修正依頼」が出ています。対応できる方は加筆修正をお願いします。
依頼内容は評価点・問題点の分量の補強です。


for elise ~エリーゼのために~

【ふぉー えりーぜ えりーぜのために】

ジャンル アドベンチャー
対応機種 Windows 95
【DL版】Windows 8.1/10
販売元 ビジュアルアーツ
開発元 CRAFTWORK
発売日 1996年12月6日
定価 7,800円(税別)
レーティング アダルトゲーム
配信 DLsite:2020年12月6日/2,200円
備考 BGMはCD-DA形式
判定 なし
ポイント 『さよ教』の前身
こちらもプレミアゲー
やはり救いがない
壊れていく主人公
CRAFTWORK作品
for elise ~エリーゼのために~ - flowers ~ココロノハナ~
さよならを教えて ~comment te dire adieu~

概要

さよならを教えて ~comment te dire adieu~』を手がけたCRAFTWORKの処女作。キャッチコピーは『現実と妄想と狂気と…』

タイトルは、言わずもがなルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの有名曲から。作中でも幾つかのBGMにアレンジされて用いられている。


特徴

  • システム
    • 少々コマンド風味なアドベンチャーの様相をていしており、その場所で「見る」「話す」などを規定回数実行しないと次へ進めない。それを除けば、ごく普通に物語は進む。
    • CRAFTWORKのゲームとはしては、唯一メッセージウィンドウを搭載している。
  • 1日の終わりには女性の生首が映し出される。1日ごとに目が開いていき、最終日前に完全に開くが、千歳が死んだ直後に目を閉じてスタッフロールに移る。主人公の狂気度合いを示しているのかも?
    • 余談だがこの生首、ファイル名は「elise」である。これが「エリーゼのために」という事だろうか?
  • 『さよ教』同様に、パッケージに以下のような奇妙な注意書きが書かれている。
    • このCD-ROMには正義・正論・愛・恋・友情……は入っていません。狂気・妄想・鬱・変・劣情……そんなソフトです。ご了承の上お買い上げくださるようお願い致します。
    • シナリオ担当の小林英茂氏によると、伊集院光氏の「GAMAN everybody」のフレーズのパロディらしい。

あらすじ

無能な男がいた。趣味も生き甲斐もなく、無口で暗い、ただ生きているだけの男がいた。そんな男も会社勤めを始め、社会に出るようになり、女友達ができるようになった。
いつも男につらくあたるOL、田舎から出てきたばかりの保母、自分の暗い過去を知る中学の同級生。彼女たちに振り回され、男が最期に辿りつく運命とは・……


キャラクター

登場キャラは以下のとおり。これ以外の人物も登場はするが、シナリオに深く関与はしないので割愛。

+ 折り畳み
  • 日置(名称は変更可能)
    • 本作の主人公。『さよ教』同様に、いまいち臆病で自信がなく、精神的に疲れ気味。無能なのも事実で、会社でもいじめられたりけなされたり。
    • 例の如く、彼の行動は狂った物が多い。大体は妄想するだけなのだが、最終日前後にはとうとう……
    • ただまぁ、激しい頭痛の直後に言動が豹変するシーンがある辺り、本人も思考を制御できていないのかもしれない。「ジキルとハイド」の様な状態と言った所か。
  • 八重垣千歳
    • 本作のメインヒロイン。主人公と同じ営業課に所属する入社3年目のOL。お堅いイメージの女性で、他人に対して無関心。主人公は彼女に恋心を抱いている。
    • 主人公に辛く当たる部分はあるが、基本的に真っ当な人。しかし最後には……
  • 神渡真澄
    • 高校3年生。陸上部に所属する元気はつらつな少女。恋人を姉の七笑に取られた事から、主人公に接近する。
    • 下記の姉・七笑に「名刺を渡す」選択肢を選ぶと彼女が登場する。一見するとごく普通の女子高生だが……?
  • 神渡七笑
    • 商店街の歯科クリニックに勤務。他人のことなどどうでもいい、かなり身勝手なタイプ。男遊びの激しさから、妹とのいざこざに発展している。
    • 上記の真澄の姉。割とろくでもない人物。犠牲者の内2人は、ある意味で彼女が原因とも言える。
  • 飛良泉
    • 駅前のデパートのカジュアル服売場の販売員。いつもけだるい顔をして、他人を小馬鹿にしている。中学生の頃、主人公と同じクラスにいた。
    • 七笑に「名刺を渡さない」選択肢を選ぶと彼女が登場する。七笑とはルームシェアの関係であったらしい。やはりろくでもない。
  • 越野華
    • 保育園の保母。大の子供好きで、大学卒業後すぐに保母の道へ入った。園児が投げたボールが主人公の頭に当たった事から、知り合う事になる。
    • 本作最大の被害者。極めてまともな人なのだが、主人公と一度ならず接点を持ってしまった事が悲劇に繋がる。
    • 主人公がおかしくなったきっかけは前述のボールであり、更に園児を捜してくれたお礼に家へ招いたら(自主規制)された……見ようによっては園児に振り回された、と言えなくもない。

