1-2-Switch

【わんつーすいっち】

ジャンル パーティー、対面ゲーム
対応機種 Nintendo Switch
発売元 任天堂
発売日 2017年3月3日
プレイ人数 1~2人
定価 4,788円(税別)
判定 なし
ポイント Switchローンチタイトル
2人 しか プレイできない
あくまでJoy-Conに慣れるゲーム


概要

Nintendo Switchのローンチタイトルの一つ。
28種類のミニゲームをプレイするミニゲーム集であり、『はじめてのWii』のようなSwitchのお試し用ソフトである。
任天堂では珍しく実写ゲームである。

ゲーム内容

  • ミニゲームは基本的に、Joy-ConをWiiリモコンのように動かしアクションを行う。
+ ミニゲーム一覧
  • 1:電話番 / Telephone
    • 2人対戦用ゲーム。Joy-Conを机の上などに置き、電話がかかってきたらJoy-Conを手に取る。先に電話を取ったプレイヤーの勝利。
    • 連続プレイ時は別のベル音が混ざってくるようになる。
  • 2:カウントボール/Count Balls
    • 2人対戦用ゲーム。Joy-Conを傾けながらHD振動を頼りに、ボールが何個入っているのか答える。正解に一番近い人が勝ち。
  • 3:禅
    • 2人対戦用ゲーム。同じポーズでできるだけ停止し続ける。一定回数、少しでも動いてしまった人の負け。
  • 4: トレジャーボックス / Treasure Box
    • 2人対戦用ゲーム。Joy-Conを回転させて、先に鎖をほどいた方の勝ち。クリアタイムが短いほど中身が豪華に。
  • 5:ミルク / Milk
    • 2人対戦用ゲーム。SL/SRボタンを順番に押さえながらJoy-Conを上下に動かし、制限時間内にどちらが牛の乳を多く絞れるかを競う。
  • 6: 金庫破り / Safe Cracker
    • 2人対戦用ゲーム。Joy-Conを回し、別の振動を感じたらその場で止める。これを3回先に終わらせたプレイヤーの勝利。クリアタイムが短いほど中身が豪華に。
  • 7: ガンマン / Quick Draw
    • 2人対戦用ゲーム。Joy-Conをピストルに見立てて「ファイア!」の掛け声とともにZL/ZRで撃つ、いわゆる早打ち対決を行う。より速く相手を射抜いたプレイヤーの勝利。
    • 単なる早押し対決ではなく、Joy-Conがきちんと角度を認識するため、しっかりと相手に向けなければいけない。
  • 8:真剣白刃取り
    • 2人対戦用ゲーム。一方がJoy-Conを使って降り下ろした刀をもう一方がタイミングよく受け止める。キャッチ成功で攻守交代、両者5回成功で終了。
    • 刀を降り下ろすプレイヤーは仕掛けるタイミングは自由。相手に受け止められないようにタイミングをずらすなどする。
  • 9: ライアーダイス/Liar Dice
    • 2人対戦用ゲーム。自分が手にしているサイコロの数が相手のJoy-Conに振動を通して伝わる。つまり、自分のサイコロの数がわからない状態で互いに駆け引きをしながら、サイコロの数をリセットをするか否かを決める。最終的にサイコロの数が多いプレイヤーの勝利。
  • 10: 旗揚げ / Sailor
    • 2人対戦用ゲーム。Joy-Conを旗に見立てて、女性の指示通り、男性の指示には逆の向きでJoy-Conを振る。成功数の多いプレイヤーのカチ。
  • 11: ソーダ / Soda
    • Joy-Conを炭酸飲料の入ったボトルに見立てて、吹き出すまでJoy-Conを振る遊び。複数人対戦として遊ぶ場合は、ある程度振ったら別の人に渡し、Joy-Conを持っているときに炭酸飲料が吹き出したプレイヤーの敗北。
  • 12: ひげそり / Shaver
    • 2人対戦用ゲーム。Joy-Conを電気シェーバーに見立てて、口元に当てながらひげを剃っていく。剃り残したひげが少ないプレイヤーの勝利。
