I/O

【あいおー】

ジャンル SFミステリーアドベンチャー
対応機種 プレイステーション2
発売元 GNソフトウェア
開発元 レジスタ
発売日 2006年1月26日
定価 6,800円(税別)
レーティング CERO:C(15歳以上対象)
判定 賛否両論
ポイント 良くも悪くも難解なシナリオ
あまりにも少なすぎる立ち絵


始まりは終わり、
終わりが始まるのだ。




概要

PCゲームのコンシューマー版を主にリリースしていたブランド・GNソフトウェアのオリジナル作品第1弾であり、後に『Myself;Yourself』などを手掛けるレジスタのオリジナル作品第1弾でもある。
コンピューターネットワーク、電脳世界と言ったサイバーなテーマを扱ったSFアドベンチャーである。SFと言ってもインターネット世界が進歩した2032年という事で、そこまで現在の生活に変化は無い。また、作中の世界観はメソポタミア神話(バビロニア神話)を下敷きにしている。
infinityシリーズ』の中澤工がKID退社後に監督を務めた作品であり、原案に『CROSS†CHANNEL』の田中ロミオ、シナリオに神話・ファンタジー関連の数々の書籍を手掛けた健部伸明、ムービーに「Radiant Impression Prelude」代表として数多くの作品のOPやデモを手掛けた神月社(現「Mju:z」代表)と、各分野の著名人を起用して製作された。


シナリオ構成

  • シナリオはABCD4つのルートがあり、各ルートはゲーム開始後間もなくプレイヤーが任意で選択する。
    • Aルートは導入部的シナリオであり、ライトで分かり易い内容。それからB、C、Dとアルファベットが進むごとにハード且つ難解な内容になっていく。
      • A、B、C、Dの順番でプレイする事が推奨されているが、逆の順番でプレイする事で高難易度の謎解き、コアな展開が味わえるとも述べられている。他作品のような感覚で適当に選ぶのはお勧めしない。
    • 条件を満たすことにより、各ルートを総括する最終章Eルートを開始する事が出来る。
      • Eルートをクリアすると一旦物語は終了するが、そこから「ダッシュルート」と言う更なるシナリオがプレイ可能となる。
    • ダッシュルートはA´B´C´D´E´と、各シナリオに対応した5つのルートが用意されている。分岐は無く、ストーリーも本編ほど長くはない。各シナリオの主人公は本編と同じ。
      • 最初は本編の過去を描く「過去編」であるD´C´のみプレイ可能。「過去編」をクリアすると本編の”二つの”後日談を描く「未来編」のB´A´がプレイ可能に。未来編クリア後には本作のエピローグ的シナリオ「虚実編」であるがプレイ可能になり、このシナリオを以て物語は完結する。
  • デフラグマップ
    • I/Oのシナリオ構造はデフラグマップと呼ばれる円形のボードで管理されており、最初は全て虫食いの状態だが、プレイする内に色が付いて行く。
      • 色はA:青、B:赤、C:橙、D:緑である。
    • シナリオを次々とクリアする毎に、だんだんとシナリオは完全な状態へと修復されていく、
    • 修復されると、これまで断片化して読めなかった部分が次回からは読めるようになる。修復処理はクリアしたルートだけでなく、他のルートにも行われる。
      • 初期の虫食い状態でも一つのストーリーとしては成立しているが、明かされない謎があったり最後まで描かれないままシナリオが終了したりする。
    • 修復の状況とメッセージの既読状況を確認することができ、どこの選択肢がおかしいか、どのEDを読んでいないか分かりやすい。
    • まれにBADエンディングによっては、修復した箇所が再び破損する場合もある。

ストーリー

西暦2032年04月26日月曜日。午前00時12分。
メガロポリス:東京。

およそ3年ぶりに皆既月蝕が観測された。
単なる天文イベントだったはずのそれは、やがてまったく予期しない「ある怪現象」を引き起こす。
なぜか、それに呼応するように頻発化していく不可解な事件やテロ、ネットワーク犯罪……。

複雑に入り乱れ、混ざり合っていく実と虚。
まるで、起きていながら眠り続けるように。

何かが狂い始めていた。
誰にも見えないどこかで、誰もが知っている何かが。

これは、そんな世界に生きる少年少女たちの、邂逅と別離の物語。

そして……。


始まりは終わり、終わりが始まるのだ。

(公式サイト引用)

