ゲーム機最後のソフト一覧

登録日:2016/05/06 (金) 22:36:21
更新日:2020/07/12 Sun 19:48:08
所要時間:約 43 分で読めます







ドリームキャストの最後を飾るのは、このソフトだ!





【解説】


ゲーム機とゲームソフトは切っても切れない関係だが、ゲーム機にも商品としての寿命がある。

大体のゲーム機は商売の都合上、後継ハードが出されるか撤退するかという道にいずれ進まねばならない。
進む道が決まると、ゲーム機の宣伝量は少なくなり商売として展開する旨味が少なくなる。
そうなると、ゲーム機に供給されるソフト数は徐々に徐々に減少していく。

こうしてゲーム機には新作のソフトが展開されなくなり、新作ソフトが一本も販売されずに長期間経過する。
すると、これがひとまずハードの寿命として一般的に定義される。

さて、このような末期に入ったゲーム機には最後の一本というソフトが
そしてゲーム機に最後に供給されるソフトは色々と注目の的となるのだ。
最後の新作ソフトは、ゲーム機の最後の花道を飾るソフトだからである。

最後に販売されたソフトは供給量が少ないことが殆どで、プレミア価値が付くことが多い。
マイナーハードであればあるほど供給量も少なくなり、価値が高騰しやすい。
オンラインや一部店舗の限定販売のソフトも存在し、これらも必然的にプレミア品と化す。

ただ、最近は最後のソフトが次世代機とのマルチだったりすることもある。
他にも後継機が前世代との互換性を持っていた場合は中古価格が上昇しない場合もあり、一概にプレミアソフトに必ずなるとは言えないので注意。

