山村美紗サスペンス 京都龍の寺殺人事件

【やまむらみささすぺんす きょうとりゅうのてらさつじんじけん】

ジャンル アドベンチャー
対応機種 ファミリーコンピュータ
メディア 2MbitROMカートリッジ
発売元 タイトー
開発元 トーセ
発売日 1987年12月11日
定価 5,500円
判定 なし
ポイント 有名作家が手がける推理ADV
無理矢理アナグラム
山村美紗サスペンスシリーズリンク


概要

推理作家・山村美紗がシナリオを担当したミステリーADV「山村美紗サスペンスシリーズ」の第一作。
同氏が執筆するミステリーサスペンスの1つ「キャサリンシリーズ」を根底としたオリジナルストーリーが展開される。

同作の主人公キャサリンも登場するが、主人公はあくまでプレイヤー自身であり、彼らはサブキャラクター的な扱いとなっている。また、シリーズレギュラーの狩矢警部も登場する。

ストーリー

新作ソフト「京都龍の寺殺人事件」の制作発表会とサイン会のために京都を訪れていたゲームデザイナーの主人公は、
サイン会の会場となる京都・竜安寺で発生した殺人事件の現場の第一発見者となった。
更に自身が開発した新作ゲームのシナリオと殺人現場の状況が酷似していたことから容疑者とみなされてしまう。

アメリカ副大統領の娘であり、数々の事件に首を突っ込んで解決してきた経歴を持つアメリカ人女性キャサリンと現場で偶然出会った主人公は、
彼女の手助けを受け、自身にかけられた容疑を晴らすべく事件の謎にたちむかっていく。

特徴

  • 本作には日付の概念がある。調査がある程度進捗したら自室に戻り、それまで集めた情報をまとめる事で日付が変わる。
  • ミステリーADVで定番のコマンド選択式。コマンドはアイコンで視覚的に表現されている。
  • 人物の立ち絵は主に顔のアップで描かれ、絵のサイズが大きい。
  • セーブはパスワード方式。カフェで「中断」コマンドを実行すると、山村女史似のマダムがパスワードを教えてくれる。
  • 基本的に名探偵キャサリンが推理をリードしてくれる。プレイヤーは関係者に話を聞いたり手掛かりを探したりして情報を集める助手的な役割を主に担う。

評価点

  • シナリオ全般の出来
    • 下記のようなややこしい名前の問題はあれど、山村美紗が執筆しただけあり2時間ドラマのようなミステリーとしての出来はなかなか。
      • 最初の事件でダイイングメッセージが示されたり、一連の事件の中に密室殺人が含まれたり、尾沢家における遺産を巡る人間関係や血縁関係がストーリーに関係してきたり、といった推理小説定番の要素がふんだんに盛り込まれている。
  • BGM
    • 切なさの漂うタイトル画面曲や、尾沢家で流れる哀愁感漂う曲、エンディングを迎えた際の安堵感ある曲や、物語の終幕を演出する穏やかなスタッフロール曲など、サスペンスドラマにふさわしい雰囲気溢れる曲がそろっている。
  • 顔グラ
    • 顔グラが大きく描かれている分しっかりと描かれており、元となった俳優によく似て出来も良い。

問題点

シナリオ面

  • 一部に子供向けではない点がある
    • シナリオは遺産や妾等の女性関係を取り扱っており、子供にはわかりにくい。
    • 謎解きの面でも、「104」の番号案内サービスの存在をリアルで知っている必要があり、子供にはつらい。
      • 電話番号を調べなければいけないシーンで、「あとは局番を確認するだけだ」以上のヒントは出されない。
  • せっかく京都という雅な舞台であるのに、旅情感があまり無いところは少々残念。
  • 手がかりの為のギミックで人物名がややこしくなってしまっている。
    • 物語冒頭のダイイングメッセージでひらがな六文字が出てくるのだが、該当者が5人(おさわみなこ、おさわなみこ、こさわみなお、こなみさわお、みさわなおこの5人。)もいる上、ゲーム上の表記が全てひらがな表記なので読み辛く、非常にややこしい。
      • 全員がきちんとした役割をもって物語に絡んでくるものの、かなり強引なのは否めない。
      • しかもこのダイイングメッセージは「上記5人の内の誰か」以上の意味はなく、作中でも殺害された人に連なる人間を調べていけば彼らは出てくる。その為、結局名前をややこしくしただけの存在になってしまっている。
      • そのせいでスタッフも混乱したのか、エンディングのキャスト紹介で「こさわみなお」が「おさわみなお」と誤記されている。

システム面

  • コマンドアイコンがモノトーンで描かれているので、やや視認性が悪い。
    • またアイコンのマークの目や耳といった身体パーツがリアルに描かれていて見た目の印象が少々不気味。「考える」や「中断」は漫画調なのに…。
  • カーソルを使ってグラフィックウインドウ内を調べる謎解きが出てくるが、判定はシビアで詰まりやすい。
    • FC後期作品のように不要なコマンドを非表示にするといった誘導もなく、判定が狭い場所で詰まってしまいクリアできなかった人も多い。
    • また、このシビアな判定のせいでせっかくのシナリオが一々止まってしまい、全体的にストーリー進行のテンポはいまいちになってしまっている。
  • バグやフラグミスが多い。
    • 例えば、「コマンドを実行してもテキストが表示されない場合がある」「パスワードを入力して再開するとプレイヤーの名前が変わる」など。中にはフリーズや詰みといった重大なものも。
  • 誤植や文章の区切りがおかしい点が目立つ。
    • 特に、誤植に関してはゲームの非常に重要な場面でやらかしており、ずっこけさせられる。

総評

愛憎もつれる人間ドラマや密室トリックといったミステリーサスペンスの王道を行くシナリオを搭載し、FCソフトとはいえ「山村美紗」のブランド力をきっちりと作品に活かし、小説同様に謎解きを楽しめる質の高さをきちんと備えている。

ただし、肝心のシステム面では全体的に粗が多く不親切で、進行を阻害するバグも多いため、話を楽しむ事に没頭し辛い。
地道な作業をこつこつ積み重ねられる人なら、タイトルに惹かれて本作を買ってもそこそこ楽しめるだろうが、逆に言えば、元来アドベンチャーゲームに耐性のある人でないと厳しい。
まだシステムがこなれていない時代に発売された作品なので仕方ない部分はあるものの、プレイアビリティ面の配慮含め、もう一歩足りないのがおしい点である。

最終更新:2019年01月27日 20:43
添付ファイル