シナリオ紹介

  • 葵 日向(Aルート)
    • ネットゲーム「バビロン」という現実に限りなく近いオンラインゲームが流行りだした世界。15歳の少年、葵日向が主人公。日向には夢月という双子の妹がいたが、2年前に失踪して行方がわからなくなり、それ以来、離人症が悪化していた。
    • しかしある日どこからともなく送られてきた怪メールをきっかけに、能動的に行動するようになり、幼馴染みの朔夜と共に妹の失踪の原因を探ることになる。
    • 高校生の少年少女の視点で追う分かり易いシナリオで、基本的な世界設定も語られる。
  • イシュタル/Ishtar(Bルート)
    • 「イシュタル」のハンドルネームを持つ18歳の少女が主人公。ハッカーチーム《クリミナル》のリーダーであるイシュタルは、企業から合法的なハッキング依頼を請け負って生活していた。
    • そんなある日、チームは謎のクラッカーと衝突する。やがてそれは、サイバーテロを目論むテロリスト集団《コード》との対決にまで発展していく。
    • 《クリミナル》を中心とした全体的に明るいシナリオだが、最後は残酷な結末が待ち受ける。
  • イシュタル/Ishtar(Cルート)
    • こちらもイシュタルが主人公だが、Bルートとは彼女を取り巻く環境が全く違っており、単独で行動している。また、Bルートのイシュタルと比べると、やや冷たい印象を受ける。
    • 二人のイシュタルは同一人物なのか別人なのか。それはシナリオを進めれば自ずと明らかになるだろう。
    • 時間の流れが曖昧になっており、各シーンが断片的に描かれる為、事態の把握は困難を極める。
  • He/ヒィ(Dルート)
    • 神出鬼没で、その痕跡を残さない、インターネット上に現れる伝説のハッカー「He」が主人公。
    • 「He」とは、あくまで都市伝説の中の人物のはずだったのだが、果たして「He」と呼ばれるこの男性の正体は…?
    • 屈強な男性が主人公であり、激しい戦闘シーンが多い。しかしこちらも時間の流れが曖昧且つ断片的に描かれる。更に主人公が目的も素性の不明の謎の存在と言う事もあり、Cルート以上に不可解な展開となっている。

評価点

  • 多くの伏線が張られたシナリオ
    • ミステリー小説のように、巧妙な伏線を最終シナリオで判明させるストーリー構成はプレイヤーを感嘆させてくれる。
    • 張られた謎も多いため最後まで引っ張ることができ、プレイヤーをクリアまで飽きさせない。
    • 中澤氏が嘗て手掛けていた『infinityシリーズ』のようなトリックやカタルシスも健在。同シリーズファンならきっと引き込まれるだろう。
    • 中澤氏の代表作と言うと、尻切れトンボの結末で波紋を呼んだ『Remember11 -the age of infinity-』が挙げられるが、本作は下記のような問題点こそあれど、露骨な投げっ放しのオチではない。
  • 親切なシステム
    • オートプレイ機能、高速な既読メッセージスキップ機能、いつでも行えるセーブ/ロード機能(100箇所セーブ可能)、選択肢など自動でセーブしてくれるクイックセーブ機能といった基本的機能は言うまでも無く搭載。
    • テキストログ機能は前回のプレイの履歴さえも閲覧できる(ログ中の音声再生や、ログ上からのゲーム再開も可能)。
    • シナリオを途中から開始できるショートカット機能など、繰り返しプレイを快適にサポートするシステムも万全。KID時代のADVのような極めてユーザー思いのシステムである。
  • TIPS
    • 『Remember11』同様、ゲーム本文中の用語を解説するキーワード機能が搭載されており、未知な用語や固有名詞などはすぐに調べられる。
    • メッセージから直接用語解説にジャンプできるのも嬉しい。
  • 世界観
    • 近未来のSFでバーチャル世界と現実世界の区別しづらくなったという映画『マトリックス』に似たような非日常感が多いシナリオだが、どこが現実味のある世界観でプレイしていく内にのめり込むようになっている。
    • SF要素もそこまで非現実的な物ではないため、SFが苦手な人間も取っ付きにくさはない。
  • BGM
    • 当時、BMS作者として活動しており、現在は音ゲーに曲を提供しているonoken氏が作曲を担当。どの曲もよく場面にあっており、OPテーマ『fragment』も高評価。