ストーリー

『さよ教』と異なり、序盤から主人公はおかしい。ヒロインを(文字通り)ゴミ箱にしたり、ホースで水を大量に入れたり、骨をバキバキ折って体を丸めさせたりとやりたい放題。
一応これらは妄想であり、その日にいじめてきた相手への復讐の様な物である。……とはいってもやっぱりおかしいが。
そしてその先に待っているのは、例によって(?)救いのないエンディングである。

+ エンディングについて(ネタバレ注意)
  • 前述の様にルートは2つに分岐するが、いずれにしてもエンディングは一切変わらない。自分が都合の良い存在として扱われていたのを知り、復讐として妄想の内容を実行に移す。
    • そして、謝る為に華を雨の降る中呼び出す……のだが、結局またしても(自主規制)してしまう。そして、千歳のいるアパートへ転がり込む。
    • 招き入れてくれた千歳は別室で服を脱ぎ、下着姿で主人公の前に現れる。何でも、前から憎からず想っていたのだが、俄に女性関係が増えたので嫉妬していたのだという。
    • 恋心を抱いていた主人公は、喜んで彼女を抱く……のだが、最終的に主人公は彼女を殺してしまう。
    • モウ…
    • サミシクナンカナイ…
    • イツダッテアナタガイテクレルカラ…
    • ダカラ…
    • ――という独白が語られて終わりである。「意味が分からない」という方も多かろうが、実際にこういう流れだから仕方がない。

評価点

  • BGMは良曲揃い
    • だが、日常曲っぽいピアノ曲がスタッフロールで、本来の日常曲はダークで狂ったテイストの曲と、どこかずれた使い方。しかも後者はしょっちゅう聞かせられるのがキツイ。
    • おまけにBGMのほとんどはダークな曲で占められており、普通の曲と言えるのは精々1、2曲しかない。確かに展開とは合っているが、何もプレイヤーまで陰鬱にしなくても……

賛否両論点

  • エロ方面
    • アダルトゲームとしての実用性はやっぱり評価不能。基本的には期待できないものと考えていい。やらしくないのではなく、不整合でもないが、シチュエーションがマニアックすぎるからである。
    • 口にゴミを突っ込まれているシーンが使える、という人はあまり多くないだろう。一応、普通にHなイラストもあるのだが……

問題点

  • システムの不備
    • セーブが1日の終わりにしかできない。
    • バックログ・既読スキップもない。
    • CD-DA対応である為、CDドライブにディスクをセットしておかないとBGMが鳴らない。
      ディスクレスでBGMも聴きたい人は「_inmm.dll」を使うと良いだろう。
      • 中々不便な仕様だが、元々かなり短いゲームなのであまり問題にはならないだろう。

総評

色々な意味で『さよ教』の原典となったであろう作品。「現実の恐怖」とでも言うべき代物を、淡々と(しかし存分に)見せつけてくれる。
ただし、ゲームとしての完成度はあまり高くない。長岡建蔵氏の絵が好きで、3時間でクリアできる程薄くても我慢できる、という方以外にはお勧めしかねるゲームである。

  • ついでにいうと、あちらと違って救いと呼べる様な要素は一切無い。「社会人が主人公」という点からより生々しいのも相まって、げんなりする事請け合い。


余談

  • やはりというべきなのか、こちらもプレミア化している。Windows 7でもインストーラーを互換モードにすれば普通に動くが、購入に際しては良く考える事をお勧めする。
  • こちらのページでは、小林氏が当時の状況について語っている。氏の言う「バカじゃなかろか」なお値段が今では相場である……
    • 『さよ教』は2016年にDLsiteで販売されたため、細かい表現の違いを気にしなければ安価で遊べるのに対し、本作は長らくDL販売されていなかったのも高騰の理由の一つ。
    • 本作も2020年12月6日にDLsiteで2,200円で配信開始。最新OSに対応しており、演出・システムが変更されている。
      • 大本のビジュアルアーツの仕事らしく、製作者達も知らないうちだったらしい。
  • クリエイターズSHOP "艶惨"にて、本作のキーホルダー等のグッズが販売されている。
  • CRAFTWORKの前身はHARD(ハード)。
    • 代表作に『はっちゃけあやよさん』シリーズ、『ようこそシネマハウスへ』など。
    • エロゲーメーカーでは古参の部類で、初期はファミコンの非合法エロソフトを勝手に出したこともあるなど、アングラでカオスな社風を色濃く残していた。
    • HARDが業績不振で解散し、当時のスタッフがビジュアルアーツ傘下で立ち上げたブランドがCRAFTWORKである。この前歴を知っていれば、一筋縄では行かないブランドであることは察しが付いた。なお、HARDは2017年に突如復活している。
最終更新:2021年04月06日 18:05