ZERO ESCAPE 刻のジレンマ

【ぜろえすけーぷ ときのじれんま】

ジャンル 極限脱出アドベンチャー
対応機種 ニンテンドー3DS
プレイステーションVita
プレイステーション4
Windows(Steam)
発売元 チュンソフト
開発元 チャイム
発売日 【3DS/PSVita/Steam】2016年6月30日
【PS4】2017年8月17日
定価 【3DS/PSVita】5,800円(税別)
【PS4】3,800円(税別)
【Steam】5,638円→4,104円→2,190円(税込)
レーティング CERO:D(17歳以上対象)
判定 良作
ポイント 最後の極限脱出
「決断」のデスゲーム
極限脱出シリーズ
9時間9人9の扉 /善人シボウデス / 刻のジレンマ



概要

  • 数多くの登場人物が織り成すサスペンスシナリオを搭載した脱出ゲーム『極限脱出』シリーズの一作。前作の『極限脱出ADV 善人シボウデス』から4年越しの新作であり、シリーズ完結作である。旧作と同様、シナリオ・ディレクションは打越鋼太郎。キャラクターデザインは前作までの西村キヌから友野るいに交代している。
    • 前作は基本的に1人の主人公の視点で時系列順に物語が進行していたが、今作は登場人物が3チームに分かれ、各チームの視点で脱出に挑む群像劇に近い形になっている。
    • 前作、前々作と異なりタイトルに「極限脱出」は付いておらず、海外におけるシリーズ名である「Zero Escape」の名を冠している。それに伴ってか、旧作よりも海外を意識した部分が多く見受けられる。

ストーリー

全ての始まり、Xday、ラジカル6が漏洩した日。そして60億人が死ぬことが決定した日。
2028年12月31日のネバダ砂漠。
それは、実験施設「Dcom」での共同生活が始まってから6日目のことだった。
その日、Dcomで実験を行っていた者たちを含める9人の男女は目覚めると監禁室の中にいた。
左の手首にはバングル。
そこに仮面をつけた謎の人物が現れる。
「ある日偶然そこにカタツムリがいた、たったそれだけである女性が死んだ。人生とは理不尽なものだ……そうは思わんか?」
謎の人物は、自分を 第二のゼロ と名乗る。
「君たちにはDecisionゲームをしてもらう。これはきみたちと、私と、人類の存亡をかけたゲームだ」
Decision(決断)ゲームとはなんなのか?
3つの区画に分かれて行われるデスゲームの行方は?
はたして、生き残るのはどのチームなのか?
そして、「人類の存亡」とはなんなのか?
今、悪夢のゲームが始まる。

世界観・用語

  • ディシジョンゲーム(Decision Game)
    • ゼロに仕掛けられたゲーム。閉じ込められた地下核シェルターからの脱出を目指す。
    • 参加者は3人1チームに分けられ、Cチームはカルロス・淳平・茜、QチームはQ・ミラ・エリック、Dチームはダイアナ・シグマ・ファイとなっている。シェルターはC区画・D区画・Q区画の3区画に分けられている。チームは自分の区画の中しか行けず、他の区画へは行くことができない。
      • 各シナリオの主人公はCチーム編がカルロス、Qチーム編がQ、Dチーム編がダイアナ。この3人の視点でストーリーを体験していく。
    • シェルターから脱出するには、各区画のラウンジから繋がるエレベーターホールへの扉(Xドア)から地上に出るしかない。
    • Xドアを解錠するには6個のパスワードを入力する必要がある。パスワードは参加者が1人死亡する毎に1個ずつ開示される。つまり、他のチームの人間が全員死ねばチームは生き残ることができる。
    • 前作までのノナリーゲームやABゲームのような、数字や色を用いた仕掛けや複雑なルールは存在しない。ルールは、後述するように90分毎に記憶消去が行われる事と、6人が死亡すれば脱出の為のパスワードが得られるという事だけ。
      • しかしシェルター内には様々な仕掛けが施されており、主人公達は何度も命の危険に晒され、否応無しに脱出ゲームや「決断」を迫られる事になる。
  • バングル
    • 全員に強制装着された腕輪。参加者が活動を開始してから90分後に麻酔薬と記憶消去薬がバングルから装着者に注射される。ゆえに参加者は記憶消去薬によって前回の活動期間の行動を覚えていない。ただし、ゼロの判断によって記憶消去薬を投与しない場合もある。また、両側のボタンを押すことで現在時刻が表示される。

