進出作品。セーブ容量可変式により、市販並のクオリティ作品も作れるようになった。
当時の背景を考えるとドラクエ風なところはやや古臭いが家庭用ツクールとしては安定感抜群。
RPGツクール4 開発元が変わった初めてのツクール。アクティブタイムバトルを採用しFF路線に転換した。
機能自体は3より優秀だが、それらを尽く潰すような燃費の悪さとバグの多さで本末転倒な酷い仕上がりに。
PS2 RPGツクール5 PS2へと移り、RPGツクール初の3D要素搭載。RPG以外のゲームも作れるなどポテンシャルの高さが魅力。
一部はPC版を超える高性能で、特に演出の自由度においては突出している。問題は使いこなせるかだが……。
スルメ
RPGツクール 簡単さを目指して心機一転するも、制作自由度の致命的な欠如とロード地獄が仇になった洋ゲー臭満載の作品。
現時点では3DRPGタイプのRPGツクールとしては最終作。
家庭用ツクールの展開を停滞させた戦犯扱いされる事も多い。
Switch/PS4 RPGツクールMV Trinity 2018年クソゲーオブザイヤー据置機部門大賞。
PC版『MV』ベースの移植で14年ぶりになる据え置き機用ツクール。
…だったのだが、凄まじいバグの嵐で非難轟々になってしまった。
携帯機用
GBC RPGツクールGB ツクール初の携帯機作品。
うちゅう人田中太郎で RPGツクールGB2 ツクールシリーズでは唯一のタイアップ作品。
サンプルゲームの作者は当時アマチュアで後に星のカービィシリーズのディレクターとなる熊崎信也。
GBA RPGツクールアドバンス テストプレイ中でも作成可能とお手軽ツクール。
DS RPGツクールDS 素材、タッチペンの操作性、Wi-Fi機能は高評価。
しかし深刻な容量不足、フリーズ含む大量のバグ、理不尽な仕様、企業態度で台無しに。
RPGツクールDS+ 容量は増加したが、ファンタジー素材全滅。
回避不能かつ非常に不便なバグがあるなど、問題点はあまり変わっていない。
なし
3DS RPGツクール フェス ツクールDSシリーズの遺産を流用した作品。3作重ねてようやく「普通」になった。
DLCでの追加素材の他、頻度こそ少ない(発売後1年で4回)が家庭用初の更新データも配信された。容量素材ともに評判は良い。
なし
RPGツクール フェス プレイヤー DL専用。フェス本体を持っていない人でもプレイすることができる基本無料ソフト。
基本無料とは言え、一般投稿作品のプレイには支障はない。