さて、色々と解説したがこの項目ではハードの最期を飾ったソフトを記載することとする。


【各ハード最後のソフト一覧】



◆据置機

ハード名 最終ソフトタイトル ゲーム内容 ハード発売日 最終ソフト発売日
ファミリーコンピュータ 高橋名人の冒険島IV ファミコン発売から間もないころ、「ファミコン名人」としてプロモーションを行い、大ブームを巻き起こした高橋名人を主人公にしたACTシリーズ最終作。 1983年7月15日 1994年6月24日
ファミリーコンピュータ ディスクシステム じゃんけんディスク城 ディスクシステムのキャラクター「ディスくん」を主役にした倉庫番タイプのACT&PZL。ファミリーコンピュータMagazineの企画によるファミマガDisk第6作かつ最終作。
書き換え販売専用ディスクソフトとしても最終作品。
1986年2月21日 1992年12月22日
Q太 NHK学園 スペーススクール 小学校の算数4年生 上 通信販売によって限定販売されていた学習用ソフト。独自の40pinカートリッジを採用し、変換アダプターであるQ太を介してファミコンへ接続する。現在は幻のソフトとしてプレミア化。 1???年??月??日 1994年5月26日
NHK学園 スペーススクール 小学校の算数4年生 下
NHK学園 スペーススクール 小学校の算数5年生 上
NHK学園 スペーススクール 小学校の算数5年生 下
NHK学園 スペーススクール 小学校の算数6年生 上
NHK学園 スペーススクール 小学校の算数6年生 下
スーパーファミコン メタルスレイダーグローリーディレクターズカット 父の残した人型兵器の謎を彼女や妹と追う傑作ADV。FCからのリメイク作品。
ニンテンドウパワー配信ソフトとしても最終作品。
1990年11月21日 2000年11月29日*1
サテラビュー サテラQ 進Qおめでとう ピカピカのQ年生! 新作として制作・放送された最後のゲーム。ラジオ音声と完全連動した1時間のプレイヤー参加型クイズ番組。MCやアシスタントの会話を聞きながら、出題される問題にリアルタイムで答えていく。 1995年4月23日*2 1999年3月28日~4月3日
18時~19時*3*4
ドクターマリオBS版 サービス終了日の最後に放送されたゲーム。同名落ち物PZLのSFC移植版で、テトリスとのカップリングだった海外ソフトからの流用作。1997年の初回放送時は国内未発売だったが、翌1998年にはニンテンドウパワー書き換えで販売された。 2000年6月30日
22時~23時*5
バーチャルボーイ バーチャルボウリング 現在はプレミア価値の付く入手困難ソフト。 1995年7月21日 1995年12月22日
SDガンダム DIMENSION WAR 『SDガンダムワールド ガチャポン戦士』シリーズの系譜を持つ作品。
色々と雑な要素も多く完成度は高くない……むしろ低いです。
NINTENDO64 ボンバーマン64 ACTとACT+PZLのオムニバスゲーム。シリーズ16周年記念として関連ゲームを4つ収録。 1996年6月23日 2001年12月20日
64DD マリオアーティスト ポリゴンスタジオ 当初予定より遅れて配布されたシリーズ最終作の3Dモデル作成ソフト。自作モデルでポリゴンパーツを探す異世界探検ACT+ADV「じっけんワールド」をメインにミニゲームも収録。
このうち「サウンドボンバー」は『メイド イン ワリオ』の元ネタになった。
1999年12月1日*6 2000年8月29日*7
ニンテンドーゲームキューブ ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス 言わずと知れたゼル伝シリーズ。過去作よりリアル、ダークな演出がされた。
Wii版と同時発売だが、GC版はネット販売のみ。
またWii版の鏡面世界ということでマップなどがすべて反転している。
2001年9月14日 2006年12月2日
Wii ドラゴンクエストX いにしえの竜の伝承 オンライン 2012年8月2日に運営開始したMMOのバージョン3拡張ディスク。Wii UとWindowsでは2015年12月にバージョン3までのオールインワンパッケージが発売されたものの、Wiiでは未発売。
Wii版は当バージョン最終日の2017年11月15日をもって運営終了。Wii版プレイヤーにはNintendo Switch版への無償移行キャンペーンを期間限定で実施。
2006年12月2日 2015年4月30日
Wii (Wiiウェア) Art Styleシリーズ:PENTA TENTACLES 深海を漂う触手を操作し、エネミーを捕食していくACT。 2011年10月18日
Wii U ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ (ver.1-ver.4) 前述のMMOのバージョン4までを収録したディスク。
Wii U版バージョン5は追加コンテンツとしてダウンロード版のみ供給、パッケージ版の販売はなし。
2012年12月8日 2018年7月26日
Wii U (ダウンロードソフト) ドラゴンクエストX いばらの巫女と滅びの神 オンライン 前述のMMOのバージョン5。Wii U全体で最後のソフト。
ちなみに、本作を除いたWii U最後のダウンロード専用ソフトは『スペロイド』になる。
2019年10月24日
SG-1000 ロレッタの肖像 シャーロック・ホームズを題材にしたコマンド選択式ADV。
物語は肖像画の捜索から始まり過去の失踪事件へ、そして新たな殺人事件へと展開する。パッケージデザインはマークIII用ソフトに準じている。
1983年7月15日 1987年2月18日
SG-1000 カードキャッチャ (マイカード) ザ・ブラックオニキス 1984年に発売された事実上日本初のファンタジーRPGの移植作。
伝説の宝石ブラックオニキスを求める冒険者として、地下迷宮へ挑むことになる。
1985年7月??日 1987年3月
セガ・マークIII ボンバーレイド 縦スクロールSTG。「ソニックブーム」の移植作だがほぼ別物。 1985年10月20日 1989年2月4日
セガ・マークIII (マイカードマークIII) ウッディポップ 新人類のブロックくずし おもちゃの世界で展開されるファンシーなブロック崩し。崩すのは積み木。初のパドルコントロール専用ソフトかつ同梱販売。後にゲームギアへ移植された。 1987年3月15日
メガドライブ 魔導物語I 『魔導物語1-2-3』のEP1移植作。 1988年10月29日 1996年3月22日
メガドライブ (セガチャンネル) アースワームジム2 世界的人気を誇るミミズ男のアクションゲーム。
セガサターン版も発売された。メガドライブ版は日本ではセガチャンネル専用限定ソフトとして配信され、海外のみパッケージ版が存在。
最後のセガチャンネル限定ソフトかつメガドライブ全体で最後のソフト。
1994年6月??日 1996年9月??日
テラドライブ (専用ソフト) パズルコンストラクション メガドライブ内蔵パソコン最初の専用ソフトかつ最後の専用ソフト。 1991年5月31日 1991年??月
メガCD シャドウラン 魔法の蘇った近未来を描くサイバーパンクTRPGを原作としたRPG。
本作は日本版リプレイの続編という位置づけで、原作準拠の作品は1994年にデータイーストよりSFCで発売されている。
1991年12月12日 1996年2月23日
スーパー32X バーチャファイター 同名3Dアーケード格闘ゲームの移植。隠れた良移植としても知られる。 1994年12月3日 1995年10月20日
レーザーアクティブ (MEGA-LD) 3Dバーチャルオーストラリア 1993年8月20日 1995年3月11日
