鬼武者

【おにむしゃ】

ジャンル 戦国サバイバルアクション
高解像度で見る
対応機種 プレイステーション2
発売・開発元 カプコン
発売日 2001年1月25日
定価 7,140円
廉価版 MEGA HITS!:2001年12月20日/4,180円
PlayStation2 the Best:2005年3月10日/2,500円
判定 良作
鬼武者シリーズリンク

概要

「鬼の篭手」を授かった若武者・明智左馬介と、「幻魔」と呼ばれる化物の戦いを描く3Dアクションゲーム。
当初はPS用ソフトとして開発されていたが、PS2に移行してリリースされた。
PS2の性能をフルに活用した美麗なグラフィック、モーションキャプチャーによるリアルな挙動表現、
ゲストクリエイターに俳優の金城武氏を迎えたことなどから話題となり、国内におけるPS2用ソフトとしては初のミリオンセラーを達成した。

クリア後に続編『鬼武者2』の予告が収録されており、当初からシリーズ展開を念頭に置いて制作されていた。

ストーリー

1560年、美濃の国。斉藤義龍の居城、稲葉山城では奇怪な事件が起こっていた。
不安におののく義龍の妹、雪姫の手紙を受け取った左馬介は稲葉山城へ駆けつけるも、時既に遅く雪姫は何者かに連れ去られた後だった。
左馬介はくノ一のかえでとともに雪姫の救出へ向かうが、それは歴史に語られぬ人智を超えた戦いの始まりだった。

特徴

魂の吸収

  • 本作最大の特徴。敵の幻魔を倒すなどで魂が出現し、「鬼の篭手」を利用して吸収する。
    • 魂は経験値(後述)となる赤、体力が回復する黄、「鬼力」となる青の3種類。
    • 集めた赤魂を「破魔鏡」にて武器や玉に注ぎ込み、強化しつつ先に進む。破魔鏡はセーブポイントも兼ねる。
    • 赤魂を連続吸収するとボーナスが追加される。また魂の吸収動作には敵の特定の攻撃を誘う効果もある。

一閃

  • ギリギリのタイミングで直前ガードして攻撃するか、敵によって特定の攻撃タイミングで通常攻撃を出すと、確実に一撃で通常敵を倒せる必殺攻撃に変化する。
    • 一閃を成功させると赤魂が通常より多く出る他、いかなる状況でも黄魂が確実に出る。BIOHAZARDと同様に回復アイテムの登場数が限られている本作では、これを決められれば非常に心強い。また刀さえ当たれば他の敵も一網打尽にできる。
    • ただし敵の攻撃を待つ必要があるため、失敗時のダメージリスクもある。またガードして出す弾き一閃を行えない攻撃も少なからず存在する。

戦術殻

  • 「鬼力」を一定量消費し、強力な必殺技を放つ。
    • この攻撃中は基本的に無敵なので敵に邪魔されることがない。通常攻撃では怯まない敵も大半を怯ませられる他、殆どのザコ敵はこれ一発でも倒せる。
    • 「玉」のレベルを上げると戦術殻の威力や攻撃範囲が上昇するが、鬼力の消費量も多くなる。

長所

  • PS2初期に登場しながら、その性能をある程度活用した美麗なグラフィック。化物に支配された不気味な城の雰囲気が存分に伝わってくる。
  • 「空前絶後のバッサリ感」というキャッチコピーに恥じない爽快感抜群の効果音と振動。
  • 使い勝手の違う3つの武器や、突きや斬り上げ、蹴りなどの多彩な攻撃アクション。
    • 舞台が戦国時代だけに、弓や火縄銃などの遠距離攻撃手段も限定的ながら存在する。
  • 一閃の爽快感。リスクはあるものの強敵を一撃必殺する快感は他に代えがたい。複数の敵を巻き込めるとさらに気持ちいい。
  • 現れる敵をひたすら倒して進んでいく「魔空空間」。
    • ここでは通常と違い、一閃でしか黄魂が出現しない。破魔鏡もなく、奥に行くほど出現する敵も厄介になっていく、腕試しの場。
    • 見事最後までたどり着ければ最強武器(本作ではその鍵となるもの)を手に入れることができる。後のシリーズにも毎回登場。
  • 特定の条件を満たしてからクリアすると遊べるミニゲーム、「鬼魂」。
    • 完成度と難易度の高いミニゲームは、魔空空間同様に後のシリーズでも毎回登場する(「新」はベスト版のみ)。
  • 金城武氏起用による主人公の独特な存在感。氏はモーションキャプチャーも担当しており、映画的な作りに貢献している。
  • オーケストラによるBGMの評価は高い。シリーズ最高と評するファンも。
    • 本作の作曲者・佐村河内守氏は全聾でありながら本作の作曲を続けたとされ、本作のBGMが高く評価されたことで知名度が向上。彼の経歴を語るうえで欠かせない存在となっている。
    • が、発売から13年経って作曲者についてある重大な問題が発覚している。詳細については作曲者である「佐村河内守」で各自検索のこと。
      • この影響からか、本作のサウンドトラックは価格が高騰している。
  • カプコンの作品ではお馴染みの隠しコスチュームも健在。
    • また特典の一つに特報の映像が収録されている。これは続編の『2』でも引き継がれている。

