きのみ(ポケモン)

登録日: 2011/06/12(日) 03:33:51
更新日:2022/02/28 Mon 02:38:31
所要時間:約 8 分で読めます




この項目で紹介する「きのみ」とは、『ポケットモンスター』に登場するアイテムの一種である。


ポケモンに使う事で様々な効能を発揮するほか、ポケモンに持たせると、ある状態になった時自動で使う。

入手方法はフィールドに生えているものを採取する、きのみを「ふかふかのつち」に撒いて水を与え育てる、人から貰う、など。
ただし、第ニ世代におけるきのみと第三世代以降のきのみでは、基本的な効能はほぼ同じだが入手方法が大きく異なっている。



【きのみの歴史】


金・銀・クリスタル

アイテムとして初登場。フィールド各地にある実の成る木から入手できる。
一つの木につき一日一回のみの入手で、時間跳躍もできないため数を集めるのはやや面倒。
「おうごんのみ」はみのなる木がない代わりに虫取り大会の3等商品として入手できるが、
「きせきのみ」は「ふしぎなおくりもの」限定かつ低確率なので入手が難しい。

ただし、ポケットピカチュウカラーで600ワット貯めてソフトに送れば確実にきせきのみが手に入るという一応の救済はある。VC版? 3DS2つ用意してがんばれ!
……実は野生のセレビィが低確率で持っているので、VC版ならクリスタルを使えば頑張れば入手可能。厳選は諦めることになるが。

  • ●きのみ/おうごんのみ
持たせるとHPを回復する。きのみは10、おうごんのみは30。

  • ●どくけしのみ/まひなおしのみ/こおったきのみ/やけたきのみ/はっかのみ/にがいきのみ/ふしぎなきのみ/きせきのみ
状態異常を回復。
こおったきのみはやけど、やけたきのみはこおり、はっかのみはねむり、にがいきのみはこんらん、ふしぎなきのみはPP、きせきのみは全状態異常を回復。
「ふしぎ」と「きせき」って、どういう風に区別して名付けたんだろう?
凍った(焼けた)状態で獲れる木の実ってなんだよ、と思ってはいけない。
凍ってるきのみで火傷回復はまだしも、既に焼けた状態のきのみでなんで氷が溶かせるんだよ、とか考えるのはやめよう。


ルビー・サファイア・エメラルド

きのみを自分で育てられるようになり、今作から登場したポケモンコンテストで欠かせないポロックの材料になるなど、用途も一新された。
ある意味きのみの歴史はここから始まったともいえる。

しかし、きのみの中には育成にとんでもなく時間がかかる物もあり、良質なポロック作りに必要なきのみなどは数日がかりになることも。


ダイヤモンド・パール・プラチナハートゴールド・ソウルシルバー

基本的なシステムは第三世代と同じだが、新たに「こやし」が登場。
HGSSではきのみを育てる場所が存在しない代わりに、きのみプランターというアイテムを使って育てられるようになった。
金銀でみのなるきがあった場所はすべてぼんぐりのきに置き替えられている。


ブラック・ホワイトブラック2・ホワイト2

フィールド上にはきのみを育てられる場所がなく、HGSSのようなプランターも存在しない。
代わりにポケモンドリームワールドできのみを入手・栽培できるようになったが、
わざわざきのみ栽培のためだけにネットに接続しなければならないのでかなり面倒。
当然ネット環境がない人は栽培できない。
また、2014年5月20日をもってWiiおよびDSのニンテンドーWi-Fiコネクションが終了してしまったため、ネット環境があろうがなかろうが栽培する事はできなくなってしまっている。
BW2では、ジョインアベニューに花屋を招待すると、特定種類の木の実を購入できるようになった。