賛否両論点

  • 同性愛的な設定を持つキャラクターが何人か登場する。
    • 女性キャラが別の女性キャラを「おねえさま」と呼んで慕う、女性キャラ同士が恋人になる、など、所謂「百合」を思わせる表現が少なくない。また男性に辛く当たるキャラもいるため、プレイヤーによって好みが分かれそうな所。
  • 長大なボリューム
    • 標準プレイ時間は50~60時間。シナリオ数も実際は10に及び、かなりの文章量を誇る。
    • ボリュームがあるのは良い事だが、本作は難解でややこしい事この上ないシナリオな上に、提示される情報量も凄まじい。プレイヤーへの負担も大きい点に注意。
  • 一部にネットスラングが登場する
    • 科学アドベンチャーシリーズなどほど露骨ではないが、「厨房」など当時よく使われていたネットスラングが一部使われている。
    • 近未来の世界観なのに現代のネットスラングが登場する事に、人によっては違和感を覚える。また、単純にネットスラングの使用を嫌がる人も。気にならない人には気にならない程度だが。

問題点

ゲーム面

  • 立ち絵が少なすぎる。
    • 作中に立ち絵があるのは説明書の登場人物紹介に載っているキャラ*1と、敵の名も無き戦闘員のみ。それ以外は脇役はもちろん、声のあるキャラクターすら無い。
    • infinityシリーズのように登場人物が少なかったり、メインキャラ以外はあまりストーリーに関わらない作品ならともかく、本作は登場人物が多く、しかもその殆どがストーリーに深く関わってくる。にもかかわらず、アルカナが振られた主要キャラと戦闘員以外には立ち絵が無い。主人公の家族、クラスメイトなどはおろか、ストーリーの根幹に位置する超重要キャラにすら無い
      • その所為で、重要な会話シーンなのに誰もいない部屋で姿や形が出ない透明人間の音声だけが流れるホラーのような事もしばしば。
    • 唯一の例外である敵の戦闘員も、Heをスキンヘッドにしたようなものを使い回している。これが同時に何人も表示される画面はなかなか不気味。
    • 他にも重要なアイテム、テーブルに置いてある食べ物、ベッドに寝ているキャラなども描かれていない。「想像しろ」とでも言いたいのか。
    • CGにはキャラが描かれているが、立ち絵が無いという残念な事も。
    • これは予算の問題だったらしく、中澤氏も「圧倒的に立ち絵が不足していた」と認めている。後に発売されたWin版では10人以上もの立ち絵が追加されている。
  • 選択肢が少ない
    • 1ルートでせいぜい5~6個。他のADVよりも選択肢が少なく、一本道要素が高い。
    • またBADエンドも「選択肢を間違えたら即死」が殆ど。
    • ダッシュルートについては完全に一本道である。
  • 一部の描写のテンポ
    • いちいち雑魚の断末魔を挟む、同じムービーを何度も流すなどテンポが悪い所がある。
    • 難解なSF理論の解説シーン、意味の薄い回想シーンなどが頻繁に挟まれて冗長になっている場面が多く、特に無限ループに落ちる場面は二度も繰り返される。
    • 今作はスキップがしっかりしている分、まだマシな部類だが。