セガサターン 悠久幻想曲 保存版 Perpetual Collection ファンタジー世界の地方都市を舞台にした恋愛ADVシリーズ。
シリーズ1作目、2作目、FD2本が同梱。
1994年11月22日 2000年12月7日
ドリームキャスト カラス マイルストーンシューティングゲームの一つ。Wiiにも移植されている。 1998年11月27日 2007年3月8日
PlayStation BLACK/MATRIX OO 今は亡きフライト・プラン制作のシミュレーションRPGシリーズの一つ。 1994年12月3日 2004年5月13日
PlayStation2 ファイナルファンタジーXI アドゥリンの魔境 2002年5月16日に運営開始したMMOの拡張ディスク第5弾。
PS2版は2016年3月末をもって運営終了。
2000年3月4日 2013年3月27日
PlayStation3 FIFA 19 世界的人気のサッカーゲーム『FIFA』シリーズ。 2006年11月11日 2018年9月28日
PlayStation3 (ダウンロードソフト) UNDER NIGHT IN-BIRTH Exe:Late[st] アーケードゲームの移植。
PlayStation4やPSVitaでも発売及び配信されている。
PlayStation4版とのクロスプラットフォーム対戦可能。
2017年7月20日
Xbox ザ・キング・オブ・ファイターズ ネオウェイブ 『KOF』の番外策で『2002』をベースにした作品。
なお、本一覧表ではこのタイトルをラストとしているが、正確には本作がラストタイトルではない。下記参照。
2002年2月22日 2006年3月30日
Xbox360 モンスターハンター フロンティアG9 プレミアムパッケージ モンスターハンターフロンティアGの大型アップデート第九弾。
本作を最後に日本国内におけるソフト展開は終了した。
2005年12月10日 2015年11月18日
Xbox360 (Xbox Live Arcade) Mighty No. 9 稲船敬二が作るロックマン風アクションゲーム。
Xbox One、PlayStation3、PlayStation4、Wii Uなどでも配信された。
2016年6月21日
カセットビジョン エレベーターパニック 同ハードで発売された『モンスターマンション』の続編。
従来のソフトよりも低価格で、カセットの色も明るい白色に変更。
1981年7月30日 1984年8月1日
スーパーカセットビジョン ポールポジションII「予選スタートです」 1983年に稼動したナムコのレースゲームを移植。
グラフィックや動きは末期のソフトらしく評価は高い。ただし、操作性が悪い。
1984年7月17日 1986年?月?日
PCエンジン (Huカード) 藤子・F・不二雄の21エモン めざせ!ホテル王 1992年3月に放送終了したアニメを題材にしたボードゲーム。
長期延期によりアニメ終了後2年半越え、PCエンジンソフト全般のCD移行後にカードで発売。
1987年10月30日 1994年12月16日
PCエンジン スーパーグラフィックス 1941 Counter Attack 1990年に稼働したカプコンのシューティングゲームを移植。 1989年12月8日 1991年8月23日
PCエンジン (CD-ROM2) レインボーアイランド 1987年に稼働したタイトーのアクションゲームを移植。1989年予定から遅れて発売。
CDということでBGMは基板から採録したデータを再生。オリジナル主題歌も収録。
1988年12月4日 1993年6月30日
PCエンジン (SUPER CD-ROM2) デッド・オブ・ザ・ブレイン 1&2 同名タイトルの『死霊の叫び』『2』のカップリング移植。
一部店舗での限定販売。PCエンジン全体で最後のソフト。
1991年9月21日*8 1999年6月3日
PCエンジン (アーケードカード) 魔導物語I 炎の卒園児 上記「魔導物語I」と同様、Ep1の移植作。 1994年3月12日 1996年12月13日
レーザーアクティブ (LD-ROM2) GOKU 荒俣宏氏の解説で世界七不思議を楽しむ作品。
音楽が細野晴臣氏だったり地味にクオリティが高い。
1993年8月20日 1995年10月20日
PC-FX ファーストKiss☆物語 ヒロインとキスを交わすのが目的の恋愛ADVゲーム。
PlayStation、ドリームキャスト、PlayStation2に移植されたが18歳以上対応シーンは差し替え。
1994年12月23日 1998年4月27日
ネオジオ サムライスピリッツ零スペシャル サムライスピリッツ零のバランス調整版。 1990年1月31日 2004年7月15日
ネオジオCD ザ・キング・オブ・ファイターズ'99 ~Millennium Battle~ ザ・キング・オブ・ファイターズ新章ネスツ編第一作。 1994年9月9日 1999年9月23日
3DO 井手洋介名人の新実戦麻雀 FCから続くカプコンの井手名人監修麻雀ゲーム3作目。PlayStationとセガサターンでも発売。 1994年3月20日 1996年6月28日
データック Jリーグ スーパートッププレイヤーズ SFC等上位機種が主流な時代に相当劣る見た目のサッカーゲーム。
データック専用ということでコレクター価格は妙に高い。
1992年12月29日 1994年4月22日
プレイディア 激走戦隊カーレンジャー ~たたかえ!ひらがなレーサー~ 特撮『激走戦隊カーレンジャー』のゲーム作品。 1994年9月23日 1996年6月26日
ピピンアットマーク アットマークカードSDガンダム外伝 PowerMac版も発売。
ネットワークを活用した要素もあるオリジナルカードバトル。
1996年3月28日 1997年9月19日
スーファミターボ SDガンダムジェネレーション ザンスカール戦記 SDガンダムのウォーSLG。全6作あり、各々登場ユニットやシナリオマップが異なる。
スーファミターボにカセットを2つ挿すと育成した部隊同士で対戦が可能。
1996年6月28日 1996年9月27日
SDガンダムジェネレーション コロニー格闘記
美少女戦士セーラームーン セーラースターズ ふわふわパニック2 アニメを題材にしたACT+PZLの2作目。セーラー戦士を操作し上から降ってくる色とりどりの風船にビームを当てて消していく。
クレヨンしんちゃん 長ぐつドボン アニメを題材にした固定画面の対戦型ACT。しんのすけを操作して相手に水しぶきをかけて攻撃し、最後まで残ったプレイヤーが勝ち。
PV-1000 エキサイト麻雀 カシオが自社開発した数少ないソフトの一つ。 1983年10月??日 198?年??月
マイシールコンピューター ルーピー チャクラくんのおまじないパラダイス 学年誌掲載の漫画『おまじないネコ♥チャクラくん』を題材にした占いゲーム 1995年10月 1997年??月
アタリ ジャガー キャノン・フォッダー ムーミンが日本国内に輸入販売を行った最後のソフト。
欧米市場ではこの後もソフトが発売されている。
1994年12月8日*9 1995年5月26日
キッズコンピュータ ピコ 甲虫王者ムシキング あつめてあそぼう甲虫図鑑 当時人気だった男児向けトレーディングカードアーケードゲームを題材にした図鑑+ミニゲーム集。トイザらスで特製本体とのセット版も販売。放送開始したばかりのアニメではなく、アーケードゲームのキャラゲー。 1993年6月26日 2005年4月
アドバンスピコ ビーナ カーズ2 レーシングビーナ めざせ!ワールドチャンピオン! アニメ映画を題材にしたレース+知育ゲーム。ハンドル状のレーシングコントローラ付属。特製本体とのセット版も販売。 2005年8月6日 2011年7月28日


