どうぶつの森シリーズリンク

機種 タイトル 概要 判定
本編
N64 どうぶつの森 自分だけの村で自由気ままに生活を送れるニンテンドウ64最後の任天堂タイトル。
GC どうぶつの森+ 初代の問題点を大きく改善し、様々な要素が追加された完全版。
『どうぶつの森カードe』の「あいことば」に対応。
どうぶつの森e+ 海外版『+』をベースに追加要素を入れた作品。
GBAの『カードeリーダー+』と連動することで遊びの幅が大きく広がる。
家具「ファミコン」が登場した最後のタイトル。
DS おいでよ どうぶつの森 これまでのシリーズから大幅リニューアル。
携帯機ならではのすれちがい通信やインターネットを用いた遊びで一気に人気が爆発した。
Wii 街へいこうよ どうぶつの森 Wiiリモコンのポインター操作の強要、内容の薄い街など、新要素に批判が集中。 なし
3DS とびだせ どうぶつの森 今度は自分が村長になり、公共事業で村を発展させることが可能。
新キャラ「しずえ」は一躍シリーズの看板キャラとなった。
3DS とびだせ どうぶつの森 amiibo+ amiiboに対応したアップデート版。前作を持っていれば無償でアップデート可能。
Switch あつまれ どうぶつの森 ※2020年6月20日以降記事作成可能。
番外編
DSi ニンテンドーDSi電卓 どうぶつの森タイプ 別バージョンとしてファミコンマリオタイプがある。
ニンテンドーDSi時計 どうぶつの森タイプ フォトスタンドタイプ、ファミコンマリオタイプがそれぞれ出ている。
3DS いっしょにフォト どうぶつの森 ニンテンドープリペイドカード付属のARカードで写真が撮れる。 なし
WiiU どうぶつの森 こもれび広場 Wii U本体機能の「わらわら広場」のようなインターフェイスで住人を眺めることができる。
2014年12月31日にサービス終了。
3DS どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー 部屋のコーディネートに特化した作品。
amiiboカードと連動して住人の部屋を作ったり、部屋に呼ぶこともできる。
賛否両論
WiiU どうぶつの森 amiiboフェスティバル メインモードは『マリオパーティ10』の「amiiboパーティ」と同様のシステム。
また、amiiboカードを使ったミニゲームも複数収録。

以下は当Wikiでは評価を取り扱わないプラットフォームのシリーズ作品

  • どうぶつの森 ポケットキャンプ
    • iOS/Android用アプリ。2017年11月21日配信開始。開発元は任天堂・エヌディーキューブ。
      「村への定住」ではなく「キャンプ場の発展」がメイン。スコップやオノが無いなど本編シリーズの縮小版といった内容。


関連作品

機種 タイトル 概要 判定
大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ for』にむらびと、『SPECIAL』にむらびと・しずえが参戦。
WiiU マリオカート8 DLCでむらびと、しずえを使用できる。 なし
Switch マリオカート8 デラックス 上記と同様。こちらは最初から使用可能。