パックマンコレクション

【ぱっくまんこれくしょん】

ジャンル 名作ゲーム集

メディア 128MbitROMカートリッジ
対応機種 ゲームボーイアドバンス
発売元 ナムコ
開発元 Mass Media
発売日 2002年1月11日
定価 3,990円
プレイ人数 1人
レーティング CERO:A(全年齢対象)
※バーチャルコンソール版より付加
廉価版 バリューセレクション:2006年2月2日/2,800円
判定 なし
ポイント 携帯機で遊べるパックマンの原点
プレイハードルが下がったAC版アレンジメント
携帯機故に一部の再現度に難あり
パックマンシリーズリンク


概要

世界で人気を博したパックマンの4作を収録したカップリング移植。
当時はプレイが困難だったタイトルが収録されているが、GBAのハード性能の制約上、移植度は完ぺきではない。

収録タイトルと詳細

  • パックマン
  • パックマンアレンジメント(『ナムコクラシックコレクション Vol.2』に収録された物。)
  • パックマニア
  • パックアタック(日本未発売の『コズモギャング・ザ・パズル』の差し替え版)
  • パックマン…ゲームボーイやゲームギア、ゲームボーイカラーの『Pac-Man - Special Color Edition』が存在したが前者はモノクロで見づらく、後者は画面構成がファミコン版がベースであった。AC版をベースにした移植は本作が初となる。
    パックマンアレンジメント…海外のみ発売された2001年の『NAMCO MUSEUM』の移植のみでプレイが困難。
    パックマニア…80年代後半と言う古い作品で携帯機に恵まれていない。
    パックアタック…国内未発売。

特徴

『パックマン』は画面を上下にスクロールする「スクロール」、画面を全体に表示する「フルスクリーン」の2種類。
『アレンジメント』と『パックマニア』は「スクロール」固定。コンティニューは無限。
『パックアタック』はGENESIS版がベース。2人プレイはスペックの問題で削除。

評価点

  • 携帯機で手軽に遊べるパックマン。
    • GENESISのパックアタックを含む作品はACが初出であるため、携帯機での移植によりプレイのハードルが下がった。
    • 『パックマン』は上記の通り、これまではファミコン版に近い画面だった為、本作はAC版準拠の画面の移植は(携帯機としては)初となった。
    • 『アレンジメント』が初めて国内での移植が実現した。2018年現在長らく再移植されず、PSPやWii、Switch等のハードに配信されずに恵まれなかった為、本作及びWiiUの本作のVCでのみプレイできる。
    • 『パックマニア』はPS、PS2、Wii等に移植されたがどれも据え置き機。3DS等携帯機には再移植されなかった為、PSPとPSvitaのゲームアーカイブス*1を除く携帯機で遊べるソフトは現在のところ本作のみ。
    • 『パックアタック』は国内で気楽にプレイできるようになった。
  • 普通に遊ぶ分には問題ない移植度。
    • 下記に問題がある物の気にならない程度に調整されている。
    • 『アレンジメント』と『パックマニア』はゴリ押しだが、無限コンティニューにより初心者に優しくなっている。

問題点

  • 一部細かい部分の再現度が低い
    • 据え置き機からGBAへの移植全般に言える事だが、解像度に問題がある。
      • 原作は224x288ドットなのに対し、GBAの解像度は240x160ドットしか無く、元の画面をGBAに収めるのは無理がある。
      • ドット自体は忠実な再現により損なわれていないが、『パックマン』と『アレンジメント』はLボタンで上に、Rボタンで下にスクロールする設定がある。不必要な追加要素故に知らない内にミスを誘導される。
      • 横のスペースが空いてるのかワープの壁が足りておらず、黒の淵が通っている様しか見えない。
      • 『パックマン』のみ存在する「フルスクリーン」の問題は顕著。解像度が足りていない為、小さすぎて余計見づらくなっている。
    • BGMは全てサンプリング音源になっており、巻き込まれた雑音が気になりやすい。
      • 効果音は余計に雑音が増していると感じやすい。
      • 『パックマニア』のみ全てのBGMの途中からのフレーズがカットされ、最初のフレーズを繰り返すようになってしまった。
    • エンディングが改変され、当時のスタッフが非公開になった味気ないエンディングになってしまった。
    • 『パックマニア』のステージ選択はスペックの問題なのか存在しない。
    • デモスクリーンの動き方が再現されて無い。分かりやすく言うなら『パックマン』のゴーストのアルゴリズムが異なってる為すぐにミスになる。
    • 本作にはセーブ機能がないため、ハイスコアや設定などが保存できない。スコアランキングが無いのもその為と思われる。

総評

人気の高いパックマンが主人公の4作品を収録。アーケードゲームが携帯機で遊べるようになったことは好評。
原作の基本的な面白さはそのままである。しかし、携帯機の宿命であるが解像度等の劣化した点も見受けられる。

『パックマン』は人気が高い故か携帯機への移植の機会が多い。アーケード版を忠実に再現した移植もあるため本作を選ぶ意義は薄れている。
ただし、他の3作は携帯機に再移植されていないため、それらを目的とするなら本作を選ぶ価値がある。

その後の展開

  • 本作発売から5年後にDSで発売された『ナムコミュージアムDS』にパックマンが移植されている。
  • 2014年6月11日にWii Uのバーチャルコンソールで本作が配信された。しかし2017年4月28日に配信終了している。