18禁アダルトゲーム

登録日:2011/07/25(月) 18:15:33
更新日:2022/02/22 Tue 00:46:13
所要時間:約 12 分で読めます




18禁アダルトゲームとは、その文字通りAdult(大人)しか買ってはいけないゲーム。

【概要】

「大人しか買えない(プレイできない)」という時点で概ね察しは付くと思われるが、
これに分類されるゲームはエロ…つまり強い性的描写が含まれていることが要因で18歳未満は購入が禁止されているものがほとんど。
映画等では凄惨なゴア描写などで18禁に指定されるものも多いが、日本で「18禁ゲーム」とすれば大抵性的描写が強いものを指す。
その理由は、未成年厳禁の締め出しで最も歴史が長く、かつ目立つ為である*1

パソコンにインストールしてプレイする、所謂「PCゲームソフト」が主流で、「PCゲーム」と聞くとこちらを連想する人も多い。
実際、ショップの「PCゲームコーナー」に置かれているゲームの大半がこれであり、その影響で入口に「18歳未満立ち入り禁止」の暖簾が掛けられているところがほとんどな他、
将棋やチェス、戦略SLG等、性的描写のないPCゲームソフトは、これらとは別のコーナーに分けて置かれていることも珍しくない。
一方で普通のゲームハードでプレイできるものは珍しいが、メーカーによっては他のゲームハード用の移植版を販売していることもある。
また、性的描写を削った代わりに追加キャラ・シナリオを加えたマイナーチェンジ版が普通のゲームハードで、一般向けソフトとして販売されることも。

そういった事情から、「エロゲ」「エロゲー」「ERG(erg)」という俗称・通称で呼ばれることもままある。
「美少女ゲーム」「ギャルゲ」「恋愛シミュレーション」などとぼかして言われる事もあるが、こちらの場合は非アダルトゲームも含まれる。

同じく年齢規制のある、CEROでいう「Z指定」のタイトルは暴力・反社会行動等の描写が原因である場合が多く、エロが要因でない事が殆ど。
余談になるがアメリカのESRBではDとZの間に17禁とでも言うべき「Mature(マチュア):思慮や分別が出来る人対象」という指定があり、
残酷描写等でZ相当のゲームはこちらに固まっているケースが多い。もっともほとんど日本市場に入らないゲームばっかりだが。

一方で、日本のアダルトゲームの中にはアメリカ他の海外ショップで売られていることもある。
しかしそちらの大体は一番規制がきつい「Adult Only(アダルトオンリー)」に区分されており、
Mature以下やCERO :Zとは比べ物にならない「大手販売店や通販サイトで扱わない」「任天堂・ソニー・MSからの認可を一切認めない」「動画配信の禁止や厳罰な規制」など、販売する上で凄まじい制約がかかる*2

さらに最近は課金等の金融トラブルを避ける為、
責任能力の無い未成年を締め出すタイプ(ネットゲー・ブラウザゲー)もあるが、本項目には該当しない。
ただ、成人向けにそういった性的描写も扱ったものや、エロゲーを原作としたブラウザゲーも多くリリースされている。


また、一般ゲームでは当たり前に存在するOP・EDはもちろん、キャラクターの音声もないというのが、18禁ゲームが作られ始めた辺りでは普通であり、
声優さんが声をあてたゲームが出始めた頃は、メーカー問わず適当にソフトを何本か取ったら必ずどれかにこの人の名前があるという声優さんも数多くいた他、
声はついているが、パッケージにもゲームのEDでもキャストクレジットがない、所謂ノンクレジットで声優さんが演じていたというソフトも少なくなかった。

現在では18禁ゲームを中心に活動する声優さんも増えてきているが、やはり「18禁」という単語のイメージからか、顔出しで活動されている人はかなり少ない。
名義に関しても、どんなジャンルでも同じ名義で活動している人もいれば、ジャンルによって複数の名義を使い分けているという人もいる。
他、特に大手メーカーのゲームでは、ゲームの宣伝も兼ねて出演声優によるラジオ番組を配信しているものあるが、こちらも公開録音などは基本的に行われない。

ちなみに、顔出しで活動されている民安ともえによると、18禁作品ということもあってか「枕営業はあるのか」という質問をよく受けるというが、
「制作サイドにもユーザーと似たタイプの男性が多い影響か、自分の周りでそういった話は聞いたことがない」とのこと。