その他アスキー/エンターブレイン製コンストラクションツール

機種 タイトル 概要 判定
PC用
RPGコンストラクションツール フィールドはトップビューだがダンジョンはサイドビューアクション。
スクロールゲームコントラクション「ソードオブレジェンド」
MSX RPGコンストラクションツール Dante 『ダンジョン万次郎』や『まみりん』よりは後発だが、以降のRPGツクールの始祖と言える作品。
RPGコンストラクションツール Dante2 『イース』風アクションRPG作成ツール。
吉田工務店 シューティングゲーム作成ソフト。「MSXマガジン(通販)」および「ソフトベンダーTAKERU」にて販売。
吉田建設
吉田コンツェルン
ボードゲームコンストラクション「すご八」
PC-88 アドベンチャーツクール 初めて「ツクール」の名を冠したテキストアドベンチャーゲーム制作ツール。
これ以前にBASIC製の「アドベンチャーツール」というのがあった。
アドベンチャーツクールmkII グラフィック表示機能を追加。
ザ・ソード・オブ・レジェンド アクションゲーム作成ツール。サンプルゲームが本体のような扱いのツール。
タテスカウォーズ シューティングゲーム作成ツール。縦スクロールシューティング専用。
ヨコスカウォーズ シューティングゲーム作成ツール。横スクロールシューティング専用。
ダンジョン万次郎 Wizardry型ダンジョンRPG作成ツール。名前の由来は「ジョン万次郎」
まみりん アクションRPG作成ツール。名前の由来は「間宮林蔵」
PC98 チャイムズクエスト DANTE98より前に出たRPG作成ツール。
ダンジョンRPGツクール だんだんダンジョン 事実上「ダンジョンマスター」のオリジナルマップを作成できるツール。
アドベンチャーツクール98
アドベンチャーツクールII
バカスカウォーズ シューティングゲーム作成ツール。縦横両方のスクロールを混在可能。
シューティングツクール98 上記のHDD対応版。
ポリゴンシューティングツクール
マルチゲームScripter その名の通りゲームに特化したスクリプト言語。当然ハードルは高い。
PC シューティングツクールV シューティングツクールをDOS/V(IBMPC互換機の古い呼び名)に移植。
Win シューティングツクール95 ややもっさりしているがちゃんとそれらしいゲームは作れるツール。 なし
シミュレーションRPGツクール95 意外と痒いところに手が届くSRPGツクール。続編がないせいか、シリーズの中では密かにロングランな部類。
タクティカルRPGツクール タクティクスオウガやFFTのようなクォータビューのSLGを作れるが出撃人数は6人。
Hyperspace Productions(現・ヒットポイント社*1)製。
ツクールの機能拡張版『タクティカルRPGエディターDX』への無料更新が可能だった。
ネットワークRPGメーカー2000 DiabloっぽいクォータービューのARPGを作れる。Hyperspace Productions(現・ヒットポイント社)製。
ロビーとサーバーはTechWinが提供していた。
自前でサーバーを用意しなくていい反面、作った作品は公式サーバーで一度に8人までしか遊べない。
RPGメーカー95 RPGツクールの海外名「RPG Maker」ではなくチャイムズクエストの流れを汲むツール。
ツクールと違って公式からダウンロードできる作品のプレイに本体が必要。
互換あり。
デフォ戦闘はサイドビュー。
RPGメーカー95PLUS
RPGメーカー97
RPGメーカー97PLUS
RPGメーカー98
恋愛シミュレーションツクール 男性キャラが思うように作れない。普通の恋愛シミュレーションを作るなら普通に良ツール。 なし
恋愛シミュレーションツクール2 男性キャラ面を強化し、その他機能も充実。前作のブラッシュアップ的な内容なせいかあまり流行らなかった。 なし
2D格闘ツクール95 要望は多かったがいざ出来てみるとツクールとは程遠い玄人向けツールに。ただし完成品はいくらでもよく出来る。 なし
2D格闘ツクール2nd. バグや仕様が目に付くが前作より機能はずっと優秀。廉価版が出なかったのに10年以上愛される長命ツール。
ただしツール自体が優秀というわけではなく、「他にないから」重用されているだけともいえ、続編が望まれている。
なし
アクションゲームツクール とっつきづらさと容量の大きさで非難轟々。アプデ対応は途中放棄。
基本作れるゲームはファミコン程度だが、2D格闘ツクール2nd.同様「無いよりマシ」ではあり、重宝する人も居る。
作り込めばRPGツクールで作るよりそれらしくなることも。
Win/Mac ラノゲツクールMV
Win アクションゲームツクールMV ※正式版になるまで記事執筆不可。
コンシューマー用
SFC サウンドノベルツクール 弟切草』や『かまいたちの夜』が誰にでも作れるハードルの低いツクール。文字入力は苦痛極まりない。 なし
PS/SS サウンドノベルツクール2 機能面を大幅に強化。背景はほぼ全てが写真に変更され、相変わらず当時のチュンソフト臭あり。 なし
シミュレーションRPGツクール PC版とはベツモノ。容量少ない、システムおかしい、そしてサンプルは……
PS 3Dシューティングツクール 作れるステージ数が4ステージなのが残念。プリセットモデルは豊富。 なし
3D格闘ツクール 良くも悪くもモーション作成ツール。使い方によってはバカゲーとなる。 なし
PS2 3D格闘ツクール2


素材ツクールおよび「ツクール」の名を冠したマルチメディアソフト

*2

機種 タイトル 概要 判定
音楽
SFC 音楽ツクール かなでーる なし
PS 音楽ツクール かなでーる2 作成した楽曲をRPGツクール3に使用可能。 なし
音楽ツクール3 作成した楽曲をRPGツクール4に使用可能。 不安定
PC98 音楽ツクール ログイン版ミュージアム
Win 音楽ツクール95
音楽ツクール95+
音楽ツクールDX
グラフィック
PC98 キャラクターツクール98
ポリゴンモデリングツクール
Win キャラクターツクール95
キャラクターツクールPro.
その他マルチメディア
PC98 ぱたぱたアニメツクール
16色ぱたぱたアニメツクール
CGツクール3D ログイン版ミラージュ
CGツクール3D II ログイン版ミラージュVer.2
書画ツクール
Win 3DCGツクール95
スクリーンセーバーツクール95

その他ログインの素材用コンストラクションツール

機種 タイトル 概要 判定
グラフィックきゃらぃた~・ジェネレータ
ロールプレイング・スクロールマップエディタ
PC-6001 スクロールゲームコンストラクションキット
PC-98 グラフィックフォントエディタ
FM-7 トーキングお喋りデータ・ジェネレータ
PC-88 ぱたぱた君
お絵かきツール


