TRON

【とろん】

ジャンル ミニゲーム集
対応機種 アーケード
発売・開発元 Bally Midway
稼働開始日 1982年
判定 なし
ディズニーシリーズリンク

概要

  • 世界で初めて全面にコンピューターグラフィックスを採用した映画『TRON』をモデルにしたゲーム。
    • 映画『TRON』と同時企画だったのかどうかは定かではない。
  • ストーリーはプログラマーである主人公がコンピューターの世界に吸い込まれ、反乱をおこしたプログラムと戦うというもの。
    • 映画版のストーリーは細部は異なるが大筋は同じであり、プレイヤーは映画のイメージをゲームに投影する事ができた。
  • アメリカでは大ヒットしたゲームで、80年代初頭レトロゲームの象徴的存在。

システム

  • 操作体系は1レバー1トリガーとダイヤルデバイス。
  • プレイヤーはゲーム開始後、4種類の世界から一つを選択し、ミニゲームに挑戦する。4つのミニゲームをクリアすると次のプログラムと戦う。
    • Battle Tanks
      • アタリの『アタリコンバット』をモチーフとしていると思われるゲーム。見下ろし型の任意方向転化型STGで、敵戦車を全て破壊するとクリアになる。
    • Light Cycles
      • 筐体にも描かれ、映画にも登場する特徴的なデザインのバイクを使ったレースを模したゲーム。プレイヤーと敵が移動した軌跡が障害物になり、それに触れるとミスになる。
      • 似たシステムのゲームとして『Wit's』があげられる。
    • I/O Tower
      • 出現する敵をショットで攻撃し、画面中央の陣地に到達する。
    • MCP Cone
      • 画面上部から降りてくるコーンに到達するとクリア。コーンの周辺には虹色の壁があり、ショットで破壊する事ができる。

長所

  • それまでだれも疑問に抱かなかったであろう「コンピューターとの対戦」という図式に合理的な設定を持ち込むことで、プレイヤー=主人公の図式をアピールし、ゲームとしての臨場感が増した。
    • 映画と内容を合わせることで、主人公を追体験できるようにもなる。
    • 要するに、従来までのゲームと異なり、「映画」を用いる事で今まで「設定」に過ぎなかった世界観に奥行きと彩りを持た。
  • その斬新なデザインの専用筐体は大きな話題を呼んだ。
    • アメリカのアーケードゲームはほぼ全てに専用筐体が存在する。(国内メーカーの製造/販売のゲームでも)
    • 黒地に発行する青のレバー、全面に機械的に張り巡らされた赤いライン、覗き込むように配置されたモニター。特徴的な装飾が施されているものの、全体的には飾り気の無いデザインだが、それが返ってコンピューターらしさが感じさせる。

短所

  • 当時のプレイヤー達が疑問に抱いたかどうかは不明だが、難易度は最初のステージをクリアすると飛躍的に上昇する。
    • 単純に敵の数が増えることで難易度を増やしているが、Light Cyclesは敵と自分の性能に差が無く、二つ目のステージで敵の数が三人に増加する。

総評

 「映画とゲームの融合」を地で行くゲーム。おそらく、企画段階から「ゲームと映画を融合させよう」と考えたものとしては最初のタイトルに分類される。元々1982年にしてはプログムを題材とする斬新なストーリーと、コンピューターグラフィックを多用して新しい映像を見せた映画『TRON』は、今になって見ればヒットして当然の物であり、それに合わせて作られた本作『TRON』も、ヒットして当然のゲームだったと言えなくも無い。
 国内での認知度は低いが、米国での本作の評価や知名度は高く、アメリカのゲーム雑誌Electronic Games magazineのゲームオブザイヤーに選ばれている他、2010年には映画『トロン:レガシー』と共にリメイクされている。

その他

  • 本作の権利は映画版同様、ウォルト・ディズニー・カンパニーが所有している。
  • ロボトロン2084』を商標権の侵害で訴えたが、敗訴している。