ワンダープロジェクトJ2 コルロの森のジョゼット

【わんだーぷろじぇくとじぇいつー こるろのもりのじょぜっと】

ジャンル コミュニケーション・アドベンチャー
対応機種 ニンテンドウ64
メディア 64MbitROMカートリッジ
発売元 エニックス
開発元 ギブロ
発売日 1996年11月22日
定価 9,800円(税別、コントローラパック同梱)
セーブデータ 3個(コントローラパック必須)
判定 良作
ワンダープロジェクトシリーズ
J1 / J2


概要

前作『ワンダープロジェクトJ 機械の少年ピーノ』(以下『J1』)から15年後の世界を舞台とする続編。
物語の新たな舞台となる「ブルーランド島」にて、ギジンの少女・ジョゼットと「心のふれあい」をはかりながら、彼女の成長を導いていくゲーム。

CMのとんでもない描写のせいで何かと誤解されがちだが、断じてギャルゲーではない。心の底から純真になれる、まっとうな育成シミュレーションゲームである。


ゲーム内容

  • 前作同様、プレイヤーは教育係として、インターフェイス機能を持った鳥型ギジン「バード」を通じ間接的にジョゼットとコミュニケーションをとっていく。
    • ジョゼットのアクションや質問に対し、バードを通じて「YES」「NO」で成否を掲示することで、ジョゼットは様々な知識や概念を学習し、それに応じた行動を取っていく。
      • 例えばジョゼットに本を読ませようとする。すると使い方を知らない彼女は本を食べてしまったり、頭に乗せたりする。
        この行動に対して「NO」を提示し、「読む」という行為に「YES」を提示することでジョゼットは使い方を理解していく。
        このプロセスの積み重ねにより、ジョゼットに人間らしく振舞うために必要な知識や概念、身の回りのアイテムの正しい使い方などを伝えて様々な事を学習させ、人間らしさを備え持ったギジンに成長させていく事が本作の目的である。
    • ジョゼットにひとつのことを学習させるためには、他に何を学習させておく必要があるかという点を考える必要もあり、思考パズル的な一面ももっている。
  • 物語は2章立てで構成されており、第1章がコミュニケーション編。2章がストーリー編となる。
    • と言っても2章は短く、プレイヤーはほぼ見ていることしかできないため、ゲームの9割を1章が占めている。

特徴・評価点

  • ジョゼットの個性豊かなアクション。感情表現。アニメーション。
    • 歩く・走る・階段を登る・踊る等、様々な行動が数パターン存在し、動きも特徴的で面白い。
    • 喜ぶ、怒る、泣く、はしゃぐといった喜怒哀楽が表情により細かく表現されており、見ているだけでも楽しくなる。
      • 顔の表情も画面に近寄ってアップになってくれるのでわかりやすい。
    • アニメーションは書き込み枚数も多く、ぐりぐり動く。ちゃんと口パクもする。よく喋る(CVは前作から引き続き日髙のり子氏)。
  • 自由度の高いイベントと育成。
    • 前作は細かな章立てで育成も一本道だったが、今作ではどのイベントを順にクリアするかは自由となっている。料理作りに精を出すのもいいし、身体を鍛えて発掘作業に没頭するのもいい。各地を巡って友達をつくるのもいい。
      • ただしクリアのためには全てのイベントを通過することが必須となっている。
  • 魅力あるキャラクター、シナリオ、
    • ストーリーに関わる人物はどれも魅力的。陽気なダンサージャイケル、頑固な印象の機械技師ガンテ、無骨なハーベン大佐、何かとジョゼットの面倒を見てくれる居酒屋の女主人カレン、ネコのカッツェ、前作のピーノと容姿が瓜二つのポッコなど。前作からのキャラクタも引き続き登場し、前作をプレイ済みならニヤリとできる部分も多い。ただのモブキャラにもキャラ付けがなされており、愛嬌のある人物ばかりである。
  • 前作同様、シナリオは秀逸。ジョゼットとふれあうことによって住民にも変化が現れるようになる。暗い一面もあるが、ジョゼットの明るさ(無知)によりうまく相殺されている。
    • 第1章で貼られた伏線は、ストーリー編の第2章で回収され、いよいよ物語は大詰めを迎える。
    • 特にラストシーンは涙腺崩壊ものなのでハンカチを忘れずに。ここまで導いてきたプレイヤーだからこそ尚更。
  • 美しい世界観と感動的なBGM。
    • いい意味でジブリくさい世界観*1と、森彰彦氏作のBGMの素晴らしさは今作でも健在。
      • さすがにフルドットということはなくなってしまったが、それでも美しい。特に森。
      • 森氏のBGMは世界観とその引き立てに見事にマッチしている。
  • ジョゼットというキャラクター
    • やはり何と言っても ジョゼットのかわいさは本物 。素直で純粋で明るい女の子であり、誰しもが好感を抱けるポテンシャルを秘めているだろう。
    • 声優・日髙のり子氏の演技がまさに光っており、人ならざる存在であるゆえに世間知らずなジョゼットのキャラクター性がよく表現されている。
    • 特に「死ぬって、なあに?」や「わ~い! マンキ~!!」は彼女の名言(迷言)として有名である。