X・Y

きのみの栽培機能と実のなる木が復活。
木の側に落ちている実を拾うと一週間後に新しい実が結実して落ちてくる。
今回のきのみ栽培は雑草を取ったり、きのみを食べに来た虫ポケモンを追い払うというめんどくさい新しい要素の他*1
特定のきのみ2種類を隣り合うようにして一緒に埋める事で、別の種類のきのみを作り出す「突然変異」というシステムが登場した。
  • 例:カゴのみ×キーのみ=ネコブのみ
    モモンのみ×オレンのみ=タポルのみ
こやしのシステムも復活し、結実数を増やしたり、突然変異の発生確率を高めたりできる。
今回のこやしは販売されているのではなく、きのみ畑内にあるコンポスタにきのみを入れて自分で作るもので、入れたきのみの色によってできる種類が変わる*2ポケモンの……は必要ない。
ミアレシティの「しるや」で作るジュースも同様のシステムを持つ。

また、草むらなどでのバトル中、背景の高台にきのみのなった木が生えている事があるが、特定の技を使うと戦闘終了後入手できる。
このシステムを自力で発見した人はかなりの幸運の持ち主だろう。
バトル背景から拾えるきのみはバトル1回につき1個だが、1日に拾える数に制限はないため、種類によっては1日に何個も入手できる。


オメガルビー・アルファサファイア

ルビサファ時代を継承。
各地のふかふかの土に生えている木からきのみを拾えるほか、きのみを拾った後の土にきのみを植えて数を増やせる。
XYより生育に要する時間が短くなったが、戦闘中の背景からは拾えなくなったため一長一短。
また、カロス地方(XY)で入手できた「こやし」は、ホウエン地方の土とは馴染まないという理由で使用できない。

サン・ムーンウルトラサン・ウルトラムーン

各地に実のなる木があり、拾っても毎日復活する。拾えるきのみの種類は木によって異なるが、リセットによってある程度厳選することが可能。
きのみ栽培はポケリゾートの「すくすくリゾート」で行える。プレイヤーがすることは埋めることと収穫することだけで、肥料撒きも水やりも全てポケモンに任せきりでOK。ちゃっかりつまみ食いしてる子もいるようだが……。
これを手軽になったと捉えるか、やりがいが無いと捉えるかは人それぞれ。

ソード・シールド

今のところ実のなる木のみが登場。前作のサン・ムーンと仕様は同じだが、ゆすり過ぎるとチェリンボヨクバリスが落ちてきてペナルティを受けてしまう。
オレンとクラボとモモンに関しては安値で買えるが、他はゆすって回収する必要がある。
まだ、栽培システムがないので各種ご利用は計画的に。


【主な種類】


一覧はこちらから。


  • オレン/オボン
HPを回復。オレンは10。オボンは第三世代では30だったが、第四世代以降最大HPの1/4だけの回復に変更された。
ポケモンに持たせた場合、発動条件はHPが半分以下になる事。
オレンは本編の序盤のほか、野生のツボツボが持っていることがある「きのみジュース」と共にリトルバトルで重宝する。
オボンはプレイヤー同士の対戦でも用いられる他、一部のCPUトレーナーもポケモンに持たせるメジャーアイテムである。
SMでは下記の「フィラのみ」等に回復量が超えられたが、こちらは効果が発動するタイミングが早いのがメリット。


  • フィラ/ウイ/マゴ/パンジ/イア
HPが1/4以下になった時、第六世代までは最大値の1/8、第七世代では1/2、第八世代では1/3回復する。
ただし、ポケモンの性格によって味の好みがあり、嫌いな味だった場合は混乱してしまう。
各きのみを嫌う性格としては
フィラが「ずぶとい」「おくびょう」「ひかえめ」「おだやか」
ウイが「いじっぱり」「わんぱく」「ようき」「しんちょう」
マゴが「ゆうかん」「のんき」「なまいき」「れいせい」
パンジが「やんちゃ」「のうてんき」「むじゃき」「うっかりや」
イアが「さみしがり」「せっかち」「おっとり」「おとなしい」
それぞれ、攻撃・特攻・素早さ・特防・防御が下がる性格である。
プラチナではトバリデパートで販売されている。