短所

  • ボリュームに欠ける。普通にプレイしても5時間ほどでクリアできてしまう。
  • 移動操作が同社のBIOHAZARDシリーズと同様のラジコン操作なので、慣れるまでは少々しんどい。
    • あちらと違って戦闘がスピーディーな本作では、素早い行動に対応しにくい部分もこれに拍車をかけている。
    • 無論カメラの位置も固定なので、場所によっては見えにくい部分が存在する。
      • カメラが切り替わるたびにロード時間を挟むためテンポが悪い
  • 一部かなり難易度の高い謎解きがある
    • 著名なパズル「箱入り娘」の要領で特定の位置にパネルを動かすというものだが、時間制限がある上、元ネタ自体が難しいものであるため、慣れないと詰まりやすい。また将棋の知識を要求されるものもある。こちらはやれば仕組みがすぐ分かるものだが。
      • 両者ともに失敗すると即死してゲームオーバーになってしまうこともあり、かなり難しい上にとても厄介である。
  • 扉を開ける際のキーアイテムを使用するにはオブジェクトに話しかけるだけではダメで、必ずメニュー画面から使用するアイテムを選択する必要がある
    • キーアイテム自体は何を使用するか分かりやすく、また長期間保有するものもないため、迷うことは少ない
  • 封印された扉を開けるには、対応した玉のレベルを上げる必要がある。そこまではいいのだが…
    • 武器レベルを上げると戦術殻の威力は上がるが、消費も大きくなるため人によっては戦法に影響する。*1
    • 「2」「3」では溜め攻撃の溜め段階、「幻魔」「新」では戦術殻自体の溜め時間で調節可能になった。
  • かえでの操作パートとの難易度の起伏が激しい。
    • 魂の吸収ができない(これは仕方ないが)、攻撃力が低い等。一応、機動力に特化しており専用のテクニックも存在するが、慣れない内はことさらキツイ。
  • 難易度が「普通」「やさしい*2」「最強」のみで、「難しい」モードが存在しない。慣れてしまうと物足りなくなる。
    • どういうことかというと、「最強=敵が最強」という意味ではなく「左馬介が最強になる」という意味。ざっくばらんに言えば『強くてニューゲーム』である(敵の強さは「普通」と一緒。)。
  • 「最強」は後の「最強装備」と違って身代わりの木札どころか丸薬すら持っておらず、装備品も弾と矢はあるが弓と銃は持っていない、上位防具も本編で入手と何か物足りない。
  • プリレンダムービーのスキップは可能だが、リアルタイムレンダリングのムービーはスキップ出来ない。
  • 俳優起用ものの常だが、金城氏の逆の意味で素晴らしすぎる演技。ユキヒメーユメマルー
    • 左馬介の寡黙な性格と金城氏のイメージには十分合っているのだが、叫ぶシーンなどは流石に擁護できないという声が大半を占める。
    • 続編の『3』で再登場するが、そちらでは上達したとの声が多い。

総評

「戦国版バイオ」とも称されるこの作品であるが、キャッチコピーに恥じないゲーム性で明確な差を打ち出せている。
何よりPS2初期にしてこれだけのクオリティを持つ作品を生み出せたことは特筆に値する。
『BIOHAZARD』が怖くてダメという人は、こちらで時代劇ならではの「バッサリ」の爽快感を体感してみては如何だろうか。

