ジョニー・ケイジ


"Here's Johnny!"

     

+ 日本語吹替声優
安原義人
1995年映画版(VHS版)
千葉進歩
1995年映画版(DVD・BD版)

海外の実写グロ格ゲー『モータルコンバット』シリーズの登場キャラクター。
ジョニーといってもこの人この人のことではない。ジョニー・ザ・パックン何の事かな?
屈強な肉体にサングラスが特徴のナイスガイで、同シリーズのコミックリリーフ(要はギャグキャラ)的存在。
本業はハリウッドのアクションスターであり、『ドラゴンフィスト』『ニンジャ・マイン』と言った作品に出演している。
ちなみに「ジョニー・ケイジ」という名前は芸名で、本名はジョン・カールトン。

映画俳優でありながら類稀なる格闘センス、並びに身体能力の持ち主であり、
出演した作品のアクションシーンはワイヤーやCGはおろかスタントマンすらも使わず、全て自分自身の身体能力のみで演じ切っている。
だが、あまりにも人間離れした動き故にファンや評論家からは特殊効果としか思われず、
憤慨した彼は自分の能力を証明するためにモータルコンバットに参加する、というのがストーリー。

『MK3』および『UMK3』ではシャオ・カーンに殺されたため登場しなかった(集大成作品である『MKT』では復活)。
なお、トレードマークであるサングラスは『MK1』『MK2』では対戦中に着用しておらず、『MKT』から着用したまま戦う。
戦闘スタイルは空手やジークンドーなどを組み合わせた独自の格闘術であり、
さらには金的まで使う(なお、初期の作品では女性キャラには金的は通用しなかった)。
後述の2nd Timelineでは金的が決まる度に挿入される睾丸破裂のカットがリアルに作り込まれていてタマヒュン物である他、
同ストーリーで登場する実の娘のキャシー・ケイジも同様に金的技を使用する。野郎に潰されるよりは美女に潰されたいよね

前述の通り彼の本業はハリウッドスターだが、敗北者に容赦が無い同シリーズ故に当然フェイタリティも使用する。
具体的な例を挙げるなら、
  • 渾身のアッパーカットで相手の頭をふっ飛ばす(しかも一部作品では特殊コマンドを入力するとふっ飛ばした相手の生首が増える
  • 相手の上半身を自らの腕力だけで引き裂いて真っ二つにする
  • 相手の頭を手刀で真っ二つにした後、そこにトロフィーをブチ込む
  • 相手の背中を引き裂いて、冒頭の台詞を叫ぶ。どこのシャイニングだよ*1
  • 上半身を引きちぎり、腹話術の人形にする
    (しかも肝心のトークの内容があまりにも酷かったためかブーイングを浴びせられ、相手の顔にトマトを投げ付けられる
など、猟奇的ながらどこかコミカルでシュールな内容で相手を惨殺してしまう。
現実ならこの時点でハリウッド追放になりかねないが、*2このゲームでは神様も平気で人殺しをやってるので気にしたら負けである。

+ 2nd Timeline
元々人気キャラではあったものの、2011年版(以下『9』)から始まった一連のストーリーにおいては、
物語の狂言回しとも言うべき重要な役所となった。
後、胸にでっかく「Johnny」のタトゥーを入れて見た目が派手になった。
あんなにデカデカと目立つ位置にあると映画撮影に支障が出そう。CG修正も費用が掛かるし

リブートされた歴史においてもモータルコンバットに参戦した経緯は変わらないものの、『9』の劇中ではライデンの介入によって歴史が変わり、
シャオ・カーンに殺害される事無く、ソニア・ブレイドと共に人間界側の数少ない生き残りとなった。
ソニアとは後に結婚し、そのままスペシャルフォースへ入隊。映画俳優と軍人の二足の草鞋を履く事となる。

『9』から二十数年後の『X』では中年となったものの強さに衰えはなく、クァン・チーの暗躍によって復活したシノックを打倒すべく、
離婚した妻のソニア、そして愛娘であるキャシーを含む新世代の人間界戦士側のリーダー格として活躍する。

『11』では時の女神クロニカによって過去(『9』当時)の若いジョニーと二十数年後の中年ジョニーが邂逅を果たし、
共に復活したシャオ・カーンの軍勢へと立ち向かう。
あとソニアともヨリを戻した