◆携帯機

ハード名 最終ソフトタイトル ゲーム内容 ハード発売日 最終ソフト発売日
ゲームボーイ From TV animation ONE PIECE 幻のグランドライン冒険記! 人気アニメを題材としたRPG。最後のゲームボーイ&カラー共通+スーパーゲームボーイ対応GBソフトでもある。
原作開始からアラバスタ王国編までと劇場版のストーリーが体験できる。ドットで再現されたOPアニメなどクオリティも高い。
1989年4月21日 2002年6月28日
スーパーゲームボーイ 1994年6月14日
ゲームボーイカラー (カラー専用ソフト) ドラえもんのスタディボーイ かんじよみかきマスター 小学生低学年向けの漢字教育ゲーム。
ドラえもんを起用したゲームボーイ用学習ソフトシリーズの最終作でもある。
1998年10月21日 2003年7月18日
ゲームボーイアドバンス ファイナルファンタジーVIアドバンス ファイナルファンタジーVIのGBA移植作。 2001年3月21日 2006年11月30日
ニンテンドーDS 特命戦隊ゴーバスターズ 特撮『特命戦隊ゴーバスターズ』のゲーム作品。 2004年12月2日 2012年9月27日
ニンテンドーDSi (DSi専用カード) モンスターファインダー カメラで写した画像データをモンスター化し戦わせるバトルゲーム。
DSi専用カードはこれ1作のみなので、最初のDSi専用カードでもある。
2008年11月1日 2009年11月19日
ニンテンドーDSi (DSiウェア) G.Gシリーズ7作品(エアピンボールホッケーなど) DSiウェアで発売されたミニゲームシリーズをまとめ、さらに新作ミニゲームも追加収録したカードソフト「G.Gシリーズコレクション+」から、新作ミニゲームを単品DL販売。 2015年7月8日
ニンテンドー3DS 大東亜興亡史DX~第二次世界大戦~ 『大戦略 大東亜興亡史』シリーズの作品。
2018年春に発売する予定だったが延期を繰り返した結果、3DS最後のソフトと化した。
2011年2月26日 2019年5月23日
ニンテンドー3DS (ダウンロードソフト) トコトコネコパズル シュレディンガーの箱庭 ブロックを落とし、ネコをネコ缶まで導くパズルゲーム。
なお、本一覧表ではこのタイトルをラストとしているが、正確には本作がラストタイトルではない。下記参照。
2018年11月28日
ニンテンドー3DS (DSiウェア) ファミコンウォーズDS 失われた光 海外ではニンテンドーDS専用ソフトとして発売していた『ファミコンウォーズ』シリーズの作品。
クラブニンテンドーの2013年度プラチナ会員の特典として無料配信。
「ニンテンドー3DS専用DSiウェア」のソフト。
2013年10月30日
Newニンテンドー3DS ファイアーエムブレム無双 『ファイアーエムブレム』シリーズと『無双』シリーズのコラボ作品。
Nintendo Switch版と同時発売。
2014年10月11日 2017年9月28日
Newニンテンドー3DS (ダウンロードソフト) ドラゴンファングZ 竜者ロゼと宿り木の迷宮 iOS・Androidのローグライクゲーム『ドラゴンファング ~竜者ドランと時の迷宮~』を元にした買い切りの作品。
SwitchやPS4でも発売されている作品がNew3DS専用として展開。2年以上経って最後のソフトが更新されるとは誰が思ったか。
2019年12月23日
ゲームギア Gソニック カオスエメラルドをめぐってソニックが島を走り回るACT。
当時SEGAは本作を最後に携帯ゲームから撤退、4年後のGBA「チューチューロケット」で復帰した。
1990年10月6日 1996年12月13日
ネオジオポケット ロックマン バトル&ファイターズ 『ロックマン・ザ・パワーバトル』のネオジオポケット移植版。 1998年10月28日 2000年7月6日
ネオジオポケットカラー (カラー専用ソフト) SNK VS. CAPCOM カードファイターズ2 EXPAND EDITION 今作の発売直後にSNKが倒産。どういう状況で作ったの……!? 1999年3月19日 2001年9月13日
ワンダースワン (モノクロ・カラー両対応) テトリス 言わずと知れた元祖落ち物ゲーの移植作。 1999年3月4日 2002年4月18日
ワンダースワンカラー Dicing Knight. 第2回ワンダーウィッチ・プログラミングコンテスト「WWGP2002」グランプリ作品の商業化作品。 2000年12月9日 2004年5月31日
PlayStation Portable 神々の悪戯(あそび) InFinite いわゆる乙女ゲー。PSvita版と同時発売。
人間嫌いの神々と箱庭に閉じ込められた少女が、神と人の絆を取り戻すため奮闘する。
2004年12月12日 2016年4月21日
PlayStation Portable (ダウンロードソフト) 遊☆戯☆王アーク・ファイブ TAGFORCE SPECIAL 3年ぶりに登場した『遊戯王 TAG FORCE』シリーズ。 2015年7月8日
PlayStation Vita アオナツライン 3人のヒロインと共に夏休みを満喫できる恋愛ADV。 2011年12月17日 2020年4月23日
PlayStation Vita (ダウンロードソフト) 夢現Re:After 『夢現Re:Master』のファンディスク的ゲーム。
PlayStation4、Nintendo Switchでも発売。
2020年4月23日
ゲームポケコン 倉庫番 『倉庫番』シリーズのゲームポケコン移植版。 1984年11月??日*10 1985年4月??日
アタリ リンクス 上海 ムーミンが日本国内に輸入販売を行った最後のソフト。
欧米市場ではこの後もソフトが発売されている。
1989年9月1日 1991年8月2日
ポケモンミニ ポケモンそだてやさんミニ キモリ・アチャモ・ミズゴロウのうち1匹を選び、食事やブラッシングなどのお世話や遊びでパラメータを上げる育成ゲーム。要はポケモン版たまごっち。 2001年11月26日*11 2002年12月14日