種別として、ゲーム制作会社がリリースする、いわゆる「商業ソフト」と、個人ないしはサークルがリリースする「同人ソフト」が存在し、
前者は値段が高い分比較的きっちり作りこまれたものが多く、後者は作り手によってクオリティには差があるが総じて値段が安いという特徴がある。
ただし、商業ソフトにもいわゆるクソゲーと呼ばれるものは多く存在し、逆に同人ソフトも商業ソフト並のクオリティかそれ並の評価を受けることも数は少ないがある。(ひまわりとか月姫とか)
また、同人ソフトには、規制や需要の少なさから商業ソフトでは取り扱えそうにないジャンルの作品が生み出されるという利点もあり、
ニッチな性癖や趣味を持つ製作者・サークルが同好の士向けに作ったような作品も多々見られ、局地的に凄まじい人気を誇っているなんてケースもある。
同人サークルと企業の境目があいまいになることもあり、TYPE-MOONAKABEiSOFT2は同人上がりの法人であるし、
Nornやsofthouse-sealなどはいまだに企業同人扱いであったりする。

年齢制限がある分、性的描写以外の表現についても規制が比較的緩く、
かつては最低限の濡れ場さえあれば割と何でも許されるという風潮があった。
後述の泣きゲーや燃えゲーなど、エロ描写そっちのけでストーリーを重視した作品も多数登場し、
それらの作品に関わったシナリオライター等が全年齢向け作品に活動の場を移して活躍することも珍しくなくなっている。
一方で何でもありな風潮は現在ではライトノベルにお株を奪われてしまった感があり、
市場規模も最盛期に比べると見る影もないほど縮小してしまっているのが現状である。

…というのも、そういった「とりあえず濡れ場を用意する」風潮があった時代はPCゲーム業界自体が完全に冷え込んでいた。
Steamがまだ一般ゲーマーには浸透する前で、PCゲームと言ったら「エロゲーか洋ゲー」の二択になっていた時期である。
一般向けPCゲーというニッチな環境であっても生き残っていた日本ファルコムですらその悲惨な売り上げから流通業者との取引を失い、PSPへと鞍替えしたレベルである。
そんな中、エロゲーであれば棚には置いてくれるという状況だった故に、そういったシーンを無理矢理ぶち込んでいたのである。


値段という点においては大雑把に分けて、
  • フルプライス(8K前後)
  • ミドルプライス(4K前後~6K前後)
  • ロープライス(3K前後かそれ以下)
となる*3
基本的には質・量ともに値段に比例するのだが、絶対的なものではない。
ロープライスでも満足して楽しめる神ゲーもあれば、フルプライスでもどうにも受け入れがたい商品失格レベルのクソゲーというのもある。
他にもフルプライスで質も相応だが量が圧倒的に不足しているパターンや、FDとして生粋のファンだけに向けているので価格がやや高いパターンなどもある。


【ジャンル】

主なジャンルは「ADV(アドベンチャー)」と「それ以外」に分類される。

●ADV
表示された文章を普通に読み進めて、途中の選択肢でルート分岐。世に溢れるエロゲーの殆どはこれ。
「紙芝居ゲー」と揶揄されることもあるが、よほどシステムが腐ってない限りは面倒くさいところもなく、作りやすさと相まって安牌なジャンル。
開発費用も抑えられるが、大手と称されるようなところだと他のゲームに劣らぬほどの手間暇や開発費がかけられていることもある。

●それ以外
上のADV以外のジャンル。所謂「遊べるエロゲー」と呼ばれる方。
多くはRPG・SLGだが、稀にアクションゲームが出たりもする。
ADVと比べて高いプログラミング技術が必要だが、何よりもゲーム設計を考えたり難易度を考えたりとやることが多くなるので大変。
しかも一生懸命品質を向上させたところで、必ずしも面白いものが出来上がる訳ではないところも大変。
開発費用も比べものにならないぐらい高い。

その分18禁ゲームではコアなジャンルであり、ちゃんとした作品を出せばファンがしっかり着いてくれるハイリスクハイリターンなジャンルと言える。
有名どころは、『Ranceシリーズ』のアリスソフト、『戦女神シリーズ』のエウシュリー
『巣作りドラゴン』のソフトハウスキャラ、『BALDRシリーズ』の戯画の4つはまず名前があがる。
RPGツクールの様な簡易RPG製作ツールの流布などの影響もあり、
今は商業作品よりも気楽に開発できる同人作品の方が見かける事が多かったりするジャンル。

