モンスターワールドIV

【もんすたーわーるどふぉー】

ジャンル ARPG

対応機種 メガドライブ
発売元 セガ・エンタープライゼス
開発元 ウエストン
発売日 1994年4月1日
定価 8,800円(税別)
配信 バーチャルコンソール【Wii】2008年1月15日/600Wiiポイント
PlayStation Store【PS3】2012年5月23日/572円
判定 良作
ワンダーボーイ/モンスターワールドシリーズリンク


概要

  • モンスターワールドシリーズ最終作。
    • ある日、助けを求める謎の声を聴いた一人の少女アーシャは戦士としての称号をえる試練を終え街に向かうと、王女より世界を司る4人の精霊が封じられてしまったことを聞かされる。
      王女より勇者の称号を得たアーシャは、謎の珍獣「ペペログゥ」を相棒に封じられた精霊を助け出す壮大な冒険に旅立つ。
  • 事実上はワンダーボーイシリーズの6作目なのだが、女性が主人公なのでワンダーボーイの名は無い。

評価点

  • さらに進化したアクション
    • 過去作品と違い、剣によるアクションが強化。斜め下に切りつけるジャンプ切りのほか、真下を攻撃する下突きと真上に攻撃できる上突きが追加され、ジャンプアクションの幅が大きく広がった。
    • さらに相棒「ペペログゥ」を使ったさまざまなアクションも本作の魅力の一つ。アーシャはペペログゥを持つことで、ジャンプの落下速度が緩やかになりジャンプ距離が伸びるほか、ペペログゥを使った2段ジャンプなど過去作品と比べアクション面が大幅に進化した。
    • 過去作の装備・ブーツが廃止されたが、ダッシュが追加されている。ブーツはあまり性能が高すぎると速度が速すぎて細かい移動がしにくくなったので、この点もありがたい調整だろう。
    • また、新要素に関してのチュートリアルも随所にありなれるのが容易なのも良い。
  • 丁寧に作られたキャラモーション
    • 本作を語るうえで欠かせないのが丁寧に作られたキャラクターのモーションだろう。特に主人公のアーシャは攻撃モーションや各種アクションを始め、各種ダンジョン探索時、即ミストラップにはまった時など非常に細かい。
      • 宝箱を開けるときのモーションや排水溝を潜るときのアニメーションは一部の人に語り草。
    • 敵もこん棒を回しすぎて転倒するオークを始めアニメーションが豊富で見ていて飽きさせない。
  • クリティカルヒットにあたる「マジカルヒット」のほか、対応する属性ダメージを一定確率で無効化する「マジカルガード」が追加。
    • マジカルヒットは与えるダメージが2倍になるが、剣を振って5回目の攻撃で発動という性質。したがって、5回目の振りを多段ヒットする下突きを食らわすと恐ろしい速度で敵を倒せるのでいかに5回目の攻撃をうまく多段ヒットさせるかでBOSS戦の難易度も変わってくる。
  • ポップな絵とは裏腹に難易度はそこそこ高め。
    • しかし理不尽な程ではなく、この手のゲームに精通している人なら慣れればパターン化も容易。
    • だからと言って不得手な人ではクリアできないほど難しいわけでもなく、ちょうどよい歯ごたえが楽しめるだろう。
  • パスワードは廃止されセーブ制に。

問題点

  • 序盤の一か所で嘘のメッセージがある
    • 最初の街で王女に謁見し、宝物庫から先に進むのに必要なキーアイテムを入手した後に進むエリアで「あたらしいよろいをよういしたほうがよい」と言われ先に進めないが、新しく鎧を購入しても先に進めない。
    • 実は先に進むにはペペログゥを孵化させる必要があるのだが、その説明も孵化のさせ方も説明がない。
      • ペペログゥさえ孵化させていれば、鎧を新調しなくても進める
      • 誤植なのか定かではないが、初見プレイでは混乱すること請け合いである。