★拡張コントローラ・周辺機器専用ソフト

使用に際し拡張コントローラや拡張メモリ、モデムなどが必須となる最後の専用ソフトを挙げる。
最後の「対応」ソフトではないのでご注意を。

★据置機

ハード名 周辺機器名 最終ソフトタイトル ゲーム内容 周辺機器発売日 最終ソフト発売日
ファミリーコンピュータ 光線銃 ホーガンズアレイ 市民や警察官に紛れているギャングを判別して射撃するガンシューティング。
最後の光線銃対応ソフトではない。
1984年2月18日 1984年6月12日
ファミリーベーシック ファミリーベーシックV3 ファミリーベーシックのGAME BASICモードに特化したアップデート版。
ファミリーベーシック専用カセットとして単体販売された。
1984年6月21日 1985年2月21日
ファミリーコンピュータロボット ジャイロ 『ジャイロセット』の同梱ソフト。 1985年7月26日 1985年8月13日
ファミリートレーナー 来来キョンシーズ ベビーキョンシーのあみだ大冒険 当時のキョンシーブームにより制作された児童向けドラマを題材にしたアクション。原作ドラマではマスコット的ポジションのベビーキョンシーが主人公。
本作を最後にファミリートレーナーのブランドは2008年まで休止する。
1986年11月12日 1989年1月26日
カラオケスタジオ カラオケスタジオ専用カセット トップヒット20 Vol.2 カラオケスタジオに20曲の追加曲を提供する専用ソフト。 1987年7月30日 1988年2月18日
井出洋介名人の実戦麻雀 専用コントローラー 井出洋介名人の実戦麻雀 井出洋介プロ監修の麻雀ゲー。後にMSX版も発売。
続編は専用コントローラーに対応はしているが専用ではなくなった。
1987年9月24日
エアーバック*12 エキサイティングボクシング 大型の周辺機器によって実現されたファミコンでの体感型ゲーム。
同梱ソフトなので最初のエアーバック専用ソフトだが、専用ソフト及び対応ソフトに関してはこれ1作のみである。
1987年12月16日
バンダイ ハイパーショット スペースシャドー 惑星ノードバルを占拠するエイリアンを倒すSTG。
同梱ソフトなので最初のバンダイ ハイパーショット専用ソフトだが、専用ソフト及び対応ソフトに関してはこれ1作のみである。
1989年2月15日
ターボファイルII ベストプレープロ野球データROM '90-Jun. アスキー直販部からの通販でのみ販売されたターボファイルII専用ソフト。
'89-Apr.以上の伝説の存在として扱われ、発売中止説も流れた。
1989年5月30日 1990年??月??日
マット&トンカチ スーパーモグラたたき ぽっくんモグラー 専用のマットとトンカチを使ったモグラ叩きの体感型ゲーム。
同梱ソフトなので最初のマット&トンカチ専用ソフトだが、専用ソフト及び対応ソフトに関してはこれ1作のみである。
1989年12月8日
おえかキッズ アンパンマンのひらがなだいすき アンパンマン題材の5つのゲームが遊べる。 1990年10月25日 1991年3月26日
コンビニウォーズ バーコードバトラーII 時空を超えた戦士達 バーコードワールド 大人気電子ゲーム機と連動して遊ぶゲーム。
続編の『バーコードバトラー戦記 スーパー戦士出撃せよ!』はバーコドバトラーIIに対応しているが専用ではなくなった。
1992年夏頃? 1992年12月18日
スーパーファミコン スーパーファミコンマウス マリオとワリオ 妖精ワンダを操作して迷路内の仕掛けや敵を処理しつつ、前に歩き続けるマリオたちをゴールへ誘導するパズル要素の強いACT。マウス同梱版も発売。
最後のマウス対応ソフトではない。
1992年7月14日*13 1993年8月27日
スーパースコープ DESTRUCTIVE 近未来的世界観を舞台にする横スクロールSTG。
最後のスーパースコープ対応ソフトではない。
1993年6月21日 1993年8月27日
サテラビュー BS-X -それは名前を盗まれた街の物語- サテラビュー同梱品でデータ放送を受信するための衛星放送専用カセット。MOTHERのような奥行きを描いた俯瞰視点の街マップが特徴。
衛星放送対応カセットはツクールシリーズをはじめ複数あるが、「専用」は本作だけ。
1995年4月中旬
NINTENDO64 NINTENDO64 VRS
(音声認識システム)
ピカチュウげんきでちゅう プレイヤーの声でピカチュウとコミュニケーションを取り、様々な体験をする対話ADVゲーム。VRSシステムとのセット販売。
専用ではないVRS対応ソフトは「電車でGO!64」のみ。
1998年12月12日
メモリー拡張パック
(ハイレゾパック)
パーフェクトダーク 近未来世界を舞台にしたレア社開発のFPS。海外版は対応ソフトだが、日本版は専用ソフトとして発売。 1999年6月18日 2000年10月21日
NINTENDO64モデム ランドネットディスク 64DD専用のインターネットブラウザ。モデムとともに64DD本体へ同梱予定だったが、不具合で後日配布となりネットサービスも延期。ユーザーはディスク到着までモデムを持て余すこととなった。
他のモデム対応ソフトはネットなしでもデータ保管庫や素材集として使える「マリオアーティスト コミュニケーションキット」のみ
1999年12月1日*14 2000年2月23日*15
ニンテンドーゲームキューブ ニンテンドーゲームキューブマイク 大玉 『シーマン』を手掛けた斎藤由多加が送るピンボールゲー。
店頭販売された最後の任天堂製ゲームキューブ用ソフトでもある。
2004年11月18日 2006年4月13日
Wii バランスWiiボード Wii Fit Plus 世界的人気となったWii Fitに追加要素を加えたアップデート版。
バランスWiiボード同梱版も発売。
最後のバランスWiiボード対応ソフトではない。
2007年12月1日 2009年10月1日
ファミリートレーナー専用マットコントローラ いっしょに遊ぼう! ドリームテーマパーク 遊園地のアトラクションを再現した25種類の体感ミニゲーム集。 2008年5月29日 2011年12月15日
Wiiスピーク Wiiスピークチャンネル ボイスチャット用のWiiチャンネル。Wiiスピーク同梱の引換番号で入手可能なダウンロード専用無料ソフト。現在はサービス終了。 2008年11月20日*16 2008年12月4日
Wii専用USBマイク カラオケJOYSOUND Wii SUPER DX 『カラオケJOYSOUND Wii』シリーズの決定版。
「全国採点」やDSiウェアを活かしたニンテンドーDSiシリーズとの連携機能を追加。
2008年12月18日 2010年12月9日
Wiiモーションプラス ゼルダの伝説 スカイウォードソード ゼルダ史の始まりを描くWii最後のゼルダ。
特別仕様のWiiリモコンプラス同梱版も発売。
2009年6月25日 2011年11月23日
Wii U Wiiモーションプラス マリオ&ソニック AT ソチオリンピック ソチオリンピックを舞台にしたマリオ&ソニック。
Wii U専用ソフトだが、遊ぶにはWiiモーションプラス必須のWiiモーションプラス専用ソフト。
2009年6月25日*17 2013年12月5日
バランスWiiボード Wii Fit U Wii Uにおける最初のバランスWiiボード専用ソフトだが、これ一作のみなので最後のバランスWiiボード専用Wii Uソフト。
バランスWiiボード同梱版も発売。
2007年12月1日*18 2014年2月1日
amiibo ミニマリオ&フレンズ amiiboチャレンジ 『マリオvs.ドンキーコングシリーズ』系譜の作品。ソフトは無料配信でニンテンドー3DS版も同時配信。
最後のamiibo対応ソフトではない。
2014年12月6日 2016年1月28日
ライドゲート&ライドフィギュア 仮面ライダー サモンライド! 専用の周辺機器とフィギュアを用いるライダーゲー。
同梱ソフトなので最初のライドゲート専用ソフトだが、専用ソフト及び対応ソフトに関してはこれ1作のみである。
2014年12月04日
セガマークIII パドルコントロール め組レスキュー 火事になった建物から人々を救助するブロック崩し風ACT。
アーケード版も開発されたが未リリース。後のファミコン移植版「飛ing(フライング)ヒーロー」は十字キー操作となった。
1987年3月15日 1988年7月30日
3D-グラス ブレードイーグル 3Dグラス最後の専用ソフトは縦スクロールSTG。 1987年11月7日 1988年3月26日
セガ スポーツパッド スポーツパッドサッカー 同梱ソフトで単純なサッカーゲーム。
同梱ソフトなので最初のセガ スポーツパッド専用ソフトだが、専用ソフト及び対応ソフトに関してはこれ1作のみである。
1989年10月29日
メガドライブ メガモデム サンサン~囲碁通信対局ネットワーク~ インターネット囲碁対局で知られるサンサンが提供したメガモデム専用ソフト。
専門店や雑誌などの通信販売による限定発売であり、現在はプレミア化。
1990年11月3日 1994年?月?日
セガサターン セガサターンモデム Dragon's Dream 家庭用ゲーム機史上初のオンラインRPG。後にWindows版も運営開始。
クライアントCD-ROMは無料配布された。1999年10月運営終了。
最後のセガサターンモデム対応ソフトではない。
1996年7月27日 1997年12月20日
拡張RAMカートリッジ1MB サムライスピリッツ 天草降臨 アーケードで稼働していた『サムライスピリッツ』シリーズの移植版。
拡張RAMカートリッジ4MBには対応していない。
最後の拡張RAMカートリッジ1MB対応タイトルではない。
1996年9月20日 1997年10月2日
拡張RAMカートリッジ4MB ファイナルファイト リベンジ アーケードで稼働していた『ファイナルファイト』シリーズの移植版。
拡張RAMカートリッジ4MBがないと遊べない専用ソフト。
1996年11月27日 2000年3月30日
ドリームキャスト マイクデバイス シーマン ~禁断のペット~ 2001年対応版 コンプリートキット シーマンの2001年対応版とシーマン育成キットをセットにしたソフト。 1999年11月25日 2001年8月9日
ドリームキャスト・カラオケ セガカラ for ドリームキャスト ドリームキャスト・カラオケに同梱されている専用ソフト。
2006年4月30日で配信サービス終了。
同梱ソフトなので最初のドリームキャスト・カラオケ専用ソフトだが、専用ソフト及び対応ソフトに関してはこれ1作のみである。
2001年3月29日
PlayStation 立体ロボ ZXE-D PlayStation本体に専用プラモデルを接続して遊ぶロボット格闘ゲー。
同梱ソフトなので最初の立体ロボ専用ソフトだが、専用ソフト及び対応ソフトに関してはこれ一作のみである。
1996年12月20日
キッズステーション ペンつきコントローラ キッズステーションおしゃべりおえかき ハローキティとアルバム日記をつくりましょ 世界各国をキティといっしょに旅をしてアルバム日記を作るゲーム。 2002年12月19日 2003年3月27日
PlayStation2 シーマイクコントローラ シーマン2 ~北京原人育成キット~ 『シーマン』シリーズの続編。なお、シーマイクコントローラは他のPS2用マイク専用ソフトにも対応しているが、PS2のシーマンシリーズをPS2用マイクで代用してのプレイは不可能。 2001年11月15日*19 2007年10月18日
EyeToy ボボボーボ・ボーボボ 集まれ!! 体感ボーボボ 『ボボボーボ・ボーボボ』のゲーム化作品。 2004年2月11日 2004年12月16日
PlayStation3 PlayStation Eye メモーション 単品販売されたCEJH-15001の同梱ソフト。
最後のPlayStation Eye対応ソフトではない。
2007年10月25日 2008年7月24日
USBマイク(ECM-PCV80U) JOYSOUND.TV Plus 『カラオケJOYSOUND』シリーズのPlayStation3版のダウンロード専用ソフト。 2008年12月18日*20 2014年12月11日
Wii U ワイヤレスマイク
Wii U マイク
Wii専用USBマイク
PlayStation Move Book of Spells ハリーポッターシリーズと同一世界観の作品。
最後のMove対応ソフトでは無い。
2010年10月21日 2013年11月7日
ライドゲート&ライドフィギュア 仮面ライダー サモンライド! 専用の周辺機器とフィギュアを用いるライダーゲー。
同梱ソフトなので最初のライドゲート専用ソフトだが、専用ソフト及び対応ソフトに関してはこれ1作のみである。
2014年12月04日
PlayStation4 PlayStation VR VARK Live Platform 基本プレイ無料のVR専用のライブサービスソフト。 2016年10月13日 2020年3月11日
Xbox 鉄騎専用コントローラー 鉄騎大戦 巨大専用コントローラーを使う「鉄騎」のオンライン対人戦特化の続編。
一部仕様が変更された専用コントローラーと前作を付属した同梱版も発売。
2002年9月12日 2004年2月26日
Xboxボイスコミュニケータ N.U.D.E.@ Natural Ultimate Digital Experiment 美少女ロボットに話しかけて育成していく音声認識ゲーム。 2003年1月16日 2003年4月24日
Xbox 360 Kinect for Xbox 360 ディズニー ファンタジア:音楽の魔法 360Kinect最後の専用ソフト。
Xbox One(Kinect for Xbox One)版も同時発売。
2010年11月20日 2015年04月23日
Xbox One Kinect for Xbox One OneKinect最後の専用ソフト。
Xbox 360(Kinect for Xbox 360)版も同時発売。
2014年9月4日