基本的に2Dな画像なり映像なりで作られているが、ILLUSIONなどに代表される3Dエロゲーも存在しており、そのためのエディタを備えていることもある。

【エロゲーの種類】

エロゲーにも様々な種類があり、その大まかな系統を紹介する。
勿論複数の種類を併せ持つゲームも多々ある。

●抜きゲー
「やはり『エロ』ゲーなのだからエロくなくっちゃ!」というわけで、エロを追求したゲーム。
純愛と凌辱の2パターンあるが、「実用性」を重視している為、ストーリーや設定はインスタントで、かなり強引だったりやたらご都合主義だったりするが、ツッコんだら大体負け。
丁寧なシナリオや緻密なキャラ描写が見たい人は別のジャンルをやりましょう。
とはいえ、台詞回しやシチュエーションなど、文章でユーザーをそそらせることも重要なので、読み易い、理解しやすいといった最低限のクオリティーは求められ、
世界観や話の展開・シチュエーションがさっぱり伝わってこなかったり、登場人物の言動が意味不明で感情移入できない等の電波テキストだとクソゲー扱いされる。

ちなみに、このテのゲームといえばSM・鬼畜・凌辱系が主流であったが、2000年代からは純愛系も目立ち始めるようになった。
基本的に凝ったテキストではなくキャラクターでユーザーを楽しませる(意味深)モノが多いためか、純愛抜きゲーはキャラゲー扱いされることもままある。
純愛なら『アトリエかぐや』や『プリンセスラバー!』、『ゆずソフト』あたりを、凌辱系なら『魔法少女アイ』(3を除く)や『戦乙女ヴァルキリーシリーズ』あたりだろうか。
1つの作品で両方体験したいという欲張りな人は、アリスソフトの『超昂シリーズ』に手を出しとけばとりあえず問題ない。
delta作品もオススメ。

なお凌辱ゲーに「製作者は女に恨みでもあるのか?」と「警察に駆け込めよ」は禁句。そういうのが好きな人の為のジャンルだもの。
また、このジャンルの中には「儀式(要は輪姦・レイプや凌辱、調教)に使うため、島を一つ所有できるレベルの財力とどんな事件も隠蔽出来る権力がある一族」的な存在が出てくるが、
平たく言ってしまえば、これらは凌辱や調教などの非合法な行為をキャラに躊躇いなくさせるためのお決まりの舞台装置なのでツッコんだりするのは野暮。
輪姦モノでは、主人公の彼女からスワッピング提案されたり、主人公が何故かそれにノリノリだったりするが、これらの展開にもツッコむだけ野暮である。
モブキャラ(街のおっさん、不良やDQN等)が、ある意味大活躍するジャンルである。
女の子が可哀想? だからそういう人は(ry
つか地味にこの手の陵辱ゲー系のメイン製作陣は(ある種振っ切れた)女性が多かったりもするのだが…………。

ロープライスものの多くは大体これなので、しょっぱいボリュームのものも多い。
いかに小規模な中で濃厚な抜きどころを用意するかが問われる。


泣きゲー
「エロゲーだからってエロだけじゃダメ!感動できるようなストーリーを重視しようぜ!」という人向けシナリオゲー。
文字通り涙腺崩壊物が多いが、当然ながら「誰しもが必ず泣ける」というものではないので注意。
多くの作品でエロが薄く、よく「エロいらなくね?」と言われるジャンルでもあり、実際エロ無しの全年齢対象版がよく発売される。
というかエロを多くすると通常シーンのCG数がしょっぱくなりやすいので、そういう意味でも「エロいらなくね?」ってなったりする。

そういった作品を中心としたゲームブランドとしてはkeyが有名。
Kanon』、『AIR』、『CLANNAD』『智代アフター』、『リトルバスターズ!』、『クドわふたー』などは、どれも涙腺を破壊してくれる。
他には『ONE』、『パルフェ』や『この青空に約束を―』、『加奈〜いもうと〜』、『家族計画』『こなたよりかなたまで』、
車輪の国、向日葵の少女』、『そして明日の世界より――』、『うたわれるもの』辺りが有力。

言うまでもないが、ストーリーやキャラ描写に相応の質があって、初めて泣きゲーと呼ばれるため、泣きゲーを作ろうとしてシナリオに多くの矛盾・消化不良があったり、
変に尖って嫌われるヒロインが生まれてしまったりなど、凡作程度の作品になってしまった場合は、自然と別ジャンルになりがち(萌えゲーやらキャラゲーやら)。