    • 3連続プレイ以降、ランダムで頭の丸刈りに変化することがある。
  • 13: ジョイコン回し / Joy-Con Rotation
    • 2人対戦用ゲーム。Joy-Conを揺らさないように回転させ、3回回した時点で多く回したプレイヤーの勝利。
  • 14: ピンポン / Ping Pong
    • 2人対戦用ゲーム。Joy-Conをラケットに見立ててエアー卓球を行う。先に5ポイントを取ったプレイヤーの勝利。
  • 15: 赤ちゃん / Baby
    • 1人用ゲーム。本体を赤ちゃんに見立てて、泣かないようあやしながら世話をしていく。
    • 基本は本体にJoy-Conを取り付けた「携帯モード」の形態で遊ぶが、TVモード&片方のJoy-Conを使って遊ぶ事もできる。
  • 16: 帰ってきたガンマン / Fake Draw
    • 2人対戦用ゲーム。先述したガンマンと基本ルールは同じだが、「fox」などのニセの合図が混じるため、聞き分けが大事。
  • 17: ベースボール /Baseball
    • 2人対戦用ゲーム。Joy-Conをボールやバットに見立ててエアー野球を行う。1イニング勝負で、後攻が先攻のスコアを稼ぐと終了。
    • 投手側はL/Rでチェンジアップ(低速)、ZL/ZRを押しながら速球。
  • 18: 大食いコンテスト / Eating Contest
    • 1人用ゲーム。Joy-ConのモーションIRカメラの前で口を動かし、どれだけ多くサンドイッチを食べられたかを競う。
  • 19: ビーチフラッグ / Beach Flag
    • 2人対戦用ゲーム。Joy-Conを持ちながら2人が同時に走り始め、先にビーチフラッグを取ったプレイヤーの勝利。
  • 20: 魔法使い / Wizard
    • 2人対戦用ゲーム。Joy-Conを杖に見立てて戦う。互いにJoy-Conを回して振った後、突き出して魔法をぶつけ合う。相手のスキをついて相手に魔法をぶつけることができたプレイヤーの勝利。
      • 突き出しながらJoy-Conを円に振っても力を溜めることができるが、突き出した直後は一瞬だけ押し返されやすくなるカウンターのスキがある。
  • 21: ソードファイト / Sword Fight
    • 2人対戦用ゲーム。Joy-Conを剣に見立てて戦う。斬ったり、守ったりの攻防を経て、先に相手を5回斬りつけたプレイヤーの勝利。
  • 22: ボクシングジム/ Boxing Gym
    • ストレート、アッパー、フック、ラストは連続パンチで早く打った回数の多い方が勝ち
  • 23: 皿回し / Dish Spin
    • 2人対戦用ゲーム。お皿をぐるぐる回して、できるだけ長く皿を支え続ける。両者とも2分耐えきれば終了。
  • 24: コピーダンス / Copy Dance
    • 2人対戦用ゲーム。対戦相手の取ったポーズをコピーする。ポーズを取るプレイヤーは一定回数で交代となり、より相手のポーズに近いポーズを取ったプレイヤーの勝ち。
  • 25: モデルウォーク / Runway
    • 2人対戦用ゲーム。リズムに合わせて歩き、ポーズを取る。よりメリハリのあるウォーキングをして得点が高いプレイヤーの勝利。
  • 26: エアギター / Air Guitar
    • 2人対戦用ゲーム。「エア」の名の通りギターのように鳴らしていき、リズム・パフォーマンスを競うゲーム。
  • 27: フリーダンス / Free Dance
    • エアギターと同じように、リズム・パフォーマンスを競うゲーム。コピーダンスと違い、こちらは特に縛りはなく自分の好きなダンスを踊れば良い
  • 28:ゴリラ / Gorilla
    • 2人対戦用ゲーム。ゴリラのように胸をパーで叩き、*1リズム・パフォーマンスを競う。