★携帯機

ハード名 周辺機器名 最終ソフトタイトル ゲーム内容 周辺機器発売日 最終ソフト発売日
ゲームボーイ バーコードボーイ モンスターメーカー バーコードサーガ 『モンスターメーカー』シリーズの作品。
最後のバーコードボーイ対応ソフトではない。
1992年12月25日 1993年8月10日
バーコードリーダー バーコード対戦 バーディガン 付属のバーコードリーダーから読み取ったモンスターを育成して戦うゲーム。
同梱ソフトなので最初のバーコードリーダー専用ソフトだが、専用ソフト及び対応ソフトに関してはこれ一作のみである。
1998年12月11日
ゲームボーイカラー フルチェンジャー ぞくぞくヒーローズ 樫本学ヴのデザインと三条陸の脚本で構成されるRPGゲーム。
フルチェンジャーの仕様の問題からゲームボーイアドバンスやゲームボーイプレイヤーでは実質プレイ不可。
2000年8月4日
モバイルアダプタGB モバイルトレーナー モバイルアダプタGB同梱のブラウザ+メーラーソフト。
同梱ソフトなので最初のモバイルアダプタGB専用ソフトだが、専用ソフトに関してはこれ1作のみである。
最後のモバイルアダプタGB対応ソフトではない。
2001年1月27日
ゲームボーイアドバンス プラストゲート 冒険遊記プラスターワールド ~伝説のプラストゲートEX~*21 『冒険遊記プラスターワールド ~伝説のプラストゲート~』のマイナーチェンジ版。 2003年4月24日 2003年12月4日
ソウルドールアダプター レジェンズ~サインオブネクロム~ バンダイで展開された『レジェンズ』のゲームシリーズ最終作。 2004年7月29日 2005年2月17日
ニンテンドーDS メモリー拡張カートリッジ ニンテンドーDSブラウザー DSのダブルスロット機能を利用したインターネットブラウザー観覧用ソフト。
同梱ソフトなので最初のメモリー拡張カード専用ソフトだが、専用ソフト及び対応ソフトに関してはこれ一作のみである。
2006年7月24日
セガカードリーダー HCV-1000 カードであそぶ! はじめてのDS 同梱カードをスキャンしてことば遊びや塗り絵などが楽しめる知育ゲーム。カードリーダーとのセット販売。
DSとGBAの両スロットを併用する最後のダブルスロット専用ソフトで、DSiシリーズや3DSシリーズではプレイ不可。
最後のダブルスロット対応ソフトではない。
2006年11月22日*22 2009年3月19日
顔認識カートリッジ*23 資生堂ビューティソリューション開発センター監修 プロジェクトビューティ 資生堂とセガが共同開発したトータルビューティツール。 2007年8月2日*24 2008年11月27日
スライドコントローラ スライドアドベンチャー マグキッド 磁石の力を使って冒険するアクションゲーム。
同梱ソフトなので最初のスライドコントローラ専用ソフトだが、専用ソフト及び対応ソフトに関してはこれ一作のみである。
2007年8月2日
マジックリーダー 獣神伝 アルティメットビーストバトラーズ DSのダブルスロット機能を利用したニンテンドーDSとTCGの融合型ソフト。
同梱ソフトなので最初のマジックリーダー専用ソフトだが、専用ソフト及び対応ソフトに関してはこれ一作のみである。
2007年9月27日
専用ギターグリップ ギターヒーロー オン ツアー 『ギターヒーロー』シリーズのニンテンドーDS進出作。
同梱ソフトなので最初の専用ギターグリップ専用ソフトだが、専用ソフト及び対応ソフトに関してはこれ一作のみである。
2008年9月25日
生活リズム計 歩いてわかる 生活リズムDS 『Touch! Generations』シリーズの一作で、専用歩数計を用いて生活リズムをチェックできるツールソフト。
同梱ソフトなので最初の生活リズム計専用ソフトだが、専用ソフト及び対応ソフトに関してはこれ一作のみである。
2008年11月1日
ニンテンドー3DS amiibo*25 ミニマリオ&フレンズ amiiboチャレンジ 『マリオvs.ドンキーコングシリーズ』系譜の作品。ソフトは無料配信でWii U版も同時配信。
最後のamiibo対応ソフトではない。
2014年12月6日 2016年1月28日
爆釣バーロッド 爆釣バーハンター 専用周辺機器とバーコードを用いるAR釣りゲー。
専用周辺機器は3DSシリーズの各ハードに専用で用意されたが、ニンテンドー2DSシリーズには用意されなかった。
2018年3月17日
PlayStation Portable ちょっとショット MyStylist 服やアクセをカメラで撮影、データベース化しPSP上でコーディネートする機能をメインに、日記ツールなども収録した女性向けファッションライフ・サポートツール。 2006年11月2日 2008年2月28日
PlayStation Vita TV USBマイク(ECM-PCV80U) JOYSOUND.TV Plus 『カラオケJOYSOUND』シリーズのVita TV版のダウンロード専用ソフト。
Vita版も存在するが、そちらは周辺機器は必要ではない。
2011年10月10日 2013年11月14日