●萌えゲー
言わずと知れた萌え特化ゲーム。
ストーリーも最低限はあるが、基本は可愛さを重視したデザインのキャラやサービスシーン、あとギャグで攻める。
手っ取り早く空気が知りたいなら『ToHeart2』、『SHUFFLE!』、『つよきす』あたりが鉄板。
上述した『ゆずソフト』の作品も、「公式が病気」なカウントダウンムービーなども含めてパロディやテンポの良い会話劇などが多いので、こちらにも該当するだろう。
夜明け前より瑠璃色な』等で有名なAUGUSTの作品は基本的にこの系統…と言いたいところだが、どの作品も安定した品質を保っている一方、
エロやストーリーにも力を入れた結果、『穢翼のユースティア』などのシリアス寄りの作品をリリースしたりもしているので、絶対にこのジャンル!とは言い切れない。

ギャグがサムかったり萌えを変な方向で意識して純粋におかしなキャラになったりして評価が落ちるのはよくある事。
萌えゲーとは、シナリオなどを手抜きして良いという免罪符ではないのである。


燃えゲー
「エロゲーだからってエロだけじゃダメ!燃えるストーリーが読みたい!」人向けのシナリオゲー。
よく挙がるのは『あやかしびと』、『Fate/stay night』、『斬魔大聖デモンベイン』、『マブラヴ オルタネイティヴ』、『Dies Irae -Acta est Fabula-』あたり。
エロはそれなりにあるが、泣きゲー同様に全年齢対象版であるコンシューマ機への移植も考慮されていたり、エロはいらないとする愛好家も多いことから、
エロは得てして薄く、一方でグロは結構多いので耐性がない人は気を付けた方がいい。もしくはエロが特殊な場合も。


鬱ゲー
「エロゲーだか(ry」人向けのシナリオゲー。
その名の通り鬱になるゲームのこと。プレイ後、なんともいえないモヤモヤした気分になりやすい。人を選ぶジャンル。
ヒロインが精神崩壊したり病んだり、萌えゲーかと思ったらヒロインが殺されたり、逆にヒロインに殺されたりするが、救いのない展開であること以外に共通した特徴はない。
主人公のパートナーであるヒロインが他の男(達)に奪われる寝取られモノも、基本的にこのジャンルに分類されると思われる。
さよならを教えて』、『沙耶の唄』、『殻ノ少女』、『School Days』などが有名。
君が望む永遠』は何とも言い難いが…鬱ゲー扱いされてもおかしくはない。
展開だけで言えば、GUILTY作品も大概これに当たる。


●グロゲー
リョナ、過度の暴力、臓物、欠損、えげつない殺害シーン、スカトロ、過激なSM及び調教といった要素があるエロゲ―。
上記の鬱ゲーとも重なるが、こちらは視覚面でダメージを与えて来るという特徴がある。
単なるバイオレンスのみで終わる事があるが、時にシナリオや設定の緻密さで絶賛される大当たりが混じっていたりもするので、グロをこらえてプレイするファンも居るが、数あるジャンルの中でも飛び抜けて人を選ぶジャンル。

ブランド単位ではブサイクことBlack Cycおよび今はなきたっちーの諸作品、ニトロプラスage(ruf)・CLOCK UPの一部作品にも含まれる。
単体作品では『Dark Blue』なども有名。中にはグロ緩和パッチが出ることもある。
ゴア・スクリーミング・ショウ』が有名で特徴も当てはまっているが、中身はある意味燃えゲーという特殊な作品。

なお、この範疇でスカトロ系特化のものは「糞(フン)ゲー」「クソゲー(物理)」と呼ばれることもある。これに該当するのは現行ブランドでは聖少女率いるEmpress。
SMなんかと混同される事も多く、両方の要素を持つ作品も見られる。
もっとも一般的な範疇(上記の要素が無い)のSMであればグロゲーには含まれない。


●バカゲー
見ている内にキャラのテンションやツッコミがカオスになって、シリアスな笑いを誘うようなやつ。
タイトルの時点でブッ飛んでいる場合が多く、頭が悪そうなタイトルならたいていこのジャンル。
でも、バカゲーでも後半は泣きゲーになったりする事もあるので注意が必要。
遊撃警艦パトベセル〜こちら首都圏上空青空署〜』、『姫騎士アンジェリカ ~あなたって、本当に最低の屑だわ!~』、『へんし~ん!シリーズ』など。
ジブリール』なんかは抜きゲーとして使えるが、一々理由がおかしかったりする。
ただし、はき違えて単に見ていて不快なだけのクソゲー(上記と異なり、物理的な意味ではない)と化す失敗例も少なくなく、意外と難しい。