シナリオ面

  • バーチャル世界と現実世界が混合していくという環境で進んでいくシナリオは徐々に境が分からなくなり混合する。
    • 主人公達が現実、ネットゲーム「バビロン」の仮想空間、更には時間や空間すら行き来する為分かりづらい。主人公たちや敵の目的にしばしば理解が追いつかなくなる。立ち絵の少なさも理解を妨げる一因だろう。
    • 本作にはいわゆる多くの物語作品である「解説役」「聞き役」という立場の人間が少なく、世界観を理解しているキャラクターばかりで、プレイヤーを置いてけぼりにしている感覚を覚える事も
    • 特にC、Dルートは時間の流れが曖昧であり、シーンも飛び飛びなので理解は非常に困難。
      + ネタバレ注意
    • 現実世界とバーチャル世界を混合し、さらにプレイヤーの理解が及ばなくなる。またこれまでのシナリオと違いSF全開、ファンタジー全開で何でもアリなお話になってくる。
    • 主人公達がネットゲーム「バビロン」をログオフしていると勝手に行動してくれるシャドウヌルというAIがあるのだが、C、Dルートではそのシャドウヌルが生命を得て勝手に行動するため、現実の人物かシャドウか分からなくなる。
    • また終盤はある人物が別の人物としてバビロンで活動するため、判別しづらい。
    • 加えてバーチャル世界の出来事が現実にも起こる多世界解釈や量子論などのせいで現実とネットの世界が本当に融合していく。
    • 最終盤、夢月が寝ている状態を起こすため、日向と真佑実が夢月の夢に入る、するとその夢で寝ている夢月の夢に入る、さらにその夢で寝ている夢月の夢に入るという無限ループに陥ると言う訳がわからない展開がある。胡蝶の夢を意識して意図的にプレイヤーを混乱させようとしている事もあるのだが、ここまで混乱させる必要性があったのであろうか?
    • このように時系列や視点や環境が入り乱れるCルート以降は情報を整理するのが極めて困難。
    • 一方でA、Bルートはしっかりとした骨組みのため理解が追いつかない事は少ない。
    • 結末にも難がある。
      + ネタバレ注意
    • 最大の敵である大企業「エクサーク社」は諸悪の根源とされるが、「こんな悪い事をしていた」と台詞の上で語られる程度で、実際にそこまで「悪」らしい描写は無い。寧ろテロ組織《コード》や事件の元凶達の方が悪どく描かれる為、見方によっては「憎むべき悪」としてのスケープゴートにされているようにすら見えかねない。また、その壊滅がやけにあっさりで物足りない。
    • 終盤部分は世界観を広げすぎてまとまっていないという意見もある。
    • 多層世界説=パラレルワールドの要素を含む為、本編でトゥルーエンドを迎えた後は正史がA'とB'それぞれに分岐してしまう。
      • A'ルートは一見すると順風満帆なハッピーエンドのようだが、B'ルートをプレイすると必ずしもそうとは言い切れない事が分かる。逆にB'ルートのエンディングはすっきりまとまっているが、切ない結末である。
    • そこで上記の多層世界説をも踏まえて最良の結末を目指すE'ルートが解禁される。しかしこちらはこちらでメタな観点にまで話を持って行ってしまっており更に難解に。
      • それでオチが全てを解決するハッピーエンドなり、広げた大風呂敷を畳み切る納得の結末なりだったら良かったのだが、実際のエピローグは殆ど解釈任せ。『Remember11』のような尻切れトンボではないにしても後味スッキリとはとても行かないだろう。
  • 一部科学的に間違いがある
    • 「100匹の猿」理論や「レミングの集団自殺」など現在も発売当時も否定されている説が事実とされている。物理が得意な日向や科学者などが否定しないのは違和感を覚える。
    • 無論、フィクションなのだから「説が正しいと認められた世界」「否定されたがそれは捏造だった」と言う設定でも問題は無いのだが、ならばそうと作中かTIPSで明言しておくべきだったかもしれない。
  • テーマが多すぎる
    • メインとなるSF、IT、量子力学の他にも神話、宗教、哲学、心理学、科学、遺伝学などあらゆる要素が込められている。それ故に重厚な物語を構築出来ているのも確かなのだが、あまりにテーマが多過ぎてなかなかプレイヤーの理解が追い付かない。
    • それだけならともかく、これらテーマの絡み方はまちまちで、時には少々内容とズレている印象すら受ける。
    • これもまた、実力派の脚本家陣がそれぞれの得意分野を活かし過ぎて、整合性が取り切れなかった結果かもしれない。
  • キャラクター関連
    • キャラクターに感情移入しにくい部分がある。
      • 日常的描写が薄く、感情が分かりにくい。ストーリーを進める記号とも言われる事も。
      • 多くのキャラクターは日常的にハンドルネームを使用するため現実の名前と混合してしまい、誰が誰なのか理解しにくい。
      • 結局、これらも立ち絵が少ない影響が大きい。
    • ストーリー上でも一部、理解に苦しむキャラ描写がある。
      + 例えば…
    • 葵 日向
      • うじうじと悩む事が多く、好感が湧きづらい。おまけに行動理念も少々描写不足気味。後に成長の兆しを見せ、主人公らしいキャラになっていくのだが、ダッシュルートではまたうじうじキャラに逆戻りする事も(勿論、クライマックスなど決める時は決める)。
    • アンドラス
      • 《クリミナル》のメンバー・綾瀬みかをストーキングした人物であり、Bルートにて《クリミナル》と対決する。卑屈かつ小物で同情の余地も無い様な人間で、しかも直接的には描写されていないが強姦疑惑まである。
      • しかし別のルートでは兄思いの可愛い妹がいたり、主人公に協力するなど比較的良い奴のように描かれる。何故こんな奴を優遇するのか首をかしげるユーザーも多い。
    • エンリル
      • テロ集団のリーダー。日向の腕を切り落としたり、《クリミナル》のメンバーを殺害してその家族まで容赦無く手に掛ける、など悪の親玉のような非道ぶりを見せつける。
      • にもかかわらず終盤にあっさり和解。上記の事を考えるとなかなか強引である。一応、Heに倒されると言う形で報いは受けているのだが、その事実も改変されて最終的には復活する。
      • しかもいくら本人なりの信念や目的があったとは言え、大惨事を起こしながら咎めを受けたり罪を償うと言った描写は無く、ダッシュルートでは何事も無かったかのように味方になる。一応、エピローグで自身の行いを悔いるシーンはあるが…。
      • また、日向が探していた夢月の恋人でもあり、日向目線で見ると悪党に妹を寝取られたような気がしないでもない。
    • 葵 夢月
      • 日向の妹。本作の主人公達の最終的な救出対象であり、Aルートではまだ助けようと思わせるように描写されている。
      • …が、ストーリーを進めると実は今回の騒ぎの元凶の一人である事が判明する。それも不可抗力的に元凶になったのではなく、(事件を起こす意図は無かったとは言え)本人の意志でやった事が結果的に事件の引き金となっている。更に本編はエンディングを除いて回想のみの登場且つ好感の持てる描写も少ないため、あまり助ける気力が沸かないというプレイヤーも多い。
      • ダッシュルートではようやく出番に恵まれ、好感の持てる一面も描かれる。しかし上記の通り日向がうじうじキャラに逆戻りした際には、自分のやった事を棚に上げて兄を批判するシーンもあったりと、やはり素直な好感は湧きづらい。
    • 本編の敵
      • 正体は伏せるが、事件の黒幕と呼べる存在に制裁を加える事がないまま本編は終了する。
      • しかもその後のA'ルートでは主人公達の味方になったかのような描写がある。あれだけの大事件を起こしておきながらこの存在は咎めず、「悪いのは全部エクサーク社でした」と言う展開に持っていく為、釈然としない気持ちになりかねない。
      • 但し、もう一方のB'ルートはそのような事は無く、最後は消滅させられる。
    • このように、悪役が咎めを受けなかったり一般的な感覚では理解し難いキャラの扱いや行動理念が少なくない。全体的に原案の田中ロミオ氏の哲学が強く出ており、人を選ぶ部分がある。