余談

  • 『バイオハザード2』の没バージョン(通称バイオ1.5)のゲームエンジンを、勿体無いからと流用して作られた経緯がある。
    • PS版時代の炎の質感や背景の仕様などは明らかにバイオのものである。
  • 本作に登場するある隠しキャラクター(ヒント:隠しコスチュームとして登場)は、本作と全く無関係のソフトに登場していたキャラクターである。
  • 「魔空空間」は東映製作の特撮番組『宇宙刑事ギャバン』にて、敵が怪人をパワーアップさせるために作り出す空間と同じ名称である。
    • シナリオを担当しているフラグシップは本作脚本の杉村升氏をはじめ、多くが東映特撮に関わった人物で構成されていることからのネタだろうか。
      • ちなみに『ギャバン』のキャラクターデザインを担当した野口竜氏も、本作では絵巻製作として関わっている。

その後の展開

  • 2018年12月20日にPS4版、Xbox One版、Nintendo Switch版が発売された。その約1ヶ月後の2019年1月16日にはPC(Steam)版も発売された。移植は『デビルメイクライ HDコレクション』(PS4/One/Win版)の移植も担当したNeoBards Entertainmentが担当。
    • アナログ操作による移動方式、キャラクターボイス新録、ミニゲーム追加、などで遊びやすくなった。
      • 現行機種に合わせて、グラフィックやイベントムービーはHDリマスター化。画面比率も16:9と4:3が選択可能となっている。
      • 前述の作曲者騒動の影響か、BGMの差し替えが行われている。
      • 新録音声は主演の金城氏を除き声優が一新されている*3。金城氏の演技は「3」から更に磨きがかかっており、PS2で遊んだことのあるプレイヤーはその上達ぶりに驚くかもしれない。当時と違った声で喋る高等幻魔達については賛否が分かれるが、いずれも演技力に問題はなくまた新鮮味があるとの声も強い。
      • ちなみに海外版タイトルはオリジナルである初代と区別するためか、『Onimusha:Warlords』とサブタイトルが付いている。
    • PS2版基準の移植となっているので、後述のXBOX版の追加要素は収録されていない。

幻魔 鬼武者

【げんま おにむしゃ】

ジャンル 戦国サバイバルアクション
対応機種 Xbox
発売・開発元 カプコン
発売日 2002年2月22日
定価 7,140円
判定 良作

概要(幻魔)

上記の『鬼武者』のマイナーチェンジ版。全体的に難易度が上昇しており、新要素がいくつか追加されている。
また、その新要素の多くは以降の作品に大きな影響を与えることとなった。

主な変更点

新難易度の追加

  • 『鬼武者』では「易しい」「普通」「最強」の3つであった難易度に、「難しい」が追加された。
    • 「難しい」では、敵のステータスが大幅に上がる、武器強化に必要な魂数が増える、入手できるアイテムが非常に貧弱になるといった特徴がある。
    • なお、移植にあたって敵やアイテムの配置が大幅に変更され、「普通」や「易しい」でも『鬼武者』のそれと比較すると本作の方が総じて難しくなっている。

武器と龍玉の一体化

  • 『鬼武者』では武器と龍玉は個別に鍛えるようになっていたが、本作からは一体化し、武器のレベルを上げるだけでよくなった。
    • そのかわり、武器の強化にかかる消費魂が多い。

新敵「闇傀儡」「綾女」の追加

  • 闇傀儡は鎧の怪物で、左馬介の攻撃の殆どが防御されてしまう。攻撃を当てるにはわずかな隙を突くか、敵の飛ばしてくる幻魔弾を弾き返すしかない。
  • 綾女は見た目は愛らしい市松人形だが、左馬介が近付くと巨大な刃物を持って襲ってくる。
    • 攻撃力や体力がボス級一部の攻撃以外が全て無効化されるため最強装備でも手こずる相手だが、序盤から終盤まで出現し続ける
    • 強制戦闘ではないので戦う必要はないのだが、他の部屋へ逃げてもしつこく追い回してくる。まさに恐怖。