評価点

  • シンプルでわかりやすいミニゲーム
    • ミニゲームはとてもシンプルでわかりやすい、また最初にやり方のムービーもありボタンひとつで飛ばせるのもGood。
  • 体感的な操作
    • Wii Sports』のようにテニス・野球などといったミニゲームは非常に一体感がある。
  • 意外と盛り上がる
    • パーティゲームとしても盛り上がりやすい、また次のミニゲームに何を決めるのかを求めやすい。
  • 任天堂では珍しい実写ムービーだが非常に良質
    • 実写を取り入れたゲームは容量が重くなりがちが、本作では一枚絵を動かすことにより容量を極力軽くしている。
  • 丁寧な遊び方の解説
    • 遊び方は、非常に丁寧に教えてくれる、おまけに音声ガイド付き。
  • ゲームとしては珍しいシステム
    • 一緒に遊んでいる人の反応を見ながらプレイするスタイルである。そのため、コミュニケーションも取りやすい。

問題点

  • 飽きやすい
    • 本作を投げてしまった人の多くが答える原因。
    • 最初には数個しかミニゲームがなく「数個しかミニゲームがない」と誤解して投げてしまう人が多い。最初から全ミニゲームが遊べるようにしても問題はないはずである。またミニゲーム集ということもあり、たとえ全部解放してもせいぜい持って1時間である
    • 値段を考慮しても、ボリュームに対して割高であるという声が多い。
  • 2人対戦用ゲームはCPUとの対戦など、1人プレイ用のモードが存在しない。
    • 幸いJoy-Conは2つセットであるものの、一人でやる時は両手で片方ずつJoy-Conを持ち「右手VS左手」を行うことになる。 寂しい。
  • 一部ミニゲームが謎
    • 先述した「ソーダ」というミニゲームは、Joy-Conを振りソーダを噴き出させる…… それだけである。 初見では、どんなゲームなのか困惑するが、実際は吹き出さない程度にどれだけ振れるかを競ういわゆるチキンレースである。
    • しかし、ソーダを噴き出させた人が負けというルールがわからないままだと困惑しやすい。

総評

総じてボリューム不足で、対人戦モードしかないこともあって遊び方は限られたものになってしまっている。定期的に友達や親族とのプレイができる環境にある人が購入することが強く推奨される。
あくまでミニゲーム集のため、『はじめてのWii』のように新しいゲームハードに慣れるために遊んだり、大人数でワイワイプレイするといいだろう。

余談

  • 「2本でお得 ニンテンドーカタログチケット」の対象ソフトである。*2
    • 本作の定価を思うとお得感ゼロだが、組み合わせるもう一本のソフト次第ではあるか。*3
  • Nintendo Switch Liteだとプレイしづらい
    • 2019年9月20日に発売されたLiteでプレイする場合、画面が小さく見づらい。おまけに体感ゲームなため、Joy-Conを買わないといけない。
  • ミニゲームの中にはTVモード専用のものもある
    • Nintendo Switchは大きく分けるとTVモードと携帯モードの2種のプレイに分けられるが、リリースされるゲームはその両方で遊べるようにする必要はなく、携帯モードでしか遊べないゲームなどを作っても良いと任天堂が表明している。*4任天堂がロンチソフトでTVモード専用のゲームを加えているのもその一環と思われる。
最終更新:2021年10月22日 16:09

*1 グーで叩くと注意書きが出てくる

*2 カタログチケットは4,990円(税込)以下のソフトは含まれないのだが、本作は税込だと「5,478円」になるのでギリギリ条件を満たしている。

*3 海外ではカタログチケット1本分よりも明確に希望小売価格が安いソフトも交換対象になっており、選択肢を増やすのに一役買っている。

*4 ニンテンドーDSがリリースされた際に「必ず2画面とタッチパネルを活用したゲームを作らねばならない」と思い込んだサードがいたらしく、「タッチパネルを使いたくなければ使わなければいいし、2画面を持て余すなら片方を暗転したり広告でも出せば良い」と任天堂が表明している。