ワギャンパラダイス

【わぎゃんぱらだいす】

ジャンル アクション
対応機種 スーパーファミコン
発売・開発元 ナムコ
発売日 1994年12月16日
定価 8,800円
プレイ人数 1~2人
セーブデータ なし(パスワード制)
判定 賛否両論
ポイント これまでのワギャンシリーズからほぼ全てを一新
旧作ファンからのバッシングは根強い
ゲームとしては及第点、ファンも根強い層が存在する
なんだかんだで裏読み自体は健在
ワギャンシリーズリンク


概要

  • ワギャンシリーズのスーパーファミコン最終作。
    • ワギャンの遠い子孫に当たるタクトとカリンの兄妹が、好奇心から冒険に旅立ち、その最中に謎の軍団と出会う。その野望を知り、打ち砕くのが目的。
    • 「Dr.デビル」は一切登場しないが、ワギャン族の過去の待遇などが明かされる(あるいは本作のみの設定)。
  • 基本的なゲームスタイルはこれまでとほとんど変わらず、アクションパートでは音波砲で敵を無力化し、足場にしたりして進み、ボスとはミニゲーム対決を行う。

評価点

  • ポップで可愛らしい世界観。
    • 従来のややメカメカしさが際立った印象がさらに薄くなり、より取っ付き易い印象になった。
    • 音波砲の声も、これまでのメカメカしいものではなく、子供らしい声のようなものに変わった。
    • 敵が音波砲でしびれた際、これまでは点滅だけで終わっていたが、本作はしびれた時に表情が変わるようになった。どれも愛嬌があり、鑑賞しているだけでも楽しい。
      • ボスキャラも表情がころころと変わる。ワギャン側の正解時、不正解時、敗北時など。
  • プレイ開始時にキャラが変更出来るようになり、女性プレイヤーにも配慮されている。
    • ちなみに妹のカリンのほうが多少使いやすい性能になっている。
  • やや万人向けを狙った反面、一回でも敵に触れるとミスというシビアなルールは健在しており、ぬるゲーにはなっていない。
    • 特にライティステージや溶岩の岩石を登るパートは比較的難しめ。
    • ちなみに難易度調整は「かんたん」と「ふつう」の他に年齢設定で決まる。
  • アクションステージのタイプがとても多彩。
    • 空飛ぶ冒険家の鳥ライティに乗って進むステージ、トロッコに乗るステージ、雪崩ステージなど、パッと列挙しきれないほど多種多彩。
    • 特に一番の変更点は水中ステージが増えたところ。水中ステージはワギャンが水中を泳いでいくパートで、なんと音波砲も使える。
  • ワギャンシリーズ恒例、ゲームの内容のわりにBGMが壮大で出来が良い。
    • ワギャンパラダイスはこれまでのシリーズ以上にポップな印象の曲が多いが、後半になるにつれてSFのようなBGMまで紛れてくる。基本的にどれも評価が高い。(特に「水中ダクト」と「基地潜入」の二つが好評。)

賛否両論点

  • パスワードが簡略化され、単純になった。
    • 適当に四文字の単語を作るだけで成立する。ステージの進行以外にセーブ要素は一切なし。
    • ただしいつでも難易度設定を変えること自体は可能になったので一長一短。
  • 無敵に飴玉という新しい要素が追加された。
    • 音波砲をいつとって無敵になるか、という戦略性がこれにより消滅した。
    • 常時音波砲を最強状態で維持出来るようになったので、敵を無力化しやすくなり、そういう意味ではかつてに比べてぬるゲーになった。
    • 一方で、ワギャンらのジャンプ力はやや低めで、音波砲の威力を維持したい人からすると、むしろやりやすくなったとも。

問題点

  • ミニゲームが知育系のゲームに全て変更されてしまった。
    • これまでのシリーズとは多くが異なり、特にしりとりの削除は従来のファンをがっかりさせている。
    • 一方で、「パネルだけではわかりづらい」という問題自体は解消されたとも言う。
    • ちなみに名物の裏読みは別のミニゲームで活用されており、地味に難易度をあげている。
  • 2P対戦モードの「フーフーバスケ」のシステムが非常に不毛。
    • 息を吹きかけあって相手のゴールにシュートするというものだが、その内容的に膠着状態が続きやすく、バスケとは到底言えない試合になってしまう。

総評

ゲームとしての出来は悪くない。これまでのシリーズの要素を意識しつつ、万人向けによく調整されている。
ただしミニゲームが知育系になったことでパーティ感や楽しい理不尽さが薄れ、従来のファンから賛否両論になる原因を作っている。


余談