システム

  • クエストパート
    • クエストパートは,いわいる脱出パートであり、シェルター内の施設を探索して,そこに仕掛けられた謎を解いていくというもの。
    • 前作と違い上下左右のギミックもあり、前作よりは難しめ。
  • シネマパート
    • シネマパートは,いわゆるムービーシーン。全員がフルボイスで喋り,臨場感の溢れるドラマを堪能できる。
  • ディシジョンパート
    • 本作で行われるデスゲームである。 内容は,ゼロから提示される理不尽極まりないゲームや,チームメンバーとの論争など実にさまざまだが,選択次第でのちの展開に大きな影響を与えるものばかりなので,慎重に慎重を重ねた決断を下す必要がある。
    • 一見正しい選択も実は違ったり,またその逆もあるなど,単純なイエスノーの二元論を超越した,良い意味で厄介な選択肢になる。
  • フローティング・フラグメント・システム
    • 本作のストーリーは,時系列の不明な「物語の断片」の中からプレイする物語を選ぶという「フローティング・フラグメント・システム」を使ってゲームを進めていく。
    • 物語の断片の数はストーリーを進めるごとに増えていき,徐々に全貌が明らかになるという仕組みである。途中でほかの断片を選び直すこともできるので,詰まったら別のチームに切り替えてみると,また違った視点でストーリーの背景が見えてくる。また,クリアした断片は「グローバルフローチャート」として時系列順に可視化される。
  • Quest-FILE
    • 脱出パートで部屋を調べると手に入るファイル。
    • 主に脱出パートのヒントである
  • Cinema-FILE
    • ムービーパートで出てくる用語・固有名詞の解説してくれるファイル。

評価点

歯ごたえのある脱出ゲームの難易度

  • 今回も仕掛けやミニゲームパズルが数多く用意されている。好評だった前回を踏襲して、大元の難易度は「簡単すぎず、難しすぎず、理不尽でない」の範囲をキープしている。
    • 脱出の仕方はどれも同じだった前作までと異なり、脱出の種類も増えている。二人視点での攻略など飽きさせない。
      • 前作までの脱出パートは先に進む為に挑戦させられる課題、ゲームを盛り上げる余興と言った側面が強く、ストーリー上の意味はさほど無かった。しかし今回の脱出パートはいずれもストーリーに組み込まれており、謎を解くモチベーションに繋がっている。
    • 施設内のいたるところを調べ、点と点をつなぎ合わせていき、一本の線としてつなぎ合わせるというクエストパートの展開はまさに王道の謎解きとなっている。ある意味、プレイヤーの推理力が最も試されるシステムでもあり、見事謎を解いた時の達成感は確かなものがある。
    • 前作までは打越氏が脱出パートも全て考案していたが、今作では新たに脱出パート担当のデザイナーが二名参加しており、よりバリエーションに富んだ謎解きが用意されている。
    • 本作の意味深なパッケージイラストは、実はある脱出パートの場面である。忘れた頃に出てきて、プレイヤーを驚かせてくれる。