問題点

  • 自由度が高いのは良いが、何をすれば良いのかわからないということになりがち。
    • 特に序盤は資金が限られているので、色々な商品に手を出した末に行き詰る可能性も*2
      • もっともそれは「色々なことを試してほしい」というスタッフの意図でもあるのだろうが。
  • 逆に手際よくイベントをこなしすぎると、何処に行ってもイベントが発生しなくなってしまい物寂い感じを受けてしまう。
    • イベントキャラクター自体もいなくなってしまうので、汎用的な会話もない。
  • 前作ではキャラクターの数値パラメーターを参照できたが、本作ではそれができず、ジョゼットとの会話から大まかに推測する必要がある。
    • シミュレーションではなく、あくまで相手キャラとコミュニケーションをとるゲームであるということを強調するための措置らしい。
  • ジョゼットの頭が良すぎる。
    • ジョゼットはピーノよりも高性能なコンピュータを積んでおり、「インプット」で記憶したデータや行動は絶対に忘れない。
      そのため、様々な面白アクションが用意されているにもかかわらず、最終的には見られなくなってしまうものがある。
  • 前作で行えた「食べる」という行動の阻止ができない。
    • 「行動を阻止する事により食べてはいけない物を教える」というプロセスで、前作ではピコハンでピーノを叩き食べたものを吐き出させるという形で阻止できたが、本作では阻止すること自体が不可能。
    • 高価な物を食べられてしまうと経済的ダメージが大きい。
  • 3D表現
    • 潜水艦やシーバ(戦闘機)等は3Dで作られているのだが、出来は良くも悪くもそれなり。他が綺麗なアニメ絵なのでポリゴンがより浮いてしまっている。
      • 当時は何かと3D化がもてはやされていた時代ので仕方なかったのかもしれない。
  • パンツ
    • ジョゼットのパンツが、「パンモロ」レベルでアクションによっては日常茶飯事に見え隠れする。何ともジョゼットらしいのだが、世界観や作風的にいって、気になる人は気になる点かもしれない。
  • ジョゼットの恋人・アーノルド
    • ジョゼットはストーリー上、彼と恋仲になっていくのだが、あまりにも軽薄でありお世辞にも良い人物には見えない。
      実際はそんな人物ではないのだが、作中でのフォローが少ないため、伝わり難い。
  • 第2部
    • 第2章において、今までになかったような高難易度アクションを突然要求される。ここで詰んだプレイヤーも多いと思われる。
      • 全8階の階層を、迫ってくる兵士を避けながら突き進まなければならない。失敗すると1階からやり直し。
      • 実は天井に攻略のヒントが記されているのだが、なにせプレイヤー自身がテンパっているため初見では気付きにくい。
    • また、第2部に入るとジョゼットとのコミュニケーションが取れなくなり、ストーリーの進行上、後戻りも不可能。
      • 事前の説明や注意などの言及は、取り扱い説明書、ゲーム内含め一切ない。セーブデータを上書きしてしまい、泣きを見たプレイヤーも多いはず。
    • 第2章は実質的に丸ごとエンディングのような位置づけであり、第1章でどのようにジョゼットを育てていても、ストーリー展開自体には変化がない。
  • カートリッジ自体にバックアップ機能がないため、付属品の「コントローラパック」無しではセーブ不能。
    • 新品ならばパック付きで発売されているが、中古品を入手する場合はなんらかの方法でパックを入手しておく必要がある。
    • セーブファイル1つにつき24ページ*3必要で、最大で3ファイル(パック容量72ページ分)作成可能。

総評

前作からのシステムを進化発展させ、引き続き素晴らしいシナリオをプレイヤーに魅せてくれた。文句ない名作。中古屋で投げ売りされていることも多いので、見かけたら衝動買いしてしまっても良いくらいである。『J1』とともに移植・リメイクの希望が多く、未だに根強いファンがいる作品である。

開発元の倒産によりリメイクは難しいと思われていたが、なんと2010年になってiアプリに移植された。64版にはなかった会話シーンが追加され、3Dモデルも作り直されている。各章ごとに別売になっているが、第1部だけでも十分面白いので興味のある人はぜひ遊んでほしい。



余談

  • 本作は前評判の高さ、そして実際の出来の素晴らしさに反比例してあまり売り上げは宜しくなかったという。これは「テレビCMの内容に問題があったのではないか」と噂されている。
    • どういうものかというと、いかにもオタクぽい青年「タカシ」が、彼女のデート中に「タカシ君ってばぁ~」と呼びかけるジョゼットの幻影を目撃する。タカシは彼女そっちのけで家に帰り、暗い部屋でジョゼットに向かってモニタ越しにキスをするという、ギャルゲーを思わせるようなトンデモ内容である。
    • プレイすればすぐにわかるが、本作はまさしく『J1』の正統続編と呼べる素晴らしい作りであり、CMを見て想起されるような要素はほとんどない(ゼロではないが)し、ジョゼットの性格も本編と全然違う。
      旧作ファンにはガッカリだっただろうし、またもしそんなイメージで本作を購入したら、それも肩透かしをくらってしまう。結果、受け手と送り手のイメージの食い違いによる、なんともちぐはぐな内容になってしまった。
      何より、ギャルゲーまがいの演出のせいでゲーム内容を誤解させる原因になってしまったのは確かで、売り上げに悪影響を与えてしまったというのも否定できないだろう。
+ 問題のCM

  • 上記の通り本作のキャラクターデザイン山下明彦氏は、後年スタジオジブリに所属、様々な作品でメインスタッフを勤めている。
    • 彼が関わった映画『借りぐらしのアリエッティ』の主人公・アリエッティはなんとなくジョゼットに似ている。髪を洗濯バサミで止める、全身を包む白い服と赤い服など、いくつか共通点が見られる。
  • サウンドトラックが発売されているが、需要の割に数が少ないためか、ネットオークションにおいては30,000~50,000円という超高額取引になっている。
    • なお前作『J1』のサントラも10,000~30,000円と、こちらも負けず劣らずの値段である。