科学アドベンチャーシリーズ



CHAOS;HEAD(カオス・ヘッド)

機種 タイトル 概要 判定
本編
Win CHAOS;HEAD その目、だれの目? 科学ADV第一弾は「妄想」がテーマ。
『STEINS;GATE』の影に隠れがちだが、シリーズの特徴は既に確立している。
なし
360/PSP/PS3 CHAOS;HEAD NOAH ルート分岐を追加した完全版。内容の過激さから、360版はADV異例のZ区分。
派生作品
360/PSP/PS3 CHAOS;HEAD らぶChu☆Chu! 後日談は本編の陰鬱さを吹き飛ばすハイテンションなギャルゲーに。 なし
バンドル作品
PS3 CHAOS;HEAD ダブルパック 『CHAOS;HEAD NOAH』と『CHAOS;HEAD らぶChu☆Chu!』をバンドル。
PSV CHAOS;HEAD DUAL 『CHAOS;HEAD NOAH』と『CHAOS;HEAD らぶChu☆Chu!』をバンドル。
「セクシーパッチ」も内蔵されている。
なし


STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)

機種 タイトル 概要 判定
本編
360/Win/PSP/
PS3/PSV/PS4
STEINS;GATE 「タイムマシン」がテーマの科学ADV第二弾。
シナリオ中に巧妙に張り巡らされた伏線の数々は語り草となった。
PS4版は『0』の初回同梱特典。
PS4/PSV/Switch/Win STEINS;GATE ELITE フルアニADV第1弾。アニメ映像で進行するリメイク作品。
派生作品
360/PSP/PS3/PSV STEINS;GATE 比翼恋理のだーりん とある世界線の『STEINS;GATE』はドタバタラブコメだった。
Win STEINS;GATE 変移空間のオクテット 何を血迷ったか8bitパソコン時代風ADV化。ストーリーは本編の後日談。
『CHAOS;HEAD』とのクロスオーバー要素も描かれている。
360/PS3/PSV/PS4/Win STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム ラボメン各視点で描かれる様々な世界線。但し、本編とはあまり関係無い。
ストーリーは一本道。PS4版はPS4/PSV版『STEINS;GATE ELITE』の初回封入特典。
Win版はSteam版『STEINS;GATE ELITE』の購入特典
賛否両論
PS3/PS4/PSV/Win/One STEINS;GATE 0 β世界線のその後が語られる『正統続編』。 なし
Switch ファミコレADV シュタインズ・ゲート Switch版『STEINS;GATE ELITE』の初回封入特典。無印シュタゲをファミコン風にアレンジ。 なし
バンドル作品
PS3/PSV STEINS;GATE ダブルパック 『STEINS;GATE』と『比翼恋理のだーりん』をバンドル。
Switch STEINS;GATE ダイバージェンシズ アソート 『だーりん』『フェノグラム』『0』の3作品をバンドル。


ROBOTICS;NOTES(ロボティクス・ノーツ)

機種 タイトル 概要 判定
360/PS3 ROBOTICS;NOTES 科学ADV第三弾のテーマは「ロボット」。他のシリーズとのクロスオーバーも多少描かれる。 なし
PSV/PS4/Switch ROBOTICS;NOTES ELITE シナリオの整頓、加筆修正が行われた完全版。PS4/Switch版はDL専売。 なし
PS4/Switch ROBOTICS;NOTES DaSH 本編から半年後を舞台にした続編というか後日談。
『STEINS;GATE』からダルが電撃参戦。
バンドル作品
PS4/Switch ROBOTICS;NOTES お得セット 『ELITE』『DaSH』をバンドル。


CHAOS;CHILD(カオス・チャイルド)

機種 タイトル 概要 判定
本編
One/PS3/PS4/PSV/Win CHAOS;CHILD 『CHAOS;HEAD』から6年後の渋谷を描く科学ADV第四弾。テーマは再び「妄想」。 なし
派生作品
PS4/PSV CHAOS;CHILD らぶchu☆chu!! 本編のアナザーストーリー。本編と同時系列とは謳いつつも…。


OCCULTIC;NINE(オカルティック・ナイン)

機種 タイトル 概要 判定
PS4/PSV/One OCCULTIC;NINE 小説初出のメディアミックス作品。テーマは「オカルト」。
当初は科学アドベンチャーシリーズとして扱われなかったが、後に正式に組み込まれる。


関連作品

機種 タイトル 概要 判定
PSP ねんどろいど じぇねれ~しょん 『STEINS;GATE』から牧瀬紅莉栖、椎名まゆりが出演。
360 ファントムブレイカー 『CHAOS;HEAD』から咲畑梨深、『STEINS;GATE』から牧瀬紅莉栖が出演。 なし
360/PSV/Win ファントムブレイカー:バトルグラウンド 『STEINS;GATE』から牧瀬紅莉栖、『ROBOTICS;NOTES』から神代フラウが出演。
PS4/Switch ファントムブレイカー:バトルグラウンド オーバードライブ
360/PS3 ファントムブレイカー:エクストラ 『CHAOS;HEAD』から咲畑梨深、『STEINS;GATE』から牧瀬紅莉栖が出演。 なし
スーパーロボット大戦シリーズ 『X-Ω』に『ROBOTICS;NOTES』が期間限定参戦。


以下の2作品は公式には科学アドベンチャーシリーズには含まれないが、シリーズと同じく志倉千代丸氏が原案を務めており、氏は「ある意味でシリーズの原点」と語っている。

機種 タイトル 概要 判定
PS2 Que ~エンシェントリーフの妖精~
DS アイテムゲッター ~僕らの科学と魔法の関係~


レッド・エンタテインメントが発売したアドベンチャーゲーム。当初から科学アドベンチャーシリーズとの類似性を指摘されていたが、5pb.が発売を担当する移植版では「科学アドベンチャーファンに捧ぐ渾身の1作」と公式自身が宣伝している。

機種 タイトル 概要 判定
PSV 俺達の世界わ終っている。 テーマは「ゲーム」と「仮想世界」。
浅草を舞台に、ゲーム会社「ジャッジメント7」の奮闘を描く。
PS4/Switch JUDGEMENT 7 俺達の世界わ終っている。 シナリオとキャラクターを追加し、UIを大幅にブラッシュアップしたリメイク移植版。
Switch版はDL専売。


概要

ニトロプラスと5pbのコラボレーションから始まったノベルゲームのシリーズ。
ノベルゲームでありながらストーリー分岐が選択肢ではなく、作品ごとに独自に設けられた「~トリガー」なるシステムにより分岐する独自のシステムを持つ。
シリーズ名である『科学アドベンチャー』の通り、シナリオには多くの科学用語が飛び交う。
その多くは現実に即したものだが、その中核となる部分が陰謀論と結びついた疑似科学という怪しげな雰囲気であることが大きな特徴の一つ。
陰謀論をテーマにしているだけあって、多くの登場人物や謎の組織が織り成すサスペンス群像劇の色が濃い。
また、主人公とそれを取り巻く人物たちが色々な事をこじらせたオタク気質な人間ばかりという共通点もある。
世界観は全作品がほぼ共有しており、それぞれの劇中劇やマスコットキャラがシリーズを跨いで登場する場面も見られている。