シナリオ面

  • 吸引力のある続きを知りたくなるシナリオ
    • 時間、場所、歴史、様々な描かれる物語は全体が多くの謎に満ちている。以前と同じように、伏線はテキストだけでなくゲームの構成要素全体を取り込みつつダイナミックに張られている。
    • それらがゲームの進行に合わせて次々と種明かしされていく様の面白さと意外性のため、熱中度の高い物語であることをキープされている。
    • 封鎖された状況化で行われるデス・ゲームから起こる臨場感ある人間ドラマも健在。
    • 発狂する者、取り乱す者、仇討ちに走る者、自暴自棄に陥る者と実に様々。そして、信頼や愛情が目覚めることも。絶望的状況化で行われる人間ドラマも本作の魅力の一つである。
  • システムと設定が巧みに交差されている。
    • フローティング・フラグメント・システムという様々な時間、場所、人物で行われるゲームやシナリオの数々はシステムそのものが伏線となっており、よくゲームとマッチングされている。
    • 何故このシステムなのか?何故この世界観なのかそれさえも伏線となっており、ゲームの楽しみの一つである。
    • このパートではパスワードが分からず、先に進めないルートも別の場所でパスワードを知るということもあり、システム全体が謎解きとなっている。
  • 過去作の伏線回収
    • 過去作(特に前作)では多数の謎を残して終わってしまっていたが、本作ではその多くが解明され、物語は大団円を迎える。
      • 前作の消化不良極まりない結末で「現実のシナリオロック」を喰らったプレイヤーは、本作においてようやくロックを解除する事が出来る。あの物語の結末がどこに向かうのか、それは本作をプレイしてその目で確かめて欲しい。
  • 哲学・数学 ・心理学要素
    • スワンプマン問題、眠り姫問題、モンティ・ホール問題など本作でも哲学、心理学などが混ぜられたシナリオは好評。トリックと合わせて打越氏の持ち味が存分に活かされており、物語を深めてくれている。
  • 雑談の増加
    • 脱出パートでは雑談が復活。淳平と茜の夫婦漫才を始め、本編の良い塩梅となっている。
    • 前作ではイージーモードでしか殆ど聞けなかったので、今回はそう言った点を気にせず楽しんで脱出ゲームに挑戦できる。

キャラクター

  • 『999』から淳平と茜、『善デス』からファイとシグマが登場。前作と前々作の主人公とヒロインが集結するという、正に完結作に相応しいキャスティングにファンからは発売前から歓喜の声が上がった。前作に絡む伏線回収も本作の醍醐味である。
  • 新キャラもダイアナ、Q、カルロスらも前作キャラに負けず劣らずの個性があり、彼らもゲーム全体の伏線の大きく関わってくる。
  • シネマパートではキャラクターの意外な過去や性格の側面などにもスポットが当てられており,非常に見応えもある。
  • 声優もベテランや人気声優揃い。重厚な人間ドラマを迫真の演技で盛り上げる。
    • 後のダブルパックで音声が付いた『999』では淳平、茜のCVは本作に準拠している*1

グラフィック

  • 3Dキャラクターデザインの向上
    • 『善デス』では粗い3Dモデルに批判が大きかったが、今回は大きく改善。特に、前作のファイのモデリングは大きく変化して高評価。
    • シネマパートでは、主人公たちが勝手に話し、動き、まるで海外ドラマを見ているように感じる。

システム面

  • フローチャート機能
    • 今回は様々な時間や場所に飛ばされる仕様であり、様々なチーム、場面を選択するのだが、フローチャートがあり、時系列的には混乱することは少ない。
    • クリア後に時系列毎にみるとまた違った見方が現れる。
  • バックログやスキップが搭載された。

