河沼郡青津組青木村

陸奥国 河沼郡 青津組 青木(あおき)
大日本地誌大系第33巻 110コマ目

この村もとは1町計北にあり。慶長中(1596年~1615年)の地震に山崎新湖出来しとき今の地に移し、勝木沢村と合せて1村とし青木をもて惣称とせり。青木・勝木沢両村共に天喜の頃(1053年〜1058年)より有し村にて塔寺村八幡宮神役目目録に載す。昔は市日ありて繁栄せし所なりという。

府城の西北に当り行程3里12町。
家数76軒、東西4町4間・南北2町34間。
四方田圃(たんぼ)なり。

東1町48間東河原村に隣りその村際を界とす。
西は村際にて東青津村に界ふ。その村は戌亥(北西)に当り3町10間余。
南5町谷地村の界に至る。その村まで7町30間。
北14町耶麻郡慶徳組田原村に界ひ日橋川を限りとす。その村まで20町計。
また
申(西南西)の方3町西青津村の界に至る。その村まで4町計。

端村

船場(ふなは)

本村の東1町10間余にあり。
家数5軒、東西25間・南北30間。
東は東河原村につづき北は川に近く西南に田圃あり。

山川

日橋川

村より丑(北北東)の方10町にあり。
東河原村の境内より慶徳組大沢村の地を過ぎ、この村の境内を20町計西に流れて東青津村の界に入る。

宮川

村より戌亥(北西)の方8町にあり。
東青津村の境内より来り、北に流るること2町また東青津村村の界に入る。

清水

村中にあり。
東西7間・南北2間。
下流田地を潤す。

関梁

船渡場

端村船場の北6町余、日橋川の渡なり。
坂下組坂下村より耶麻郡小荒井組小荒井村に往く径路なり。

寺院

正徳寺

村中にあり。
浄土宗府下五之町高巖寺の末山なり。
山號を本現山という。開基の年代詳ならず。
天文の頃(1532年~1555年)岌圓という僧中興す。圓は百萬遍岌州が薙髪の師にて、永禄2年(1559年)に遷化せり
本尊弥陀客殿に安ず。

稲荷神社

境内に入て左にあり。
鳥居あり。

寶物

山越弥陀画像 1幅。
十六善神画像 1幅。多羅筆。
翡翠画    1幅。元信筆。
獅子香爐   1箇。唐物という。
三尊弥陀   1幅。中将姫織物
この5品みな岌州が寄付なり。
岌州文書   1通。後人の寄付なり。その文如左(※略)

良法院

本山派の修験なり。
遠祖三浦義房というもの元弘建武の頃(1331年~1338年)の人にて、その子孫元盛というもの修験となり常見院と称し、葦名直盛に従いこの国に来り会津郡馬渡村に住し後こに地に移り、文盛というものの時良法院と改しという。現住は元盛より18世の孫なりとぞ。
家に左文字の短刀を蔵む。蒲生氏郷より与えし所といい伝う。

古蹟

館跡

村の辰巳(南東)の方にあり。
今みな田圃となり字を腰巻と唱ふ。
天正の頃(1573年~1593年)良法院が先祖勝木沢常見院住せし所という。

釈門

岌州

この村の産にて京師智恩時30世の住職なり。
一に生江山城が奴婢の子という(舊事雑考)。一に生江大膳助が庶子という(正徳寺縁起)。
幼くして正徳寺に入り住持岌圓を師として薙髪し、長して京師に游ひ名聲一時に振い遂に百萬遍に見篆しけり。後奈良天皇州を禁闢に召て法を説しめ紫衣を賜い、且その俗姓を勅問ありしかば答るに葦名の氏族というを以す。
永禄の頃(1558年~1570年)故郷に来り金上盛備に依て葦名盛氏に謁す。この時盛氏除爵の綸旨を帯し来て盛氏に与ふ。この頃は諸国戦争の最中なれば都鄙路阻り。葦名氏数世無位なれば盛氏の喜悦大方ならず。その後師恩を報謝せん為正徳寺に於て道俗を集め説法をして念佛の弘通を勤め、再び京師に帰り天正20年(1592年)10月14日68歳にて遷化せり。