特性「くいしんぼう」のポケモンにとってはオボンの上位互換。
運が良ければ「ついばむ」「むしくい」を食らった時に相手を混乱させられる可能性がある。
時には「なげつける」と併用していらない性格の個体を避けて厳選のお供にする人もいる。
極まると第八世代では無補正性格に「ミント」を使って混乱事故を予防する人もいるが、さすがにここまでくると好み。


  • クラボ/カゴ/モモン/チーゴ/ナナシ/ヒメリ/キー/ラム
状態異常を回復。ラムは全状態異常回復効果を持ち、対戦などで重宝されるメジャーアイテム。
同じくカゴも眠り回復効果から「ねむる」を使うポケモンとのコンボによく使われる。
キーは混乱回復。ダブルバトルでコレを持たせた味方にいばるを使い、こうげきを二段階上げて即座に混乱を回復させる「いばキー」と呼ばれる戦法が有名。
その他だとクラボがまひ、モモンがどく、チーゴがやけど、ナナシがこおり状態から回復。シナリオ攻略中にお世話になることもあるだろう。
ヒメリはPPを回復。PP回復アイテムの中で数少ない(作品によっては唯一)無限入手可能なアイテムなのでシナリオでも重宝する。
きのみを増産する手段がほぼない第五世代でもジャイアントホールのピッピ狩りで比較的簡単に入手できる。
戦闘ではあまり使われないが、捕獲ではPP切れによる自滅を避ける為に相手に「トリック」や「なげつける」などでヒメリのみを渡す/投げつけることがある。
特に第七世代では乱入バトルで主にメタモンの連鎖を続けたい場合に、リサイクルだけを覚えたポケモンに変身させた上でヒメリを渡すことが結構あったりする。


  • ザロク/ネコブ/タポル/ロメ/ウブ/マトマ
エメラルド以降、使うとなつき度が大きく上がる代わりに努力値を10下げる。
ゲーム中で一度振った努力値を下げる方法はこれらのきのみを使う事しかない*3ので、努力値の調整やバルキーの進化および進化後の振り直しに重宝する。
第五世代では、BW2にて5番道路で購入できる(マトマ除く)ほか、黒の摩天楼/白の樹洞のエリア10をクリアするたびにもらえる。

第四世代のみ、努力値が111以上入っていたら、一つで100まで下がっていた。


  • オッカ/イトケ/ソクノ/リンド/ヤチェ/ヨプ/ビアー/シュカ/バコウ/ウタン/タンガ/ヨロギ/カシブ/ハバン/ナモ/リリバ/ホズ/ロゼル
第四世代から登場。
持たせる事でしか効果はないが、これを持っているポケモンが効果抜群の技を受けた時、そのダメージを半減する効果を持つ。
これにより対戦での戦略の幅が大きく広がり、対戦でのメジャーアイテムの一つに。
DPPtではノモセシティの民家で一日一つ、上記のきのみの内一つがランダムで貰える。
HGSSではお母さんの買い物で入手可能。どれになるかはランダムだが、貯金を頼み適当にバトルしていれば回復アイテムなどと共に買ってきてくれる。

第五世代ではドリームワールドで手に入れるか、野生のポケモンが持っているのを奪う必要がある。

野生のポケモンから奪う場合、あくタイプを半減するナモのみ*4とノーマルタイプを半減するホズのみはそれぞれ、「どろぼう」「ほしがる」で奪おうとすると、きのみの効果が発動してしまうので、技の選択には注意が必要である。


余談だが、ロゼルのみはポロックが復活した第三世代リメイクのORASにおいてもきのみの仕様変更とかいろいろあったせいで、今現在 味 も な め ら か さ も  全 く 謎 なきのみである。
そう考えると、それで作ったポロックをポケモンに与えるのはちょっと躊躇してしまう話である。
一応、第八世代ではあまくて僅かに苦みがあると設定されている模様。


