スーパーモンキーボール

【すーぱーもんきーぼーる】

ジャンル アクションゲーム
対応機種 ニンテンドーゲームキューブ
発売元 セガ
開発元 アミューズメントヴィジョン
発売日 2001年9月14日
定価 6,090円(税5%込)
判定 良作


概要

元々アーケードで稼働していた『モンキーボール』の移植作。メインゲームを的確に再現しつつ様々な追加要素が加えられている。
ニンテンドーゲームキューブのローンチタイトルの一つ。唯一のサードパーティのローンチソフトでもある。

特徴

  • メインゲームのルールは「猿の入った球を転がしてゴールテープを切るだけ」とシンプル。操作も3Dスティックのみで完結している。
    • しかしながらステージ数は110面を超え、後半のステージは熟練したゲーマーでも唸る程の超高難易度。ステージは単なる平面球転がしとは異なり、立体的な仕掛けがあったり動くギミックが存在するものも多数。
      • 一部ステージは仕掛けを流用している物もあるが、ステージ幅や仕掛けの速度が変化していたりと難易度には違いがある。
  • キャラクターを移動させるのではなく、ステージを傾ける操作しかない事も特徴である。
    • 慣性の法則に従って一度速度が付くと減速がし辛くなっており、更に仕掛け等で猿がバウンドした際は傾いた方向に跳ねる。
    • このため慣れるまでは細かい移動が困難である。一般的なアクションゲームのように簡単に移動可能だと難易度が大きく下がるので、この操作方法がゲームの特徴と言える。
  • プレイヤーキャラクターは、アイアイ・ミーミー・ベイビー・ゴンゴンの4匹。元々のアーケード版からゴンゴンが追加されている。
    • いずれも性能差は殆どないが、ベイビーは体が小さいため足元が見やすく、ゴンゴンは体が大きいため逆に見づらい。ベイビーが初心者向けともいえる。
  • メインゲームの他に、1~4人用のパーティーゲームも収録されている。
    • レース(一般的なレースゲーム)、ファイト(殴り合いの乱闘)、ターゲット(猿を飛行させ得点盤目掛け着地させる)に加え、ゲームを進めるとボウリング、ゴルフ、ビリヤードが遊べるようになる。
    • どれもミニゲーム程度のオマケではあるのだが、対人・対CPU共にそれなりに作り込まれている。
      • ビリヤードはナインボールのルールのみなので少々物足りない。これは次回作『2』では改善されている。

評価点

  • シンプルだが奥が深い
    • 先述したように操作は基本3Dスティックのみなのだが、ステージのバリエーションは豊富で飽きが来ない。
    • ゴールに入るだけと言うルールはそのままだが、後半ステージの難易度はとても高い。一部ステージでは謎解きのように手順を考える必要もある。
    • 隠しステージはアーケード版から大幅に数が追加されている。性能差は無いもののプレーキャラクターも1人増えた。
  • 魅力的な背景とBGM
    • 5~10面毎に雰囲気が大きく変化する。繁華街、砂漠、氷、遺跡、宇宙のステージなどどれも個性がある。
    • 最新機には劣るものの、当時のゲームとしては背景が美しい。直接はゲームに関わらない部分だが、雰囲気作りにはこだわりを感じる。
    • BGMもそれぞれの背景に合わせて変化する。『龍が如く』シリーズ等で著名な庄司英徳氏の作曲した曲も多数使われている。幻想的な物やハイテンポな物など音楽単体での評価も高い。
  • 豊富なショートカット
    • 高い位置から低いゴールを目指す面では、足場を飛ばして大胆なショートカットが可能。それ以外の面でもギミックを利用した近道が一部存在する。一本道に見えて、攻略手段は複数ある。
    • 細い道と太い道の分岐があるような面では、困難な場所にあるワープゴールに入ると続く面をいくつか飛ばす事も可能。
    • メモリーカード内にリプレイ動画を保存可能な点も魅力。面白いプレーをその場で手軽に動画保存できる。
    • 公式HPでは一時期ショートカット動画の公開も行っていた。なお必ずしも簡単になるとは限らず、普通に足場を渡った方が楽な場合もある。
  • コンティニュー回数無限
    • ゲームを遊ぶ度に貯まるプレーポイントを集めることで、パーティーゲームの解禁の他にコンティニュー回数の増加が行える。増加を5度行うとコンティニュー回数が無限になる。
    • つまり何度ミスしても同じステージからやり直しが可能であり、通常ステージの完走だけならこれを使うととても楽になる。
      • 最も難易度自体は変わらないので、いわゆる死にゲーのように何度も何度もミスしながらコツを掴む感じになるだろう。
    • ポイント自体は初級コースのみでも増やせる。一度解禁した要素は保存されるので、回数を重ねれば誰でも無限コンティニューになる。
  • ロードがとても短い
    • 各ステージ間のロードは体感ほぼ0秒と快適。GCの特徴である高速ロードと、死にゲーとして何度も挑むゲーム性が合っている。