●専用機能付きソフト

ゲーム機の専用ソフトのメディアに、ゲームのプレイで使われる専用機能を追加で搭載した特殊なソフトが存在する。
そのような新機能を追加したメディアを採用した最後の専用ソフトを挙げる。
なお、「カセットのデザインや形状が多少異なる」などの場合は「専用機能」とは異なるため、ここには記載しない。

●据置機

ハード名 メディア名 最終ソフトタイトル ゲーム内容 メディア発売日 最終ソフト発売日
ファミリーコンピュータ 親ガメカセット なんてったって!!ベースボール ダブルスロットシステムを持つカセットが特徴の野球ゲームで、子ガメカセットによるデータ変更を実現した。 1990年10月26日
子ガメカセット なんてったってベースボール 子ガメカセット'91開幕編 なんてったって!!ベースボールのデータ更新用ゲームカセット。 1991年2月28日*26 1991年5月31日
NINTENDO64 スマートメディア専用カセット マリオのふぉとぴー 独自の専用カセットを利用してスマートメディアとの連動が可能な編集ソフト。
スマートメディア専用カセットはこれ一作のみ。
1998年12月2日
SG-1000 テレビおえかき用カートリッジ テレビおえかき ペンタブ型のデバイスとロムカートリッジが一体化したお絵かきソフト。 1985年??月??日

●携帯機

ハード名 メディア名 最終ソフトタイトル ゲーム内容 メディア発売日 最終ソフト発売日
ゲームボーイカラー 動きセンサーカートリッジ コマンドマスター 吉崎観音がデザインを担当した動きセンサーを利用する体感バトルゲーム。 2000年8月23日*27 2000年11月12日
ゲームボーイアドバンス 動きセンサーカートリッジ ヨッシーの万有引力 世界を傾ける力を授かったヨッシーが冒険するアクションゲーム。 2002年3月8日*28 2004年12月9日
太陽センサーカートリッジ 新・ボクらの太陽 〜逆襲のサバタ〜 太陽光の利用で話題を呼んだ『ボクらの太陽』シリーズのゲームボーイアドバンス最終作。 2003年7月17日*29 2005年7月28日
回転センサーカートリッジ まわる メイド イン ワリオ 回転センサーによる回転動作を活かしたプチゲームで遊ぶ『メイド イン ワリオ』シリーズ。
回転センサーカートリッジはこれ一作のみ。
2004年10月14日
振動カートリッジ スクリューブレイカー 轟振どりるれろ ゲームフリークが開発したドリルアクションゲーム。Wii Uのバーチャルコンソールでも配信された。
振動カートリッジはこれ一作のみ。
2005年9月22日
ニンテンドーDS DS方位センサーカード 星空ナビ 方位センサーカードによって星空とニンテンドーDSを連動させるガイドソフト。
DS方位センサーカードはこれ一作のみ。
2009年3月26日

◇補足

上記の一覧表においては、以下のような注意点が存在する。

上記の一覧表では、海外における最後のソフトは考慮していない。
小型化して復刻されたハードのみに収録の新作*30も除く。

  • メーカー非公認ソフト
メーカー公認では無いアンオフィシャルソフトも基本的には考慮しない。
例えば、ファミリーコンピュータは「8BIT MUSIC POWER」というソフトが2016年1月30日に発売され、2020年5月に「アストロ忍者マン」が発売されたが、任天堂のライセンスタイトルでは無い。
他にはネオジオなどでも「LAST HOPE」というソフトが2006年6月10日に、ネオジオCD版が2007年11月19日に発売されているが、メーカー公認のライセンス商品では無い。

  • 販売形態の扱い
上記の項目では、通信販売やダウンロード販売など、店頭販売されなかった最後のタイトルも存在する。
そのような販売形態のソフトでも、一覧表では最後のソフトとして記載する。

  • 周辺機器必須ソフト
周辺機器必須ソフトでは、パッケージなどに専用ではなく「対応」と表記されているものの、周辺機器がないと操作・進行できないソフト、
本来の通信機能が使えないソフトも専用とみなし掲載している。
なおディスクシステムなど別媒体のソフトを読み込むための周辺機器、SUPER CD-ROM2など周辺機器の拡張規格はハード扱いとし、こちらには掲載していない。
サテラビューはなぜか複数の最終タイトルがあるが、受信専用カセットを用い放送を通じてゲームソフトを受信する特異なハード事情によることをご容赦願いたい。

  • JOYSOUND.TV Plusの周辺機器
『JOYSOUND.TV Plus』はPlayStation系列のハードのソフトだが、任天堂ハード用の周辺機器が一覧表では掲載されている。
これは非公認の対応可能機器の記載したという訳ではなく、公式で周辺機器の対応が認定されているためである。

  • リストの正確性
一部のハードは今後最後のソフトが更新される可能性もあるので注意していただきたい。
現にドリームキャストでは、最後とされたソフトの発売後に新たにソフトが発売されるという前例が存在している。

◇参考リスト

「正確には新作とは言えない」などの理由で、一覧表ではカウントされなかったソフトについて記述する。
本項の一覧表では除外とされているが、これらのソフトも立派な「最後のソフト」である。

  • カプコン ゲームブックスシリーズ (PlayStation)
PlayStationでは『カプコン ゲームブックスシリーズ』というソフトが存在する。
これらはゲームと攻略本がセットになったシリーズであり、2007年頃までリリースされた。
だが、ゲーム内容は実質廉価版と変わらないため、一覧表では考慮しないこととする。

  • HALO ヒストリーパック (xbox)
2007年9月13日発売。傑作FPS『HALO』シリーズの1・2を同梱したもの。
『Xbox プラチナコレクション』のパッケージソフトをまとめて同梱した廉価版であるため、一覧表では考慮しなかった。
しかし、記録上はXbox最後のソフトであることは確かである。

  • Karous‐The Beast of Re:Eden‐ (ニンテンドー3DS)
ニンテンドー3DSのダウンロード専用ソフトのラストソフトは、『Karous‐The Beast of Re:Eden‐』になっている。
しかし、こちらは2014年1月23日に既に配信されており、それが詳細不明な理由で配信停止になった後、2019年2月6日に別会社から配信された物である。
旧版向けにアップデートパッチが存在する事や任天堂公式ホームページでも「再販」扱いとなっており、実質的な「配信再開」であるため、一覧表では考慮しなかった。