賛否両論点

  • ショッキングなシーンの増加
    • 人が殺され血まみれになったり、バラバラにされたり、など残酷シーンが増加。人によっては気分が悪くなるかもしれない。
      • 大量出血、惨殺死体など当たり前。過激なものになると、肉片になるまで溶かされる焼却されて灰になると言った死に様まで登場する。
      • 新キャラは勿論、淳平、茜、シグマ、ファイと言った過去作からお馴染みのキャラもが無残な死体と化すのは不可避であり日常茶飯事。脱出の為には彼等に何度も死んでもらう事になる。その凄惨さは前作の比ではない。
    • 前作と同様だが、シナリオの性質上「どちらも後味が悪い上に、最終的に両方選ばなければならない選択肢」が大量に登場する。特に今回は「運命の理不尽さ」がテーマである通り、ディシジョンゲームで迫られる決断の内容もえげつないものが多い。全編を通して究極の選択を何度も迫られる為、ストーリーは非常に重くプレイヤーの精神への負担も大きい。
    • トゥルーENDに至るには凄惨且つ陰鬱なバッドエンドの殆どを体験しなければならず、旧作よりも遥かに精神力を要される。そういった悪夢を経ただけあって、脱出時のカタルシスは大きいが、そこまで辿り着くまでの道のりが血に塗れている事は覚悟しなければならない。
  • ドラマパート
    • グラフィックが向上して、動きが出るようになり臨場感が増したのは確かだが、一方で動きが出た所為でテンポが悪くなった側面も。これは一長一短だろう。
  • Qの正体
    • 今作肝である、Qの正体であるが、その正体は少々賛否があり、人によってはアンフェアと思うかもしれない。
      + ネタバレ注意
    • そもそもQとされるヘルメットの少年はQではない。Qと呼ばれる人物は別に存在するのであって、この少年がQである訳ではないのだ。
    • しかしQチームの主人公である事や、彼の名前を呼ぶ者がほぼいない事、プレイヤーに明かされるまで本物のQの存在に触れられる事自体が皆無な事などから、自然とプレイヤーは彼がQであると思ってしまう。それでいて、彼がQではない伏線は多数張られている。この打越テイスト溢れる巧みなミスリード自体は評価されている。
    • 一方で、公式サイトや各種情報、初回特典のブックレット等でははっきり「Q」と紹介されているため、これはアンフェアと思うユーザーも多い。
      • 打越氏が過去に手がけたinfinityシリーズも説明書が嘘だらけであり、それを踏襲した系統のトリックとも言えるが、あちらがプレイヤーや登場人物を騙す事にストーリー上の意味があるのにのに対し、少年のことをQだと誤認させることに意味は全く無い(登場人物は本人含め全員がQと少年は別人だと分かっている)。純粋にプレイヤーだけを騙す、プレイヤーを騙すだけの仕掛けとなっている点が批判されやすい。
      • 本作の説明書には登場人物紹介が無い事が幸いして、HPや他の情報誌を見ないでそのままプレイしたユーザーにはこの点に関しては問題はない。
  • SHIFTの乱用
    • 前作の終盤のキーとなっていた「SHIFT」能力*2が今回も登場するのだが、前作では使用者はシグマとファイだけだったのに対し、今回はほぼ全員が使えるようになった。その理由が「大勢のSHIFT保有者といること」というもので、少々やっつけ気味ではという意見もある。
    • また、終盤にSHIFTのせいで違う歴史の自分達を「死亡が確定する未来」に飛ばす*3ことを躊躇するシーンがあるが、これまで散々SHIFTしてきたので今更感が強い。
      • 実際、作中でも早い段階で「SHIFTとはそういうもの」だと割り切るように言われるので尚更そう思えてしまう。