批判点

  • 操作が独特
    • 自機ではなくステージを傾ける操作はやはり人を選ぶ。3D酔いが起きる可能性も否定できない。
  • 隠しステージの解禁条件が鬼畜
    • 上級(50面)をノーコンティニュークリアするとEXTRA(10面)が出現。このEXTRAまで含めて全てノーコンクリアする事でようやくMASTER(10面)が出現する。
      • 初期の残機は3で固定。ステージ内のバナナを100本集めると1機増えるのだが焼け石に水である。要するに60のステージをミス回数一桁で抑えなければならない。
      • ステージ単体で見ても何度もミスしてようやく突破できるレベルの物があり、コツを掴んでいても一発クリアを安定させる事は難しめ。一瞬の操作ミスで呆気無く猿は落下していく。
      • 幸いにも「運ゲー」の要素は一切無いので、実力さえあれば攻略は可能。とは言え尋常ではないやり込みとセンスを問われる。
    • ちなみに初級(10面)、中級(30面)のEXTRAはなんとノーミスでないと出現しない。こちらも結構な腕前を要するが、それでも上級よりマシかもしれない。
      • これらの隠しステージは他の解禁手段は一切無い。そのため実力が無い人は絶対にプレーが不可能である。
    • 一度MASTERの1面まで進んでしまえば、以降は何度コンティニューしてもクリアさえすればMASTER10面(最終ステージ)まで進出可能な点は救い。
    • 上級1面からEXTRAに進出できるグリッチ*1*2が存在するが、それでも残機2でEXTRAをノーコンする必要がある。
  • 一部のステージが鬼畜
    • MASTER3面はこのゲーム内で最も難しいステージである。上級ステージ序盤の1/5~1/10程度の幅しかないアップダウンの坂、移動する狭い足場、直角に近い螺旋の道を下るとどれも単体で1ステージとなりそうな高難易度が複合配置された面。
      • 先ほどの鬼畜な条件を満たした人のみがプレー可能なMASTERと言う事を踏まえてすら、極めて難しい。このステージだけで突破に数時間掛かった者もいる(なお1プレーは10~60秒程度)。 当然無限コンティニューをオンにする事はほぼ必須*3
    • 上級7面の総合アスレチック、21面の迫り来る壁ステージもそれまでに比べ著しく難易度が高い。
      • 終盤ステージだけが難しいのではなく、高難易度の物があちらこちらに点々と存在している点が厄介。これは意図的なものか調整ミスかは分からないが。
    • 幸い初級、中級ステージは概ね良心的に出来ている。

総評

  • 若干人を選ぶものの、シンプルながらやり応えのある濃厚なゲームとして完成されている。
  • 特に難易度の高いアクションゲームが遊びたいと言う人向け。
    • 他のアクションゲームにはあまり無い操作感なので、このゲームをどれだけやり込んだかだけで腕前が決まる。初心者であってもこれ一本をやり込めば上達は可能。初級ステージは簡単なため、初心者に厳しいゲームとは言い切れない。
  • ストーリー性はほぼ皆無で、あくまで淡々とゴールを目指すだけ。それでもハマる人はハマるので、アクションと言うより落ち物パズルや音ゲーに近いやり込みタイプのゲームとも考えられる。
    • クリアするだけで大変高難易度なのだが、スコアやタイムを競ったり魅せプレーを行うと言った更なるやり込みも可能である。

余談

  • この作品の好調子を受け、続編としてGCで『2』、PS2/Xb『デラックス』、DS『DS』、Wii『ウキウキパーティー大集合』『アスレチック』、3DS『3D』やアプリ版等も制作されている。
    • 一部続編では操作感が全く異なっており、シンプルながら完成度の高いこの作品の方が良いと言う声もある。
  • ゲームに参加したスタッフに『龍が如くシリーズ』の名越 稔洋プロデューサーがいる。その為龍が如くのミニゲームに同作品のキャラクターの人形が登場している。
  • 本作と次回作の『2』ではDoleが協賛しており、本作の至る所にDoleのマークが登場する。公式サイトにはバナナの豆知識やレシピ・食べ方といったことも書かれている。
    • 『デラックス』以降は協賛しなくなり、本作に存在していたDoleのマークがあるステージはマークを削除した上で収録されている。
  • ステージには1つずつ名前がつけられているが、これらは攻略本や『デラックス』で確認できる。