賛否両論点

  • 魔法の廃止
    • 過去作には魔法が存在したが、アーシャの攻撃方法は剣のみ。
    • 剣アクションは豊富になったが遠距離攻撃が出来なくなったため、戦闘が単調になりがちという意見も…。
  • ペペログゥの扱い
    • 相棒という割には、火の玉の弾除けに使ったり、マグマの間欠泉に投げ入れたりと妙に扱いが雑である。
      • 因みにペペログゥは炎に強い生物なので、これぐらいは何ともない。
    • 信じているからこそできる所業なのだが、あまり気をよくしない人もいるだろう。
    • ちなみにペペログゥはストーリーを進めるとどんどん成長して大きくなる。ペペログゥとの絆を実感できるだけでなく連携して行えるアクション要素が変わっていくため飽きさせない。
      • ペペログゥが成長することで行えるアクションもあるが成長するとできなくなるアクションもある。これにより発生する問題もある。(後述)
  • 物価の高騰
    • 繰り返しの探索が容易だからか過去作に比べて物価がかなり高く、敵をスルーし続けるとロクに装備が買えない。
    • 後半になるほど顕著なので、武具を新調するのに小銭稼ぎに駆り出されることもしばしば。
  • 後戻りができないゲーム構成
    • 今作は一つの街を拠点として順番にダンジョンを攻略していく流れなのだが、ダンジョンをクリアすると同じダンジョンには二度と入れない。
    • そういうゲーム自体は珍しくはないが、前作であるモンスターワールド3は故郷の村からさまざまな地域を渡り歩いていく、いわば普通のRPGのような構成である。もちろんクリアしたダンジョンもボスこそ不在だがいつでも入れる。(そしてボスと再戦できる機会もある)
    • だが今作はダンジョンは順番まで固定であり、一つのダンジョンをクリアするとそのセーブデータではもうそのダンジョンには入れない。さらに「命のしずく」というゼルダシリーズでいうハートのかけらに相当するアイテムがあるが、ダンジョン内のものはとり損ねてセーブすると取り返せない。
    • にもかかわらず2周目への引継ぎという要素もないので、命のしずくをコンプリートするためには計画を立ててプレイする必要がある。といってもクリアするだけなら取りこぼしても支障はないが。
    • おそらく前述のペペログゥの成長システムの兼ね合いと思われる。ダンジョンを攻略して話を進めるごとにペペログゥが成長し、次のダンジョンは成長したペペログゥで攻略する前提でギミックが構築されている。そのためクリア済ダンジョンに再度入れた場合、ダンジョンのギミックとペペログゥの成長段階との整合が取れなくなるためこのような仕様になったのだろう。
      + 最終ダンジョンのネタバレ
    • 最後の戦いは相棒であるペペログゥがおらずアーシャだけで赴かねばならない。ペペログゥが不在のためギミックを解くなどのアクション面での特色がなく、ひたすらアーシャが自分の剣だけで敵を斬りながらラスボスまで進む。最終決戦ということでカタルシスを感じる演出はあるものの、アクションゲームとして見るならばラストダンジョンがそれ以前より単調という逆転現象が起こっている。
    • しかもこのゲームで行える最後のセーブはそのラストダンジョンにいく直前でのセーブ。つまりペペログゥは不在、命のしずくを取りこぼしていたらそれっきり。アーシャができることはラストダンジョンに進入してボスを倒してEDを見ることだけ。それ以外をやり直すにはニューゲームしかない。
    • 一方、もう一つ欠かせない要素として、このラストダンジョンのBGM『Arabesque court in dream』は本作のメインテーマと歴代ワンダーボーイで用いられたフレーズのメドレー形式になっている。ループは短いものの、雑魚敵オールスターというステージ構成と合わせて、集大成ダンジョンとして印象に残っている人もいる。

裏技

  • ある条件を満たして進めると最初の街についた時点で、後半に入手する最強の剣と盾と「デバッグのよろい」を入手できる。
  • デバッグのよろいは最強の鎧と同じ上昇ステータスに加えて、さらにペペログゥのレベルを操作する機能がある。
  • つまり本来シナリオの進行に応じてペペログゥのレベル(姿)が変化するのだが、内部的なフラグに関係なく画面上のペペログゥのレベルを変更できるため、フラグ上はペペログゥがいない時に無理やり好きな成長段階のペペログゥを出すこともできる。
    • これを活用すればいつでも好きなレベルのペペログゥと共に冒険が可能だが、あくまでシナリオの進行フラグは別なのでちゃんと成長イベントをこなさないとストーリーは進まない。またダンジョンの仕掛けにペペログゥを投入する際に、本来のものと違うレベルのペペログゥを入れるとバグる恐れもある。

移植版

  • PS2『SEGA AGES 2500 シリーズ Vol.29 モンスターワールド コンプリートコレクション』に収録。

総評

モンスターワールドを締めくくるにふさわしい、丁寧につくられた作品で遊びごたえのある作品。
謎解き系の2Dアクションが好きな方には、特におすすめできる。