問題点

シナリオ面

  • 後日談が薄い
    • 本作には後日談が用意されているが、トゥルーEND後にCinema-FILEで小説形式で語られるという寂しい物。音声などの演出もない。
    • この後日談では大団円が描かれているが、トゥルーEND自体はかなりブツ切りで終わる為、消化不良感が否めない。海外ドラマを意識してクリフハンガーを狙ったのだろうか?
      • 後日談が後味が良い内容になっているだけに残念である。特に淳平と茜に関しては『999』からプレイしている人にとっては最高の結末と言えるので、ちゃんと映像で見せて欲しかった。
    • しかもDチームに至っては後日談自体が無い。打越氏によるとこれは意図したものだそうだが、やはり不満の声は多かった模様でtwitterで謝罪する事態になっていた。
    • また、一部キャラクターの描写が薄い。
      + ネタバレ注意
    • ミラは大量殺人鬼であった事が作中で明らかになるのだが、倫理観の欠如したシリアルキラーにも関わらず後日談でいきなり改心して自首する
    • 作中にその過程が描かれていれば良いのだが、実際は全くそんな素振りは見せず、自分が殺されようが惨事に遭遇しようがエンディングに至るまでほぼゴーイングマイウェイを貫いている。一応、主人公達の意志に賛同はしているがその場の流れで言っているだけにしか見えず、彼女自身が自分の行為を顧みて悔い改めるような描写は作中には無い。一体、エンディング後に何があったのか。
      • また、後日談ではそのせめてもの償いの道が示される大きな出来事があるのだが、これもやはり小説形式。ちゃんと映像で(ry
  • Xドア解除のパスワードが面倒くさい
    • Xドア解除するために、わざわざ6つのパスワードを入力しなければならず少々面倒。別に他の文字を入力して別のルートが登場するわけでもないのだがら、シナリオで入力させてくれても良かったのでは?
  • 一部伏線未回収。
    • 完結作であるがシリーズ全体で見ると未回収の伏線がある。『善デス』メンバーのその後、前作のオルタナティブENDの件など、前作の伏線のうち特に今作の本編に関わらないものは回収されていないものが少なく無い。
      • 前述の通り、『善デス』と深い関わりがあるDチームに後日談が無い事もこの問題に拍車を掛ける。主人公のダイアナ、シグマとファイは勿論、前作登場したKやアリス達がどうなったのかは一切分からないまま終わってしまう。
      • 『999』のメンバーに関してもおまけ程度にしか語られないが、あちらは本編や『善デス』で大凡の決着が付いているのでまだ良い。『善デス』に続投した四葉などは救われないが。
    • 本作は「シリーズファンの期待に応えられる」「シリーズ未経験者・予備知識のない人でも楽しめる」と、両方に配慮した作りになっているとされるが、その為に過去作に触れるのはシナリオ上の必要最低限に留められてしまっている。
      • シリーズ未経験者のハードルを低くする事は至極真っ当な事だが、それでシリーズファンに消化不良感を与えたのでは元も子もない。完結編なのだから、完全に未経験者置いてきぼりとまでは行かずとも、未経験者への配慮よりもシリーズを後腐れなく終わらせる事に専念した方が良かったのではないだろうか。
      • 一方、完結編である上に複雑なストーリーである以上、いくら配慮しても予備知識なしの初心者には分かり辛い部分はそれなりにある。結果、どっちつかずな作りになってしまっている印象も否めない。
    • また今作のみでも明かされない部分もある。ある人物をバラバラにした人物が不明だったり、Dチームのエンドの一つで、地下に残るダイアナの真意など不明な点はある。

システム面

  • 不完全なスキップ
    • ムービーシーンのスキップが1シーンだけでなく、1、2シーンスキップしてしまう。
    • 自分のペースで、早く進めたい場面では不便極まりない。特に上記のショッキングなシーンを見たくないというユーザーもいるため、批判が多くなった。

総評

完結編の名の通りに以前の伏線やキャラを巧みに使い、ゲームを完成させている。
一部アンフェアな部分はあるが、ゲームそのものとしては問題ないだろう。
未回収の過去作の伏線こそあれど、『999』から続く物語自体は完結している為、
過去作をプレイしたことあるユーザーはきっと満足できるゲームである。


余談

  • 2017年にSteam、PSV、PS4で『999』と『善デス』をカップリング移植した『ZERO ESCAPE 9時間9人9の扉 善人シボウデス ダブルパック』が発売された。
    • これにより、過去2作も『ZERO ESCAPE』のタイトルを冠することになった。
      • 海外では当初より「Zero Escapeシリーズ」と呼ばれており、前作『善デス』も『Zero Escape: Virtue's Last Reward』というタイトルだった。本作の海外版のタイトルは『Zero Time Dilemma』。
    • さらに本作『刻のジレンマ』を加えた三部作『ZERO ESCAPE トリロジーパック』としてもパック発売されている。これは1つのソフトにしているのではなく、単に『ダブルパック』と本作のセット販売である。