  • ノワキ/シーヤ/カイス/ドリ/ベリブ
特別な効果は無いが、RS時点では一周に一つしか手に入らないレアなきのみ。
どれもきのみ名人の奥さんに特別な言葉を教える事で渡してもらえる。
非常に味が濃く、NPC相手とのポロック作りでもかなりの高レベルのポロックを作れる。
通信プレイ無しでコンテストに勝利したりヒンバスを進化させたりするのに便利。

貰うためのことばにラティアスラティオスが必要な為、通信しなければ片方しか手に入らない*5カイス・ドリと比較してもベリブの入手難易度がやたら高い。(IDの下一桁が2か3の場合出現するナウいオヤジから教えてもらえることばの組み合わせが必要なので通信必須。)
コンテストの無いFRLG以降は他のきのみとあんま変わらない。FRLGでは使い道がないものの「ものひろい」で低確率で拾える。



  • チイラ/リュガ/カムラ/ヤタピ/ズア/サン/スター/ナゾ/ミクル/イバン/ジャボ/レンブ
「伝説のきのみ」とも言われる種類のきのみ。
チイラ~スターとミクルはHPが1/4以下になると発動し、能力値や回避率などを上げる。
ナゾは第四世代以降は効果抜群の技を受けた後HPの1/4を回復する。第三世代での扱いは後述。
イバンはHP1/4以下の時、優先度が同じ技に対して一度だけ先手を取る事ができる。(技自体の優先度は変化しないので注意)
ジャボとレンブはそれぞれ物理技、特殊技を受けた時、相手の最大HPの1/8分のダメージを与える。

これらのきのみはどれも入手方法が特殊で通常プレイでは入手できない、またはできても大変な苦労や運を強いられるレアアイテム。
そのため対戦などでも上記のメジャーなきのみに比べて所持率は低めとは言え、効果は絶大。
特にイバンが曲者で、終盤の殴り合いはもちろん、イバン発動から「だいばくはつ」「みちづれ」といったプレイで、
二匹以上のポケモンが片付けられる展開が非常に多かった。ソーナンスカビゴンメタグロスなどによく持たせられている。
これほどまで強い効果のため解禁が非常に遅いのが玉に瑕。

これ以外にも特殊な能力はないがポロックやポフィン製造、「GO」でゲーム全般を助けるために使うきのみも存在する。

また、「ナゾのみ」は第三世代ではルビー・サファイアでのみ、
カードeリーダー+を使う事により以降の作品にはない特殊なきのみ12種類(但し、一種は名前のみ再登場)に変化した。
パルパーク経由でDSに送るとどの種類でも「ナゾのみ」に統一される。

【きのみに関する技】

  • むしくい/ついばむ
相手がきのみを持っている場合、奪って食べる。
きのみに回復や能力上昇の効果がある場合、奪った時点で発動する。
上手くハマれば強力だが、「はたきおとす」の下位互換的な性能であるためマイナー気味。
ただ特性「テクニシャン」のストライクハッサムコロトックにとってはメインウェポンとなり得る。

  • しぜんのめぐみ
持っているきのみを消費して攻撃する技で、威力とタイプは持っているきのみによって変動する。
めざめるパワーのような相性補完に使えるが、あちらに比べて制限が厳しくリスクが高いため、扱いは難しい。
具体的には「1発しか打てない」「ハズレてもきのみは消費される」
「回復系きのみや半減実は相手の先制攻撃で発動する恐れがある」「持ち物を封じられると発動できない」等。
一方で最高威力がめざパよりも高いので、めざパでは威力不足な場面でも「しぜんのめぐみ」なら4倍弱点を狙えば1発で落とせることもあり得る。
各きのみ毎の威力とタイプについてはきのみ一覧(ポケモン)を参照。