【ハードの寿命】


各ゲーム機の発売日と最後のソフトの発売日から、ハードの寿命を読み取ることが可能である。

PCエンジン・ネオジオ・PS2・ゲームボーイなどは10年以上ソフト販売が継続された長寿のハードと言える。
特にネオジオは14年3ヶ月という最長記録を誇り、かなり愛されたハードだろう。
海外を含めれば、アタリ リンクスがハード製造終了後もサードパーティーが2004年まで定期的にタイトルが供給していた。

一方で、光の速さで展開を終了したゲーム機も少なくない。
現状正確に確認できる最短記録(周辺機器などは除く)はバーチャルボーイであり、5ヶ月で生涯を終えた。
もっと細かく見ていくと、バーチャルボーイなどよりも更に早くソフト展開を終える形になったゲーム機もあるとされる。

基本的にハードの展開が長く続くには、状況的な要素が強い。

見てもらえばわかるように、トップシェアハードはやはり一定以上の期間ソフトが供給される。
やはりハードが長寿になるには、ハードの普及台数的な多さが重要だと思われる。

一方で、トップシェアのハードだからと言ってかなり長く続くわけでもないようだ。
例えば、ニンテンドーDSは世界で一番普及したハードであるのに全体で見ると絶対的に長い訳でもない(もちろん十分長い部類だが)。
DSが意外にも早く終えられたのは、後継機の3DSの前世代との互換保持&普及成功が大きいと思われる。
トップシェアハードでも、後継機が同じ路線でそのまま成功すると展開終了までダラダラしにくいのだろう。
現にファミコンよりもPCエンジン、DSよりもPSPの方がソフト供給期間は結果的に長くなっている。

PCエンジンやドリームキャストなどを見ると分かるように、ただ単純に広まるだけでは無く、熱心なユーザー層が一定数見込まれるゲーム機ならば、マイナーハードであろうと意外にも長く続いている。
どれほどユーザー層が離れにくいかどうかも重要なのかもしれない。
現にソフトの互換性という意味ではゲームボーイアドバンスまで合計17年、ゲームボーイは規格外のレベルで遊び続けられたことになる。

長寿の要素としては、ハードの性能面も関係するとみられる。
例えばドリームキャストはアーケードとの親和性の高さから、ハード撤退後もしばらく移植作品の供給が行われていた。
これとは逆にピコは主に幼児をユーザー層としていたことから、性能向上を積極的に求められることはなく、当時はこれといった競合ハードも存在しなかった。
このため、後継機となるビーナの発売直前までソフト供給が続けられた。

他にも、オンラインソフトが発売されることも重要だと思われる。
PS2やWiiが発売予定表を更新できたのも、FFXIやDQ10が展開されたことも大きい。

このように上記で色々と記載したが、何だかんだでハードのソフト展開がどれほど続くかはソフトメーカーの状況によるとしか言いようがないのかもしれない。


最後に言うと、『ゲーム機のソフト展開が終わった=ゲーム機の終了』では断じてない。

商品や機械(玩具)としての寿命は否定できないが、ゲーム機に終わりなどない。
メーカー公認のソフトの供給が終わっても、非ライセンスソフトの供給が続くこともある。
過去のハードのソフトの方の文化保存と永久流通を考えてもバーチャルコンソール等で移植されることがある。
さらにはレトロゲーム互換機なども多く販売されているため、実際のソフトでプレイし続けている人も決して少なくはない。
ゲーム機を手にして遊ぶユーザーがいる限り、ゲーム機に寿命なんてものは無いのだ。






追記・修正は、項目にあるソフトを購入してからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2020年07月12日 19:48

*1 予約限定版の引渡日。一般書換販売は12月1日から。

*2 本放送開始日。通販の本体配送開始は4月中旬から。

*3 放送日時が決められているゲームのため、この日時以外にプレイすることはできなかった。

*4 この後も放送サービスは2000年6月30日まで継続したが、過去作品の再放送のみとなった。

*5 当日13時~18時にも放送。外部記憶メモリ保存タイプのため放送時間外でもプレイ可能。

*6 到着日ではなく配送開始日のため地域により変動あり

*7 到着日ではなく配送開始日のため地域により変動あり

*8 SUPER CD-ROM2ソフトの使用ができる初ハード「PCエンジンDuo」発売日

*9 この発売日は日本へ輸入されての発売日。ジャガーの正確な発売日は1993年11月23日。

*10 本体外観に1984年製であることが刻まれているが、ネット上では1985年発売ともなっているために詳細不明。本項目では、山崎功の『懐かしの電子ゲーム大博覧会』記載の発売月データを採用する。

*11 ポケモンセンターオンライン予約者への先行発送開始日。一般店舗では同年12月14日発売。

*12 製品表示だが『エアーバッグ』の誤植説あり

*13 「マリオペイント」に同梱

*14 到着日ではなく配送開始日のため地域により変動あり

*15 到着日ではなく配送開始日のため地域により変動あり

*16 『街へいこうよ どうぶつの森 Wiiスピーク付き』への同梱品としての発売日。単体の発売日は2008年12月4日。

*17 WiiモーションプラスはWii U専用の周辺機器ではないため、ここでの発売日はWii U発売以前のWiiモーションプラス発売日とする。

*18 バランスWiiボードはWii U専用の周辺機器ではないため、ここでの発売日はWii U発売以前のバランスWiiボード発売日とする。

*19 『シーマン 〜禁断のペット〜 ガゼー博士の実験島』の同梱品としての発売日。

*20 専用周辺機器が多数あるため、発売日が一番早いWii専用USBマイクを基準とする。

*21 正確に言えばこの作品は専用機器を用いなくても遊べる部分があるのだが、それを遊ぶ前準備において専用機器を必須とする要素があるため、実質専用ソフトとして本項目では扱う。

*22 「オシャレ魔女♥ラブandベリー DSコレクション」に同梱。型番も同じだが呼称は「オシャレまほうカードリーダー」とされている。

*23 『フェイスニングで表情豊かに印象アップ 大人のDS顔トレーニング』では「フェイスニングスキャン」、『資生堂ビューティソリューション開発センター監修 プロジェクトビューティ』では「DSスキャン」と呼称されている。

*24 『フェイスニングで表情豊かに印象アップ 大人のDS顔トレーニング』に同梱。

*25 New3DSシリーズ以外の3DSシリーズのハードでamiiboを利用するにおいては、周辺機器『ニンテンドー3DS NFCリーダー/ライター』が必須。

*26 子ガメカセット第1弾ソフト『なんてったって ベースボール 子ガメカセット OBオールスター編』の発売日。

*27 動きセンサーカットリッジタイトル第1弾『コロコロカービィ』の発売日。

*28 動きセンサーカットリッジタイトル第1弾『コロコロパズル ハッピィパネッチュ!』の発売日。

*29 太陽センサーカットリッジタイトル第1弾『ボクらの太陽 〜太陽アクションRPG〜』の発売日。

*30 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」収録の『スターフォックス2』など。