『9』から『11』におけるジョニーは各作品を通して身をすり合わせるほどの接近戦において真価を発揮する近接キャラ。
近距離での猛烈なラッシュ力に物を言わせて一気に相手を倒しきる戦法を信条とする。
特にナッツパンチ(旧翻訳版ではダイヤモンド・クラッシャー。いわゆる金的パンチ)はヒットさせれば大幅有利な状況に持ち込めるコンボの要。
飛び道具のフォースボールや突進技のシャドーキックもあるため、遠距離でもそこそこ戦える。
対空も昇龍技のライジングスターがあるため問題ない。
さらに『11』では飛び道具の性能が良い上に各種通常技が高性能で隙が少なく、壁際ならノーゲージで3割コンボも可能。
突出した強みは少ないものの、立ち回り・コンボ・飛び道具・対空等がバランスよく満遍なく強い器用万能と言える性能で、
キャラランクはトップランクに位置する強キャラとなっている。


MUGENにおけるジョニー・ケイジ

+ OMEGAPSYCHO氏製作『MK1』『MK2』仕様
  • OMEGAPSYCHO氏製作『MK1』『MK2』仕様
     
多数の『モーコン』キャラを製作したOMEGAPSYCHO氏によるジョニー。『MK1』『MK2』仕様のキャラが別々に公開されている。
同氏の他のキャラと同じくMUGEN1.0以降専用。
金的攻撃をはじめ、様々な攻撃も再現されている。
さらに、スタートボタンを入力する事でキャラのコマンド表も表示されるという親切設計。
もちろんフェイタリティも搭載されているため、動画使用の際は要注意。

+ Diegoni氏製作 手描きドット
  • Diegoni氏製作 手描きドット
手描きMK勢に定評のあるDiegoni氏によるジョニー。
高クオリティなドット絵だが、操作性はモーコンに準ずる。
勿論フェイタリティも搭載。

+ MelvanaInChains氏製作 BlackGlass
  • MelvanaInChains氏製作 BlackGlass
ALTER AMIBAの作者で知られる氏が、海賊版ゲーム『Mortal Kombat 6: 28 People』のスプライトを使用して製作したカオスなアレンジキャラ。
移動しながらのアッパーカットや金的のポーズを取りながらのスライディング、
挙句の果てには突然倒れ込み、首が取れてそのまま相手にぶつかっていく超必殺技といった奇っ怪な技を繰り出す。
あと、日本語を喋るが何故か非常にガラが悪い。


上記の他にも、Mauteck氏やjuano16氏など、多数の海外製作者によるジョニー達が確認されている。

出場大会

その他

週刊「載ってねぇ」(Vol.24、Mauteck氏製およびDiegoni氏製)


"You got Caged!!"
ケイジ()にハマったか !!)


*1
言うまでもなくスタンリー・キューブリック監督の映画『シャイニング』が元ネタで、
ジャック・ニコルソン氏が演じるジャック・トランスの有名なセリフと自分の名前を引っ掛けたパロディ。
コミックリリーフという役柄か元々ジョニーのセリフはギャグ的なものが多かったが、
『11』では試合前に各キャラとの長めのやり取りが追加されたせいもあって、メタ発言やパロディが非常に多い。
やりたい放題なイントロ

加えて、本作ではプレイ中のナレーションボイスをジョニーに切り替えられるのだが、
各キャラを選択した時のボイスも、
  • フロスト→エルザ(『アナと雪の女王』から。冷気を操る能力繋がり)
  • シャオ・カーン→カァァァァン!(『スタートレック』の悪役カーンから。劇中でも同じように名前を叫ぶシーンがある)
  • ライデン→1.21ジゴワット(『バック・トゥ・ザ・フューチャー』から。映画では雷が重要な要素)
等々おフザけ全開。正にコミックリリーフの面目躍如と言った所か。

*2
ただし、彼のフェイタリテイの中には、アッパーカットで相手の首を吹き飛ばそうとするが顎のみ粉砕して失敗、
リテイクがかかり19テイク目でやっとOKがもらえる、そしてジョニーは首をこちら(カメラ)に投げつけ中指を立てるという物があり、
また、ジョニーの固有エンディングには新作の撮影オチというケースもいくつか見られるため、
一連のフェイタリティも単に映画の1シーンとして見られている可能性はある。
ちなみにこのフェイタリティは先述の『1』と『2』で隠しコマンドを入力した際に、
アッパーカットを三回繰り返すモーションがモチーフであり、れっきとした原作再現である。
1;49あたりから。だんだんイラつくジョニーさん


最終更新:2022年05月16日 16:51