  • やきつくす
相手が持っているきのみ・ノーマルジュエルを使えなくする炎タイプの全体攻撃技。
威力も低くはないが効果が限定的。
相手の所持きのみが「オッカのみ」の場合は発動する。
地味にこれも特性「テクニシャン」の対象。使いこなせるかは別として

  • ゲップ
自分がきのみを戦闘中に食べていないと失敗する毒タイプの大技。
発動させるのが難しく、条件を満たしても命中不安であったりと癖が強い。
Zワザとして使えば条件を無視できるが、活用できそうなのはサザンドラ程度か。

  • ほおばる
自分が持ってるきのみを能動的に食べつつ、防御を二段階上げる補助技。
ピンチにならないと発動しない木の実を早めに発動させたり、「きんちょうかん」を無視できるといった利点も併せ持つ。
現時点では第八世代のヨクバリス専用技で、「ほおぶくろ」も同時に発動できる。

  • おちゃかい
ポットデス専用技。
使用すると、場のポケモン全員がその場できのみを食べる。
これも「きんちょうかん」の対象外。

  • キョダイサイセイ
キョダイカビゴンのみが使えるキョダイマックスわざで、ノーマルタイプの攻撃技が変化する。
使用後、確率で自分(ダブルでは隣の相方も対象)のきのみを再生させるという、特性「しゅうかく」のような追加効果がある。
晴れてるときに確率が上がることはない。
なお、やきつくす等できのみを失った場合は再生できないので注意しよう。

【きのみに関する特性】


  • くいしんぼう
主なポケモン:マッスグマカビゴンアローラベトベトン
上記のHPが1/4以下になると発動するきのみをHPが1/2以下で発動できるようになる。
第三~四世代では腹太鼓からのカムラ発動の神マッスグマが流行ったとか流行ってないとか*6

  • きんちょうかん
主なポケモン:デンチュラプテラカエンジシ
BWから追加された新特性。この特性を持つポケモンがフィールドにいる時、相手のポケモンはきのみが使えなくなる。
半減きのみやオボンなどで確定数をずらされる心配がなくなるほか、ラムのみなども封じるので安心して状態異常にする事ができる。
ただし、きんちょうかんを持っているポケモンが引っ込んだらまたきのみが使えるようになってしまうので注意。
使っている側は発動してるか分からないが相手にすると地味にいやらしい。

  • しゅうかく
主なポケモン:ナッシートロピウスオーロット
こちらもBWから追加された新特性。自分が使ったきのみをターン終了後に1/2の確率で復活させ、再び使えるようにする。
また、天候が晴れの時は必ず復活させる。このため晴れパでの運用が望ましい。

  • ほおぶくろ
主なポケモン:ホルードデデンネヨクバリス
XYで追加された特性。自分がきのみを使った時、本来の効果に加えHPを1/3回復する。
この特性とオボンのみを利用した無限デデンネが有名。

  • じゅくせい
主なポケモン:アップリュー、タルップル
剣盾で追加された特性。自分がきのみを使った時、効果が2倍になる。
HP・PP回復ならば回復量が2倍、能力アップならば上昇量が2倍、ダメージ軽減なら半減が1/4になる。


水をやりながら追記・修正よろしくお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2022年02月28日 02:38

*1 きのみは「お世話」した回数によって結実数が増えるので、ただ煩わしいだけの要素という訳ではない。尤も、怠ると数は減るのだが。

*2 ただし、タラプかアッキを一つでも入れると必ず「とんでもこやし」ができる。

*3 世代によっては、まっさらバッグなど他に全くない訳ではないが、その多くは完全に0にしてしまう。

*4 所持ポケモンはエスパータイプのリーシャンかチリーン

*5 「むげんのチケット」があれば一つのソフトで両方手に入るが、配布限定アイテムである。現在でも配布されたものを受け取った人からはレコードでおすそわけしてもらう事は可能。

*6 ただし、特性「くいしんぼう」のマッスグマは第四世代以降