●特殊ゲーム
エロゲーの「メジャーな著作物ではない」「年齢制限があるため、表現規制が緩い」という点を最大限に活用した、実験的な内容のゲーム。
モノによっては全年齢の表業界に関する舞台裏の黒い話をネタにしてるのもある。
1990年代後半~2000年代に多く見られ、少なくなったものの2010年代に入ってからも散発的に見られる。
好き好き大好き!』・『ジサツのための101の方法』・『終ノ空』のような電波ゲー、『屠殺の園』・『君と彼女と彼女の恋。』のようなメタゲーなど。
かつてのにっかつロマンポルノがそうであったように、エロゲーも性描写さえあれば、あとは何をやっても自由であるということを思い知らせてくれる作品群である。


【業界事情】

業界的には零細企業が多いためとにかく入れ替わりが激しく、一作出しただけで消えるブランドも珍しくなく、スタッフ(特に人気原画家)の移籍であっという間に勢力図が塗り変わるのはザラ。
最近は新たなエロゲ会社がちょこちょこと出てきているが、そのほとんどが古参会社に押され気味。
昨今の凌辱・抜きゲーを察知してか、KAIみたいに凌辱9割・純愛1割と言われるほど特徴的な構成で勝負をしている会社が多いらしい。
また、流石に零細ブランドのスタッフまで一々確認する人は少ないため、クソゲーを出してしまった新ブランドは名前だけ変えて再出発(?)というのもちょくちょく見かける。

そんなエロゲーの最大の敵はいわずもだが、

割 れ

である。
これはエロゲに限ったことではないが、パソコンソフトであるため半ば覚悟しなければならないのかもしれないが、エロゲーは割れが特に多い。
有名な話では『売り上げ10万本の戦国ランスのパッチのダウンロード総数は100万オーバー』という話。
勿論パッチは4、5回更新されているので100万が絶対の数字ではないが、1つのパッチを全てのユーザーがダウンロードしたとしても50万ダウンロード。
何らかの事情があって何度も落とすことになったとして、それを差し引いても如何に大量に違法コピーされているかわかるだろう。

これは割れに限った話ではなく、動画共有サイトにはよく『プレイ動画』がアップされる。
中身は『ゲームをプレイした動画』で、会社によっては認めていたりもするのだが、
これがシナリオゲーや萌えゲーなどのADV(紙芝居ゲー)が中心のエロゲーをアップされると、メーカーからしたらたまったものではない。
シナリオ・キャラが中心のゲームでシナリオと絵を見て、それでもまだ買おう…という人がいないとは言わないが少ないであろう。
事実、訴訟を検討しているメーカーも存在する。
これについてもメーカー内で「プレイ動画が流れて購入が減るのはライターの力量不足もあるのでは?」など議論が交わされている。

最近では、不正ダウンロードを防ぐ為に、シリアルコードの入力や、正規ディスクによるデータの更新をする必要がある作品や、
近場に販売店が無かったりロットアップした為にやむを得ず…という行為を無くす為に、ダウンロード販売サイトで永遠に販売を続けられる作品*4が増えつつある。
言ってみれば、「ロットダウン」とでも呼ぶべきだろうか。
だが、動画サイトへのプレイ動画投稿、流出を防ぐのは難しい。

世のエロゲープレイヤーには是非ちゃんとお金を払ってプレイしてもらいたい。


【余談】

  • アダルトソフトを一番最初に出したメーカーはコーエーである。

  • 実はファミコンにもエロゲがある。が、そのほとんどが出来映え以前にソフ倫すら裸足で逃げ出すほどの危険な内容。
    幼女監禁は可愛い方で、胴体切断とか最早マジ〇チ。
    また、ガイナックスなどのアニメやテレビゲームで有名メーカー達もファミコンでエロゲを出していた。

  • ゲームのアニメ化的なノリで18禁アダルトアニメの原作になることが多いが、時折実写化のノリでAVの原作になることもある*5

  • 英語圏では「Wankware」というが、これを直訳すると「抜きゲー」となる。
    日本が「あらゆる事物が異常進化を遂げる国」であることを再認識させられる話である。



追記・修正は18歳以上の方がお願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2022年02月22日 00:46

*1 性描写があるメディアで除外されているのは小説位で、それでも販売側の自主規制による購買制限がされているケースは多い

*2 なお殆どが性的描写で抵触し、一部暴力描写で引っかかった作品は「身体及び精神障害者への偏見や差別を助長する」「該当描写を抑えず販売しようとした為、親会社から販売自体を禁止した」など曰く付きな代物まである。

*3 これは主に商業作品の話で、同人作品は基本的にこれよりも全般的に安くなる

*4 バーチャルコンソールや、ゲームアーカイブスと原理としては同じ

*5 LiliTHの人気タイトル「対魔忍」シリーズなど