総評

実力派スタッフを集結しただけあり、オリジナリティ溢れる設定や濃厚な世界観、謎解き要素、伏線回収など魅力的なシナリオを誇る作品である。
一方でプレイヤーを置いてきぼりした場面も多く非常に理解しにくく、癖の強いキャラや展開の数々もまた人を選ぶ。
登場人物が多いのに立ち絵が少なすぎるせいで様々な弊害も起きた。
その結果、著名クリエイターを多く起用した割にはかなりマイナーな作品になってしまっている。他機種への移植も下記のWin版以外は行われていない。もう少し一般向けにシフトしたら名作として名を馳せたかもしれない、惜しい作品である。
しかし上記の通り、魅力的なものを持っているのも確かなので、ミステリアスで難解なADVをプレイしたい人はやってみても良いだろう。もしプレイするなら、立ち絵問題が解決されたWin版をお勧めする。

その後の展開

  • 2008年8月29日にはWin版『I/O revision II』が発売された。
    • シナリオそのものに変更はないがPS2版で立ち絵が無かった登場人物達にも立ち絵が与えられており、本作の大きな問題点の一つが解消されている。
  • 後に中澤氏が手掛けた『ルートダブル -Before Crime * After Days-』には本作のBGMが一部使用されている。
    • こちらは本作との繋がりは無いが、時間と空間を超えた複数視点の物語やA~Dのルートなど本作に通じる部分もある。詳細は当該記事を参照。