「緑魂」の追加

  • 以降の作品に出る「紫魂」とほぼ同じ性質を持っているが、左馬介も幻魔も吸収することができるという特徴がある。
    • 幻魔が吸収すると「バーサク化」する。バーサク化した幻魔は体色が赤くなり、「攻撃力や防御が上がる」「積極的に攻撃してくるようになる」「バーサク時限定の特殊な技を使ってくる」「スーパーアーマーになる(一部)」と、大変強くなってしまう。
      • しかし一閃や溜め斬りレベル3を当てるとバーサク化を解除することも可能。またバーサク化した状態で倒された幻魔は通常の倍の赤魂を放出する。
    • 左馬介が吸収するとストックされ、5つ集めると後述の「鬼の開放」を行うことができる。
    • なお、幻魔と左馬介の両方が吸収しようとすると引き合いになる。基本的に幻魔側に吸い寄せられてしまうが、ボタン連打で左馬介側に吸い寄せることができる(通称"綱引き")。
      • 綱引きシステムは「鬼武者 無頼伝」へ、「鬼の開放」は「2」へと継承された。

新アクションの追加

  • 溜め斬り
    • 溜めボタンを長押しすることで力を溜め、強力な攻撃を放つ。
      • 溜めレベルは3段階あり、高いレベルほど威力が高いが、溜めるのにも時間がかかる。
      • なお、以降の作品とは異なり初期装備の刀でも溜め斬りが行える他、ゲーム開始時からレベル3まで溜めることができる。
  • 戦術殻のレベル調整
    • 戦術殻のレベルを「1~現在の武器のレベル」までの間で任意に調整できるようになった。
      • 「鬼武者」では戦術殻の威力と消費鬼力は龍玉のレベルで固定されていた。龍玉のレベルはストーリーの進行上上げざるを得ないが、高レベルの戦術殻は雑魚敵に対して使用すると非常に燃費が悪いので不評であった。
    • なお、以降の作品には見られない本作独自の仕様として、「戦術殻につぎ込む鬼力量を自由に決定できる」というものがある。
      • 例えば、レベル3の戦術殻を放つには最大鬼力の2/7ほどあれば十分であるが、鬼力を全て注ぐこともできる。全ての鬼力を注いでもエフェクトはレベル3と同じものだが、威力はつぎ込んだ分だけ上昇する。
      • そして同じ鬼力消費量でも分割して使用するより、一度に全力を注いだ方が総合的な威力も大きくなる。
      • だがこの仕様により、連撃型の戦術殻「雷」は空振りしても鬼力を消耗するようになってしまったデメリットもある。 『2』『3』では溜め斬り準備によって戦術殻の威力が変化する仕様になり、このデメリットは消えた。(『新』では本作に似た仕様だが、技はほぼ全て範囲攻撃系になっている)
  • 鬼の開放
    • 前述の「緑魂」を5つ溜めることで「鬼の開放」というアクションを行える。鬼の開放を行うと一定時間左馬介が無敵になり、体力が少しずつ回復する。
      • これはやや形を変え、「鬼武者変身」という形で以降の作品へ継承された。
+ なお本作が「鬼武者変身」ではなく「鬼の解放」である理由をネタバレしてしまうと…
  • 左馬介は厳密には、エンディングにて初めて鬼武者へと変身するからだと思われる。
  • 「魔空空間」及び「幽幻塔」の追加
    • 腕試しの場である魔空空間が1つ追加された。
      • 『鬼武者』にあったものよりも短いが、序盤から強い敵が出てくるため、難易度はより高い。
    • 魔空空間をさらに難しくした幽幻燈も登場。
      • ゲーム終盤に出てくる雑魚幻魔が束になって出現するばかりか、本編中にボスとして出現した幻魔が出現するなど、非常に難易度が高い。また、最終層には裏ボスが待っている。
  • その他
    • 一部のアイテムの配置が変更されており攻略ルートがPS2版と異なる。また一部の仕掛けの内容も変更されている。
      • 敵の配置も変更されておりPS2版よりも強敵の出現頻度が多くなっている。
    • 左馬介に2種類の新しい防具アイテムが追加された。
    • ムービーが全てスキップ可能になった。

総評(幻魔)

コアユーザー向けに作られただけあって、『鬼武者』をクリアした人でも苦戦するほどの難易度を誇っている。
マイナーチェンジ版ではあるが、シリーズ初のユーザーが『鬼武者』の代わりにプレイするのはお勧めしない。
それだけに手緩いアクションに物足りないユーザーにお勧めしたい逸品である。

余談(幻魔)

市場に対して在庫過剰であったためか、新品ですら非常に安い値段で売られていることが多い。
Xbox360でも問題なく動くので、現在でも手軽に楽しむことができる。


添付ファイル