関連タイトル

機種 タイトル 概要 判定
Win 三国志ツクール コーエーテクモゲームスとのコラボタイトル。
三國志II』のシステムでオリジナル歴史SLGが製作出来る。ツクール初のフリープレイ版も配信。
Win 3DRPGエディター 『タクティカルRPGツクール』や『ネットワークRPGメーカー2000』の開発元であるヒットポイント社製のRPGエディター。
3DといってもポリゴンではなくクォータービューMAPのこと。同じ規格クォータービューなので素材を流用できる。
ランタイムおよび起動ファイルに相当する「RPGプレイヤーズ」も『タクティカルRPGツクール』およびその後継ソフトや『ネットワークRPGメーカー2000』と共通。
その後『RPGエディター3D』『RPGエディター3D version3』と機能拡張していった後継版が発売された。Vista以降非対応。
DC/Win ドリームスタジオ 開発は空想科学とネクステック。2000年当時は3Dのツクールと言えばこれだった。
ゲームを作るソフトという売込みではあるものの、主軸は3Dアドベンチャーゲームであり、既存の項目に HPだとかのステータスや変数が一切存在しない という変わった仕様*3
イベント自体の作りやすさ*4と、イベント間のつながりなどを重視しており、「〇〇のイベントで失敗しかつ××のイベントで成功した状態で特定の地点へ行く」といった処理を非常に簡単に*5作ることが出来た。
また、インターネット接続機能を使用し、ゲームのアップロードや交換ができた。それまで同系の家庭用タイトルでは困難であった「別ユーザー作品を気軽に遊べる」という環境を実現させ、活発なユーザー交流が行われることとなった。
そのため、本作のネット接続機能は当時それ単体でも大きな評価点となり得ていた*6。コンテストなども行われていた。
後にPC版も発売されたが、そちらにはセーブデータの互換性がない*7、バグがある*8等の理由でDC版ほどは話題にならなかった。
テレビ番組などを見ると、「このシーンはあのモーションとオブジェクトで再現できるな、効果音はあれを使ってカメラアングルは…」と想像してしまう「ドリスタ病」というワードも(界隈で)よく使われていた。
BGM(MIDI形式)の完成度も高く、どんなPCでもほぼ同じように再生できた点もポイント*9
その他、ユーザー間の交流も盛んで、「同じオブジェクトの色違いを2つ同時に動かして元*10にはないカラーにする」、ゲーム自体に本来は備わっていない変数機能の実装等のテクニックが生み出された。
現在でも、動画サイトなどで作品を見ることができるものもある。
PS2 まげる つける はしーる 俺☆デットヒート 略称はまげつけ(たしか公式)。開発はサクセス。レースゲーム版ツクールといった作品。
コースや車の性能の他、アドベンチャー形式での会話パートや確率イベント、パーツショップ*11作成などの機能も。ハンドルコントローラー対応の他、2P対戦もできる。AIの強さの設定項目も多彩*12
こだわりの1台を作れるテクスチャの作成機能あり。レースゲームにつきものの夜がない、ロード画面はアニメ調グラフィック*13固定等のもっと改善できる部分もあるが、セーブデータの交換なども可能でありいろいろな楽しみ方ができた。詳しくはこちら(別のwiki)。

*1 同社はその後アスキーからライセンスを引き上げ『RPGエディターTACTICS』『RPGエディターTACTICS Version2』『RPGエディターTACTICS3 タクティクスチャレンジ!』『タクティクスチャレンジV2』『タクティクスチャレンジV2+』と発展させた後続のツール作品を出している。

*2 ログイン版~とついているのは既存のソフトに若干の改修を施してアスキーのブランドから再販したもの。主に書籍の形態で販売された

*3 一応、オブジェクトの衝突判定などを制御して自分で作ることが出来た。ユーザーたちが確立したものである。

*4 カメラアングルとか音声の再生タイミングとか

*5 イベント自体の分岐を作ってひもでつなぐだけ。ツクールでろくにイベントを作ったことのない筆者でも簡単。確率分岐もここに入れることさえできた。

*6 ネットを通じた作品交換はこれ以前にも行われていたが、非公式なツールを用いてデータをPC上に取り込む必要があるなど、一手間かかるものだった

*7 実は、セーブデータの拡張子を書き換えるだけでいける

*8 PC版の後期はパッチ入りフロッピーが付いてきた。

*9 なんと、携帯電話でもちゃんと再生してくれる

*10 基本的に、人物は4パターン・オブジェクトは1パターン。それとは別にオブジェクト自体を変色させることはゲームの機能でできた。

*11 このゲームではチョロQとは違いパーツに分かれておらず、装備した場合レース中のみ該当する性能を上書きしていたとみられる

*12 ただし最強にしても車が同性能だとあまり強くないが

*13 会話パートで使用できるものがランダム表示